コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

教師が見下されるのは、ある意味健全

 教師が生徒・児童とその親から見下されるようになってきたというが、教師とは敬うものだという建前の一方で、自分の専門知識を生かせない者がしかたなく就く職業だというのが実態だったから、どんどんメッキが剥げてきた結果なのだろう。
 人気ドラマの「金八先生」も、また新しいシリーズ放送というとき「もう、あの説教は飽き飽きうんざり」と言われていたが、いざ始まってみると、金八先生が説教はじめても生徒は聞いていないかせせら笑うだけ。作者もわかっていたということだ。
 それに、ドラマの安易な真似は教師も生徒児童もしてはならない。「教育員会に訴える」と言う子供がいてもいい。何かあればどんどん訴えるべきだ。問題はいい分が通るかどうかなのに、それを訴えると言うこと自体をケシカランことであるかのように言うほうが間違っている。だが、ドラマの真似する教師は笑い者になるだけでも、「教育委員会に訴える」という生徒児童はもっと後悔することになる。教育委員会に権力があって教師や学校当局が恐れるというのはドラマだけで、現実にはそのような力は全くない。監査機能は有名無実なのだ。
 ついでに言うと、この問題について小学校で教諭・校長を30年務め現在は福岡県の「まごころ保育園」園長さんと言う人が「子供が過保護に育ったことに加えて、自己中心で権利ばかりを主張する大人の社会を子供が真似ているのだろう」と話したそうだが、日本人は自分の権利もちゃんと主張できないから、国内社会では奴隷根性の庶民ばかりになってしまい、熟年リストラ自殺が多発し、若い人はワーキングプアとかネットカフェ難民となり、国際社会でも見下されて困ったことになっているというのに、そこへ紋切り型の表現で古臭い倫理観を語ってしまう人が、まだ教育に携わったり発言したりしていることのほうが問題だ。
 「今は昔と違って」と愚痴る者は、昔ならいいが今には対応できないということなのだから、引退するべきだ。

Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
Commented by 不健全極まりないだろうが at 2008-09-01 06:27 x
学校は第二の家庭環境と親が叫ぶなら、体罰廃止は矛盾しますね。
子供はバカ、と言うより無知です。教育委員会云々言うガキはぶっ飛ばせばいいんです。
現に私の中学時代、友達が注意された事に腹を立て「教育委員会に訴える」と言ったところ、「自分が何を言ったか分かってるのか?」と教師に真顔で怒られ、教科書の角で殴られてましたよ。みんなも結果に納得してましたよ。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-01 07:26
 それはやはり教育委員会なんて何の力も無いという証で、その生徒はテレビドラマを見て真に受けていたのでしょう。作り話でもウソを描くのはいけません。
 また注意されたというのは、正しい指導なのか、指導を逸脱した不当な侮辱だったのか。そこが問題ですね。
 
 
Commented by ruhiginoue at 2008-09-01 07:38
 あと、教育委員会がしゃしゃり出てくる図式は、もとは石川達三が日教組を取材して書いたものをもとに山本薩夫監督が撮った映画「人間の壁」にあり、この話では、厳しく叱られた児童の親が学校に抗議したことから問題になったけれど、教師としては、その児童が障害児をいじめたからたいへんきつく言ったのだけど、障害者への差別と偏見への鈍感さから「その程度のことで」と教師は非難され、またその教師が進歩的だっためアカ呼ばわりされていたこともあり、あたりまえの指導をした教師がつるし上げされてしまうという図式でした。
 ところが、そのあとテレビが安易にこの図式を真似し、社会的政治的背景ぬきで単純に、熱心な教師がわがままな子供と過保護な親とそれに加担する教育委員会に迫害されるという、現実にはありえない描き方をしたのです。
Commented by Re:Q at 2008-09-01 11:21 x
 「教育委員会に言うぞ!」と脅す子供とは小学生なんでしょうか?学校教育法の区分では小学生までが児童と呼ばれますが。…だとしたらやはり可愛くないなぁと思いますね。中学生くらいなら、そういう生意気な態度はある程度は健全だとは思いますが、小学生があまりに大人びた物言いをするのは歓迎できる事じゃないと思うんですよ。そういう態度はまごころ保育園の園長さんではありませんが、周囲の質の悪い大人の悪影響であるケースが多いと思います。
 仮に言葉の通じない異国の子供たちの中に、こうしたモンスターチルドレンを放り込んだらどうなるでしょうか?全くの想像で恐縮ですが、たぶん泣きわめいた末に、萎縮して黙りこくってしまうと思います。キレるという行動の中には「甘え」の要素があると思うからです。こうしたモンスター何々と呼ばれる人たちは、同質の人が集まった村社会の中でしか主張が出来ないものだと思いますし、甘えた主張などで他の人間を納得させることなど不可能でしょう。
Commented by bb at 2008-09-01 12:29 x
『教育委員会に訴える』というなら、訴えればいい。訴えられても教師がちゃんとしていればいればいいとこだと思う。

昔の教師は親と連携できていたのは、昔の教師は教育というものに熱心だったのでは?今の教師(全部ではないが・・)生徒のことより、まず自分の教員としての立場を考えるような人間が多い。教職と失ってしまったら・・せっかく教師という職業についたのだから・・
そんな考えのサラリーマン教師に教育者を語らせる教育委員会が間違っていると思う。
試験に受かれば誰でも教職員免許は手にすることができるかもしれないが、教育委員会が採用しなければ教師はできない。
教育委員会は採用するまで、第一次試験、第二次試験と面接までやるのだから、もっと厳しい目で人選して先生を決めてほしい。
それに公立などでは配置にも問題がある。モンスターペアレンツを作り出したのは教師ではなく教育委員会にも問題があると思う。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-01 13:06
 訴えても、それが正当かどうか問題になるなのに、ただ「訴えるぞ」で脅した気になるのは、やはりテレビドラマの影響でしょう。「青春シリーズ」とか「B組シリーズ」では、教育委員会は教師にとって恐ろしいと誇大に描かれてきました。
 そういうことは現実にありはしますが、ただしそれは君が代斉唱のとき起立しなかったというような教師に対してであって、暴力とか猥褻とかの違法行為が教師から生徒に対してあったという場合は、うやむやが圧倒的に多いのです。だから訴えと処分との数値の差が極端です。
 
 
Commented by Re:Q at 2008-09-01 13:58 x
 どんなに教師がちゃんとしていても、それは個人の力にしか過ぎません。時代の流れの中で次々に生まれてくる問題に対処するには限界があります。教師にサラリーマン以上の働きを期待する方が無理な注文なのです。
 モンスターペアレンツを作りだしたのは、学校でもなければ教育委員会でもありません。日本の「豊かさ」が原因なのだと思います。キレて文句を垂れ流して事を済まそうという深層心理にあるのは「甘え」だからです。「豊かさ」をこっちの方向にしか持ってこれなかったのが一番の問題で、日本の駄目で情けない部分なのだと思います。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-01 16:33
 さて、甘ったれたガキがそのまま大人になったら、社会に出て通用しないものです。
 ところが、封建時代は特権階級に生まれれば通用しました。それが一部で復活し、出来損ないでも政財界でやっていけます。
 そのおこぼれで、一部の一般人でもなんとかやっていけるのでしょう。だから豊かさの謝った方向性とのご指摘はもっともです。
 そして、おこぼれすらない者は、努力しても虚しく、犯罪者予備軍として監視の対象なのでしょう。
 
