井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

ベルクとルミネ 持たない者と持つ者

 小さいながらも一部で人気があるベルクという店が、入居していたルミネの資本事情に起因する契約トラブルから立ち退きを求められたため、ベルクのファンが応援したり、大手の横暴だとルミネを批判する者がいるという。
 この背景には、ほんらいの原則である、持たない者と持つ者とでは弱者である持たない者に配慮すべきという法の精神が、このところ無視される傾向だったとの問題がある。
 持つ者となっている方が、手前に有利な条件を、強い立場であることを利用して弱い立場である持たない者に対して強要することがあると、たまたま現在において持つか持たないかということが、商才など将来の可能性を潰すことにもつながり、また持つ者は強い立場に安住し、反対に持たない者は安心できず、どちらも努力しなくなり、社会が衰退してしまうことにもなりかねない。
 そこで、さまざまな規制が設けられていたはずだが、ところがそれを邪魔にする者たちが、自分たちの地位を普遍的と錯覚し、自分たちに有利なように規制を撤廃するほうが社会の発展になると主張し、騙された人たちが少なくなかったということである。
 しかし、このご時世から、目が覚めた人も少なくないのである。

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by デカ at 2008-11-21 02:04 x
究極の規制緩和の開国だけど、外国貿易が盛んになって、最初に制定されたのが民法だったわけで、その時外国人らは領事裁判権をテコに詐欺的商売を繰り返した。
民法の意思表示の到達主義と発信主義かというところだけども、これは当時横行した外人の詐欺商法に対しての内国民の保護だったんだと思う。ロンドンで発送してますよ!とやられ、それが意思表示として有効だなどとされればたまらなかいと思ったんじゃないだろうか。
と思うのだがだれもそんなこと言ってないなあ。
Commented by ZED at 2008-11-21 10:05 x
最近JR上野駅などの新しい駅ビルで、入ったテナントが何年も経っていないのに数件まとめて入れ替わる例が多いのはこうしたせいだったのですね。とにかくJRは民営化されてからというもの、不動産賃貸関係事業については恐ろしくやり口がセコイというのは、店子関係では有名でしたが、規制緩和以降それに拍車がかかってます。しかもそのJRグループの不動産会社や管理会社はOBの天下り先だったりするし。
Commented by 力を持たない者と持つ者 at 2008-11-21 16:56 x
ルミネ側:安いテラ銭で居座らないで欲しい。
ベルク側:ファンも多いしニーズもあるしいきなり出てけはないだろう。
両者の言い分は明らかに食い違っている。どちらが弱者か強者か横暴かは、これから決まる。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-11-20 22:31 | 経済 | Comments(3)