コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

カテゴリ:学術( 101 )

文系学部無用論について

 文系学部は私大だけで良いと言い出した人たちは、文学など趣味でやるものだというわけのようだ。そう言いたくなるのもわかる文学部の人はいるが、そのことでもって総てを語られても困るだろう。
 
 子供の頃、大学とは白衣を着て顕微鏡のぞいたりするところだと思っていたから、小学校の時に担任の教師が、大学の授業とは先生が黒板に書いたことを学生がノートに書き写すものだという話をした時は驚いた。
 それなら本を読めばよいから、わざわざ通学する意味がないと思った。そして大学に入ったら、やはり黒板を写す授業があった。しかしそんな授業はむしろ少数派だった。

 たしかに本なんて、自宅か通学時の電車の中でも読める。大学に来たら、せっかく同じ勉強するためにみんなで一カ所に集まったのだから、本は前の授業で配ったレジュメと併せて既に読んだことを前提にディベートしよう、という授業のほうが多かった。
 それに文系の学部は、もちろんお坊チャマお嬢チャマの嗜みや教養もやるが、悪ガキどもが喧嘩の仕方を覚えるところでもある、という先生が多かった。

 大昔から、日本は「つれづれなるままに」とか「はるはあけぼの」なんて呑気に言っているけれど、中国は「論語」「孫子兵法」だ。こういう現実を知らなければ、日本が国際社会で生き延びることができない。
 文学でもそうなのだから、法学、政治、経済などは、なおさらだ。文系の一般教養に理数系の科目が必須となっているのは、公害問題などで御用学者を粉砕したり、医療裁判で医学部教授らを論駁する必要があるからだ。

 また、地方の国立大の先生たちが講師としてやって来るのは、交通費と手間暇を考えたら赤字なのだが、色々な大学で持論を説いたり、東大の権力諂いどもの実力が大したことないという現実を私大生に教えたり、そういうことをするために回っているということだった。

 これだから、文系学部を排したいという人たちがいるのではないか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-06-19 12:20 | 学術 | Comments(2)
 これはアメリカの例だが、腎臓移植手術の同意について問題になり訴訟になったところ、専門家は、過去の例から手術の成功率は極めて高く、手術の失敗は5%にも満たないから、他の手術に比較して極めて安全であると結論し、これを裁判所は採用した。
 しかし、移植手術ができるのは移植に適した者すなわち体質が似ている者ということであり、そうなると提供した者も同じ病気にかかる率が高い。つまり、この心配は、移植に適しているほど高くなる。
 つまり、手術の成功率の数値それ自体は正確でも、それだけで安全性を判断することはできない。この指摘を後からされるまで気づかなかったことを、裁判所は批判されたのだった。

 このように、専門家が数値を持ち出しても、その数値自体が正確かという問題が先ずあり、次に、その数値を以て判断して良いのかという問題になる。

 これと同様なのが、先日また墜落したオスプレイ機の件だ。乗組員が死亡してばかりで「未亡人製造機」と皮肉られていたが、事故率は他の航空機より低いので安全だと言う人たちがいる。
 しかし、その事故率とは、飛行距離あたりの事故率であった。航空機は機種により運用が異なるので、これで安全性を判断することはできない。速度や場所など飛行条件が異なるし、航空機は離着陸のさい危険が多いのだから、その点では一度の飛行距離が長いほど事故率は少なくなる。特にオスプレイは、長距離用として開発された機種であり、またヘリコプターとも飛行機ともつかない操縦のやりにくさから離着陸で事故を起こしている。だから、基地周辺から心配されるのだ。
 
 というように、分野は違っても、数値に丸め込まれないように注意が必要だ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-05-21 21:30 | 学術 | Comments(5)
 どうも人の顔を覚えるのが苦手なほうで、いま売れっ子の女優・有村架純のことを見たことはあるのに知らなかったのは、すっかり長澤まさみだと思い込んでいたからだった。見比べると違うと判るのだが。

 それはともかく、その有村主演の『ビリギャル』は、最低の成績だった女子高生が努力して有名私大に合格という実話に基づいていると謳われてきたが、この美談はウソだと指摘されている。
 実は、有名進学校で、事情がありビリになったことがあるというだけだから、どん底から上昇したわけではないという。