Commented by ruhiginoue at 2008-09-01 16:37
 ところで、都合の悪い意見だけ削除したとの非難が書かれていましたが、これに対して以下のように応じたところ、その非難はただちに削除されました。
 
「テメーコノヤロー」などとだけ書かれれば誰にとっても「都合の悪い」ものだけど「意見」ではありませんよね。
 そうでないなら、どんな内容の意見があったか覚えている範囲でいいから趣旨を書いてください。都合が良い悪いと判断できたなら、内容がわかるはずですから。
Commented by b at 2008-09-01 17:49 x
モンスターチルドレンの親は、モンスターペアレンツなんでしょうね、、。笑
父親か、その妻が、地位を盾にして 文句をふっかける『困った大人』なのでしょう。
**
良い家庭で育った子なら、先生に向かって「教育委員会に言うぞ コノヤロー!」なんて 恐くて言えません。
本当に悪い先生がいて、文句を言うにしても、おもわず敬語で反論してしまう(笑)のがフツーでしょ?
Commented by あーあ at 2008-09-01 17:51 x
さて、その「都合の悪い意見だけ削除したとの非難」は私が書き込んだわけですが、私はその非難コメントを消していません。すなわち、 ruhiginoue氏、あなたが消したのです。
わかりやすい悪あがきをありがとうございます。もし悪あがきでないというのなら、ご自身で消したコメントを書き込み主が消したように装ったわけについてご反論ください。

私が覚えているのは欧米並みに教師の権限を上げろとか、そんなのだったと思います。
ほかにもいろいろと「意見」といえるものもありましたが(というかそれ以前の書き込みは意見がほとんどでおっしゃられるような「テメーコノヤロー」などという書き込みはなかったように思うのですが)、すべて消されています。
たしかにすべて消しているので「都合の悪い意見だけ削除」とはいえないかもしれませんね。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-01 19:37
 消す訳が無いでしょう。その意味が無い。逆に、消したらこちらの批判の意義が薄れてしまうでしょう。なにか勘違いしてるか、でまかせ意外にありません。
 「教師の権限・・」というの仮にあったとして、このどこが「都合の悪い意見」ですか。一番最初のコメント消してませんが、これはあきらかに反感を伴ったものでも削除せず反論してますが。このように、記憶があいまいで、そんなものに基づく非難です。
 また、なにより最後の一行で、自らの事実誤認を認めているのですから、そのような誤解に基づく非難は取り合う意味がありません。そんな相手に対して「悪あがき」する意味もありません。
Commented by りんご at 2008-09-01 22:19 x
そもそも教師だからとかそういうことを抜きに、年長者を敬う気持ちが日本人にかけてきたことが問題では?と思いマス。
心の中で馬鹿にしていたって、年長者であるだけで言葉遣いや態度をしっかりするということが昔は自然にできていたのではないですか。
私は、やっぱり、自分より目上の人にはそういう風に接してしまいますが・・・。
それこそ、親が一緒になって教師の悪口を言うっていうのは、考えられないことでした。
ただ、本当に教師が理不尽な場合は別でした。きちんと親が対応してくれましたよ。なんで、そうできないかなぁ。
Commented by Re:Q at 2008-09-01 22:47 x
  「世に倦む日々」じゃあるまいし、 コメント削除なんて普通しないでしょう。ましてやruhiginoueさんは実名さらしている訳ですしね。
かのブログは本当に管理が凄まじい。コメント欄を用意しているのは大政翼賛会的な意見を残すため。ちょっとでも管理人の意にそぐわない意見を書こうものなら即刻削除。さらにIP規制で書き込み禁止処分にされてしまいます。私もIP規制の対象者で、二度と  「世に倦む日々」への書き込みは出来ない体となりました。めでたしめでたし。
Commented by k_penguin at 2008-09-01 23:50
ヤフー検索のキャッシュみると、少なくとも4つのコメント消してるよ。
Commented by Re:Q at 2008-09-02 01:10 x
あ、本当だ。どうしたことだろう、これは…。
削除用パスワードに芸がなかったとか?
Commented by こんにちは。 at 2008-09-02 01:20 x
『教師が見下されるのは、ある意味健全』というすんごいタイトルですが、確かに現在のサラリーマン教師といわれる人種は頼りない傾向にあるような気もします。

しかし、教室の中で教師(センセイ)の言うことを聞かず、和と秩序を乱す自分のわがままを通すために「セクハラで訴えるぞ!」「教育委員会に言うぞ!」と言い放つ小学生の行動が、保障されるべき権利なのでしょうか?

Qさんがおっしゃるように、
> 異国の子供たちの中に放り込んだら
> たぶん泣きわめいた末に黙りこくってしまうと思います

その通りでしょうね。大人の方が(現状)対応に苦慮することを知っている上での行動です。大変卑怯な行動であり、根底にあるのは“甘え”です。
こんなことをしても自分が(親から、教師から)咎められない範囲の中で自分のプライドや原始欲求を満たすために傍若無人ぶっているのです。

こういうコウモリな子供を大量生産せよとでも言うのでしょうか?
これこそが権利の主張だと教えろと?
Commented by こんにちは。(続き) at 2008-09-02 01:21 x
まるで、もう既に現実社会では存在が薄れている労働組合のスローガンを見るようです。
「封建社会は悪だ!」「真に平等な社会を!」「労働者の権利を守れ!」

あと、テレビでやってるような学園物は“ウソ”が前提ですから。
> 作り話でもウソを描くのはいけません
フィクションという言葉をご存じですか?それを見越した上でドラマを楽しむのが大人なんじゃないんですか?

ここには今日始めてきましたが、記事主のあなたはまだユートピア幻想から卒業できていないように見受けられます。

※コメント消さないでね。別に消してもいいけど・・・
記録は残るから。(どこに?)
Commented by N氏 at 2008-09-02 02:08 x
せっかく、元の記事と違った角度から問題を捉えておられたのに、
「ついでに言うと」意向の内容は論拠に乏しく、
そのせいで文章全体が意見のごり押しのような印象を与えてしまっているのが残念です。
権利は主張するだけでなく、義務を果たす良識が必要です。
たとえば、
義務教育だから給食費は払わぬという親などは、
小学校に通わせる権利を主張しながら親としての義務を果たしていない。
典型的な例ではないでしょうか。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-02 06:48
>ヤフー検索のキャッシュみると、少なくとも4つのコメント消してるよ。

