コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

カテゴリ:学術( 100 )

 独占!巨泉さん家族の怒り「あの医者、あの薬に殺された」~無念の死。最後は寝たきりに

 これは週刊現代のサイトに掲載されている同誌の過去記事の見出しであり、本文は下のリンク先を参照のこと。
 「独占!」という見出しだが、実は同様の記事を他誌も同時期に掲載していた。
 これもすでに紹介したとおりで、医師が防衛医大に勤務していた当時、不正な手術が裁判になり、学会だけでなく防衛医大内の医師たちからも批判が出て、防衛医大を運営する国は敗訴したうえ控訴もしなかったという異例の顛末であった。
 この医師の「前科」について取材を受け、コメントしたこともすでに紹介したとおりである。(大橋巨泉氏のモルヒネ投与医師はニキビ治療専門家だった│NEWSポストセブン

 これらの記事についてTwitterで紹介したところ、これを利用してあの左巻健男という大学教授が中傷していると、いろいろな人たちから知らされた。左巻健男という人は、自分が批判されたことがある相手に、その批判された問題とは関係のない別のことに対して、ブロックなどしながら@を消してアカウントを曝して陰口するのが常套手段のようだが、また同じことをしている。そんなことをしても、大勢の人たちが見ているのだからすぐ判るし、大人がガキっぽいことしてると思われるだけだ。 

 ところで上記の記事の話題に便乗して、左巻健男という人はTwitterでこう書いたのだ。
 「この医師を前科者と言えるなら、名誉毀損で裁判で負けて賠償金を取られたことがあるruhiginoue氏も前科者だけどなあ。」
 これもすでに紹介したとおり、名誉棄損裁判で勝訴して賠償金を取ったが、取られてはいない。また、取られた者が2ちゃんねるで仕返しと嫌がらせのつもりでいろいろと書いていて、そのため送信元の情報開示請求で同掲示板を経営している会社の登記簿謄本を東南アジアから取り寄せたという話と、これがそうだと画像の掲載をしているから、記憶している人もいるだろう。

 前にも言及したことだが、左巻健男という人は他の人に対しても「大阪のナマポ」と実名が判る形で中傷していた。これもやはり、もともとは2ちゃんねる掲示板の中傷だった。これを左巻健男という人は自分のブログで受け売りしていた。そして問題になってから伏字にして「屁を放って尻すぼめる」という諺のとおりであった。
 このように差別をするから、大学教授ともあろう者がと当たり前の批判したところ、その仕返しに2ちゃんねるネタをまた、というわけだ。

 さて、上記でいう「前科者」とは、もちろん刑事事件のことではないし、過去を無意味にあげつらうのでもなく、その医師が同じ問題をまた起こしたという意味である。これは話の流れから判ることだ。それを別問題とこじつけ事実に反することまで書いた左巻健男という人の無見識とやり方の卑劣さに呆れるしかない。

 そもそも問題の医師の過去は、国の機関に勤務する公務員が公務として行ったことに関する事実であり、しかも人命に直接的に関わることだから公益性があるけれど、名誉毀損は私的な事実にすぎない。
 だから、まず問題の次元が違うことを並列や比較するのは不適切であり、また私的事実を安易に公然化すれば、嘘ならもちろん仮に本当であっても、名誉毀損となり、個人情報の問題にもなる。
 この二点が左巻健男という人の認識から欠如している。これでも東京六大学の二か所で教鞭を執る教授なのか。やり方が陰湿なのは性格だからということかもしれないが、学問的見識まで疑わしくなる的外れは何故なのだろうか。的外れを江戸時代からの俗語でスカタンというが、これにより左巻健男という人は迷惑行為を繰り返すので反社会性を帯び、個人の問題では済まなくなっている。

 


f0133526_14295305.jpg





[PR]
by ruhiginoue | 2017-05-15 17:42 | 学術 | Comments(4)

戦争の後遺症

 先日の日経新聞に「昔の漫画でよく登場したカミナリおやじはPTSDを発症した復員兵だったのではなかったか?」という記事が載っていて、たしかに20代で戦争に取られて30年後の漫画が盛んになる1970年代に50代になるということで辻褄は合うとの指摘があった。

