井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

カテゴリ:学術( 107 )

 デタラメのレッテルを貼られていたスタップ細胞だが、海外では実験に成功して正しかったのではないかという未確認情報がある。
 これは、アメリカの研究チームがスタップ細胞再現実験に成功し、小保方研究員は失敗していたけれど、しかし他ではできたというなら小保方理論は正しかったということになるわけだ。
 
 この真偽は別にして、そもそもスタップ細胞の騒動は、誰かを生贄のようにして叩きたいというサディスティックな願望が先行し、若いからなのか女性だからなのか、理研よりも一人に集中砲火となっていたことで違和感を覚えたという人も少なくなかった。

 それに、科学の歴史を見ると、口から出まかせみたいな話だが正しかったとか、実際に口から出まかせだが正しかったということは珍しくない。
 
 大陸移動説なんて、古い地図を捨てようとして丸めたら大陸の形がやけにピッタリだというだけのことから、きっと一つの大陸が分裂したのだと口から出まかせ言って嘲笑されたが、のちに大陸が移動する仕組みが解明されたのであり得ることだとされ、そのうえ化石の分布から実際にそうだということになった。
 
 遺伝学の父と呼ばれたメンデルは、最初に遺伝の法則を説いたものの注目されず、こんなに優れた研究があったのかと後から感動されたが、実は実験で裏付けたというのは嘘で、口から出まかせをもっともらしくみせるために捏造した実験結果を付け加えていたと言われる。しかし、とにかく結論は正しかったのだ。
 
 というように具体例をあげたらきりがない。逆に野口英世のように、偉人伝に描かれているとおり寝る間も惜しんで努力して間違えだらけだった人もいる。

 だいたい、努力より一瞬のひらめきで決まるのが現実だ。ただ、これを学校で言うわけにはいかないということだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
by ruhiginoue | 2015-12-30 17:30 | 学術 | Comments(2)

美容外科医のブログにて

 美容外科に詳しい形成外科医のブログで、いくら手術をして顔を希望通りにしても満足しない女性の話が書かれていた。精神的な問題を抱えているから顔を変えたいのであり、そうなるとどうやっても不満ということになる。
 
 そういう人は確かに存在する。あのマイケル=ジャクソンがそうだった。やりすぎではないかと言われたが、実は自分を嫌っていた父親に似ているのが嫌だったと、のちに語ったとされている。
 また、韓国の「扇風機おばさん」と言われる顔になってしまった歌手の女性も、歌が売れないのは顔のせいだと思い込んでしまったので、いくら顔を変えても満足しなくなったと言う。

 しかし、これは同時に、失敗したときの医者の言い訳にもなっている。満足しないのは精神的な問題だと言って、すべて片づけてしまう。成功したが満足できないのと、失敗とでは見て誰でもわかることだと思っている人が多いけれど、それが間違いであり危険なのだ。

 医学的に成功したかどうかは、今の医学の水準で多数派を形成して正しいとされていることをしたかどうかである。
 だから、どんなに悲惨な結果となっても、ちょうど、イラクなどが劣化ウラン弾で汚染されていても、赤ん坊の死亡率が高いことと因果関係は証明されていないとか、文化財が強奪されても欧米の価値観からすると無用の長物であるとか、欧米の価値観から正しい政治体制にして、石油を大手企業が勝手にしている状態が、正義の戦争の結果であるとかいわれ、そうだとマスメディアが大宣伝する、というのと同じことだ。

 また、美的な問題は主観であるから、化け物とか妖怪とかいうのような状態にされても、それが美しいと強弁されたら、違うと言うことはできない。裁判に訴えて、裁判官もひどいと思ったとしても、そう判決文に書くことができない。あくまで主観的印象なのだ。
 では、鼻を何センチ何ミリで縦かける横かける高さにするという契約をできるかというと、それは不可能だ、そんなことは今の医学の技術では無理だ。

 なので、美容外科の医師が、患者の主観と言っていることは、別の意味で危険があるから要注意である。 
 
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-11-04 06:05 | 学術 | Comments(5)
 中国共産党の指導部に理系だったという人が目立つのは文化大革命があったからで、政治に疎かったおかげで抗争と無縁で生き残った、という説がある。日本でも、共産党の不破と志位が東大の理科出だし、市民運動出の菅直人もと総理は東工大卒だ。内ゲバから距離を置いていたためか、というのは冗談だが、政治に疎い人が多い中では、少し気が利いた程度の人でも目立つことがあるだろう。
 
