コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

三浦和義氏 知人の自殺は初めて

 仕事の仲間から電話があって知り、驚くよりも「やってしまったか」という感じだった。
 あの見沢知廉氏の自殺と同様、長期の拘留を経験した人は、奇行が目立つようになり、発作的に自殺してしまう場合がある。
 田代まさし氏が、出所してから社会に馴染むのに苦労していることを語っているが、数年でもそうなのだから、十年以上となると、当然だろう。そのため、実際に犯罪に手を染めた者であっても、懲らしめるを通り越し余計に社会に害を及ぼすようになってしまう現実があるから、刑期を長くすれば良いとは到底言えず、その点により刑事司法政策は見直されるべきだと指摘されてきた。
 これがまして冤罪とか、三浦氏のように受刑ではなく裁判の係争による長期拘留の場合は悲劇だ。実際に三浦氏は、無罪となってシャバに出てきてから、奇妙な行動をとることがよくあった。普段は穏和で知的でお洒落な人なのだが、自動車の運転のさい上手で安全第一だったのが突然と無謀になったり、ちょっと会計に並ぶ程度でイライラしてしまい会計とは違う店員のところへ商品を持って行き金を支払うと言い張ったりする。
 そうした行動が続いた挙げ句に万引きだと言われて警察に突き出されたりと、余計な問題をすすんで起こしているとしか言いようがなかった。普段は、気軽に「ここの支払いは任せて」と言う人だ。そんなちっぽけな金額の商品を盗むはずない。だが、変な行動をとることは確かにあり、彼に会ったことのある人ならみんな目にしていることだ。
 睡眠薬も飲みすぎであった。田代まさし氏も不安で寝付けないのでたくさん飲んだといっていたが。
 一方、暗殺などの疑いを抱く人もいるようだが、今のところは動機を持つ者が見あたらない。出来るとしたらアメリカ側だが、アメリカとしてはフセイン大統領と同様に、自国の主権を外国に強引に及ぼそうとしている一環なのだから、何としてでも法廷に引き出したいはずで、後で殺すことはあっても今死んでもらっては困るだけだろう。
 個人的には、知人が死んだうち自殺は初めてなので、なんとも表現しがたい感覚だ。映画『三浦和義事件』のDVDを三浦氏本人からもらって観たり、『パピヨン』の話をしたり、安部英を擁護する広中弁護士の評価をめぐって対立したりと、そのような思い出の最後が、有り得ると考えながらも、しかしまさかと思っていた形になってしまった。
 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by takuma510 at 2008-10-12 15:41
こんにちは
>>懲らしめるを通り越し余計に社会に害を及ぼすようになってしまう現実
凶悪犯は例外なく死刑または終身刑という刑事政策をとればそもそも受刑者は社会に出ることはないので出所した際に社会に害を及ぼすことはなくなりますが、当然、そんなことをするわけにはいかないので服役中、出所後の受刑者の更生、ケアに力を入れるべきであると考えます。刑期を長くした結果、自殺、再犯のリスクが高くなってしまっては本末転倒だと感じました。
被害者、遺族は被告に求めているのは本当は何なのか、それに対して刑事司法政策はどうあるべきか。人は犯罪者になろうとしてなるのではなく、結果として犯罪者になってしまう。冤罪事件に関してはそもそも何の落ち度もないのに「犯罪者」にされてしまう。それを踏まえたうえでの刑事政策であるべきではないのか。など等いろいろと考えさせられます。
Commented by ruhiginoue at 2008-10-13 00:52
例えばアメリカは、他人を出し抜いて成功することが最大の美徳みたいな社会なので、そもそも悪いことする奴が多くなり、そこで厳罰にするのが当たり前です。
 ところが北欧では、他人を出し抜いて自分だけ得しようと考えるのは恥だとの考えが浸透しているから、その最たるものが犯罪で、そんなことをしたと社会的に断罪されるだけで恥ずかしく、反省せざるを得ないから厳罰も必要がない。実際に、死刑は無いうえ懲役も短い。そして、本当に反省しているなら、早く社会復帰して働いて社会貢献により償えということのようです。なぜなら、もちろん税金も高いし、福祉国家だし、もともと、働いて成功することが、自分のためではなく社会のためになるとの考えが根付いているから。
 日本は「小泉改革」みたいにアメリカ式競争社会を美化し、だから犯罪の防止より罰の強化をという流れですが、三浦和義氏はアメリカはひどい目に遭わされたから嫌いだけど商人として成功し成金となった人だったから、競争社会を否定せず福祉国家的な発想は皆無でした。
Commented by at 2008-10-16 07:50 x
三浦和義氏もかかわってホームページにリンクしている人権擁護市民団体のメーリングリストに、井上静さんはそこから外して欲しいと言いましたね。配信を多くの人たちが読んで知っています。その直後に三浦さんの死の報道が。
なにか関わりがあるのでしょうか。あると感じるのは、あなたは何か起きる直前に、もう関わるのをやめると言い出すことが何度かあるからです。猫が不穏な雰囲気を察知して嫌がり居なくなるように。
日本に情報が入るより直前で、誰も知らないのに。三浦さんの霊から告知されたのでしょうか。
あなたは大のオカルト嫌いというが、それはそのような奇妙な力を持っていることを誤魔化すためですか。
Commented by ruhiginoue at 2008-10-17 09:14
 絶妙のタイミングではあるでしょうが、想像力がたくましすぎます。
 メーリングを外れたのは、このところ不愉快な内容ばかりだからです。たとえば、自分がかつて冤罪の被害者だったから冤罪裁判の救済活動をしていると言いながら、他の被害者の被害そのものについて執拗に嘲笑するなど人間性を疑ってしまうようなことをしている奴がお為ごかしなことを言うなどしていて、そんなものを読んでいると健康に良くないと判断したからです。
 そういうのはだいたい老人左翼だけど、それについて若い人たちから、そんな下品な連中は無視して、このご時世の中で苦労している若者たちと一緒に何かしようと提案されたことも影響してます。
Commented by Piichan at 2008-10-18 21:55 x
ロス疑惑については「疑わしきは罰せず」この一言に尽きるような気がします。