 そういえばサザエさんの夫マスオさんは復員兵だという説がある。
 よく、妻の実家に同居している人として引き合いに出されるマスオさんは、夫婦で住んでいた借家の塀を壊して薪にしようとしたから大家と喧嘩になり、それで妻の実家に同居という経緯だった。
 そして、中国など戦地で日本兵は、地元住民の家や家具を壊して薪にしていた。雨の中での行軍で濡れてしまうと、地元の民家に押し入り銃をつきつけて家や家具を壊し薪にして焚火をし、そうやって服と身体を乾かす。
 とくに中国人は家具を大事にするが、それを運びだして中国人が泣き叫んで懇願しても無視し、抵抗すれば容赦なく殺した。
 こういうことをしてきたので平気になってしまい、帰国してからもマスオさんのようなことをする人たちがいた。だから原作のマスオさんは世代的にそうなので復員兵だったと言われる。
 
 また、戦後まもなくの食糧難のとき、食べ物を分けてくれる農家を紹介するなどと言って女性を騙して誘い、強姦のうえ殺害する事件を連続して起こし死刑になった小平義男も復員兵だった。
 その小平義男は、警察の取り調べに「兵士として中国に行って、強姦殺人をなんどかやってきた。それが日本の軍隊では当たり前だったが、自分は日本に帰ってきたのにやってしまった」と自白した。

 うちの親戚にも、軍人恩給をもらっている人がいたが、中国戦線から帰ってきてから性格が変わってしまったと親族から言われていた。
 そして、わが映画ソフトコレクションを暇つぶしに観ていたうちの母親は、そのうち『ゆきゆきて神軍』を観てから「これは爺さんに見せられない。見せたら気が狂うわ」と言ったのだった。

f0133526_16154493.jpg




[PR]
by ruhiginoue | 2017-04-19 16:15 | 学術 | Comments(2)
 小学校低学年の当時、もっとも嫌いな科目は算数と音楽だった。なぜなら記号が苦手だったからだ。なんでこんな書き方をわざわざするのかと不可解だったことが原因だ。意義がわからなければ受け容れにくいものだ。
 これを学校の教師に質問しても、とにかく授業でやることだという返答しかなかった。たまたま教師のめぐりあわせが悪かったのかと思ったら、他の学校に行っていた人に訊くと、同じようなものだったそうで、どこも大体そうではないかと言われた。そうでない例外的な教師に出会った人は少数の幸運な人なのだろう。

 また、小学校の理科で地球も太陽もそのほかの星も宇宙にあるという話なので、では「宇宙はどこにあるのか」という質問をしたら「無限」だという教師の答えだった。
 そんな答えでは何も学校で教師に教わる必要がない。SFアニメでも観ればいい。最初に「無限に広がる大宇宙」とナレーションがあったりする。
 
 さらに、高校の数学で、担当の教師に質問していると「おまえは大学に行って数学を専門にしたりフィールズ賞を獲ったりしたいのか?今度の試験で赤点にならなければいいんじゃないのか」と言われたが、これでは単位を取るためだけで面白くない。
 
 ところが、アイザック=アジモフの本を読むと、宇宙がどこまで続くかは解らないと書いていた。それは、大陸の真ん中にいても人間の大きさならその先に行って海があるなどを知ることも可能だが、蟻だったら無理だ、というのと同じで、宇宙に比して人間の大きさでは無理ということだ。
 これなら納得だった。少なくとも学校の理科の教師よりは、ちゃんとした説明だった。

 そして音楽の記号も、伊福部昭の本を読むと、これは楽譜に記載するためだと書いてあった。わざわざ記号にしたり外国語まで使用するが、そうやって共通の表現を決めて使用すれば、他人に伝えることが容易で正確になり、外国人でも解かる。これは録音が無かった時代にはもっと重要だった。
 これなら納得だ。ただ授業で習うのだから憶えなさいという教師より、ちゃんとした説明だ。