 消したのは誰かという主語がありませんが、9番目のコメントのとおりで、もう一度読むと説明不足なので補足すると、指摘とか反論をされて都合が悪いという意見を削除したことはありませんが、ただの罵声を浴びせているものは削除しました。検索でそのことはわかりませんか?だいたい内容の一部しか表示されませんが。
 そして、9番目のとおり、こちらが述べたとたんに削除したのはコメントした匿名の一人です。こちらで消すわけ無いし、その意味もこちらへの利もないというのは、このことを指しています。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-02 07:06
 りんごさんのご意見について。(このように対象を明記するようにします)
 教師とか学校に対して、子供のことで何か問題があったとき親が抗議することは当然です。問題は、その中身のはずなのに、もの申す者はみんな「モンスーター」とレッテル貼りをしてかたずけるのは、政治的な場合の「アカ」とか「反日」というのと同じで、危険なことです。
 そして「昔はちがった」という、いつの時代も共通の決まり文句。これは家庭裁判所で老人の参与員がDVの訴えなどに「昔は我慢したもんだ」と言い放つなど、たくさんの問題を起こしています。
 こういうことをし続けた結果が、正当な抗議や異議が圧殺され、ただわがままで喚き散らすだけの人が目立つようになったのでしょう。だから、クレームつけられて怒っている人たちは、原因を自分で作ってはいないか、自省すべきです。
 
Commented by ruhiginoue at 2008-09-02 07:18
 Qさんの「世に倦む日々」の件。
 この悪名高いブログは、当方も一度コメントしたところ、削除のうえ書き込み不可とされました。
 たった一度、あくまで意見をのべただけで、罵声とか人格攻撃はせず、批判の対象を意見にだけ絞り、意見以前に客観的な事実誤認があると指摘し、そんなものに基づいて特定人を実名あげて非難するのは間違っていると抗議しました。
 そうしたら、というわけです。
 こういうのを都合の悪いコメントを削除するというのであって、当方はこれまでの対応を見ていただければわかると思いますが、事実には事実で、論には論で応じますが、無用な罵りは相手にするのが無駄だし他の閲覧者にとっても煩わしいので無視することにしています。
 これも「都合が悪い」と解釈することもできますが、その実質が違うから同列にしてほしくありません。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-02 07:26
 こんにちはさんのご意見について。
 りんごさんへ申し上げたのと同じで、やり方が正当か、そして内容が相当か、というのが問題であって、そこが欠落しているのがエントリーの記事です。
 これは学校だけでなく、株主総会とか医療機関でも同じです。株式公開している企業の社会的責任を問うことは難しく、総会屋が横行している。事故があっても隠蔽し、そこへクレーマーがつけ込む。
 正しい異議申し立てを確立せず、むしろ潰しておきながら、無茶なことをする人にだけ困ったと言ってみせる姿は見苦しいものです。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-02 07:40
 こんにちは続き について

 最初の、そのようなレッテル貼りの非難は、それこそファッショです。いまどきそのような洗練されていない労組みかけませんが、なぜそう感じるかという具体的な事由がありませんよね。自分の思い込みだけで他者にそのような中傷をする人こそモンスターとかクレーマーと言われても仕方ありません。
 また、ドラマにウソがあることではなく、ウソを真に受けることが問題だとハッキリ言ってますが、これを理解できないのでしょうか。現実にある制度について、実際とは違って描いてしまうことは、フィクションでも許されません。たとえば、スポーツドラマで、「こんな弱い奴が急に強くなって優勝なんてありえない」といっても、それはしょせん夢物語だからいい。しかし、そのスポーツのルールについて実際とは違った描きかたをしていたら問題になってしまうでしょう。
 そういう違いもわからず、あとはまた理由もしめさず「ユートピア」などと非難。これも紋切り型で、手あかがついて使い古されたものですね。発想と語彙の貧弱さを感じます。もうすこし勉強してくださいね。ほかのだれでもない、あなたのためです。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-02 07:43
 N氏は、なにが言いたいのでしょうか。
 「せっかく」とは何を指しているのでしょうか。
 印象批判は無意味ですから、具体性のある指摘を。
 また給食費なんてどう関連するのでしょうか。
 ちゃんとした文章を書いて下さい。
Commented by 御調 at 2008-09-02 08:11 x
はじめまして。
親族に教職がいるので耳が痛い話ですが同意できるところはありますね。

1つだけ気になったのは
>日本人は自分の権利もちゃんと主張できないから、
>国内社会では奴隷根性の庶民ばかりになってしまい、
>熟年リストラ自殺が多発し、若い人はワーキングプアとか
>ネットカフェ難民となり、国際社会でも見下されて困ったことになっているというのに

最初の「権利が主張できない」のは主張の方向にもよると思います。
主観ですが、なんとなく日本人は、自分よりも上もしくは
具体性のない存在(=社会)にはなかなか主張できなくて、
それとは逆に自分よりも下にみる存在には主張する(できる)ことが多そうです。
その園長さんとやらが言ってるのも、主張しやすいところだけには
主張する大人の社会を真似てる、という意味に受け取れるのでは?
Commented by よのなんとやらのひってか at 2008-09-02 09:34 x
こんちは。
ちと横に逸れるがテーマに合うとは思うので一言
「世に倦む日々」はそうおっしゃる方々がいらっしゃるとおりひでえブログですよ
インテリぶってわざと見慣れない用語を題名にするくらいはご愛嬌としても{懐メロ好きからいい歳こいてるはずなんだけど大学生が習ったばかりの用語をレポートに書くような感覚は笑ですけどね}時代遅れな政治学者のファンというのも懐メロ大好きと同じなんでしょうかな
そりゃあ意見した者としてはね、自分では正しいと思っているから削除されたら不当だと感じるもんだけどさ、頭きても冷静に考えたら意見はいいが言葉づかいが不穏当だったとか、下品な蛇足を書き加えていたりしたなと気づいて反省し、そのことを改めて同じ内容を投稿し直すことはよくあるわな
ところが「世に」さんは書き込み禁止にしちまうだからよせられる意見が同じのばかりでつまらんし、間違っていても訂正が無いのさ
他のブログで批判するのはフェアじゃないけど「世」は受け付けんからね
ここのブログでは削除はされても再送信できるんだから、自分でもう一度書き直す。あるいは消されたけれどいい意見だと思ったら覚えている他の人が言い方に気をつけて書いたらいいよ

 

Commented by videox at 2008-09-02 16:53 x
ふざけたコメント削除ならばなんで最初のは残したんだろうか。
おそらく、教育委員会なんて役立たずというのを皮肉で言うためだろうが、教育問題になるといつもかならず出る「子供は生意気だから殴れ」と言う奴はバカの標本としてのみ存在価値がある。

その削除の仕方だが、ruhiginoue氏は「意見というより罵声」のようなようするに荒しなら削除すると述べていたのは当人が「説明不足」だったとはいえちゃんと読んでいれば容易に判ることだ。それに加えてQ氏は某ブログを引き合いに出し、そのような異論排除はしないだろうと言った。
これを受けて否定しk_penguin氏は「最低4つ消してる」と言うからには、荒しなどの問題は存在しないのに削除したというの意味となる。これは事実なのか。単に数が4足りないというだけではないのだろう。だったらそのコメント内容はどんなものだったのだろうか。
Commented by こんにちは。 at 2008-09-02 19:45 x
うわー釣られてしまうっ
僕はぜんぜん教師の味方ではないんですがね。


ツッコミ所いっぱいですが(僕にもツッコんでもらって結構です)、

> 正当な抗議や異議が圧殺され
> 正しい異議申し立てを確立せず

って、何を根拠に言われてるのでしょうか?もしかして、“どんな小さな申し立てでも全部解決しろ”とでも言うのでしょうか?そんなことをすれば教師側も委員会側も本来の業務がマヒしてしまうのでは?だから重要案件から処理するのは当たり前のこと。そのなかで却下される部分もあるでしょう。それは、民間社会では当たり前のこと。
まだ社会に揉まれたことが無いのでしょうか?


