コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

妊娠と出産にはリスクがあるが

 妊娠と出産にはリスクがあると、当たり前のことを女医が語っている。
 先日亡くなったマイケル・クライトンも、ハーバード大医学部在学中に書いて話題となった『緊急の場合は』の中で、このことについてすでに触れている。それによると、妊娠のリスクはけっこう高く、それに比べたら、中絶のほうが何倍も安全(藪医者と専門外医師でない限り)だということが、過去の例から明らかだそうだ。
 ところが、主に宗教的な保守派が、中絶を否定をするために、出産が自然であり不自然な中絶は危険だと大騒ぎしてきた。また、生むかどうかの選択についても、命にかかわるから命の持ち主自らの決定権だというのを曲解し、性道徳を乱すとか、親と男性と家に従順であるべき女性を生意気にさせるなどと叫いてきた。
 このおかげで、事実と逆の認識が、かなり広まっているのだが、否定することはなかなか難しい。アメリカでは狂信者のテロも起きているし、政治家も選挙に影響するので神経質になるし、積極的に迎合する者もいて、特に共和党右派に多く、レーガン大統領は最たる者だった。
 こうした勢力の安易な受け売りをする人が、日本にもいる。だから厚生労働大臣が安心して「女性は子供を産む機械」と発言してしまう。そして、このときも擁護する者たちがいたが、それらは生命とはリスクが伴うから喩え話であっても機械を持ち出すべきではないとの認識が欠落したものばかりだった。
 つまり、天地創造説や天動説に凝り固まっているところへ、進化論や地動説を受け入れさせるのと同じように困難が伴うのだ。
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by デカ at 2008-11-18 00:25 x
ついでに素早い恐竜が滅んだのは小惑星の衝突による温度変化だという。アマテラスの岩戸引きこもり事件も小惑星の衝突が原因だ。
さらに、おそろしいことに、それは又あるわけだ。
そういう点では、キリスト教の最後の審判は存在するわけだ。
Commented by マイノリティ at 2008-11-18 08:39 x
天動説か地動説かどっちが正しいか議論し答えを出す。とりあえずそれは良しとして、問題は正しいと「妄信」することだろう。マイケル・クライトンがもっとも警鐘したかったのは「妄信、過信する危険」ではないだろうか。現代では「相対性」が思考の中心になっている。天動説はその時代では正しかった。地球を中心に考えていたからだ。宇宙に視点をスライドさせれば地動説が正しくなる。相対論から言えば観測者から見た世界が正解ということだ。つまり天も地も動いてる?さて多数決で決めよう。「妄信は危険」と言うことを。
Commented by マイノリティ at 2008-11-18 10:37 x
突っ込みグセが祟り元ネタ不読であった。失礼しました!

>お産は一般的に『安心、安全』というイメージがあるが・・・
この女医の言葉を聴いて驚いた。私は肉体的、精神的ともに「危険」と思ってたからだ。きっと「○○としては一般的に安全」と言いたいのだろう。妊婦のダンナを見てもわかるとうり繊細に妊婦に接する。危険そのものと思っているからだ。もし医師間で「現代医療においては安全」と甘く思っているのならタライ回しはうなずける。医者はいつもいい訳しかしない。
Commented by とよひと at 2008-11-21 12:39 x
動きの速い恐竜 ヴェロキラプトル
by ruhiginoue | 2008-11-17 22:14 | 社会 | Comments(4)