コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

バイエル廃れてよい傾向

 ピアノの教則本「バイエル」の使用が減る傾向だというが、八十年代の末ごろから批判本が出版されるなどしてきたので、当然と言えるだろう。
 もともとバイエルをありがたがっているのは日本だけ。外国ではオーストリアでやや流行っている程度である。また、内容が陳腐だという指摘も前からされている。
 あと、ト音記号とヘ音記号が分離していることに難があると言う人もいる。これは芥川也寸志が指摘していた。日本では分けて教えるので、最初にト音記号の部分だけ見ると、どうして中途半端というか外れたというかの変な所のドの音から上へと始まるのかと思って当然。
 ところが、かつてソ連にショスタコーヴィチやハチャトリアンに会いに行ったところ、当地の音楽教育では、最初からト音記号とヘ音記号を一緒に教え、それらの真ん中がドの音で、ちょうどピアノに座ってヘソのところにあるまさにド真ん中の音から、鍵盤だと右、楽譜なら上に向かってレミファソラ・・・鍵盤の左、楽譜の下にシラソファミ・・・となるのだと教えていた。これなら日本の教室でやっているのような疑問や混乱は無いだろう。
 ほう、さすがはショスタコの国だが、日本でやっていることが全体的に変なのだ。漢字だって意味を無視して字画だけで教える順番を決めるから、一、二、人、入、三、川、山、五、四、というような滑稽なことになっていたことがある。
 しかし、鈴木メソッドとか公文式が向いている人には、これでいいのだろう。 
 

ピアノの入門教材『バイエル』はなぜ減ってるの? | Excite エキサイト
[PR]
Commented by デカ at 2008-11-15 13:47 x
私はピアノの音が嫌いだ。なんとなれば、私の頭はピアノの音ではなく、1本1本の鉄線の張力をイメージしだすから。たとえば、ビンや空き缶やたらいで行われる演奏に極めて近い、いやな音なのである。
想像してほしい。オーケストラを背景にして、ガラクタを打ち鳴らされたときの不快感を。そして、その後ろには、さらにさまざまな音から見える形があるのである。
私にとって、音楽とは、ちょうど絵画を立体の上の模様としか理解できない猫が、ペイントの匂いや、額縁の形や、キャンバスの布地と絵の具のでこぼこを、鑑賞せよ!といわれるようなものなのである。もし私に音楽を聞かせたいのなら、グールド並に超スピードでひいてほしい。
音楽が理解できないとはこういうことだ。
Commented by itall at 2008-11-15 23:11
バイエル――懐かしいです。大学では小学校の教員養成課程だったのにピアノが苦手で苦労しました。結局バイエルは10番くらいまでしかできませんでしたが、あまりの下手さかげんに教授が同情してくれて、なんとか卒業できました。子どものころからピアノにふれる機会がないと、大人になってからバイエルをはじめても無理というのが、私の感想です。
Commented by マイノリティ at 2008-11-16 02:04 x
>ただし、どんな方法・教材であれ、練習してこそわかる「楽しみ」というものはあると個人的には思うのだけど……。
田幸和歌子さん!素人ならではの本質を突いている。クラシックだけが音楽でないのは当たり前だし、いやいや練習に臨んで大音楽家になった奴も知らない。バイエルが廃れようと、デカさんの言うようにせめて他人に「迷惑かけない技術」は身につけるべきだろう。
Commented by デカ at 2008-11-21 07:01 x
デカイ、重たいという共通概念はある。戦艦みたいなの。
楽器って、戦艦みたいなのでは困ると思うわけ。
もっとも、日本の戦艦は日本人に合わせて、砲弾を運びやすく小さくした。
でも、ピアノは変わろうとしないね。弾けといってるわけ。
そして、ピアノほど社会的に楽しくなくなった楽器というのもめずらしいと思う。本来ピアノは一人で出来るという点で最も優れてたはずなのに。
コンピュータがこれほど発達して、まだ鉄線で音楽たたきだすんか?
と思ってしまうのですね。
ピアノの嫌いなところは、戦艦長門の主砲と同じ、鉄の無残さというか。
もしかすると、韓国の学歴主義ににた、日本人に理解しがたいものがあるのかも。
Commented by とよひと at 2008-11-21 12:29 x
東洋人は小柄だが動きが速く手先が器用だからという自負があったのでは。エレキの寺内タケシはそう言ってたぞ。
Commented by デカ at 2008-11-28 07:45 x
指長いやつはいいな。
Commented by 魔女リティ at 2008-11-28 13:47 x
短くても動きに自信ありという、あっちのほうと同じこと、
Commented by デカ at 2008-11-29 01:58 x
そりゃ負け惜しみだよ。
長くて動きに自信ありには勝てんよ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-11-14 15:24 | 音楽 | Comments(8)