井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

たばこの煙に更に加わる不愉快さ

 他人が吸うたばこで不快な飲食店は利用しないという人が8割となったというアンケート結果だが、そもそも、一部の変わった人を例外とすれば、食事しながらたばこを吸うことはないのに、自分が食べ始める前とか食べ終わったからと、他に食べている最中の人たちがいるところで吸い始めるというのは、自分のことしか考えていないというわけだから、そうした身勝手さが、煙に更なる不快を付け加えるのだろう。
 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by ちょっと横レス at 2008-12-03 22:54 x
「食後の一服がうまいんだよ」といいながら、人が食べている前で吸う喫煙者は本当に非常識というか、異常ですね。
Commented by 一言居士 at 2008-12-04 18:39 x
食っている間に禁断症状だからうまく感じるのだろう。つまり中毒患者であって愛煙家ではない。
Commented by 愛煙家 at 2008-12-05 17:58 x
みなさんの意見は全う過ぎて反論のスキがない。そもそも愛煙家なんて喫煙者の1%に過ぎないだろう。ほとんどが過剰ストレスを抱えたニコチン中毒者。死亡率が高くて死ぬのは当たり前。実際はタバコの価格が上がっても喫煙者が減っても死亡率は変わらないはずだ。問題は他人に迷惑をかける副流煙だが、近い将来副流煙は消えそれに変わるもののが「口臭」「貧乏ゆすり」「無駄口」「携帯いじり」などなど。人類にとってストレスと言う怪物は形を変え決して消えないだろう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-12-03 20:20 | 社会 | Comments(3)