コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

映画史上のベスト作品

 映画で今年のベストは何かと言うと、だいたいは、たまたま見た映画になってしまう。ほとんどを見てどれがいいかと選ぶことは難しい。
 またレンタルなどでは、過去の名作も含めてどれが良かったかとなる。しかし、それもどんなスクリーンで見るかも影響される。ノートパソコンで見てしまう人もいるし、そこそこの画面のテレビを持つ人もいるし、大画面のプラズマの人もいるし、国内で唯一【THX】を個人所有している司会者もいる。
 どうであれ、ヨーロッパでは英誌『サイト・アンド・サウンド』などで批評家と監督によって選ばれるベストテンでは、いつも次のようになるそうだ。
 『市民ケーン』(ウエルズ これは昔からいつも一位)、『ゲームの規則』(ルノワール)、『めまい』(ヒッチコック)、『ゴッドファーザーパート1と2』(コッポラ)、『アラビアのロレンス』(リーン)、『2001年宇宙の旅』『博士の異常な愛情』(キューブリック)、『雨に唄えば』(ドーネン)、『82\1』(フェリーニ)、『戦艦ポチョムキン』(エイゼンシュタイン)、『サンライズ』(ムルナウ)、『自転車泥棒』(デシーカ)、『レイジングブル』(スコセッシ)、『七人の侍』『羅生門』(黒澤)、『東京物語』(小津)
 これらを、みなさんは観ていらっしゃるでしょうか。




映画ファンが選ぶ「マイベスト シネマ&ドラマ2008」 | Excite エキサイト
[PR]
Commented by bergkatze at 2008-12-10 23:49 x
リストの中では「2001年宇宙の旅」しか見たことありませんが、「惑星ソラリス」と「時計仕掛けのオレンジ」を二本立てで見たことがあります。5時間半かかりました(^^;)
どっちも衝撃的でしたが、特に「惑星ソラリス」で日本の高速道路が出て来たのには、不思議な感覚に陥りました。
Commented by ruhiginoue at 2008-12-11 04:22
 『時計じかけのオレンジ』は、ほとんどがロケで撮影されてましたが、『ソラリス』その他『ストーカー』などのタルコフスキー作品と同様に、非現実の描写を現実の風景用いて描くと独特の雰囲気が醸し出されます。
by ruhiginoue | 2008-12-08 12:19 | 映画 | Comments(2)