井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

カテゴリ:雑感( 257 )

 恵方巻は一部の地方の風習だったが、スーパーとコンビニがイベントとして全国に展開している。流行らせて儲けようということだ。
 おかげて、本社から押しつけられて売れ残ってしまい、店長の多くは大迷惑というのが本音らしい。
 無理してイベントで売ると、組織の末端の現場が気の毒だ。近所のコンビニでは、去年のクリスマスで、店頭でフライドチキンを、鶏の着ぐるみ姿になった店長が必死で売っていた。今度は何の格好して恵方巻の販売をするのだろうか。

 
恵方巻きの進化系でも福を呼べる!? | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-01-21 23:41 | 雑感 | Comments(4)

ちくわぶ

 おでんの具のひとつ『ちくわぶ』は、関東以外では浸透していないそうだ。
 小さい頃から、おでんの中でちくわぶが一番すきだった。こういうと、あんなもののどこが美味しいのかと疑問を呈されることが多い。
 たしかに、味気ない。
 しかし、まず、ほどよく煮込んでの『すあま』や『ヌガー』のような触感が心地よく、また、自らはろくに味がしないくせに、他のネタと混ざっているうちに他のすべての具の出汁を吸収して攫ってしまうから面白いのだ。

 関西に、もっと“ちくわぶ”を | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-01-05 12:41 | 雑感 | Comments(3)
 宇宙人に遭遇したとき、110番通報するべきかという質問に矢追純一氏は、
「強いていえば、UFOに関しては防衛省でしょうが、これはあくまでも《未確認飛行物体》に対する防衛面から。宇宙人に出会った場合…やはり、僕に連絡をするのがよいでしょう」
 違います。119番です。そして眼科か精神科で診察を受けましょう。故飯島愛も、テレビで同席した例の大槻教授に「私UFO見たことあるんだよ」と言っていた。要注意である。ただし、藪医者にも要注意である。


 
  

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2008-12-27 16:17 | 雑感 | Comments(1)
 『ミスターグッドバーを探して』という実話に基づく映画で「クリスマスなんてデパートの陰謀だ」というセリフが出てくるが、貧乏人にとってはプレゼントのことで頭が痛い日だ。
 それを言ったら成人式は呉服屋の陰謀、バレンタインデーはお菓子屋の陰謀、などなど、みんなそうだが。
 クリスマスソングではCMから人気が出た山下達郎の歌がまだ売れているそうで、ついでワム!なんだそうだ。 
 あと、よく言われるのが、ジョン・レノンとポール・マッカートニーのクリスマスソングの比較で、弾き語りふうでメッセージソングなのと、分散和音ふうでパーティーの歌という違いとかいう話。
 しかし、もともとクリスマスソングといえば「ジングルベル鈴が鳴る」だったはず。ところが子供のお楽しみ会から恋人たちの日へと変える商業宣伝が大成功したということだろう。
 
 Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2008-12-24 02:57 | 雑感 | Comments(1)
 牧伸司のウクレレ漫談でやっていた。
 「混浴風呂に入ってみたけど、そこにいたのは婆様ばかり。水に浮かんだ干し葡萄、それて見て茸が萎んでく。あーあーあやんなっちゃったあーあーあ驚いた」
 混浴風呂で、ジロジロ見る人がいる一方で、堂々としている若い女性がいて、男性が恥ずかしくなってしまうこともあるそうだ。
 もともと公衆浴場では、他人の裸を見ないようにするのがエチケット。目に触れても意識しない。
 なぜなら、局部はもちろん、身体に傷痕がある人もいるし、若い人が性的な好奇心で見られても嫌だし、老人が衰えた姿を見られるのも嫌で、そもそも入浴とは洗ったりくつろいだりするためにある所なのだから、他人への配慮はあたりまえだし、余計なことに気を向けず自分の清潔と保養に専念すべき。
 これを外国人は、最初は混浴なんて野蛮だと思っていたけれど、地位や階級から解放された感覚とともに、物理的に隠さなくても意識で自制するのが禅などと共通するいかにも東洋的な優れた発想だと評価するようになってきたそうだ。
 だから混浴は伝統文化だと言われるのだ。

