コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

スカイキッド ブラック魔王

 アメリカで、伝書鳩が帰る家を間違えたそうだ。これが軍用だったら大変だろう。ハンナ・バーバーラのアニメ『スカイキッド ブラック魔王』を小さい頃にテレビで見ていたとき、どうして鳩を追いかけて捕まえようとしているのか意味がわからなく、軍事情報を盗むためだということは後から理解した。
 また、大島渚監督のデビュー作『愛と希望の街』は、脚本段階の題名は「鳩を売る少年」だったが、どうして鳩なんか売っているのか、予備師知識なく観ると分らないが、60年代〜70年代には伝書鳩とか鳩レースはかなり流行していた。そして大島と同じ世代の左翼たちが、公安警察の監視を逃れるために伝書鳩を通信に利用していたという。
 今でも愛好家たちの間では、優秀な鳩とその種には高値が付くそうで、帰る家を間違えた鳩はこき使われるのがイヤで家出したか、位置関係を把握する体内の磁性体が狂ったか、地球環境のほうが狂ったか、謎であるが、行方不明の鳩のほとんどは鷹に襲われているのが実態らしい。鷹が保護動物となってからレース鳩の失踪が激増したそうだ。ハトがタカにやられているのは政治だけではないということらしい。

�A��Ƃ�ԈႦ���`����
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-09-17 13:05 | 国際 | Comments(0)