 とにかく、学校で習うことも納得できないから親しめないということが多いし、苦手というのも個人的な体験からの偏見だったりする。
 もちろん、全体的に勉強が好きでない人なら、特にめんどくさいと感じる科目に嫌悪感を抱くということもある。
 例えば、曽野綾子が数学の特に難しくないものを、学校に無用だ自分も必要じゃなかったとかギャーギャー言っていたが、ただ手前が苦手だっただけという情けない話だろう。
 それと同じで、百田尚樹も漢文と中国の悪口とこじつけて学校の授業からなくせと喚いているが、ただ学校で苦手だっただけだろう。
 勉強ができなくて小説家になった人が、できる人の邪魔をしてはいけない。

 それに、小説で食えるならそれで満足していればいい。先日、歌手の宇多田ヒカルがタクシーに乗っているとき発声のウォーミングアップをしていたら、彼女だと気づかない運転手に歌手志望かと言われたことが話題だったが、アイザック=アジモフはタクシーに乗っているとき「運転手しながら小説を書いている。SF作家になりたい」と言われ「SFはやめときな。食っていけないよ」と忠告したら「でもアイザック=アジモフは食ってますぜ」と言われたそうだ。

 あと、フィールズ賞数学者の広中平祐は、八十年代に時の中曾根総理から教育改革について意見を求められたら「スペインに優秀な学者が少ないのは、フランコ政権時代に大臣や官僚たちが内政にも外交にも口を出せないので教育に口出したからだ」と凄い皮肉のようなことを言っていた。
 たしかに、独裁政治は教育に干渉するものだが、これは同時に、教育にしか口出せなくなるということでもある。

 そのうえ、独裁政権が有名人を利用したら、その人実は勉強の苦手な人で、なのに教育に口出しということになるから、とても困ったことになるのだ。
 



[PR]
by ruhiginoue | 2017-04-09 20:51 | 学術 | Comments(6)

文系の顔と理系の顔

 大学で文系の人は丸顔で理系の人は面長だと言っている人たちがいる。そんな印象があるれど統計をとったわけではなく、おそらく理系の人は頬がこけているからで、顔の形が違うのではないだろうとか、頬がこけているように感じるのも錯覚で、太っている人もよくいるから、神経質そうな顔つきによる印象だろうとか、いろいろな指摘がある。

 また、女性が男性に対して、イケメンは文系の方に多く、理系はオタクっぽい、という偏見をもっている人もいるが、これは文系に比べて理系にはオシャレしない人が多く、なぜなら実験などで服が汚れるからだと言う指摘がある。ちょうど芸術系で、音楽学部はオシャレする人が多いけど美術学部は汚れてもいい恰好をしているというのと同じことのようだ。
 
 このように、他の事情による印象が大きく影響していると言える。

 かつて83年だったと思うが、NHKのトーク番組『YOU』で、文系と理系というテーマだったことがある。その当時は不明だが、この直後は司会が糸井重里になっていた。
 この番組の中で「文系の顔と理系の顔」ということで大学生たちの顔を比較していたが、文系は良く言えば優しそう悪く言えばオットリという人相で、理系は良く言えばキリッと利発そう悪く言えば冷たそうという人相だということだった。
 これもサンプルが少なすぎて比較にならなかったが、ことさら極端な例を挙げていて笑い話にしており、つまり真面目なものではなかったのだろう。

 ここでSF作家の小松左京がゲストに出ていた。外国語を専攻した立場から科学を題材にした小説を書いているということで話をしていた。
 また、このとき彼が原作と製作をしていたSF映画『さよならジュピター』の話をして、その場面も一部紹介されていた。走りだったCGを本格的に使用したりと凝っていたが大赤字を出してしまったという映画だ。『日本沈没』のようなヒットを期待して引き受けて災難となった東宝は、続けて久しぶりにゴジラの新作を同じ監督で作り、これで取り戻したということだった。だからおそらく製作年度から83年の放送だったと推測している。

 しかし番組が面白くなかったのでテレビを消してしまったのだが、なのに同級生が興味深々で観たと言っていたから不可解だった。おそらく、学部と人相とか言っていて真面目な番組ではないと思った否かの違いだろう。
 やはり顔なんて関係ないはずだ。