世間は自殺したことで三浦氏への疑いの眼差しを強めていますが、三浦氏の遺族や支援者は三浦氏のことはもう表に出さない方がいいような気がします。これ以上死因について騒いでいると「三浦氏の死で一儲けしようとしている」と反感を持つ人が増えてくるはずです。

三浦氏の遺族や支援者は自らの行動が人権運動や冤罪被害者支援に影響を及ぼすということを考えてほしいものです。

三浦氏が無罪確定後、静かに人生を過ごしていればと残念に思います。
Commented by 8 at 2008-10-19 05:10 x
三浦さんの死を儲けのネタにしようとしているのはモッズ出版の高須さんらでしょう。現に奥様らご遺族は不信を隠そうとしませんよね。

>かつて冤罪の被害者だったから冤罪裁判の救済活動をしていると言いながら、他の被害者の被害そのものについて執拗に嘲笑するなど人間性を疑ってしまうようなことをしている奴がお為ごかしなことを言う

「P事件」の磯野波平。獄中の女性に励ましの手紙を書いたといってみんなに見せるけれど、普段の言動とは大違いでよく言うよという内容。お仲間から「すばらしい文です。あなたは冤罪の詩人です」と絶賛されて悦に入っていたようですが。
これでは人権擁護運動がうまくいかないで右傾化ファッシヨ化の一方なのもしょうがないですよ。
Commented by ruhiginoue at 2008-10-19 07:19
 死因については憶測ではなく証拠によって科学的に解明すべきですが、三浦氏が事件の決着がついてからもあちこちに顔を出していたのは、経験を生かしたいからだと言ってました。
 また、支援者の中には、今回のことで週刊文春が取材に来たら、原因を作っておいて何だと言って断ったそうたけけど、当の三浦氏はかつて『文春』も当時とは人員が入れ替わったので付き合っていると言い、商売のため八方美人しているのかと思ったけれど、別の支援者は少し笑って「三浦さんはね、マスコミを批判していても、マスコミに出るのは大好きだからね」と言ってました。
 「P事件」の元被疑者については、個人的に不愉快だけど、それだけなら個人の問題で終わりです。それでは済まないのだろうと思います。
Commented by 由真簿名 at 2008-10-19 16:38 x
土日P事件はきっと冤罪じゃないんだよ。そいつは真犯人だったんだよ。
そうでないと考えられないだろ。
ほんとうに冤罪で苦労した人なら、同様に冤罪で人生が狂った人を嘲笑したりは絶対に不可能。
そんな奴が冤罪救済運動に紛れ込んでいるなんてとんでもないことだよ。
Commented by ruhiginoue at 2008-10-20 05:24
 風貌の磯野波平という喩えはかなり近いのですが、真犯人はともかく冤罪で苦労した者にはありえない言動はありますね。
 ただ、一人に、権力犯罪と闘うことは同じのはずなのに、公安事件のほうが偉いという態度をとる人は左翼崩れに傾向が見られます。
Commented by ちょっと at 2008-10-20 23:22 x
えんえんと検察に責められて精神を病んだってこともあるのでは。
それと苦労して成功した人間にも見られますけど
自分の苦労をことさら強調して人の苦しみがわからないという人もいますね。
Commented by とよひと at 2008-10-21 05:49 x
拘禁されてね。
苦労はしたほうがいいけれど度を超すとね。
Commented by ruhiginoue at 2008-10-23 07:06
 その当人は精神を病んだ可能性がありますけど、他にもいい歳した分別のあるはずの者が集まっていながら、誰も注意しません。しても無駄だと思っている人ならいて、当人がいないところで困った人だと言ってたりします。
by ruhiginoue | 2008-10-11 23:10 | 雑感 | Comments(12)