コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

『評決』では気の毒だったポール゠ニューマン

 ポール゠ニューマンが亡くなった。無二の親友ロバート゠レッドフォードは特に悲しんでいるようだ。2人はちょうどバート゠ランカスターとカーク゠ダグラスのように、二枚目スターとかアクションスターである一方で、社会的な志が高く、軍縮とか環境保護や人権擁護などの社会活動にも熱心なリベラル派だった。
 その点で、現知事のシュワちゃんも弔辞で触れているが、シュワちゃんは、日本で言えば中村敦夫ではなく森田健作のタイプだ。
 ところでポール゠ニューマンがアカデミー賞をなかなか得られなかったのは、二枚目過ぎたからではないかとか色々言われているけれど、不運もあった。渾身の演技だった『評決』の弁護士役では、医療裁判で対決する相手の大病院に雇われた老獪な弁護士に扮したジェームズ゠メースンが凄すぎて、いい演技してはいたのだが圧倒されていた。ポール゠ニューマンは今度こそアカデミー賞だと思ったけれど、あれでは気の毒だと言われたものだ。
 もちろん、映画はそれで成功した。敵が大きくて主人公は意余って力足らずくらいがちょうど良いのだから。それが逆転したような形で『ハスラ−2』で受賞したというのも面白い話。
 とにかく、思い出深い作品に出ていた名優が世を去ってしまったのは寂しい限り。

Excite �G�L�T�C�g : �|��j���[�X
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-09-29 14:40 | 映画 | Comments(0)