井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

父親が女装して娘になりすました事件

 アメリカで、33歳の女性が、自分の娘とすり替わり高校に通ってチアリーダー活動もしていたが、結局バレてしまったという。教師によれば、見た目は他の生徒より大人びていたが、振る舞いは高校生そのものだった。彼女は高校を卒業したりチアリーダーに入ったりというような、かつて叶わなかった希望を実行したかったと言う。
 日本では、もっと凄い話がある。
 70年代に、父親が女装して娘のふりをし、高校受験したがバレてしまった。なんとしてでも娘を入学させてやりたかったようだが、同時に、女装して鏡を見ながらご満悦でもあったらしい。
 そのような不正ではなく、80年代に、高校に行きたくても行けなかったから悔しいという50代の男性が、定時制ではなく全日制高校に、年齢制限があるわけではないからと受験したところ合格したので入学すると、三年間しっかり通学してちゃんと卒業した。ただ制服着用が、特に通学で電車に乗る時に、恥ずかしかったそうだ。卒業式の日は新聞記者が取材に来て次の日の記事となったし、教師と同級生と在校生と父兄たちから拍手で祝福された。
 そういえば、先日の報道で、何か事情があって進学できなかった人に受験指導する教室を開くと言う人の話があった。遅れても頑張ればいいと思うし、勉強だけでなく、部活でも制服でも、やりたければやればいい。恥ずかしがらず開き直ってもいいし、お金があるなら、塾行って受験勉強しながらアンチエイジングしてもいい。

 33�΂̕�e�A���i15�j�ɂȂ肷�܂��ă`�A���[�_�[��
[PR]
Commented by bergkatze at 2008-09-15 02:09 x
女装受験、憶えています(^^;)受けた父親もアホだが、娘は止めなかったんですかね? それとも父親が強引に受験したんですかね? 解らん心理です。

ところで、高校から先は義務教育じゃないんだから、ちゃんと試験に受かりさえすれば、幾つになっても勉強していいはずなのに、どうしてこの国は大人が学生になると特別視するんでしょうね。
一回失敗したらダメ。一度本流を外れたらダメ。学校でも社会に出ても、一度の失敗でもうどん底ってな感がありますね。
もちろん本人の努力は必要です。人のせいにして無差別殺人するようぢゃ言語道断ですが。
こう言った風潮の中で50歳過ぎでも頑張って高校卒業したこの方には、素直に拍手を送りたいです。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-15 13:14
 山猫さんのおっしゃるとおり、子供の頃の試験なんかで一生が決まるかのようになっている日本のシステムは返ですよね。
Commented by Re:Q at 2008-09-16 14:33 x
 「関ヶ原の戦い」や「大坂の陣」での手柄で決まった身分が、代々受け継がれたという歴史を持った国ですからねぇ…。子供のころの試験で一生が決まるなんてのはお茶の子さいさいなのかも知れないですよ。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-16 18:56
 封建制度は外国にもありますが、日本の場合は残された人生の長さをやけに気にしますので、それも影響しているかと。
 54歳で医学部試験に合格した女性が、「社会還元しきれない」として入学拒否されました。奨学金をもらうわけでもないのに。
 世間擦れした人が入ってくると教授たちは扱いにくいというのが本音だろうけれど、活躍の時間が短くても秀でた功績があるかもしれないという発想が、日本には乏しいこともあるのでしょう。与えられたことをそつなくこなすことは重視されても、独創的なことをしようとするのはむしろ嫌われます。
 学者ではなく民間企業サラリーマン研究者だった人がノーベル賞に選ばれて話題になったことがあるけれど、その田中さんは外国人記者から
 「日本人受賞者は何人もいるが、人口が多く教育水準も高いにしては少ない。これはなぜだと思うか」
 と質問され、
 「教育の評価制度が減点主義だからだと思う」
 と答えたように。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-09-14 13:41 | 国際 | Comments(4)