コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

フタバスズキ竜には及ばないが

 九歳の女の子が発見した化石のエビは新種だったので、ナツミの名が付けられたそうだ。白亜紀というからティラノサウルスやトリケラトプスの時代だ。
 エラスモサウルスの化石を発見してフタバスズキ竜(フタバサウルス・スズキー)と名付けられた例が過去にあり、こちらはモノが大きく鈴木さんも高校生だったが、年齢では大変な更新だ。
 エラスモサウルスの方は一緒にたくさんのサメの牙も見つかっていて、太古の大海原で大恐竜とサメの大群が大激闘をする場面を想像させ、血湧き肉躍るものだった。だから化石の話は面白くてしょうがない。

 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-12-11 12:58 | 学術 | Comments(0)