コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

トリフィドの日

 今年の双子座流星群は来月の十三日だそうだ。
 まえに流星群を見たときは、新聞配達をしながらだった。流星を見ながら連想したのは「トリフィドの日」だった。小さい頃にテレビで見て怖かった。
 今度はどうだろうか。このごろは天候が変で季節にそぐわず雲とか雨だから。
 
 Excite エキサイト : コラムニュース
[PR]
Commented by ZED at 2008-11-27 03:30 x
「トリフィドの日」に大きく影響を受けたSF漫画の傑作が、詐欺で逮捕されたプロデューサーと同姓の小室孝太郎の漫画「ワースト」でした。小室孝太郎は手塚治虫の弟子で、SF漫画の描写に関しては師の手塚をある意味凌駕する資質を持っており、管理社会の恐怖を描いた「アウターレック」(未単行本作品)などはいまでも十分に鑑賞に堪える佳作です。後年はオカルトにはまって作風がグチャグチャになりましたが。
「トリフィド」と聞いて何となく連想しました。
余談ですが、小松左京といい半村良といい小室孝太郎といい、SF作家が晩年こぞって右寄りになったりオカルトにハマるのはなぜ何でしょうね? 宇宙飛行士と同じで単純に仕事に行き詰るせいなのかもしれませんが。
Commented by ruhiginoue at 2008-11-27 16:25
 小室孝太郎は読んだことがないので、探してみたいと思います。
 小松左京は『復活の日』で、半村良は『軍歌の響き』で、軍国主義の危険を告発していましたが、たしかに晩年は右旋回しました。
 これは豊田有恒と同様、単に売れなくなったためではないかと思います。
Commented by デカ at 2008-11-29 02:06 x
そりゃ、ロケットは空軍の管轄で、軍国主義でないとロケットは作れないからさ。
Commented by 古いぞデカくん at 2008-11-29 23:06 x
そんなのは米ソが競争していた時代。
今ではみんな民営化。『ロボコップ』のオムニ社みたいに。
Commented by shishimaru at 2008-11-30 13:48 x
 豊田氏の場合は韓国がきっかけだそうです。豊田氏は韓国語も勉強して、韓国人の友人もいて、家で奥さんがつけたキムチも食べていたくらい韓国通だった。新聞が北朝鮮をもちあげ、韓国の独裁政権を批判していたときから韓国を擁護していた。
 しかし、そんな豊田氏ですら、韓国のあまりの民族主義と差別主義、反日主義、事実究明の欠如したイデオロギー的歴史教育に嫌気が差し、日本は韓国に注意しなければならないと説くようになった。
 ある意味、時代を先取りしていたといえる。中国と韓国の政府民衆の右傾化は他民族を犠牲にしても構わないというレベルだから、日本の左派の間でも急速に批判派が多くなっている。チベットに対する人権侵害を糾弾するデモでも、多数の左派が参加するようになった。
 これはリベラルの観点からいえば本来、当然といえます。基準は普遍的だから、日本やアメリカを非難するなら、同じ基準で中国や朝鮮も裁かなければならない。ある意味、それができずにこの両国の極右民族主義に迎合する一部左派は異様で、左派の中からも批判が出ています。
Commented by ZED at 2008-11-30 16:13 x
上の人、嫌韓&嫌中論は2ちゃんかヤフーのコメント欄辺りで好きなだけおやんなさい。あそこにはあなたのお仲間である「他民族を犠牲にしても構わないというレベルの日本人」がたくさんいるようですから。
Commented by やせぎす at 2008-11-30 16:30 x
「だそうです」というのは、当人はそう言っていると紹介しておしまい。なのに、それを前提にして持論を説くのは、説き方をしらない人のよくやる間違いですよ。
Commented by まるこめ at 2008-11-30 23:44 x
笑っちゃいけないと思いながら笑っちゃいました。
豊田って人は知りませんよ。
しかしキムチ食っていたくらいで親韓ですか。犬の肉も食っていたとでも言うならともかくね。
韓国の独裁政権を擁護していたくらいなのに今では韓国批判してるって、そういう奴だからでしょう。
Commented by ruhiginoue at 2008-12-02 10:14
 私のように、苦学生だったから留学生たちといっしょにバイトしていて、一緒に飲んで「朝露」を唄っていた者が「しかし最近の韓国は」と言うならともかく、なのですがね。
 豊田は、韓国に限らず片っ端からその種の発言をしていて、それはことごとく付け焼き刃で、SF小説が売れなくなるにつれて、です。
 それでもなんとか少しは稼げるので、恥も外聞もなく続く人がいるのでしょう、伊沢元彦とか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-11-26 17:07 | 自然 | Comments(9)