コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

自白強要は裁判制度の欠陥のせいだ

 親族名などを紙に書いて踏ませた「踏み字」で自白を強要したとして特別公務員暴行陵虐罪に問われた元鹿児島県警警部補は、高裁でも有罪となった。
 もちろんこの事実のとおりであれば、この元警部補は悪いし、警察はこのような問題をよく起こしているので、警官個人だけでなく警察全体に問題がある。
 しかし、そのような不正を警察がやってしまうのは、それが裁判で通用してしまうからだ。
 東京の弁護士三会が、北欧でも特に進んでいるデンマークの司法制度を調べて発表しているが、デンマークでは警察の取り調べ調書がそのまま裁判で証拠採用されることはなく、法廷での尋問でないと証拠とならない。
 取り調べ調書は、法廷で尋問する予備の資料として位置づけられ、その内容を法廷で確認したうえ、警察の作った調書と法廷での尋問証言と一致すればよいが、食い違っていたら、それはなぜか、他の証人や物的証拠と照らしてどうか、などを裁判官と陪審員の前でやりとりされたうえで判断されるのである。
 だから、警察も調書を作ってからそれに被疑者の署名を求めはしない。あっても意味が無いから当然だ。もちろん、取り調べには必ず弁護士が立ち会わなければならない。弁護士は尋問の邪魔をしてはいけない。よほど非常識な問いつめ方があれば別だが。そして終わってから、確認とか訂正を求める。
 これなら、公正だし間違いはかなり防止できるはずである。
 ところが日本では、密室で複数の警官に取り囲まれ弁護士も立ち会わないまま作られた調書がそのまま裁判で採用されてしまう。これだけで「日本は先進国か」と諸外国から驚かれる。日本の司法は中国と北朝鮮とともにワーストスリーだとアメリカなどから言われる始末で、だからこれを口実にアメリカは、米兵が日本で犯罪をしても、日本の司法は信用できないから引き渡せないという。
 そして日本の刑事裁判では今なお自白が証拠の王様で、裁判官の多くは自白調書さえあれば、他に証言や物的証拠がなくても、あるいは、あってそれとつじつまが合わなくても、また調書内容自体に矛盾があっても、「自白調書には高度の信用性がある」「調書に間違いはあるが主要な部分は真実と認められる」という決まり文句で有罪にする。この決まり文句、今はパソコンに登録され、昔はハンコになっていたとまで言われている。
 こんな調子の裁判だから、当然に警察は自白調書さえ作ればいいと考えてしまい、「自白すれば釈放してやるがそれまで帰さない」という「人質司法」となり、もちろん誘導とか拷問もする。この「踏み字」も同じ構造によるものだ。
 また、なにも訊かず勝手に作った調書に無理矢理サインさせることもあるし、数人で押さえつけて力ずくで拇印を押させたこともある。これに対して指を食いちぎって抵抗したおかげで無罪となった人までいる。
 つまり、警察の取り調べに問題がおきるのは、そもそも裁判制度に欠陥があるため不正のやり得となってしまっているからだ。まともな裁判になるよう制度を改めれば、せめて弁護士の立ち会い無く作られた取り調べ調書をそのまま証拠採用してはならないという規定にすれば、自白強要事件も冤罪も大きく減少するはずだし、取り調べ室の録画と録音などほんらい無用なのだ。
 つまり、日本の裁判制度に決定的な欠陥があることが本当の問題なのだ。それを放置したまま警察だけ適正捜査に努めるといっても虚しいだけだ。

 Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-09 16:18 | 司法 | Comments(0)