[PR]
by ruhiginoue | 2017-02-26 16:11 | 学術 | Comments(2)

「医学部に行くな」

 ネット上で話題の、ヘボなレイアウトの広告。
 予備校の宣伝で受験生らしき女性の写真の右側に「医者になるんだ、私。」という文字だが、下には大きな文字で「医学部に行くな」とある。
 やめておけという意味みたいだが、よく見ると「医学部に行くなら」で、最後の「ら」が白い文字なのにシャツの白い襟と重なっているため見えにくくなっている。

f0133526_08321952.jpg

 
 これをデザイナーの失敗ということで笑っているだけではなく本気にしてしまいそうなのは、このような広告が始まったのが、かつて医者になりたがる人が多く医学部は狭き門という時代からで、しかし、もう医療は斜陽産業だから、古い発想で医学部に行くのはやめておけ、という意味になっても通用してしまうからだ。

 実際に、医師や薬剤師で転職を真面目に考えていると言う人たちがいる。これには色々な意味があって、忙しさと収入の両方の観点から手間暇費用をかけた見返りがないとか、仕事自体がつまらないとか、やり甲斐がないとか、意義がないとか、そうした実態についての指摘がされている。

 それを言ったら、他にも色々な分野の業務について同様に言えるのだが、ついに医歯薬系まで、その兆候がかなりはっきり見え始めたと医師や歯科医や薬剤師たちが言っている。

 それでも、楽しいから大学に行きたいということもある。芸術系の大学に、食えなくてもいいから行く人たちと同じだ。医学部は楽しいだろうか。看護師をやっている女性は「つまんないよ」と言っていたが。

 ところで、上記の「1対1完全個人指導」というのは、料金が高いのではないか。実は数学で受けたことがある。といっても受験ではなく大学に入ってからで、一般教養の分野ごと科目選択で理数系も何教科か履修するさい「数学」があって、これが物理や天文学や生物学と違って実験が無いから人気が無く、履修する人がいつも数人しかいない。だから欠席する人がいるとマンツーマンになることがしょっちゅうだった。
 おかげで丁寧に教わったのだか、受験のときにこれだったらよかったのに、と思った。そうなるとやはり親に金のある人が有利だ。
 
 あと、高校までは基礎知識ということでΣとか∫とか漠然と教えるから無味乾燥になるけど、大学ではコンピューターのプログラムのとき使えるというと面白かったし、経済の問題で金もうけのために利用したら意義があるから血眼になる。
 だから、よく言われるように、この利用法を先に教えるほうが良いと思う。高校の数学の教師は、「とにかく試験で赤点を取らなければいいんだ」だったから、つまらなかった。


[PR]
by ruhiginoue | 2017-01-11 09:07 | 学術 | Comments(2)

8½は八っか二分の一

 フェリーニ監督の映画『「8 1/2』は、「ハチ(ッ)カニブンノイチ」と読み、これは当時「と」より「か(箇)」が主流だったからで、明治時代から両方の読み方で良いとされ、戦後の教育では1970年位までは「か」、それ以降は「と」と教えるようになったらしい。
 
 ところが、小学五年生のときのこと、「か」と言っている教師がいたし、この映画の題もあって算数の時に「か」と読んだら、女性の担任教師に叱られてしまった。
 
 これが、「昔は二種類の読み方をしたけど今は[と]で統一することになっている」というのではなく「そんな言い方は無い」と決めつけた。

 その後も、何かにつけては授業中に「三と四分の一、井上に言わせると三か四分の一、ね」と嫌味を言った。
 しかし、この小学校の他の教師にも「か」と言う人がいるので、その教諭の嫌味に同調して笑う児童は少なかった。担任に睨まれたくないから黙っている人が多かった。

 この教師は他の分野でも変なことばかり言っている人で困ったし、嫌な思い出がいっぱいある。のちに専業主婦になるからと教師を辞めたそうで、それなら俺の担任になる前に辞めといてくれと言いたかったが、さらにのち離婚したという噂をきいて、教職に戻るんじゃねえよと思ったものだった。