 つまり希少価値ということだ。前にプロ野球の野村監督が、プロ野球界は野球ばかりしていたバカばかりだから、自分程度の頭の者が「頭脳派」と呼ばれるのだと言っていたが、これは相撲も同じで、今どき大学を出たからと役に就けるのは相撲協会くらいだとも言われる。
 それで、舞の海が俄かに政治の話をして、内容は実にお粗末だが、それでも相撲とりの中では希少価値ということだろう。また、同じ学生出身の輪島は、舞の海と違って強かったが、不祥事でも有名だった。
 これを、かつてビートたけしがさんざん揶揄していた。日大卒というので何学部かと訊いたら「相撲部です」と答えたという話で笑わせていた。

 ビートたけしは、二人の兄と同様に理系の大学に行って、しかし兄たちと違って不真面目だったから卒業できなかったという話をよくしている。これは、就職に有利になるからそうしろという母親の指示だったそうだ。そして、あくまでも金が目的だから、貧乏学者にならないように科学雑誌なんか読むなと厳命されたそうだ。
 
 SFに出てくる科学者には、よく、成績優秀で学校では褒められてばかりだったけど、その後は貧乏学者になり同級生などから笑いもので、それが悔しくてやばい研究に手を染めてしまい、怖い怪獣やロボット作る人が出てくる。
 これが現実では、軍事研究をやったり御用科学者になったりするんだろう。実際にそういう人たちを見ると、高学歴で劣等感の塊だ。

 そういうのとは違い、どんなにがんばってもやはり政治だと思って転身する人がいる。菅直人と仲良しの坂口厚労相や共産党の小池ら医師だった人など徳田虎雄と同じで、現場でどうあがこうと要は政治と思い知ったということらしい。
 それは真理だと言う医者も、よくいる。せっかくたくさん勉強して医師になったのに、もったいない感じもする。たくさん練習してピアノが上手なのに指揮者になってしまう人、という感じだ。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-10-14 17:00 | 学術 | Comments(0)
 あの『空想科学読本』で知られる柳田理科雄(本名)は、よくウッカリしたことを書いてしまい、指摘されたり批判されたりするけど、これについて彼は歓迎している。彼は本当に理科が好きだから、議論をしても楽しいし、間違いを指摘されたら自分も向上する、というわけだ。
 ところが、左巻健男や菊池誠らは、他人を見下したくて何か言ってるんで、自分が何か言われることを嫌がる。つまり、ほんとに好きというわけじゃないんだろう。

 また、彼らは科学的なら正しいと言って、よく間違いを指摘されるし、自分と違えば政治的だと言って批判するけれど、そういう自分こそ政治的で、しかもその程度が低いと指摘をされている。実際に、この人たちは、穏健な立場の人たちではなく、政治的に不穏当な人とつるんでいる。 その最たるものは、先月の共産党系出版社の新日本出版社からの出版記念講演と、そのさい共演した共産党の松崎いたる板橋区議会議員である。この議員は、前に報告したとおり、現在裁判に訴えられているが、その裁判について、SNSに嘘を書き続けたとして問題になっている。
 科学的に疑問な、なにか間違いをしたのではないかと批判されている人に対して、批評や議論をするのではなく、議員の立場を利用し、悪意により不正を行った犯罪者であると自分の主観により断定し公言したから、この議員は訴えられた。
 なのに、この議員は、科学的に誤ったことを信じる人たちから、科学的に正しいことを言ったために訴えられてしまった、と嘘を書いた。

 しかも、裁判の内容は別にして、訴えられた原因について嘘を言いふらしてはダメだと批判されると、その批判に対してまでも、インチキを信じる人たちから批判されたのだと、さらに嘘の上塗りをする。 この嘘の上塗りによって、共産党の支持者というより盲従者・盲信者たちをけしかけて中傷誹謗を煽った。そして巻き起こった差別用語を駆使した非難。

 このように集団ヒステリーを焚き付けながら、自分が攻撃する相手に対して、確たる証拠は無いが不正を行なったと告白すべきと迫った。 相手が国家権力や大資本なら、相手も強いし責任も重たいから事情が異なるけれども、相手が小さな会社とか弱い個人に対してだから、これは不穏当すぎる。
 という批判を受けたら、この共産党の議員はこう述べた。

