井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

姑の心理

 三浦和義氏の死について、元妻の母親が談話を発した。その内容は、娘が殺害されたことについて、婿が犯人だと決めてかからなければ言うことが不可能な内容だ。事件について、「ここが納得できない」とか「このような疑いを持っている」という具体的な話ではない。これは八十年代に「ロス疑惑」と騒がれた時から一貫していて、まったく変わっていない。
 なぜそうなるのだろうか。もともと、舅と姑は、子供が結婚した後に何かあれば、とにかく婿か嫁のせいにするものだ。「あいつと結婚したからこんなことになるのだ」「だから結婚に反対だったんだ」と、まるで無関係のことにでも言う。それは、まず、結婚は子供が親離れする最たるものだが、それを受け入れず他人に奪われたと感じていたりするものだし、そのうえ、何か不幸があった場合はつい八つ当たりしたくなるからだろう。
 なのに、それを犯人視とその強調のために利用するべきでない。そんなことが許されていたら、どうだろうか。世の中には結婚それ自体は幸せであっても、相手の親からは反対されたままとか、いちおう同意してはくれたが、何かあった時には絶対に当たり散らされであろう人は、少なくないだろう。
 また、逆にというか、この三浦氏の姑にも、以前から疑問は持たれてきた。
 三浦氏は、妻にかけていた保険金を受け取り、妻の親には渡さなかったと姑は非難していた。しかし、保険金の受取人は娘になっていたのだ。この娘のことを三浦氏は溺愛していた。だから、この娘が父親の無実を訴え続けていた。両親の夫婦仲はとても良く、しかも最愛の娘の大切な母親である。それを、自分の身を危険にさらしてまで、不自由してもいない金のために殺す人がどこにいるのか。ちなみに当時の三浦氏は、会社経営が順調で、三十代前半にして年収が一千万円くらいになっていた。そんな中、もしも両親に何かあった場合を考えて、高額な掛け金の保険に、娘を受取人として入っていたのだった。
 なのに、母親を失い父親も重傷を負い、この先が何かと心配である孫娘が保険金を受け取ったというのに、自分にお金の取り分がないと不満を言う祖母は、いったいどうした訳か。そんな疑問は言われ続けてきたのだった。 
 こうしたことは、幾らでも言えるのだ。自分だってもしものさいはどうかと考えると、思い当たることがある人は少なくないだろう。
 そんな「血は水より濃いが水より汚い」現実から距離を取り、冷静に客観的に対応するのが、司法と報道の重い仕事なのだ。
  
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by Bin at 2008-10-20 20:35 x
ただ三浦氏のお知り合いであっただけのあなたに、どこまで正確で客観的な判断ができるのでしょうか。
一美さんがホテルで元ポルノ女優に殴打された事件では、三浦氏が「自分のつきあっていた女性が勝手にしたこと」と初め供述したと報道されていましたが、あれも誤った報道なんですか? だって、奥さんをそんなに愛してらしたら、愛人なんてつくるはずがないですものね。
母親が殺された当時、娘さんはいくつでしたか? 1歳半くらいでしたか? 当時の状況を覚えているはずもない娘さんが、三浦氏の無罪を主張していたわけですよね。それはそうでしょう。お父さんには無罪であってほしいでしょう。しかも事件当時の記憶がなく、その後、つまり幼児期以降、三浦氏、三浦氏をサポートする人たちに育てられていれば、三浦氏の無実を信じ込むようになるのも当然だという考えはありえないのでしょうか。
冷静さ、客観性の大切さを書かれていますが、あなたの記事はどうですか?
Commented by サカイ at 2008-10-20 23:14 x
私もBin さんの言うとおりだと思う。
このブログの人はよく考えもせずに偉そうに決めつけ論調で言うが、
論理は常に穴だらけで、突っ込みどころが満載。
そのくせ本人は自分が知識人だと思い込んでいて、自慢している。

この文にも客観性と呼べるものは全くなく、はじめに三浦無罪ありき。
自分の思い込みを補完する事象や事実にしか興味がないらしい。
こういう色眼鏡でしか見れない人には一番、裁判官にはなってほしないと思う。
Commented by とよひと at 2008-10-21 05:26 x
元ポルノ女優は、三浦さんの不倫相手ではありませんよ。結婚前に付き合っていた。でも三浦さんは一美さんのほうが良くて結婚した。だから和義さんと一美さんに反感を抱いていたので、そんな人の証言を採用したことには法曹界から批判が強いですけど、Binさんは事実誤認したうえで、エントリーの趣旨から外れた非難をしてますね。よくいますよね。あくまで、片一方の見方だけではダメだと言ったたげなのに、もう片一方に入れ込んでいると決めつける人。そういう自分が、反対側に入れ込んでいるだけなのに。
Commented by とよひと at 2008-10-21 05:29 x
私はこのブログは、少なくともエキサイトで最高の品質を持ち、その知識と論証は他を圧倒していると思います。他にもそう思っている人は大勢いるはずです
自分の言ったことに責任を持つべきだと考えているから書き手がわかるようにしているのでしょう。
そんな正々堂々とした人は、エキサイトでよくみかけるブロガーでは板橋区のいたる議員さんと、確認はできないけど写真もあるから多分ほんとうにいる髭のおじいさんの島谷さんと、自分は本名だと言って匿名の人を批判しているスナフキン井上雄介さんと、ハンドルネームかもしれないけれど北原さんくらいではないでしょうか。
それに、賛同のコメントは具体性があり、ただしここは違うのではないかということもちゃんと指摘していますが、批判のコメントは中身がなく抽象的でただ反感だけむき出しだからです。ちょうどサカイさんがそうです。
他のブログ(エキサイトに限ってのことですが)は、ほとんどが賛成以外は全部削除と書き込み禁止です。それも趣味でやっているから勝手なのでしょうが。
ここのブログは批判は受け付けてます。荒らしは別でしょうが。検索キャッシュに残るのでわかりますって話が前にありましたね。
Commented by gkrok at 2008-10-21 13:16 x
娘が幼く父親をかばいたいと憶測して信用できないというが、それを持ってすれば何か否定できると言うのか。
姑は正しいと言うことになるのだろうか。
不倫というのは事実誤認らしいが、そうでなくても不倫をしたからと妻殺しが疑われるものなのか。
それらは保険金の受け取り人とか収入という問題からきているのに無視して娘が幼いとか不倫したとか言っても意味がないだろう。
他の視点から観ればこんなに違うわけだから、そういうものから距離を置くべきだというのが最後の結論部分なのに読み取れていない。
・・・など、そんなレベルの低い話をしたうえで誹謗に転じるアホタレがいるが、どこぞの匿名ブロガーだとみたら間違いの確率は少ないはずだ。このブログを読むたびに劣等感にさいなまされているのだろう。
無責任な匿名ブロガーはアクセス数字を見ては注目を集めていると勘違いしているのだろう。中身が問題なのに。
そんなやつらの自己満足に貢献してやるつもりはないから、儂は匿名のブログは無視してアクセスしてやらない。
Commented by ruhiginoue at 2008-10-22 07:40
 誰のものか判るブログは、それなりの心構えで書かれているので、賛同できなくても嫌な感じはしませんね。
 そのようなブログは、いちおう目を通すことにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-10-20 09:56 | 社会 | Comments(6)