 こんなことを『ゴッドファーザー』の放送で思い出してしまった。音楽が同じイタリアの巨匠ニーノ ロータだからだ。
 この幻想的な(人によっては訳の分からないという)映画は、かなり人気がある。そしてこの音楽も。





[PR]
by ruhiginoue | 2017-01-04 17:25 | 学術 | Comments(2)
 「時間がたつと影のむきが変わるのはなぜですか」
 「地球が回るから」
 これはバツ。
 「太陽が動くから」
 が正解。
 「学習したことを使って書きましょう」
 と、教師が注意書きした。
 なぜなら、これは小3のテストなので「地球の自転」はまだ習っていないから、「太陽が動くから」と答えろということだ。
 これに、その小3の息子の父親は、かつて自分も同じことをやられた記憶があり、まだこんなことをしているのかと嘆いた。習った範囲で回答するにしても「太陽が動く」なんて間違っているということだ。
 
 この父親の嘆きに賛同する人もいるが、習ったことをテストされているのだから当然だということで教師を擁護する人もいる。

 これは大学の試験ではよくあることで、例えば法学部の試験だから法的に答えるべきなのに「なぜ逮捕されたのか」に「マスコミが騒いだから」では本当でも不正解だし、「石炭を石油に変えるには」という問いに、化学なら抽出する方法を説明するべきだし、商業だと売ってその金で買う話になる。これは単純化していて、ほんとうはもっと複雑だ。

 また、一般教養でも、「〇肉〇食」の〇を埋めるとして、自然淘汰ということなら「弱肉強食」と書かないといけないし、そうでなければ「焼肉定食」でも良く、「~きた猫」は「喩え」なら「借りてきた猫」だけど、猫を主人公にした話で「例え」ば「百万回生きた猫」である。

 ただ、その小3のテストは、学習したことに基づいて回答するとしても、担当の先生が不適切なことを書いた。影の向きが変わるのは「太陽が動くから」ではなく「太陽の位置が変わるから」で、次になぜ変わるのかというと「地球が回るから」だ。
 


[PR]
by ruhiginoue | 2016-12-19 16:48 | 学術 | Comments(2)
 欧州の50歳の建設作業員の男性が、「エナジードリンク」を一日に4から5本を飲み続けて3週間したところで急性肝炎を発症したという話をきいた。
 この男性の症状は、エナジードリンクに含まれるナイアシンとして知られるビタミンB3の大量摂取によって引き起こされたと考えられている。

 この建設作業員の男は、いつもの食生活をしながら、毎日の仕事への活力を補うべくエナジードリンクを飲み始めたが、その後まもなく、彼は異常な疲れと腹痛を覚えるようになり、吐き気や嘔吐の症状が出はじめたという。

 このとき彼はインフルエンザかと思ったが、黄疸が出た時に別の異常であると気づき、病院で検査を受けたところ、慢性C型肝炎を示す高いレベルの量のトランスアミナーゼ肝臓酵素が認められ、重症肝炎が明らかになった。


 このような症例は過去にもあり、このため過剰摂取の危険がまた指摘された。しかし、以前同様のケースが報告された時は1日300mgのナイアシンを摂取していたのに対し、今回の彼の1日のナイアシン摂取量は約160~200mgで、これは毒性を引き起こすと予想されるレベルを下回っていたから、毒性が蓄積されたと医師はみているとのこと。


 かつては、薬と違って栄養剤だと余分でも排泄されるので安心だと言われていたが、そうではなく過剰摂取は悪影響があると言われるようになってきた。

 これについて、もう10年くらい前に知り合いの医師から、診断ではなく私生活上で指摘をされていた。このとき、通販で色々と買って持っていたので、それを注意されたのだった。


 そして最近のことだが、ドラッグストアで働いている薬剤師が言っていた。
 「薬店に勤務している立場からは言いにくい事実だが、そもそも栄養を人工的な工業品であるサプリとかドリンク剤で摂るのは不自然なことで、内臓への負担も指摘されている。もともと病気中や手術後など健康上の具体的な事情がある場合に、緊急的とか一時的とかいう使い方をするものだ。それ以外ではなるべく避けるべきで、少なくとも、これを飲んでいれば安心だとか、より健康になれるとか、そんな勝手な思い込みや宣伝に載せられたりで日常的に取り入れることは絶対にやめるべきだ」