 「日本共産党は職員や零細業者であっても犯した不正を見逃すことはありません」

 まるで中国映画「芙蓉鎮」で、文化大革命の時代に、「大資本じゃなくプチブルでも見逃さない」と糾弾する場面を彷彿とさせる。 科学について議論をするのは結構だが、政治的に迫害を加えると、萎縮ばかりで自由闊達さがなくなってしまうし、間違っている方がまかり通ってしまうこともある。
 そういう危険があるし、実際に旧ソ連や中国で起きたことだ。だからこのようなことをすると、よく日本共産党は「ソ連や中国の共産党とは違います」とアピールしてきたけど、「そんなことないよ、悪いところ怖いところは同じだよ」と言うことになっちゃうから、日本共産党の為にも良くない。

 また日本共産党が嫌いな人は、「それが日本共産党の正体だ」と言うけれども、だったらどうしてそういう日本共産党の中でも特に不穏当な人たちと、左巻健男や菊池誠らはつるんでるんだろうかと言うことになる。現実に、一緒に講演をしたというのも演目はこの話題だった。 つまり、この人たちはカマトトぶっているが実は非常に政治的であり、しかも穏健とは到底言えない、と考えた方が自然である。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-10-12 14:24 | 学術 | Comments(0)
 「おしどりマコ」という夫婦漫才コンビは、原発反対の活動に関与してもいるが、その関係で一度会って話をしたことがある。そのさい、日本共産党の一部に不信感を持たざるを得ない人がいるという話をしていた。
 また、コンビの女性の方おしどりマコリーヌさんが、左巻健男という人を知らなかったけれど、知らないうちに中傷されていたので驚いたと発言した。これも原発がらみである。事実関係を確認しない不正確な話を陰口の形で言われたそうだが、これは左巻という人がよくやることで、当方も「被害」を受けた一人である。
 そして、つい先日、日本共産党系の新日本出版社が、左巻健男著書を発行したのだった。
 
 この人の専門が何か詳しくは知らないし、大学とか学会でいう「専門」が蜃気楼であることは、このことに無関心である人以外にとっては常識だから、語る意味が乏しい。
 だが、どうもこの人は理科系であるような装いであるけれど、その口ぶりはやけに文系臭い。学識より政治という人は他にもいるが、プロデューサーとか山師の特質を持つ人のようで、それが仕事ぶりと言動に現れているし、そのうえ自らが信奉すること以外に対して無知などと侮辱しながら攻撃性を発揮する姿は、文系の特に「政」「経」「法」によくみられる特徴と共通している。
 だから、共産党の一部にいる教条主義者と親和性があるのだろう。

 これは今はじまったことではない。新日本出版社は、左巻、早野、菊池といった「学者」らが今、「福島の原発事故は、チェルノブイリ原発事故と違って被害は小さい」と「科学的」に強弁しているけれど、それどころかチェルノブイリ原発事故の被害も小さいという主張を真っ先にしており、これにより原子力業界を大喜びさせたうえ、広瀬隆ら反原発派を決定的に共産党嫌いにして、市民運動の分断に大いに貢献したのだった。

 もちろん、例えば広瀬隆の言うことに疑問もあれば、これを逆に批判する側にも疑問がある。だから、指摘すべきことは指摘しなければならない。率直に遠慮なくやりあえばいい。
 そうではなく、かつて共産党の機関誌には、原子力政策に批判的であることは同じでも、「事故が不安だというのは感情論でレベルが低い」と言って気取る人が登場しており、共産党まで嫌われる原因になっていた。感情論といっても当然の気持ちなのだから尊重したうえで、冷静な分析や論議も必要だと呼びかけるなら、常識的で共感する者も多いはずだが、そうではなく他をこき下ろして相対的に自らを持ち上げようとすることだけが目的になってしまっていた。
 
 そういうことが好きな人がいるから、左巻式に人を見下すのが好きな人たちと気が合ってしまうのだろう。この体質が昔から何十年も変わっておらず、まさに「三つ子の魂百まで」ということだ。