 それを言ったら、もっと酷いのは「医学者」の野口英世だろう。彼は勉強で努力した人の代表格として、戦前は修身の教科書に、戦後も偉人伝に登場したけれど、医師で作家の渡辺淳一が『遠き落日』で暴いたように、その美談はウソばかりだった。野口英世は極めて不真面目かつ低能だった。
 このことは、当時を知る関係者が証言しているし、ノーベル賞候補も含めた全ての研究が間違いだった事実もある。
 
 それに、国も野口英世をちっとも偉いと思ってないから、千円札にしただけだった。彼が本当に優秀なら、家が貧しくて大学に行けなかったことを由々しきこととして、学費無料化など対策を講じているはずだ。
 だいたい、勉強に限らず、努力と成功の美談は作り話か、後からのこじつけというのが相場だ。真に受けては愚かである。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-05-04 18:18 | 学術 | Comments(0)
 先日、知人がメーデーについてツィターで苦言を吐いたところ「愛国」「日の丸」「靖国」の好きな連中のどこか琴線に触れたらしく、それだけでフォローしてきたそうだ。だから、「止めとけ」「TLよく見ろよ」と。
 これと似たような感じで、こちらも前に朝日新聞を批判したら慌て者のネトウヨにフォローされた。けれどもよく読めば、朝日新聞なんて全然リベラルじゃない、とこき下ろしてる。だから、「お前らの期待には全然外れてるぞ」ということがあった。
 これについて、狂信者というのは「何が書いてあるか」ではなく「どの単語が含まれているか」で反応するから、という指摘があった。そのとおりだろう。

 ただ、初期のネトウヨは、ひきこもりオタクみたいな落ちこぼればかりだったが、後から現れたネトウヨには、その低い発言水準から信じられない高学歴もいる。
 これはなぜかと不思議がられたが、要するに、ネトウヨの政治談義が、その低水準ゆえ大学の履修でいう「楽勝科目」と化したからだ。
 そして要領のいい高学歴者は、適当に政治談義できるネタとして選択したまで。そういう人に接したことがあり、判った。
 これについて、大学で教えているという人が、「頭の痛い問題」だと言う。彼としては、自分の講義を「楽勝科目」にするつもりはないのだけど、学生がそのように考えて提出してくるレポートを弾いてこなかったことから、そのつもりはなくても実質的にそういう科目になってしまっているかもしれない、と言う。
 
 たしかに、厳密性を発揮して重箱の隅をつついたり、人それぞれの評価があって良いものを無下に否定したり、そういうのは学問として如何なものかと思われるが、そこから変な要領の良さを発揮してしまい、程度が低下するということも現実としてある。
 だから、悩ましいものである。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-05-03 12:42 | 学術 | Comments(2)
 先日、FMでブラームスの『大学祝典序曲』を放送していたが、これは旺文社の「大学受験ラジオ講座」が始まる時に流れるらしい。このラジオ講座を聞いたことがないが。
 これで勉強して東大に入った人もいるそうだが、これで勉強した高校の同級生は全然ダメで、結局は予備校に通い始めた。だからラジオ講座の印象が悪くなってしまった。

 さて、先月に知り合いの記者から、記事を書いた号をもらった『フライデー』誌には「ミス東大 藤澤季美歌」や、AからEまで5ランクに分けたうちに入らない不人気で定員割ればかりの「Fラン大学」の記事があった。

 けど、コレは何の冗談だろうか。
 東京大学の伊東乾准教授は、自分が応援している鈴木寛が落選して山本太郎が当選したことについて、鈴木の知性がわからない大衆は間違いをした、山本太郎は芸能界入りして高校を中退しているから学問はそこで終わりだ、などとツイートして批判されたが、その一環としてこう書いた。

‏ 「普段言わないことだけれどあえて書けば、鈴木寛氏は灘ー東大法、僕の場合は武蔵ー東大理、幼馴染で様々な分野で教授をやってる友人が大量に居り、一旦事が起きたら基礎的な内容からしっかり再確認して間違いのない体制で事に対処する人的ネットワークがあるので、極めて細心に問題毎に対処している訳で」

