コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

入江たか子の化け猫映画

 入江たか子が化け猫映画で猫の演技をして血を舐めたら、血糊の中に入っていたリアルに見せる薬のため身体を壊して入院したことがあった。
 猫はよく舐める。甘えて舐めたらそこに薬が塗ってあって死にかけた事件がオーストラリアであった。血圧の薬を、副作用で育毛に利用するというものだった。
 人間は頭を舐めることはまず無いが、ホッペにチュしたら皮膚病の薬が塗ってあったということならあり、とくにアレルギー体質の人は命にかかわる。
 現実的には、猫に舐められて寄生虫や病気をうつされることをもっとも心配するべきなのだが。溺愛して口移しで食べさせたりする人がいるけれど、そんなのは愛情ではないと、猫好きの松本零士さんも言っていた。
 

�I�[�X�g�����A�̔L�A������̈�э܂Ȃ߂Đ������܂悤
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-08-14 19:26 | 映画 | Comments(0)