コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

常識がないのは医師も政治家もそう変わらない

 麻生太郎首相が医師を「社会的常識が欠落した人が多い」と発言したことに対し、舛添要一厚生労働相は誤解を招くとして苦言を呈したそうだ。
 たしかに、医師にはいわゆる世間ずれをしていないとか富裕な家庭で苦労を知らずに育ったなどにより非常識と言われてもしょうがない人がいて、それは医師たちも自覚しているが、政治家に言われたくはないだろう。麻生総理など、その点で人のことを言えない最たるものだ。
 ただ、問題はそこではなく、救急など医療の中で責任の重い分野になり手が少ない現実につき、政策に難があったという批判に対して、それもあるが、しかし医師たちは自らを省みなくて良いのかと大臣たちから反発が出ているわけだ。
 もちろん、政治家が言うと責任転嫁のようになってしまうから気を付けて発言しなければならないけれど、しかし医学部で「大変でもやりがいのある仕事をしたい」という者が減り、「責任の重い分野は避けて、なるべく楽して儲かる分野がいい」という者が増えていて、これはおそらく受験制度のため、出来が良い者は要領が良い者となってしまったからだろうと嘆く教授たちがいるのも現実だ。
 その一方で、意欲のある学生がいても、それを認めず受け付けない教授もいる。年寄りに多いらしいが、特に女性に対して、仕事がキツイから「どうせダメだ」なんて頭ごなしに言い放ったりするそうだ。
 このような硬直化は医学部に限らないが、他と違って医学の場合は、そのさまざまな害が直接的にもたらされているのではないだろうか。とにかく、なすり合いではなく、どちらにも原因はあるという前提でないと、話にならない。悪者を作り叩くのは安易だが建設的な方向に進むことはない。
 
 
 
  
 Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
Commented by デカ at 2008-11-21 02:14 x
>女性に対して、仕事がキツイから「どうせダメだ」なんて頭ごなしに言い放ったりするそうだ。
これは、昔日本に女性の大学教授がいないのは何故か?と海外で問い詰められた時の文部省指定の回答例がこれだ。
一人の教授が講座と、学生の指導と、自分の研究と、学会での活動、大学の運営や、学生の就職活動の援助、さらに大学医学部では患者の治療と病院の経営と体力的に女性には極めて厳しいからです。

Commented by とよひと at 2008-11-21 12:24 x
ちょっとまて。
大学のセンセイはそんなに働いているか?
by ruhiginoue | 2008-11-20 13:35 | 政治 | Comments(2)