コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

宝生舞のふんした三浦氏の妻

 自殺か他殺か、不可解な三浦和義氏の死だが、遺骨が妻とともに帰国したそうだ。
 真相は何とも言えないが、三浦氏の妻といえば「ロス疑惑」を題材にした映画『三浦和義事件』で扮していた宝生舞が印象的である。
 これが傑作で、最初見たときは吹き出してしまった。いつもの宝生舞と顔が少し違い、明らかに化粧で作っていた。それがかつて八十年代に「ロス疑惑」で騒がれていたころ連日のようにワイドショーに登場したというより勝手に撮されていた三浦良江さんと似ていて、良く化けたものだと感心したものだ。
 これに三浦氏は、自分を描いたところに気を取られていたこともあり気づかなかったようだが、それ以上に、宝生舞が、普段の直接見た姿ではなく、テレビでみんなが見ていた姿に似せていたから、身近な人には判らなかったのだろう。
 しかしテレビでさんざん見ていた人には、ソックリに作っているのでバカウケであった。
 この映画のDVD、数年前に三浦氏にもらったものだが、友達に貸したまま帰ってこない。また、前は置いてなかった店で、最近は見かけるようになった。


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-10-25 15:20 | 映画 | Comments(0)