コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

韓国で横溝正史人気

 今、韓国で横溝正史の作品が人気だそうだ。同国ではすでに孫が活躍する設定の漫画『金田一少年の事件簿』(ルパン三世みたいなものか)が先に人気があったことも影響しているようだが、本家横溝作品自体にも魅力が感じられるらしい。
 それは、横溝作品の特徴、おどろおどろしい内容の背景によるのではないか。地方社会の閉鎖性と血縁。これは日本で薄れてきているけれど、韓国ではより多く残っている。
 そうした雰囲気は良いが、肝心の謎解きとなると、名探偵のはずの金田一耕助の推理が後手後手となって、さんざん人が殺された後に解明というときには取り返しがつかない悲惨な事態となっているものだ。そうでないと見せ場が作れないからで、トリックも、たとえば『犬神家の一族』でマスクの男の中身がすり替わっていたというオチも、エドガー・アラン・ボーの『モルグ街の殺人』から頂戴したとしか思えないなど、独創的とは言えなかったりする。
 日本では既に、七十年代の末に『金田一耕助さん・あなたの推理は間違いだらけ 』という、物語と謎解きの絡みの杜撰さを批判した本が出て話題になっている。いずれは韓国でも、そうしたことが話題となるはずだ。


 韓国で今、横溝正史がヒットするワケ
[PR]
Commented by ZED at 2008-10-18 13:55 x
「金田一少年の事件簿」韓国版は舞台が日本から韓国に変更されていて(日本文化の本格的な開放前だった為に日本からの輸入漫画は皆設定をそのように変更されていました)、主人公の名もそのまま「金 田一(キム ジョニル Kim jonil)」となっていました。だからそのままだと本家日本原作版の「金田一耕助の孫」という設定とは微妙なズレが生じてしまっています。韓国の読者も今ではその辺の事情を踏まえているでしょうけど。
横溝作品はやはり村社会のドロドロした因習などを描いた部分が最大の見せ場でしょうね。
Commented by ruhiginoue at 2008-10-19 07:24
 韓国では、日本のテレビドラマもみんな作り直していますね。ここまで同じように作るならセリフの翻訳だけでいいのにと思うくらい。
 しかし金田一とは草薙剛のチョナンカンどころじゃないくらいはまりますね。
Commented by はへん at 2008-10-19 11:49 x
横溝さんが、当時「いまさら売れてもねえ」といまいましげに言ってたのを見て、作家の悲劇を感じたね。
Commented by ruhiginoue at 2008-10-20 05:50
 森村誠一、横溝正史、高木彬光と3人で角川春樹が映画化とテレビ宣伝で派手に売り出してブレイクしたというわけです。
Commented by ??? at 2008-10-20 12:03 x
『モルグ街の殺人』にそんなトリックありましたっけ?
Commented by おーぎゅすと at 2008-10-20 12:53 x
ゴリラの着ぐるみの中身すりかわりのことでしょう。
Commented by とよひと at 2008-10-21 05:57 x
白マスクの男がみんな見ている前で手形を押して指紋が同じとやったけど、そのときだけすれ変わっていたというやつね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-10-17 10:27 | 国際 | Comments(7)