コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

殺人犯製造食品

 桜美林大学教授で大変有名なミリタリー栄養学者の川島四郎博士は、インスタント食品が暴力犯罪や殺人鬼を生むと批判していた。
 連合赤軍のリンチ殺人も、山ごもりで即席めんばかり食べていたためだと言い、子供がキレやすくなるのも同じだと言っていた。
 カルシウム不足になったり、血糖値が急上昇ののち急降下してはバランスを取ろうとアドレナリンが分泌されて興奮状態になるということだ。
 同様の指摘は他の専門家からもなされている。そこでカルシウム添加など業者のアリバイ作りが始まった。
 しかし味がひどいことに変わりない。化学調味料に慣れてしまい味覚音痴となって食文化も崩壊する。化学調味料は即席麺の普及とともに使用l量が増えていることはNHKですら話題にしている。
 ちゃんとしたスープから素を作ったらむしろ割高になって即席麺は一袋1000円くらいになってしまうとの試算もある。それを安くするため、ニオイで誤魔化す。それらしいニオイがすると味が無くても錯覚する。
 そこで、作りもののニオイを付ける。そのニオイはちょうどゴキブリ捕獲器の粘着面中央に置く吸引材と酷似している。どちらも錯覚させるだけの作られたニオイだからだ。ウソだと思ったら嗅ぎ比べてみたまえ。
 つまり即席麺を食っている者はゴキブリホイホイの中で身動きできなくなり触角だけ虚しく動かしている黒や茶のムシと同じである。
 だから即席麺は「庶民の食」ではなく殺人鬼の食、ゴキブリ人間の食である。
 
Excite �G�L�T�C�g : �o�σj���[�X
[PR]
Commented by カッパヌード at 2008-08-26 05:40 x
川島四郎博士といえばこの道一番の権威者だけどタレント学者として有名人。
だから目立とう精神が強いし元軍人だから右より。野菜をたくさん食えとかカルシウムを取れとか爺さん臭いことも言う。
それでも「インスタントラーメンや清涼飲料水はやめろ」は左右無関係に正論だ。

ちゃんとした調理をしたうえでさらにインスタントに加工すればそれだけで割高になって当然だしパッケージとか宣伝の費用も加算されるからあんなに安いなんておかしい。
Commented by ruhiginoue at 2008-08-26 23:15
 川島博士は右翼というほどではないけれどガチガチ保守ではありました。
Commented by インスタント食品はいけない? at 2008-08-27 01:48 x
>「インスタントラーメンや清涼飲料水はやめろ」は左右無関係に正論だ。
正論?「〜やめろ」では正論になりえない。(あげあし)川島の言い方は「 TVゲームはいけない」と同じだな。短絡発言博士ということ。インスタント食品がいけない理由は多量の塩分にある。多量塩分摂取はやめろでは絵にならないから川島の論調になるのだが、短絡発言は「だからなに?」で終わる。周知のとうりインスタント食品は未来永劫なくならない。全人口の9割がゴキブリ、殺人鬼という発言は・・・・いかがなものだろう(否定はしないが・・)
Commented by ruhiginoue at 2008-08-27 14:12
 川島博士は塩分だけでなく糖分やカルシウムとリンとカリウムのアンバランスの問題まで論及してました。
 愛情と栄養の両方で手抜きしておきながら、キレやすい今時の子供と罵って、校則と体罰で縛り、少年法をなくせだの未成年でも死刑にしろだの言う昨今の風潮よりは、川島博士は責任ある発言をしていたと思います。
Commented by Re:Q at 2008-08-27 15:02 x
 カップヌードルは浅間山荘事件で待機中の警官に配られた映像が全国に中継され、それが大きなPRに繋がったと聞いたことがあります。捕まる方も捕まえる方も即席麺を食べていたと言うことですね。
 即席ラーメンと言うとオバケのQ太郎の中の小池さんを思い出しますが、多忙な漫画家の食事としてどれだけ食べられたんでしょうか?本当に漫画にもよく出てきます。
 チキンラーメン生誕50周年。ボサノバと同年齢だったんですね。
Commented by ruhiginoue at 2008-08-27 15:08
 陣頭指揮をとった佐々淳行は、下っ端警官とは違いもっといいものを食っていたと推測しております。
 小池さんのモデルは虫プロのアニメーターで、顔はソックリでラーメンは好きだけど、あそこまで頻繁には食べてなかったと当人が否定してました。
 手塚治虫は漫画を書くのが忙しくて即席麺ばかり食べていて、それが寿命を縮めたとも言われてます。
Commented by Re:Q at 2008-08-27 15:53 x
 ごもっとも。指揮官は良いものを食べていたでしょうね。
 小池さんのモデルは鈴木伸一さんでしたね。漫画では汎ラーメン主義者で、インスタントラーメンのみならず出前のラーメンも食べていました。
 手塚作品に「イエロー・ダスト」という短編があります。ベトナム戦争で厭世気分に陥った兵士を戦力にするために、兵士用の食事に闘争心を高ぶらせる効用のある麻薬をアメリカ軍部が仕組むというお話。傭兵の日本人がそれを知らずに食べ、殺人鬼となり暴力犯罪を引き起こすといった内容でした。これは完全に殺人犯製造食品でした。
 川島博士の説の真偽はともかく、何事も行き過ぎはよくないのでしょう。