> 「昔はちがった」という決まり文句
> 家庭裁判所で老人の参与員がDVの訴えなどに

極端すぎます。特異な例をわざわざもって来てもしかたがないでしょう。
第一、

> そのようなレッテル貼りの非難は、それこそファッショです

こういう“決まり文句”という言い方自体がレッテル貼りの決めつけだとは思いませんか?
Commented by こんにちは。(続き) at 2008-09-02 19:45 x
> ウソを真に受けることが問題だとハッキリ言ってますが
> これを理解できないのでしょうか

ええと、どこに書いてあるんでしょう。僕は日本語しか読めません。

“作り話でもウソを描くのはいけません”と書いたのはあなたですよね?大丈夫ですか?コメント書き直さないでくださいね?


> 「ユートピア」などと非難

ユートピアが非難する言葉だとは知りませんでしたww
また、これは僕があなたの言葉の端々で感じたことを表現したことであって、その理由は上記に書いてある(羅列してある)文字達から読み取っていただく他ないのですが、難しいですか?

ええと、日本語あんまり上手じゃないようですね。(僕も下手ですが)
がんばるといいとおもいますよ。がんばってくださいとは言わないけど。
Commented by 4lz at 2008-09-02 20:19 x
 第三段落めの、「それに、ドラマの安易な真似は……」から始まるあたりを要約したら、「ウソを真に受けることが問題だ」ということになると思いますけど……。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-02 20:30
 「こんにちは」さんから、まさかと思っていたとおりの反論というより誤摩化しが出るとは。
 ドラマの話は4lzさんが言っていることもありますが、あと、ウソを描いてはいけないのは、それ自体が悪いというよりそれを真に受けることがあくまで問題だと言うことが理解できないのでしょうか、というより、議論の趣旨からして反駁するならその後のスポーツドラマを例した事に対してするべきなのに、それができないからはぐらかしているわけですね。
 ほかもみんなそう。説明しなくてもみなさんおわかりだと思いますが。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-02 20:40
 御調さんのご指摘はもっともだと思いますが、例の先生は、そのような意味で述べたとは考えられません。そのように受け取れる箇所が見当たりません。

 videoxさんの疑問ですが、もし荒しでもないのに削除されたコメントがあるというなら、それが荒しでは無かったという説明をしてほしいものです。繰り返しになりますが、内容をふまえたうえでそう言うなら、その内容はどうだったかだいたいの説明ならできるはずですから。
Commented by 御調 at 2008-09-02 21:16 x
まあ確かに記事だけだと、その人の意図なんて汲み取れませんね。
少なくともどこまで考えてるか分からない。

個人的には、「子供が理不尽な訴えをどんどん実行すればいい」
→「それで後悔すればいい」ってのはちょっとアレかなと思いました。
万が一通っちゃった場合、それこそ理不尽ですから。
教育委員会までいかなくても学校内での政治的案件として
これは起こり得ます。身内の実体験。

それよりは、子供が実行するまえに親にしからせる、親が「ピー」ならそっちをなんとかする土壌を作った方がよいかと思いました。
Commented by こんにちは。 at 2008-09-02 22:04 x
脱力しました。

コメント部分で
> その生徒はテレビドラマを見て真に受けていたのでしょう。
> 作り話でもウソを描くのはいけません。

『作り話のウソを描いたドラマがあった→それを見た生徒が真に受けた』
という順番ではないんですか?
『ウソを描くのはいけません』という前提があっての話ではないんですか?
ウソを描いたドラマが悪く、生徒は悪くない(被害者だ)と言ってますよね?

> ウソを描いてはいけないのは、それ自体が悪いというより
> それを真に受けることがあくまで問題だと

逆、逆。上記であなたは逆のことを書いてます。
真に受けることが問題なので
これでは“ウソを描いたドラマ”自体は悪くなく、それを真に受けた生徒が悪い(問題だ)と言っています。

いつのまに逆になってるんでしょう。あなたの頭の中では。
“誤摩化し”というよりスリカエですね。
Commented by こんにちは。(最後) at 2008-09-02 22:04 x
また、本文部分で
> ドラマの安易な真似は教師も生徒児童もしてはならない
と、
> 何かあればどんどん訴えるべきだ
も、ドラマのどの部分のまねのことを言ってるのでしょう?
訴える子供の方?それとも押さえ込む教師側の方?
主語がどっちかで、全く意味が違ってきますが、文脈が読み取りづらいので判別つきません。もし訴える行為のことを言っているのであれば、ひとつの文の次で逆のことを書いていることになります。



ああ・・
川田くんと似ているね・・・

相手してくれてありがとう。
Commented by キャッシュを見ると確かに消され at 2008-09-02 22:07 x
消されたコメントのうち、あーあ氏の言う
>私が覚えているのは欧米並みに教師の権限を上げろとか、そんなの
というコメントを書いたのは私ですね。
なんで消されたのかとも思いますが(削除パスワードはかなり複雑なものなので、外部から消すにはそれこそexciteブログのシステムを乗っ取る並の労力が必要だと思います)管理する権限はブログ主にあるのだし、ruhiginoueさんが不必要と思ったら消してもいいのではないのでしょうか。

Commented by k_penguin at 2008-09-02 23:01
> videox さん
>「最低4つ消してる」と言うからには、荒しなどの問題は存在しないのに削除したというの意味となる。これは事実なのか。単に数が4足りないというだけではないのだろう。

いや、単に数が4足りないってだけの話。
キャッシュからはそれしかわからないからね。
コメントの削除があるないで水掛け論するなら、調べりゃいーじゃんって
おもったから、
キャッシュのこと書いただけ。

別に荒らしコメントであろうと、単にブログ主がレスを思いつかないコメントだろうと
消すのはブログ主の自由だしね。
Commented by EN at 2008-09-03 04:16 x
はじめてコメントさせていただきます。
整理された文章と散りばめられたユーモアの魅力から、時間を見つけては拝見しています。
訪問される方々とブログ主さんとのコメント欄も楽しく、またそれらは私自身の物事の考え方を広げさせてくれる糧でもありましたが、ここは礫の投げ合いのように荒んでいて、拝見していて辛く、このような初コメントとなりました。
記事の内容が事実と違うならそれを、意見が異なるならそれを、伝える書き方はあると思うのですが、その際に相手を辱めるような文章を添える必要はありません。
気分に任せて放つ悪意に気の効いたものなど、言った本人の満足以外にないと思います。ただ相手を非難するために紡がれる言葉が公に露出される意味は、その反対の意識を呼ぶものになるのだと思います。

