コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

そもそも全国学力テストは何のためだ

 アメリカでは学校で統一テストをした結果から、点数が良い所は、なぜ良いか、他の手本となるか、などの分析と研究をし、悪い所は、その地域に何か問題がないか、とくに貧困とか人種の問題を点検したうえ、予算を増やすなどの対策を講じる。
 もちろん問題はある。PTAが教育予算について地元の議員に陳情したとしても大体は「では学校でバサーでもしなさい」と冷淡な対応で、巨大企業のロビイストが来たときの卑屈なほどの対応とは大違いである。
 だが、実態に問題はあっても、制度にはいちおうの意義はあるアメリカのやり方である。
 一方で日本の全国共通学力テストは、東京中央の、霞が関の意向が、全国津々浦々まで行き渡っているかどうかを確信して悦に入る役人根性の産物でしかなく、だからその結果に対しても、成績が良ければ「けっこう、けっこう」、悪ければ「だめじゃないか」というレベル以上のことはなされてこなかった。
 そうではなく、橋下知事は何かもっとまともな考えをもっているのだろうか。もっているのに協力してくれない者たちがいるから「クソ」なのか。そこまで言うからには、具体的な構想があり、それによほどの自信があるのだろう。
 それは何なのか。当人は漠然と言うだだが、支持者たちはわかっているのだろうか。わかっているなら教えて欲しいものだ。

 
Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-09-08 15:59 | 社会 | Comments(0)