Commented by Re:Q at 2008-08-27 15:58 x
 十数年前にインドネシアに滞在していたことがあるのですが、彼の地では生麺(ミーといいます)よりもインスタントラーメンの方が価格が高かったです。コーヒーも同様で、レギュラーコーヒーよりもインスタントコーヒーの方が高い。…これはある意味、正しい価値観なんですね。
 今はどうか知りませんが、当時は庶民の間ではインスタント食品の方が高級でカッコイイといったイメージがあったようです。
Commented by ruhiginoue at 2008-08-29 01:20
 昨年だったかと思いますが、日本で米兵が、強盗目的で女性を襲い、金品を奪うより殴るのが快感となってしまい、顔面が原型をとどめないほど執拗に殴打して殺害した事件がありました。
 「フルメタルジャケット」のように訓練された成果でしょうが、コーラも血糖値を上げ下げしてアドレナリン分泌をうながし興奮させキレやすくさせるそうです。米軍基地には必ず販売機があります。ただこれは軍産複合体と化して安定した売り上げにするためのようですが。

 ラーメンは本来はインスタントのほうが高いのが当然でしょう。庶民のものとして安くしようと変なことをたくさんしているのでしょう。
 小池さんが結婚する話では、机の引き出しのなかまでインスタントラーメンが入っていたため、彼女が気の毒がって腕によりをかけて料理を作るのだけど、後から好きで食べていると知って、インスタントではなくちゃんとしたラーメンを毎日作ってあげるという結末でした。めでたしめでたし。
Commented by Re:Q at 2008-08-29 11:27 x
 インスタントラーメンや清涼飲料水等のジャンクフードを日常的に摂るのは問題ですよね。アメリカで貧困層に肥満が多いのはジャンクフードばかり食べているせいです。さすがに小学校にコーラの自販機を置くのを制限するようになってきたそうですが。衣食足りて礼節を知ると言いますが、犯罪を引き起こす米兵(に限りませんが)はジャンクフードで育ったせいなのでは?と思いますね。食品の成分も原因なのかもしれませんが、ジャンクな家庭と教育しか受けられなかったという背景が一番の問題なのかも知れません。食育というのは意外に大事なものなんですね。
 インスタント食品が安いのは工業製品の論理が食品に適用されたからでしょう。大量生産の産物なので最初から余剰生産が運命づけられていて、だからこそ貿易によって世界に広まりました。いま、インスタントラーメンの最大の消費国は中国です。不条理なほど徹底した合理主義がまかり通る中国のことですから、今後ジャンクフード問題が噴出するようになるでしょう。
 小池さんの結婚後のエピソード、懐かしいですね。料理上手な奥さんが調理する栄養バランスの取れたラーメンなら毎日食べても大丈夫でしょうね。
Commented by インスタント食品はいけない? at 2008-08-31 10:01 x
たかがインスタント食品されどインスタント食品ということか。語れば奥が深く社会構造の縮図がそこには見えてくる。必要とされて生まれ、世界に爆発的に広がり、警鐘を鳴らす者が現れてもその存在は揺るがない『インスタント食品』。社会がいくら豊かになろうとその存在は『人類の貧しさ』を象徴しているようにも見えるが、『豊かさの象徴』でもあるようだ。世界には食料問題をかかえる国は多く、それらの国にとっては夢の食品なのだ。確かに貧しい国には生み出せない食い物でもあります。『インスタント食品』には罪は無く、何を食べようと、やはりそれを食する人間自身に問題ありと私には思えるのだが・・・
by ruhiginoue | 2008-08-25 11:39 | 社会 | Comments(11)