井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

処置・手術室の音楽

 志村けんのコントで、よく、手術のときリラックスに音楽を流そうとして、選曲を間違えて「必殺シリーズ」のテーマを流ししていまい、医者の目つきがおかしくなるというネタをやっていた。
 歯医者では、リラックスするためとドリルの音を緩和するために音楽を流すそうだ。映画音楽が、もともと映写機の音を消すためだったような感じだ。
 手術室でもそうだが、リラックスのためクラシックが多い。しかしクラシックでも、ワーグナー聴きながら手術する医者は、ヨゼフ・メンゲレ博士みたいで危なそうだ。
 志治美世子さんは、マーラーが良いと言っていたが、それも分裂症ぎみで危ない医者という感じがする。産科で「亡き子を偲ぶ歌」ではしゃれにならないだろう。
 サティもいいが、「ひからびた胎児」も題名知っている人には不向き。
 さえきけんぞう氏など、何か音楽を流しているのだろうか。
 

歯医者のBGMはなぜクラシックなのか | Excite エキサイト
[PR]
Commented by bergkatze at 2008-11-14 22:51 x
歯医者でジョン・ケージの「4分33秒」ぢゃだめ?(^^;A

美容院でジプシー・キングスをBGMにしてたとこがあったのですが、「インスピレイション」がかかったとたん、モダンな店内からあっという間に脳内お江戸ワールドになってしまいました(^^;)
Commented by ruhiginoue at 2008-11-14 23:02
 あの「きゅいーん」という音も音楽でしょうか。ケージと親しかったオノヨーコに訊いてみたいものです。
 ジプシーキングスは「空耳アワー」でメタリカと双璧なので、笑ってしまいそうです。「医者も手が空いちゃたまんねえな」とか。
Commented by ミクロコスモス at 2008-11-15 09:24 x
必殺のテーマってアランフェス協奏曲に似ているが、偶然だろうか。
Commented by マイノリティ at 2008-11-16 01:47 x
>どこまでも患者のリラックスを追求する歯医者さん、大変なお仕事です。
エキサイトの田幸和歌子さんは相変わらずやさしい(笑)

さすがに志村けんは本質を突いている。キューブリックも同様に恐怖を訴えているが・・・・・

どこまでも「自分制御を追求する」お医者さんたち、大変なお仕事です。
患者が恐怖を感じるのは医者の挙動であり医者は音楽で安心してはいけない。
Commented by ruhiginoue at 2008-11-17 21:58
>キューブリック
「やめてくれ、ベートーヴェンは関係ないじゃないか」
「きみはファンか。しかし、我々医師にとって意味があるのは、音楽は感情に影響を与えるのに効果的だということだけなんだよ」
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-11-14 15:58 | 学術 | Comments(5)