コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

三浦和義氏についてここまでのまとめ

 三浦氏が自殺した可能性について。
 元気だったし、直前に面会した人も、変わった様子は無かったと言う。隠していたが、内心では苦悩していたとか、発作的に早まった行動をとったのかもしれない。
 もともと三浦氏は、長期拘留の悪影響か、接したことのある人から多くの証言があるが、突然に短気を起こしてしまう。
 自動車好きのため酒をいっさい飲まず、いつも安全運転だが、急にスピードを上げる。
 酒も良くないが、三浦氏は代わりに睡眠薬を飲むからもっと良くない。しかも飲み過ぎであった。
 買い物で、混雑していて嫌だからと会計ではないカウンターや店員の所へ持っていき、ここで払うと言ってきかない。そこから万引き騒動にも発展する。
 三浦氏が殺害された可能性について。
 もしも殺害だとしたら、犯人はアメリカの当局か、銃撃事件の真犯人か、利害関係の無い者による偶発が考えられる。裁判になったらアメリカのメンツが潰れそうだったか真犯人が判ってしいそうだったので口封じということが有り得るし、アメリカの拘置所や刑務所が危険であることは世界的に悪名高いから、そこでたまたま暴力の被害に遭うことも有り得る。
 これらはどれもみんな可能性を考えることが出来るのだが、その蓋然性となると、判断する材料が乏しい。
 
 
 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-10-26 08:29 | 社会 | Comments(0)