コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

押井守監督といえば「うる星やつら2」

 ヴェネチアでは日本アニメが元気なようで、「ポニョ」が絶賛されているが、コンペ部門に選出された日本映画のトリを務める、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(押井守監督)も注目のようだ。
 私事だが、小中学の同級生に高橋留美子のファンがいて、ファンクラブ特典ビデオなどまで持っている人なのだが、彼にすすめられて「うる星やつら」の劇場版を気が進まないまま見たところ、1作目「オンリーユー」は好みではないが確かに良く出来てはいると認めざるを得ず、「2ビューティフルドリーマー」は気に入って何度も見てしまった。なるほど高橋留美子が「一観客として観れば面白く押井監督は天才だと思うが、この映画は嫌いだ」という趣旨のコメントをしたのも良くわかった。
 というわけで注目の押井監督作品だが、今回声優を務めたのは菊地凛子と加瀬亮で、加瀬亮といえば「それでもボクはやってない」の主役だが、彼のファンなので見たという女性の声があることについて、周防正行監督にきいたところ、
 「もちろん彼に女性ファンはいるし、そんな人が本来とっつきにくい裁判問題の映画を見てくれたのは嬉しいが、主役の起用はあくまで役に合っているから。加瀬亮は織田裕二や木村拓哉のような主役にしたから客が呼べるスターというほどではないでしょう」
 菊池凛子は、催洋一監督の新作の撮影で負傷したと報じられたが、催洋一監督は日本映画監督協会の理事長をしている。周防正行監督は日本映画監督新人賞を受けたが、入会はしていない。名簿に名が無いので尋ねた。
 「どうして周防さんは日本映画監督協会に入らないのですか」
 「催洋一が嫌いだから」
 他にも大勢の人がいる所でキッパリと言ったのだった。
 こう言う監督は、かつて大島渚が理事長だったときはもっといたものだ。今では病に倒れ、日本映画監督協会のアニバーサリー式典に車いすで登場し、発言もすべて小山明子が代弁していた大島渚は、元気だった頃は徒党を組んだりセクト主義に凝り固まったりとお盛んだったのだった。
 
 Excite �G�L�T�C�g : �|��j���[�X
[PR]
Commented by Re:Q at 2008-09-03 11:49 x
 私も「うる星」には興味がなかったのですが、人に勧められて「ビューティフルドリーマー」を見て舌を巻きました。考えてみれば、高橋留美子が産み出したキャラクターを駒に自分の創りたいように創ったわけですから、これはある意味、同人誌的なアニメでもあるんですね。原作付きのアニメの映画版はそういう要素を持っているのが一つの形だったわけですが、最近はそういう形態があまり流行らなくなってきた感があります。
 ところで「カリオストロの城」もモンキーパンチに「これは僕のルパンじゃない」と評されたようですが、もっと好意的なニュアンスがあったようです。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-04 06:33
 「仲間だったことも敵だったことも、恋人だったこともあるわ。気をつけなさい、ルパンはしょうもない女ったらしよ」
 「捨てられたんですか」
 「いいえ、私が捨てたの」
 こうして原作にあったアダルトな雰囲気を片付けてしまい、あとは監督が自分のやり方で。クラリスとカリオストロ公爵はルブラン作の本家ルパンから連れて来た。
 そういうわけですね。
Commented by Re:Q at 2008-09-05 02:08 x
 そう言ってしまったら身も蓋もないんですが、そういうわけです(笑)
 宮崎駿氏の作劇はセリフ偏重になるきらいがままあって
そんなくさいセリフを登場人物に言わせてしまったらぶち壊しじゃないか!と思う部分もあるにはあります。
 ただ、それを上回る動きの快感があるので見られるのです。彼の作品はあくまでもアニメーションという表現形式に則ったものだと思います。映画の前にまずアニメーションであるという事。
 短編中心のアニメ作家とマスプロダクションのアニメ監督の間には大きな溝がありますが、宮崎氏の仕事はこの両者をブリッジする役割もあると言ったら買いかぶりすぎでしょうか?(少なくともユーリ・ノルシュテインを日本に紹介した盟友・高畑勲氏はそうした役割を果たしているようです)
Commented by ruhiginoue at 2008-09-05 07:07
 たしかに、宮崎駿監督は映像の圧倒的な刺激の強さで勝るけれど、人と人との心の葛藤などの描写は高畑勲監督に遥かに及ばないと言われていますからね。かつて2人が合作していたのも、そうした役割分担があったからでしょう。
 「火垂るの墓」は、それ以上に「おもひでぽろぽろ」は実写でやってもよかったし高畑監督は今後は実写の作品を、という声までありますから。
 いつぽうで宮崎監督は映像詩のようなものが向いていると。
 「千と千尋の神隠し」で、ハクは河の精のような龍神で、千尋が小さい頃に溺れかけたとき助けたというのは「霧の中のハリネズミ」だな、と拙書に書いたことがあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-09-03 09:31 | 映画 | Comments(4)