Commented by ruhiginoue at 2008-09-03 06:47
「よのなんとやらのひってか」さんの
>そりゃあ意見した者としてはね、自分では正しいと思っているから削除されたら不当だと感じるもんだけどさ、頭きても冷静に考えたら意見はいいが言葉づかいが不穏当だったとか、下品な蛇足を書き加えていたりしたなと気づいて反省し、そのことを改めて同じ内容を投稿し直すことはよくあるわな
>自分でもう一度書き直す。あるいは消されたけれどいい意見だと思ったら覚えている他の人が言い方に気をつけて書いたらいいよ

お手数でも、そうしていただきたい。
また、前によく確認せず削除してしまってお詫びしたことがありました。表示できないリンクがあったけど、再び貼って下さったら表示できました。そういうこともあります。
> videox さん
k_penguin さん
内容と無関係に削除されたものがあったか、では意味が無いのだけど、それにくわえて誰が消したかという水掛け論の話もあったので混乱が起きました。ですから、先に述べたとおり、どのコメントへの対応かもっと明記することにします。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-03 06:58
御調さんの
>万が一通っちゃった場合、それこそ理不尽ですから。
教育委員会までいかなくても学校内での政治的案件として
これは起こり得ます。身内の実体験。
 これは先に挙げた「人間の壁」のようなことだと思います。
 「教師の権限を強く」も、ここで出て来たら話がつながりますね。
 それでは、もし教師の権限を強くして教育委員会なんて怖くないというようにしたら、日の丸君が代に反対する教師を弾圧できなくなっちゃうから石原都知事などは猛反対するでしょう。

>こんにちは
この表示にリンクが無くなりましたが、なぜでしょうか。リンク先ブログではテレビドラマについて語るのがお好きのようで、だからドラマ鑑賞の仕方に欠陥があることが露呈してしまい焦ったということでしょうか。

ENさん、読んで下さっていて、ご指摘くださって、ありがとうございます。
 
Commented by とりあえずですが at 2008-09-03 07:42 x
百度のキャッシュで、消した(消えた?)コメントを読めます。
百度で「教師が見下されるのは、ある意味健全」を検索。
ご報告まで。

Commented by 読んだ at 2008-09-03 09:45 x
ひでえコメント。
通りすがりとかでこれじゃ荒しとしか言いようがないな
こんなのが「意見」で削除が不当というやつは2ch向き

Commented by 読んだ2 at 2008-09-03 09:56 x
ruhiginoue氏は消していないといっているから、削除したわけじゃなくなんらかの事故で消えたんですよ。
それ以前にエキサイトブログは不具合多すぎる。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-03 12:57
 消したのと消してない(書いた人が自分で消したか事故など)があるとご説明申し上げたと思いますが、これをふまえて対応にもうすこし工夫をしたいと存じます。
 エキサイトブログも改良しているそうですから。
 でも動画を載せる気はあまりしませんが。
 とにかくキャッシュがあって良かった。教えてくれた方には感謝。
Commented by マイノリティ at 2008-09-03 18:32 x
>問題はいい分が通るかどうかなのに、それを訴えると言うこと自体をケシカランことであるかのように言うほうが間違っている。

まったくもって同感!教育者の教育どころがズレてるから成長したかつてのガキがズレたマスコミやズレた政治家、ズレたコメント者となっていく。野党を見れば顕著!昔からこんなモンスターチルドレンはいた。それが目立つのは教育が腐ってる証拠だろ。教師は感情をおさえて、きまりに囚われず、差別なく人間として正論を言え!モンスターチルドレンが恐れるのは正論だ。

久しぶりに覗いてみたら・・「百度のキャッシュ」で見れた!ためになるなぁ、ここは。事故かどうかは知らないが消されて当然のコメントに笑えた!「世に倦む?」コンプレックスの裏返しでブログ書いてる方か・・・シブ面に憧れがあるようだが(笑
Commented by マイノリティ at 2008-09-03 18:47 x
教師は「モンスターチルドレン」が現れようと・・・
それこそ、そこが教育のチャンス、教育の場面だろ?逃げるなよ。ない頭をつかえ!教育者の教師は現場だ。子供も十人十色。教育現場の状況や言動のニュアンスもバラバラだ。観察能力よりも被害妄想の発達した教師は教師の資格有無以前に社会に出ても役に立たないだろう。
Commented by りんご at 2008-09-03 23:19 x
やはり、ブログ主さんのご意見を読んでも納得できませんでした。
でも、このコメントに返信していただかなくてかまいません。
やっぱり、タイトルですね。納得できないのは。スポーツ新聞が目を引く見出しを書いて引っ張る感じが漂ってきます。でも、本当にそう思われているようなので、そういう人もいるのか・・・と思いました。
教師が見下されるのはある意味健全っておかしいですよ、やっぱり。
教師は見下される者なのですか?そういう教師もいるかもしれませんが、少なくとも(親よりはとはいいません)児童・生徒より社会的にも知識的にも子供に指導できる人がなっていますよね。指導者を最初から見下すような子供を健全ってどうなんでしょうね。高校生なら、100歩譲ってわかりますがね。当然、非難されるべき人や見下されるような人はそのように扱われても構わないと思いますが、教師全体を見下すのは当然って、言い切っちゃうのは絶対おかしいですよ。
なんか、教師に恨みでもあるのですか?と思ってしまいます。
返信コメント不要です。きっと、そもそもの考え方から違うと思うので。
私は、いくつになっても指導者や年配者には敬意をもって接するようにしています。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-04 05:51
 >マイノリテイさん
  ついヤフーとかグーグルばかり思い浮かぶところで「百度」とは、たしかにためになりました。
 「世に」は、自分はなかなかたいしたものだという態度をとりながら、少しでもそれを脅かそうとするものはモンスターということなのでしょう。
 教師もそうだけど、モンンスターだのと恐れるより堂々と正論をぶつけるべきです。そこに教育の醍醐味があるはずなんですが、その必要がない子供ばかりを教室に集めてくれと教師が言っているようにしか感じられません。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-04 06:03
>りんごさん

「ある意味」とわざわざ付けた訳がわかってもらえていないようですね。
 教師のほか政治家などもそうだけど、「先生」と呼ばれる人は時にはセンセイと皮肉で言われるように、ふつうはなんでもないことでも「先生のクセにー」と言われるものなんですよ。出来損ないはもちろん、それなりに立派な人でも、むしろそれゆえ、厳しい目で見られるのです。
 にもかかわらず、それがイヤだというのでは、「裸の王様」でいたいということです。
Commented by 御調 at 2008-09-04 23:04 x
気になったのでまた来てしまいました(笑)
ちょっと失礼な書き方になるかもしれないのですが
許してください。あとりんごさんと同じく特にレス不要です。