 ただし、こういう「仲間」に困っている共産党員を直接間接にいろいろと知っていることも強調しておきたい。

  
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-09-27 18:26 | 学術 | Comments(1)
 ホタル生息には水清くなければならない、とは昔から言われていたことで、矢島稔という有名な昆虫の専門家の著書にもある。この人は日本ホタルの会の会長もしている。様々な著書があるなかには松本零士との共著もあり、昆虫を擬人家した楽しいイラストが載っている。ホタルを例の睫毛の長い女性にしていて、人間がゴミばかりにした環境を嘆き、そこでウジ虫やゴキブリが「我々にとっては住み心地が良いのだが」と言っている。
 この本で、矢島稔は「地球は昆虫惑星」と述べている。それだけ圧倒的な数である。
 同じことを述べているのが、ハワード=エヴァンスで、やはり地球は虫の惑星だと言う。彼はホタルの生息についても興味深いエッセイを書いている。

 こういう著書に小学生のころから接してきたので、昆虫にちょっとした関心はあるけど、板橋区の「潰された」昆虫館とその中心的だった昆虫学者「ホタル博士」とは、考え方がかなり異なるように感じる。
 そのひとつが、環境を人工造成という発想で、これは子供が水槽で昆虫を飼うことから大学等の研究室までやっていることではあるが、目的と手段が逆になっているとしか思えない。
 もちろん、当人には言い分があるのだろうが。

 しかし、このことと、板橋区の共産党区議会議員がその博士に訴えられたことは、話が別である。これは、先述したとおり、こちらは法律の問題から区議の誤りを指摘しただけだ。
 すると、その区議は、その博士を擁護する人たちと、こちらを同一視させるよう印象操作した。こうした、裁判について嘘を言触らしてごまかすという卑劣さを、ここでは問題にしているのだ。
 
 この昆虫館の博士については、専門を逸脱して珍奇な説を唱えたと批判されているが、批判している側が気づかないだけで反論する余地もありそうだ。ただ、この博士には、慎重さに欠けるとか、こじつけっぽい話とか、そういう印象はある。
 しかし、これをあげつらっても、彼が起こした裁判の趣旨とは関係なく、むしろ姑息なイメージダウン戦法とみなされるだけだ。争点と直接関係ないのに周辺をあげつらい貶める共産党区議は、自信がないからそんなことをしてるのかもしれない。これは裁判官の心証が悪く、不利になることがよくある。

 なので、もし自分が原告だったら、「仮に私の言ったことに何か異論や間違いがあったとしても、それを裁判の争点と関係ないのにあげつらい、議員の立場を利用して支持者に同調を呼びかけ焚き付けて攻撃するネットリンチはフェアではなく、違法な自力救済であり、少なくとも訴訟中に行うものとして不穏当であり、これは被告に自信がない証左だ」と法廷で主張するだろう。

 もちろん裁判は弁護士とか裁判官とか政治情勢とか、いろいろ影響する勝負事だから「水物」であり、結果はなんともいえない。しかし、まだ裁判が始まったばかりというところで、汚いやり方を共産党議員が執拗にやったという事実は既に確定している。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-09-08 18:40 | 学術 | Comments(0)
 イタリアの医師チェーザレ=ロンブローゾは、処刑されたり刑務所に入れられたりしている囚人を詳しく調査したところ、共通する身体的特徴がみられるので、犯罪者は産まれ付きの原因があると結論し、有名な「生来犯罪人説」を発表した。
 これは発表と同時に多くの批判がなされた。その身体的特徴を有している者がいるかどうかは、犯罪者とそうではない人たちとで大きな差があるわけでなく、またその特徴とは差別を受けている人種や民族に多くみられるから、失業などが原因で犯罪に手を染める人が比較的多い現実がある。
 つまり、ロンブローゾは医学者として純粋に科学的な見地から研究をしてはいたが、そこから得たデーターだけを見て結論づけてしまうという失敗を仕出かしたうえ、自分の専門に閉じこもり社会的な要素に無知だった、というわけだ。
 だから、すでにロンブローゾの説は否定されたうえ、後に「疑似科学」と評価されている。

 これとソックリなのが、大阪大学の菊池誠教授だ。この人はニセ科学批判に熱心だが、やはり自分の狭い了見から勝手な憶測をして、それを科学的だと強弁している。これは周知のことで、多くの指摘がある。
 その「ツッコマレ」たうちの一つが、「科学的になれば差別はなくなる」というデタラメ発言だ。現実社会で差別の原因は何かという常識を知る者なら、このようヒキコモリーオタク発想はしない。
 あのハンセン病国倍訴訟も、医学の進歩により無用であることが明らかとなっているにもかかわらず隔離政策が続いたので訴訟になり、国の責任を司法も認めた。
 だから、世間知らずの専門バカというべき発想をすると、結局は「ミイラ取りがミイラになる」ように疑似科学に手を染めるのである。

