コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

表現ではなく見識の問題

 中山成彬国土交通相が暴言を吐いてすぐに撤回した。誤解を招く表現というが、その当を得ない内容から、表現ではなく見識の問題であることは明らか。引き受けるなら、その役職に相当する基礎知識を仕入れておくべきだろうに、怠慢が早速に露呈した。
 すぐ取り消すようなことは最初から言うべきではないし、誤解を招かないよう表現を工夫するのは政治家ならあたりまえ。
 この人は鹿児島ラサールから東大に進み高級官僚から自民党議員という人だが、統一教会とのかかわりやカルト的言動、さらにお金世に関して汚かったりと、教育が悪かったというなら「そりゃあんただよ」としか言いようがない。
 
 Excite �G�L�T�C�g : �����j���[�X
[PR]
Commented by ががも at 2008-09-26 06:28 x
成田の事は、詳しく理解していないが、まずは言葉の重さ、責任ということを、意識してほしいです。まぁ、本音が出たってことは、あまり全体感の見れる人ではないのでしょうね。それよりもなによりも、私の仕事は、建築業界。この国交省というのは、目の上のタンコブです。見切り発車した、悪しき建築基準法。これによって何千社という会社がつぶれた。どうみても、お役人の監督責任を軽くするために、民間人が、ガッチガチに固まった法律の上、家を建てなくてはいけない。本来の「良き家とは」という事ではなく、書類漬け、データー漬けになる。日本家屋という文化はおそらく無くなると思いますよ。ハリボテなら可能かも。こんな状況の中の国交省の代表の、軽はずみな言動。先きが思いやられます。
Commented by ruhiginoue at 2008-09-27 12:45
 発言の中で、成田については千葉県知事も怒ってますが、これは役人の手違いから揉めることになってしまったことを国側も認めているのに、何も知らないでデタラメを言い、しかもそれが中傷になっているから悪質です。
by ruhiginoue | 2008-09-26 00:09 | 政治 | Comments(2)