 というわけで、サプリメントなどに依存しないよう、普段からの食生活に配慮することにしている。それはそれでけっこう大変なのだが、そのほうが楽しい。



[PR]
by ruhiginoue | 2016-11-21 17:55 | 学術 | Comments(3)

ノーベル賞と嫉妬

 ノーベル賞は世界でもっとも有名な賞(ショー)だから、注目されるのは当然だし、賞金もなかなかの額なので、もらえれるなら結構なことだと思ってる人もいる。サルトルのように、それでも要らないと言ったカッコイイ人もいたが。
 
 それで、ノーベル賞のたびに、授賞者を出せる国や社会の環境が話題になる。
 前にノーベル賞を受けた人が、大学などの研究室ではなく民間企業に勤務していたことで話題になったことに加え、その受賞した開発で会社からもらった報奨金が少なく、受賞してからボーナスが出たことでも騒がれた。ノーベル賞に選ばれたら文化勲章というように、日本が自ら評価しないことが原因といわれる。

 そのことで、田中という受賞者の方が勤務している会社を気遣って「ちゃんと給料をくれて自由に研究をさせてくれた」と記者会見で言ったところ、その部分だけ取り上げ「それに比べ中村という人はもっと金をよこせと会社を裁判に訴えてケシカラン」と非難した人たちがいた。
 そして、彼がアメリカの大学で教鞭をとるため米国籍になり、蓮舫代表で話題の二重国籍が日本は認められないので日本国籍を失い日本人ではなくなったのに、その開発によりノーベル賞を受けたら「日本の誇り」と騒いだ。
 こんなところが日本人の情けなさというか醜さというかだ。

 あと、文学賞のボブ ディランのことをかつてジョン レノンとデビッド ボウイは歌詞の中で本名で呼んでいたことを思い出したが、これで候補だった村上春樹はまた逃したわけだ。
 ある松本清張の小説に、大手出版社が主催する文学賞に選ばれた人を同人誌の仲間たちが「おめでとう」「我々も誇りに思うよ」と口々に言うけど実はみんな心の中では妬んでいて邪魔しようとする話があったけれど、これはノーベル賞でも、文学賞以外でも、同じだろう。

 だから、ノーベル賞のたびに研究環境の充実などが課題であるといわれ続けてはいるが、授賞者が日本からでても、表向きでは喜んではいても内心では僻みと妬みばっかりだから、研究環境が良くなることは、おそらく無いだろう。



[PR]
by ruhiginoue | 2016-10-15 19:38 | 学術 | Comments(4)

青森の三大丸山遺跡

 北海道からの帰りに青森に寄る。今にも雨が降りそうな空模様だ。空気も湿っぽい。

f0133526_15321084.jpg



 青森の三内丸山遺跡に来たら、雨が降りだした。傘をさして遺跡の見学。

f0133526_15324359.jpg



f0133526_15335744.jpg



f0133526_15334452.jpg



 再現された縄文時代の大規模建築物。集会や冬季の防寒に使用されたと考えられている。

f0133526_15335142.jpg




 雨が強くなり、博物館の中に入る。

f0133526_15341046.jpg


 「盛土」(もりど)。
 大量の土器や土偶からヒスイの玉などが、建設残土とともに廃棄されていた。ゴミではなく土に返す発想だったのかも。

f0133526_15392307.jpg


 盛土(もりど)の底。土器などの破片が埋もれていた。

f0133526_15341785.jpg

並べるとなかなか壮観な土器群。

f0133526_15340600.jpg

 
この木柱はレプリカではなく出土した実物。周囲を展示館の照明が取り囲んでいる。

f0133526_15340125.jpg

 一万年も続いた縄文時代はそれなりの文明社会で、京都や奈良の渡来人による移植ではなく、これこそオリジナルの日本であったというべきだろう。





[PR]
by ruhiginoue | 2016-10-11 12:41 | 学術 | Comments(0)