私が元エントリーとさらにレスのレスから感じた違和感は
りんごさんのレスに似てると思いました。
要するにどこまで賛成されているのかがよく分からないのです。
「ある意味」健全とありますが、その理由は↑にあるように
教師のためでもあるということですよね。
元エントリーの中にも「メッキがはがれてきた~」とあるので
それは分かるのですが、そのあと、ドラマの模倣と関連付けて

~子供がいてもいい。何かあればどんどん訴えるべきだ。
問題はいい分が通るかどうかなのに~という生徒児童は
もっと後悔することになる。

とあるので、子供に分からせる意味でもよいとされている印象を
受けました。教師と子供にとっても「ある意味」よければ、
「そのほかの意味」もある?(そこは書かれてないのですよね?)
結局「ある意味」が限定しているのがどこまでなのかが
分からないので、りんごさんや私から見るとほぼ全面的に
賛成されているように感じたんだと思います。
Commented by EN at 2008-09-05 04:30 x
横から失礼します。りんごさんと御調さんへ。
「教師が見下されるのは健全」と「教師が見下されるのは、ある意味健全」は、表現している内容がまるで異なります。
タイトルは「非難されてしかるべき教師を、正当に訴えることができて、その上で、両者に公平で倫理的な裁きが得られる社会は健全」と言っているのだと思います。
りんごさんもコメントに、「非難されるべき人や見下されるような人はそのように扱われても構わない」と書かれていますから、「そもそもの考え方が違う」わけではないと思います。
私の読み方ですが、エントリーからコメント欄に続く内容を、
たとえ少数でも子供の心を踏みにじる教師がいて、傷つけられる子供がいて、教師をかばう大人も逆に叩く大人も存在するけれど、理不尽があってはいけない、そのために学ぶ必要がある、それはドラマからは学べないんだ、というふうに捉えました。
違っているかもしれませんが、少なくとも、教師を見下し訴えることに賛成、という内容には思えませんでした。
りんごさんも御調さんも懸命に書かれているのに、行き違いは残念だと思ったので、つい口を挟んでしまいました。
過ぎていたらごめんなさい。
Commented by EN at 2008-09-05 05:00 x
付け足します。
もしも、社会が公正であれば、教師を訴えることは、仮にそれが間違っていた場合、教師を守ることにもなると思います。
どちらか一方のかたを持つということは、立場が変われば自分が有利にも不利にもなるということですから、関係は歪みます。
その中で、ほんとうの被害者がどんな扱いを強いられるのか。
人々の、これはこうに決まってる、という思いが、どのような結果を導くのか。
それが軸なのではないかと思うのです。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-05 07:47
 りんごさん、御調さん、 ENさん、がして下さっているような議論になってほしいので、中味のない邪魔者はどいて欲しかったのですが、ちゃんとした意見を排除したとの非難があり、どうなのかは水掛け論かと思ったら検索キャッシュの指摘があり、コメント数だけでなく内容保存もあり、これはやはり通りすがり荒しで削除相当じゃないか、というようにサイト運営問題として出来過ぎなほどの流れとなり、マエノリティさんのおっしゃるとおり「ためになる」結果となりました。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-05 07:57
 あと、くどいけれど、これももう少し説明したほうがいいので言うと、自分の専門を直接生かせないので学校で子供に教えている人で、例えば数学大好きで専門にやったけれど数学者になれなかったという人でも、子供に数学の有意義さや知的好奇心を教えていたら、フィールズ賞よりよほど価値がある場合もあり尊敬されますが、「こんな問題もできないのか」と子供を罵倒している教師は実によく見かけ、そうなってしまうと尊敬なんて無理で、むしろ手前だって落ちこぼれてここで働いてるくせに何だ、という軽蔑の対象でしょう。
 そこまで酷くなくても、むしろ良心的でも、授業のほうは無味乾燥で数学嫌いを作っている、という人なら、もっと多いでしょう。
 この現実を直視すれば、教師だから無条件に尊敬せよと言っても無理があり、そこへ尊敬を強制をすれば反発が当然ではないでしょうか。
 なのに、それを「モンスター」のレッテル貼りとか「自分の権利ばかり主張する人がいるから」と手垢まみれでカビまで生えて来たような古臭い紋切り型で片付けてしまっては、なにも解決はしないでしょう。
Commented by ringo at 2008-09-06 17:02 x
ブログ主さんは本当に教師不信が強い方だと思うのですが、ご自分が回りにいた教師がそうであるからといって、日本全国そうだと思うのはどうなんでしょう?逆に私の場合、子供の学校の先生の授業はとてもわかりやすく、いい先生ばかりで、この人はちょっと・・・という先生はいないんですよ。だったら、全国そうかというと、そうではないのでしょう。ブログ主さんは、ご自分の近くの小・中学校の学校公開日にでも足を運んでみてはいかがですか?今の先生達は研究授業とか研修を熱心にされていて、昔の自分が受けた授業とは全然違いますよ。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-06 17:31
 教師の総体がどうなのか評価する意図ではありません。場合によって様々だと言うことです。だから、子や親から文句が出た場合も、ようは中身であるから、それを一概に「モンスター」と決めつけるなどは不当だということてす。 
 だから教師はみんな授業がいい加減という評価をしたことはありません。そう言う場合もあるのが現実でしょう、ということです。
 好みの問題もあります。例に出した数学で言えば、学校では苦手だったけれど、近所に工学博士号をもつ人が開いている塾へ行ったら、目からウロコが落ちる思いで数学が楽しくなりました。しかしほかの多くの人は「わけのわからない話をする先生だ」と言ってやめていき、その塾は潰れました。
 受験に関わることだけ話せば良いのに、ほんとうに数学がすきだからしばしば脱線するのです。そこが面白くて、嫌いだったのが好きになったという人もいるわけで、ただそれが少数だったから経営破綻したわけですが。
 