 
 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2008-12-23 03:47 | 雑感 | Comments(0)
 仕事の仲間から電話があって知り、驚くよりも「やってしまったか」という感じだった。
 あの見沢知廉氏の自殺と同様、長期の拘留を経験した人は、奇行が目立つようになり、発作的に自殺してしまう場合がある。
 田代まさし氏が、出所してから社会に馴染むのに苦労していることを語っているが、数年でもそうなのだから、十年以上となると、当然だろう。そのため、実際に犯罪に手を染めた者であっても、懲らしめるを通り越し余計に社会に害を及ぼすようになってしまう現実があるから、刑期を長くすれば良いとは到底言えず、その点により刑事司法政策は見直されるべきだと指摘されてきた。
 これがまして冤罪とか、三浦氏のように受刑ではなく裁判の係争による長期拘留の場合は悲劇だ。実際に三浦氏は、無罪となってシャバに出てきてから、奇妙な行動をとることがよくあった。普段は穏和で知的でお洒落な人なのだが、自動車の運転のさい上手で安全第一だったのが突然と無謀になったり、ちょっと会計に並ぶ程度でイライラしてしまい会計とは違う店員のところへ商品を持って行き金を支払うと言い張ったりする。
 そうした行動が続いた挙げ句に万引きだと言われて警察に突き出されたりと、余計な問題をすすんで起こしているとしか言いようがなかった。普段は、気軽に「ここの支払いは任せて」と言う人だ。そんなちっぽけな金額の商品を盗むはずない。だが、変な行動をとることは確かにあり、彼に会ったことのある人ならみんな目にしていることだ。
 睡眠薬も飲みすぎであった。田代まさし氏も不安で寝付けないのでたくさん飲んだといっていたが。
 一方、暗殺などの疑いを抱く人もいるようだが、今のところは動機を持つ者が見あたらない。出来るとしたらアメリカ側だが、アメリカとしてはフセイン大統領と同様に、自国の主権を外国に強引に及ぼそうとしている一環なのだから、何としてでも法廷に引き出したいはずで、後で殺すことはあっても今死んでもらっては困るだけだろう。
 個人的には、知人が死んだうち自殺は初めてなので、なんとも表現しがたい感覚だ。映画『三浦和義事件』のDVDを三浦氏本人からもらって観たり、『パピヨン』の話をしたり、安部英を擁護する広中弁護士の評価をめぐって対立したりと、そのような思い出の最後が、有り得ると考えながらも、しかしまさかと思っていた形になってしまった。
 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2008-10-11 23:10 | 雑感 | Comments(12)
 中国のある会社が、新人研修で、トイレ掃除をしたうえ、きれいにした証処にその水を飲むことをしているそうだ。野田聖子消費者行政担当相が帝国ホテルに就職した時の体験談から取り入れたという。
 これで4割がやめていくそうだが、やめるのが正しい、そんなバカなことしている会社には将来性は無い。
 精神主義で鍛えないといけないような甘やかされた者は、最初から就職させなければいいだけのこと。聖子ちゃんはお嬢さま育ちだったから最初は抵抗があったけれど鍛えられたというのも、そんな人を縁故を気にして入れていただけで、能力主義や実力主義ではなかったという告白でしかない。
 そもそも、便所は清潔であるべきだが、その水が飲めるほどにする意味は無い、つまり無駄なことをしている。他の事に振り向けるべき労力や意欲を浪費させている。
 そんなことをしている会社は、やめる方が賢明だ。
 もしかすると、この中国の会社には、文化大革命時代に下放された経験をもち、それにより懐かしんでいるか僻んでいる者がいるのではないか。


 Excite �G�L�T�C�g : �����j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-25 17:12 | 雑感 | Comments(1)
 育毛剤のサクセスなどを女性も使用するという。
 そもそも育毛剤とは毛生え薬ではなく毛が生えやすい状態に整えるものだから、その効能で髪が奇麗になることがあり、それで女性も使う。また、使用時の爽快感も魅力らしい。
 女性用もあるが、無香料なら男性用をそのまま使える。
 逆にと言うか、脱毛のレーザーも、男性用と女性用があり、男性の剛毛向けに男性用のほうが出力は強くなっているが、こちらでないとダメだからと使用する女性もいるそうだ。


 �u�T�N�Z�X���q�v����������H
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-17 13:15 | 雑感 | Comments(0)
 居酒屋が昼に定食を出したり、ラーメン屋が夜になると飲み屋になったり、夜だけ寿司屋などと、時間帯や曜日によって、提供するメニューや店の屋号まで変える「二毛作」といわれる業態が増えているそうだ。
 そのような飲食店はよく見かける。客層とそのニーズが時間帯によって変化するためだろう。
 それでなのか、『ガラスの仮面』の冒頭で、普段はラーメン屋だけど大晦日には年越し蕎麦屋になり配達する店が出てくる。これはさすがに無理があると言われていて、そのためか、最近離婚危機説の彼女が主演のテレビドラマでは別の脚色になっていた。
 しかし、我が家のすぐ向かいにある増田屋は、逆にと言うか本業が蕎麦屋でラーメンもやっている。ただしこちらは時間帯ではなく、これも逆にと言うか、同時にどちらも提供するためだ。かつて昼時に店の前で、見るからに仕事仲間の男性たちが、「蕎麦を食おう」「いやラーメンがいい」と言い争っていたからだそうだ。
 
  

���͋������A��͎�i���ɂȂ�X���!?
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-15 13:08 | 雑感 | Comments(0)
 アメリカで、火災のさい呼吸停止していた猫を、消防士が口移し呼吸で蘇生させたという。
 猫は恩返しする。その猫でなくても、他の猫が「この人は猫に好意的」と察してくれて、という場合もある。
 「水に落ちた犬は助けたりせず沈めてしまえ」と魯迅は説いた。恩を忘れて噛み付く犬もいるということだが、これは権力と対峙するのきの心構えを譬え話したものだから、犬とは恩知らずということではない。シベリアンハスキーには恩知らず説があるが、これは人なつこい性格のため飼い主以外にもなつくため、言われてしまうらしい。
 ただ、よく、犬はどこまでも忠実で、猫は気まぐれと言われるけれど、ここぞというときには、犬より猫のほうが恩に報いると思われることがある。
 ただ、猫はささやかなことでも神秘的な感じを与えるから、人知の及ばない部分で貢献してくれたと思うのかもしれないが。

��h�m�A�}�E�X�E�c�[�E�}�E�X�Ńl�R��h��������
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-12 12:27 | 雑感 | Comments(4)