 他にも、こういうヒキコモリーオタク発想をする人が「専門家」と称する人たちには多い。当たり前のことだろうが。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-09-04 22:26 | 学術 | Comments(3)
 かつて野坂昭如のオカルト番組批判に賛同して一緒に抗議していた大槻義彦教授は、すっかりタレント化してテレビのCMにまで出る始末だった。手当たり次第に科学的根拠が無いという決まり文句で、それ自体がギャグの様相を呈していた。
 そもそも、野坂昭如がテレビ番組に怒ったのは、戦争の犠牲になった子供の霊を呼び出して喋らせるという不謹慎な内容だったからだ。実際に「霊能者」宜保愛子がアンネ=フランクの霊を呼び出したとして話した内容がいいかげんで、戦争体験のある者としては誰だって我慢ならなかったからだ。

 これと似たようなことは、幸福の科学の大川隆法が勝手なことをしまっくていて、そこに政治性があって人身攻撃までするから批判されている。そうした反社会性を帯びたものでなければ、死者の霊と話ができるという人の話は面白いし、それだけなら問題ではないと野坂昭如も言っていたように、目くじらを立てなくてもいい場合が多いだろう。

 しかし、大槻教授はタレント化するに従い「片っ端から非科学的」がエスカレートし、まるで差別糾弾が「言葉狩り」に転嫁していくのと酷似していた。
 それとは違い真面目だと謳われていたのが安斎育郎教授であるが、その著書について内容が可笑しいという話を東大でされた体験を前に医療裁判の話で紹介したとおり、自分の守備範囲でないというだけで否定するなど、かなり問題のある言動をしている。
 そして、やはりテレビに出てタレントふうのパフォーマンスもしていたが、なにより「知的資源の無駄遣い」という言葉を使い、先輩風を吹かせるというか権威者ぶるというか、ちょっとした好奇心まで頭ごなしに否定する姿勢に疑問を感じざるを得なかった。わかりきったことだといわれていても一応は疑ってみる姿勢は科学に限らず必要だし、自ら探求したうえで間違いだと判ったのであれば、成果はなくてもその過程に意味があるはずだ。

 さらに左巻健男とか菊池誠といった人たちが騒ぎ始めたが、この人たちについては、ここで改めて言わなくても既に色々な人が色々と言っている。

 そして、何をもってホンモノか、ニセとは何か、という定義も定まっていないのに「ニセ科学」と喚く滑稽な風潮が見受けられるようになった。ここには自分の尺度に合わないことにとりあえず否定の烙印を押しているだけの単純さが目立つ。

 しかし単純であることには意味がある。素人むけに本などを売ろうとするから、これに合せなければならない。
 また、ニセ科学批判本を買わされてしまう人は、もともと科学の本を読まない人だろう。なぜなら、そもそも科学の本を読んで自分の頭で考え何が正しいかと判断するのであれば、ニセ科学批判の本は要らないのだから。
 しかも、もともと科学に疎い人は、その批判が正当であるかの判断ができない。そうなると単純化され煽り説得するようにされたら、鵜呑みにしてしまう。これでは、ニセ科学に騙されるのと構造が一緒である。

 もちろん、正しい知識と判断は必要だけど、ことさらニセ科学と騒ぎ、あなたは騙されると脅すようにして本を売りつけるは一種のコンプレックス商法だ。科学的な間違いを話す人を擁護してもいけないが、無知の劣等感を植え付けてそこにつけ込み丸め込む手口にひっかかり買わされるのでは、バカにされながらカモにされるということだ。
 つまり、ニセ科学批判の本は、もともと知識や判断力がある人にとっては無用であり、逆の人にとってはむしろ有害であるとさえ言えるものだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-09-01 20:27 | 学術 | Comments(2)
 『火垂るの墓』の原作者である野坂昭如は、テレビ局の企画で今は亡き「霊能力者」宜保愛子が「アンネの日記」を霊視するという番組に激怒して抗議したことがある。死者の霊と話ができる人というだけなら面白いと思ったが、興味本位で戦争の悲劇それも子供の犠牲者を興味本位な見せ物のネタするなんてとんでもない、と。
 この宜保愛子という人は、もともと塾の教師で、英語が担当だったそうだ。そのうえ会話も堪能で、あの「超能力者」ユリ=ゲラーとも英語で直接話していたといわれる。
 この一方で、家族を亡くして悲しんでいる人の相談に乗り、塩と線香で供養する簡単で安価な方法を用い、多くの人を慰め励ましたから「愛の霊能者」と言われた。
 ところが、これにテレビ局が眼をつけて見せ物にした。そして、最初は相談料といっても数千円の謝礼だけ受け取っていた人だったのに、高額な報酬を渡されテレビ局の言いなりになったらしい。そういうことで批判されていた。
 