Commented by ringo at 2008-09-06 21:51 x
ブログ主さんがおっしっていることは当たり前です。私だって、文句を言う親がすべてモンスターだなんて思うのはおかしいと思います。
しかし、問題となっているのは、訴えるような根拠もないのに、親や子が教育委員会に訴えてやるというようなことを言って教育現場を混乱させていることでしょう。
そもそも、ブログ主さんのタイトルがどう考えても誤解を生じさせるような日本語であるということと、教師というのは専門性を生かせないものが仕方なく就く職業であると言い切っていることがおかしいのです。
私の友人は教師になりたくてなりました。塾でアルバイトをしていて、子供に教えることに生きがいを感じ、なったのです。また、部活動に燃えたくて、専門性を生かして教師になり、生き生き働いている人もいます。ほとんどの人がなりたくてなっているのではないですか?仕方無くなってやっていけるほど甘い仕事ではないでしょう。人間相手ですから。今の採用試験はボランティア経験や実績など、ただの専門馬鹿がなれるような試験ではないですよ。教師によりふさわしい、教師を目指しているような人がなるようなシステムになっていると聞きました。教師を馬鹿にするのはひどいです。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-07 09:50
 教師を実際より引きずり降ろしているのではなく、教師が実際より持ち上げられているので、定位置に下げるべきだということです。だから「メッキが剥がれてきた」というのです。
 また、今の採用試験にも、とんでもないものだという告発はたくさんありますが、それをさし置いて、それなりのものだとしたら、それにしては、という実態もあります。
 燃えている教師が、それゆえ子供にとっては迷惑なこともよくあります。価値観はみな違うのです。
 それを認めない教師とその同調者としてみれば、従わない者は根拠も無く訴えると言っているように見えてしまいます。
 こういうことは、上から見下ろす視点からは理解できないものです
Commented by ringo at 2008-09-07 10:32 x
しつこいようですが、ブログ主さんの言われるような教師はいるかもしれませんが、専門性を生かせない者が仕方なく就く職業であると言い切ってしまっていることの説明にはなりませんよ。この表現が教師全体を馬鹿にしているのではないですか?
そういう人もいるからと言って、教師全体を馬鹿にすることの言い訳にはならないと思います。価値観は皆違う、当たり前です。なぜ、ご自分の言い切ってしまったことについて言及しないのですか?卑怯だと思います。
Commented by EN at 2008-09-07 12:03 x
私は美術大学を出ましたが、教職課程を履修する人の理由の多くは、絵描きじゃ食べていけないから、でした。
高校の時の生物の先生は、進路相談で「君達には可能性があるんだから教師を目標にするな」と言い、教育者になりたいと言う生徒は「・・・おまえ性格わるいなぁ」と言われて教室中が爆笑しました。
先生やらなきゃ食べていけないのは現実的なことで、馬鹿にすることではありません。
馬鹿にされるのは、先生だからとふんぞり返っている人です。

Commented by ruhiginoue at 2008-09-07 12:55
 もとの文を見て下さい。「実態」があると指摘しているけれど、それは定義するのとは意味がまるで異なりますよ。その違いをringoさんは分っていないようです。

 作曲家の三枝成章氏は、音楽教室で教えている人をコケにしてました。音楽大学で専門に学びながらプロに(あるいはレッスンプロにしか)なれなかったと。 
 自分は収入が足りなくて、妻に逃げられたことがあるし、副収入のためテレビタレントまがいのことをしてるけど、いちおうブロの音楽家ではある。だから直ちに見下すというのではなく、先生と呼ばれているために、その態度によっては、しょせんは食っていけないから教えているんだろう、と言われてしまうということです。
 音楽大学では、教育科があって、そこだけは他の科の入試に落ちた場合の滑り止めとして併願をしてもいいと要項に書いてあったりします。
Commented by 御調 at 2008-09-07 18:26 x
ENさん>
私の叔母は書道の教師をしていましたが、
教職をとって高校で教えながら、師匠について一緒に作品を
発表していました。日展の入選も(それ自体が権威だけとか
そういう議論はともかく)職業芸術家のみを対象にしてるわけでは
ないですよね。学校で教えることが、その人の芸術の専門性を
生かしていないことの結果にはならないと思いますが・・・

>教育者になりたいと言う生徒は「・・・おまえ性格わるいなぁ」
と言われて教室中が爆笑しました。

明らかにその先生個人にも問題があると思います。それをもって
教育者とは往々にしてそういうものだっていう負のループに
入り込むのはどうなのでしょう?
ちゃんとした先生もいるしそうでない先生もいる、が正しいのでは?

>馬鹿にされるのは、先生だからとふんぞり返っている人です。
これは同意します。
Commented by ringo at 2008-09-07 18:33 x
芸術家を目指していて、食べていけないからという人はいるかもしれませんけど、もともと教育学部で音楽や美術の先生になっている人もいますし、学校は芸術系の学部ばかりではありません。
音楽の専門性を極めるような三枝さんのような立場の方は一部ではないですか?私の友人は、吹奏楽部でずーっと活動していて、部活動指導をしたいということもあって、教師を目指し、立派に教師をしていますよ。
なぜ、ご自分が教師全員を馬鹿にしたことを認めて訂正しないんですか。納得できません。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-07 22:00
 ENさんが反論すべきことですが、御調さんのおっしゃることは間違ってないけれど、それは特にENさんのご意見と対立しないでしょう。専門知識・技術を会得したのは同じでも、それを自らの作品創造として生かせる人と、それができず習ったことをただ後輩に伝えるしか出来ない人の違いをENさんは説いているのですから。この違いは差がすごいですよ。
 また、「性格悪いな」と言った先生は、これからの可能性があるのだから目標を高く持てとせっかく指導しているところへ、わざわざ反抗するから言ったのであって、教師を目指すから性格悪い奴だと非難したわけではないでしょう。


Commented by ruhiginoue at 2008-09-07 22:04
 教師であることは専門家の落ちこぼれの証明だとは誰も言ってません。勝手にそう解釈して、その間違いをいくら指摘されても理解できないringoさんのような人ならいますが。
 どこをどう読んだら教師全員を馬鹿にしたと解釈できるのか不思議です。ここがそうだと具体的指摘をしてほしいものです。
 三枝さんのような一部の人を誰だって最初は目指しながらほとんどは夢破れるのです。みんな専門性は極めます。しかし学校秀才にはなれても天才ではなかったわけです。その事実を一般論として指摘しても馬鹿にしたことにはなりません。
 ただし誰かを名指して侮辱すれば事実でもゆるされませんが、その人が先生だからと威張ったり生徒を見下せは、馬鹿にされてもしょうがない。三枝さんだってそれを言っているとすでに書いてますけどね。
Commented by 御調 at 2008-09-07 23:10 x
ブログ主さん>
矛盾しないのは当然です。
なぜならそういう「実態」もあれば
そうでない「実態」もあるから。
(ご自分でもお分かりの上で書かれてると思いますが)

>それを自らの作品創造として生かせる人と、
>それができず習ったことをただ後輩に伝えるしか
>出来ない人の違いをENさんは説いているのですから。
>この違いは差がすごいですよ。
芸術でもそれ以外の学問でも「伝える人」
「伝えることができる人」がいなければ成り立ちません。
また「伝えること」にやりがいを感じている人もいるわけで
なぜそこで教職という職業を特別視するのでしょう?

