井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

東大医学部闘争

 妊婦搬送拒否病院のうちに、東京大学医学部付属病院(東大病院)も含まれていたそうだ。そう報じるのは「エーッ東大まで」と驚く人がいるからだろう。
 しかし、東大信仰はオーディオマニアが皮肉で言うアビーロードテクノロジー(ART)みたいなものだ。
 他でもない舛添厚労相が、東大は自分が卒業して勤務もしていたので、かつて東大病院を受診していたが、ちっとも優秀じゃないと実体験から思ったと言っていた。
 ほかにも色々言われていて、あの赤門前にある立て看板( タテカン)では、よく医学部教授たちの腐敗を糾弾する内容が書かれている。読むと参考になるし、なるほどさすが内部の人らしく納得という内容もある。
 今のタテカンはパソコンで作るから実にきれいで読みやすいのだが、学生によると、学生運動らしくゲバ字で書きたいのだがもう先輩はもちろん先生でも知らないので教えてもらえない。「MSゲバルト」なんていうフォントを作ってくれないだろうかと言っていた。
 そんな学生運動は、発祥は医学部だった。「東大医学部闘争」によってアカデミズムの堕落告発や封建制の是正など改善されたことは実際に多い。医学部は特に問題があったことに加え、人命にかかわるから切実で、学生も教員も真摯だった。
 ところが文系のバカどもがくだらないことばかりやって学生運動はダメになってしまい、挙げ句が舛添のような人を生み出したと、と理系の人たちは言っていた。Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-10-24 12:11 | 社会 | Comments(0)