 もっと前から、心霊現象のトリックを暴露してきたのは、手錠抜け箱抜けで引田天功らに大いに影響を与えた奇術師のハリー=フーディーニだった。自分もトリックを駆使して見せ物にしているが、あくまで人を楽しませるためにやるならともかく、家族を亡くして悲しんでいる人の気持ちにつけ込むなんて許せないということだった。
 これと同じことを、「サラリーマン超能力者」と謳う高塚光という半ばタレントも言っていた。宜保愛子は人の心を暗くしていると言う趣旨だった。しかし、彼女は最初は逆だった。テレビ局に乗せられて変わってしまったと言われている。

 また、高塚光は、身体の具合が良くない人を超能力で良くすると称し、この「技」を実施したことで相手が良くなったと感謝しても報償は取らず、早くやめて本業のサラリーマンに戻りたいと言っていた。
 ところが、テレビ局の企画に乗ってトリックをしていたという批判もある。あのMr.マリックという奇術師に師事したともいわれていて、ユリ=ゲラーはMr.マリックと同じ師匠に付いていたという話だ。これは後藤民夫氏の著書で日本テレビ批判のさい、オカルト番組好きの日テレという中で言及されていた。宜保愛子もおもに日本テレビが利用していた。
 
 もともと高塚光の治療とは暗示をかける催眠術だったといわれているが、それを超能力と言うだけならシャレとして許されるだろう。それがテレビに利用されていたら変なことになったということであるし、これは宜保愛子も同様で、ただ『アンネの日記』のようにシャレにならないことに及んでは社会問題になるだろう。

 つまり、ある許容範囲を超えてしまうと問題となり、そのさいマスコミが商売に利用すると、歯止めが利かなくなるということだ。
 この点は、逆にというか批判している側にも同じことが言える。よくテレビでは、超能力などを散々とりあげておいて、それがトリックであるとバレたら、今度はカラクリを暴くという番組を作ってまたネタにする。そして、最初からこれを商売にする人たちが目立ち始める。

 以下は、前にここで続けて書いていたけれど、長くなったうえまとまりがなくなってしまったため、やはり次の回に分けて掲載するので、そちらを参照いただきたい。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-31 19:01 | 学術 | Comments(7)
 どっかの知事が、数学のサイン・コサイン・タンジェントなんて女性は使わないと言ってしまい、批判をうけて撤回ないし謝罪のようなことを言っていた。

 ただ、昔は、男なら使うが女は使わない世界があった。軍艦に乗っていた人が、必要だったから軍の講習で覚えたと言っていた。戦艦が主砲を発射して敵艦に命中させるには、弾の射程距離と敵艦との距離から砲塔の角度を決めるので、三角関数は必要だった。
 また、建築現場に山や池など障害物があって直接測れない場合に、他の場所を測ってそこから計算することができ、力仕事は男性が主にやるとしても、測量や計算なら女性がすることもある。

 こういうふうに、意義を説かれてやると、興味がわいて取っ付き易く覚え易い。それがないから、だいたいの学校の授業は無味乾燥でつまらないものになるのだろう。
 それに対し、軍艦に乗っていた爺様の話は、敵艦を攻撃する話をスリリングに話しながら、また宇宙戦艦ヤマトの主砲は砲弾と違って光線が一直線に飛んで行くのだから砲塔が動く必要はないとか、面白く話しながら数学の話も教わったので、学校と違って容易に覚えられた。数学の教師ではない人のほうが教え方が上手かった。

 あと、知事の発言を女性差別だと言って批判する人たちがいるけど、性別よりも問題なのは習う意義を知らない人が多いことだ。これは、自分で使わなくても、使っている連中に騙されないように知っておいたほうがいい、という意義がある。むしろこちらのほうが大事かもしれない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-08-31 18:01 | 学術 | Comments(8)