>わざわざ反抗するから言ったのであって、
>教師を目指すから性格悪い奴だと非難したわけではないでしょう。

ENさんの文章だけなので「どういう実態」なのかは
はっきりとは把握できません。私が先に書いたのも推測です。
ただ自分の職業を(間接的にでも指して)わざわざ性格悪い
という表現で卑下しているのであれば、職務を遂行する仕事人として
自覚にかけていると思いますし、そういう意味で個人として
問題があったのではと指摘しました。
Commented by ringo at 2008-09-08 04:08 x
私は以前にも具体的に指摘しました。
「自分の専門知識を生かせない者がしかたなく就く職業だというのが実態だったから、」という部分です。
教師の定義がこれでは、馬鹿にしているとしかいいようがないではないですか。話をそらさないでください。なぜ、自分が書いたことの非を認めて訂正でいないんですか?一部、そういう方もいるのかもしれませんが、文章の冒頭にこれじゃ・・・
そういう決め付けの文章だから、非難されることが多いんですよ。
Commented by EN at 2008-09-08 05:15 x
2回にわけて書かせていただきます。
ruhiginoueさんご説明下さってありがとうございました。
生物の先生の言ったことの内には、俺は学者になりたかったけれどなれなかったという気持ちがあったと思います。
生徒は、それを卑下だと思わなかったから、後のシーンで笑ったのです。
芸術に限らず様々な分野で、それを専門にして生計が立てられる人は僅かです。ならばせめて知識や技術を生かしてサポート側に回ろうと職業を選ぶ人は多いと思います。それは御調さんもおっしゃるとおり、その役割を担う人なしに分野の推進はないと私も思います。そしてその選択肢に教職も含まれるのだと思います。
そうして教職に就く人の等身大の現実と、「教師は尊敬される人」という建前の間に温度差があるというのが、エントリーのはじまりだったと思います。
Commented by EN at 2008-09-08 05:16 x
その中で、教師と呼ばれる責任を顧みずにあぐらをかいている教師や、それに伴う問題を過保護にされた子供や身勝手な親のせいにして済まそうとする権威者に対し、それじゃ問題は解決しないだろう、という話に、私は共感しました。
教師全般を批判する話でも、熱心に教職に携わるringoさんや御調さんの親しい方々を侮辱する話でもなく、無視できない側面から話題に接触しているのが興味深いと思いました。
主旨はともかくそれでも言われ方によっては頭にくる、というのがringoさんのお気持ちだったと思います。
ですがここは、ブログ主さんの庭です。
庭は個人のものですが、そこにベンチがあって、さまざまな人が時折そこに腰を下ろして語りあえる公共の場として機能したならば、より空間が豊かになるというのがコメント欄のある意味だと私は思っています。
私たちは匿名でそこに入ってきて話をしています。
匿名であることは、私たちにとって、話をしやすい環境であると同時に、互いを意識してこそ保てる場でもあります。
文章の読解による諍いは、よくあることです。
争いは、何の糧にもなりません。

Commented by EN at 2008-09-08 05:54 x
送信したらringoさんのコメントが既にあって、3回立て続けのコメントとなりました。
私が言うのは差し出がましいのですが、ringoさん、実態と定義をごちゃまぜにしたら、話にならなくなってしまいます。
私は仕事柄ですが、こんなに遅くまで起きていらっしゃるのは、よほど怒っているか、大切な理由があるのでしょう。
ringoさんの文章は、回を増すごとに感情的になっています。
北風と太陽ではありませんが、感情的になればringoさんの望む結果は得られないと思います。
時間をかけて、ゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。

最後に、2つめにコメントの最後に、争いは糧ならないと、うっかり書いてしまったことを訂正します。




Commented by ruhiginoue at 2008-09-08 08:29
>もとの文を見て下さい。「実態」があると指摘しているけれど、それは定義するのとは意味がまるで異なりますよ。その違いをringoさんは分っていないようです。

 こう言われたにもかかわらず、

>私は以前にも具体的に指摘しました。
「自分の専門知識を生かせない者がしかたなく就く職業だというのが実態だったから、」という部分です。
教師の定義がこれでは、馬鹿にしているとしかいいようがないではないですか

 というのが実に不可解です。
 
Commented by ringo at 2008-09-08 23:37 x
自分の国語力がないのか、理解不能です。でも、分かり合えないということはよく分かりました。なんか、私のことが教師とか勝手に思っている方もいるし。違います。
最後のお願いですけど、わかりやすい日本語でお願いします。まあ、理解できないなら見にこなければいいだけですけど。でも、これだけ私を含め、多くの人に誤解される文章ってことも頭の片隅に入れておいてください。まあ、馬鹿は相手にしないって思ってくれてもいいですけど。
本当に聡明な方は文章もスマートですけどね。
では、色々書き込みしてご迷惑おかけしました。レスがあると思わなかったので、長くなってしまいましたが・・・。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-09 08:16
>私のことが教師とか勝手に思っている方もいるし。違います。

>熱心に教職に携わるringoさんや御調さんの親しい方々

 お二人と親しい方々など、教職に熱心な人、という意味でしょう。話の流れからも、お二人は身近にそういう人がいると書かれていたのですから。
 
Commented by Re:Q at 2008-09-09 14:56 x
 すごい数のコメントですね。皆さん、教育とか学校の問題に関して思うことが多いという査証でしょう。井上陽水的に言えば「これはよいことだろう」と。
 なぜ教師の権威は時代の流れの中で失われて来たのか?を考えてみると良いかも知れません。考え方にはいろいろな筋道があると思いますが、現状を考えるには歴史的背景を掘り下げる必要があるでしょう。コメント欄程度ではとても言い尽くせませんと逃げます。さしあたり教育勅語あたりの歴史から考えてみるとよいのではないでしょうか?
 教育は現状を受け入れるだけではダメですし、理想だけでも上手く行きません。トライ&エラーを続けるしんどさに耐える力が必要なのでしょう。
 そういう私は、小学生があまりに大人びた口をきくのは好きではありません。子供はじっくり時間をかけて大きくなるべきとの持論がありますので。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-09 17:10
 黒柳徹子さんが言ってました。
 戦争中の学童疎開で、親が苦労して食べ物を手に入れ子供に仕送りしたものを、教師は「送ってもらえない子もいて不平等になるから」と没収し、それを子供みんなに分けるのではなく自分たちが食べてしまった。
 これがコッソリとなら、教師もひもじかったので悪いと知りつつ、つい、ということで情状酌量の余地があるけれど、そうではなく、地元の大人も含むみんなが見ている前で堂々と、自分たちの特権だと威張った態度で食べるという、役人根性の腐ったような感覚だった。
 こういうことが全国各地であり、それで「先生様」と言われていた教師の威信が失墜したと。
 教育勅語は、あの大宅壮一が、小学校のとき教育勅語の文法的間違いを「あれば」ではなく「あらば」だろうと教室で指摘したため教師から殴られたという話があります。
 天皇の権威という以前に、正しくても生意気だから悪いというところが日本的だとおもいます。
Commented by EN at 2008-09-09 23:58 x
>私のことが教師とか勝手に思っている方もいるし。
私が読点を省略したための誤読と思いますが、私の心情としては、それと宇宙人襲来とどっちか信じろとなったら後者を選びます。

小学生の時に、廊下の向こうからやってきた先生に「ネクタイが曲がってますよ」と言ったら「大きなお世話だ」と怒気を含んだ声で嗜められました。
高校生の時、「先生もいろいろ大変だと思います」と言った時にも「大きなお世話だ」と、かなり真剣に怒られました。
今思えば怒られて当然で、言わなくていいことをわざわざ言うのは愚かでした。
ですが、言わなければならないと思ったことは堂々と言うべきです。大人でも、子供でも、仮に「面倒を起こすな」と言われるような場合であれば特に重要だと思います。
自身の所在を明らかにした上での発言と、そうでない人のものとは重さが違います。
コメント欄に書き込む人は、責任を追求されない立場を許されていることの上にあぐらをかくべきではありません。
今後も拝読致します。
by ruhiginoue | 2008-08-31 17:03 | 社会 | Comments(77)