 これは作文としても少々奇妙な表現だが、内容が気恥ずかしいにもほどがある。どうやら当人は真面目なのだろうが、読んでこっちが赤面しそうだ。
 この伊東乾という人は、あと菊池誠や高田純らもそうだが、学位やら学歴や受験が、こうも自我を肥大させるのかという標本としてホルマリン漬けにしておく価値ならあるかもしれない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

[PR]
by ruhiginoue | 2015-05-01 09:04 | 学術 | Comments(2)
 相変わらず、中川八洋筑波大学名誉教授が、変なことを書いている。そこらのネトウヨでも簡単に書いていることを、得意になってエリート意識を剥き出して喚くのは昔から変わらないから、失笑させられる。
 しかし、原発反対は左翼の陰謀とか、プーチンは北海道に侵攻するためオバマを恫喝したとか、あまりの「名文」に気分が悪くなってしまったという人もいる。
 
 しかし、このような感覚のセンセは筑波大学に目立ち、その中でも特に目立つのが中川八洋センセではあるが、そもそも、筑波大がこのような人たちの巣になってしまったのは、ちょうど阪大の菊池誠のような物理学者・福田信之学長の専制支配により、カルト宗教の代表格である統一教会の魔窟と化したから、だった。

 ただし、本業で実績のない物理学者だが筑波大学長として独裁者となった福田信之という人は、統一教会シンパとして悪名高くなる前すでに同窓生から「ヘァツ」と言われていた。そう、彼と同世代の理系学者に聞いた。
 この意味は、理工学用語でドイツ語を使うが、(同学社の辞書など、理工学用語充実と謳っている)から、そこで「性格が悪い」を婉曲に「心」の'' Herz''と言ったのそうだ。
  
 すると菊池誠など、まさに「ヘァツ」だ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-04-20 19:23 | 学術 | Comments(0)
 医師になった人にむけて医師会が配布するパンフレットの中に「自殺防止マニュアル」というのがあって、これは患者を追いつめないようにするためのものらしいが、一瞬は、医師が過労やストレスで自殺しないようにするものかと思ってしまうものだ。

 それというのも、医者はけっこう自殺するからだ。失敗して患者を死なせちゃったり、助けられるはずの患者を上司が口出しや手出しをして殺してしまったり、なんていう事の連続で悩み、しかも勉強したおかげで命を断つ方法をよく解っていて、また薬物も手に入れやすい立場なので。

 しかし、患者が死んでも「率で言うとほんの数パーセントです。後は病院のリスクマネージャーに。文句があるなら、こっちも弁護士を依頼します。賠償金なら、うちで加入している損害保険の会社が交渉します」と言えるようになって、医者は一人前である。

 『ボクが医者を辞めたわけ』『医者が尊敬されなくなったわけ』という本の著者である永井明という元医師がテレビに出演したさい、医者や看護師の言うことを聞かない困った患者の実例を紹介されると、こうコメントした。
 「でも素直にしてたら死にますよ」

 これは医者に限らず、学者でも教師でも、なんでもそうだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-28 11:17 | 学術 | Comments(3)
 群馬大病院の術後死18人という騒動では、執刀した医師が独断で手術方針を決めたり、そこに保険が効くかのきわどいところがあったり、ということが問題になった。

 この問題の医師のように、大学病院で地位にあぶれた人は、開業して自費診療で商売を始めたがるから、その実績を大学病院にいる間に作ろうとする。「大学病院で経験あり」は最高のハッタリだ。

 自分が医療裁判をしている時、問題の医学部講師は手術について「身体のこの部分を切っても障害が発生しないことは医学的に明らかだ」と断言したうえ、だから患者は嘘つきであると口汚く罵った。

 これに対し他の医学部の専門医から反論もあったが、その前に複数の街医者が呆れて、こう言っていたのだ。
 「その講師バカだなぁ。“切っても障害が発生しない”じゃなく、“障害が発生しない切り方もできる”だ」

 これは一例にすぎない。もともと大学の先生は、けっこうお粗末だ。だから簡単に信じては危ない。

 例えば、福島と周辺の農産物に不安を持つのは当たり前のことで、ちゃんと検査されてるのかという不信感もあるし、基準以内と言うその基準自体いかがわしかったりもするが、それ以前に、汚染された場所でとれた農産物を食べて大丈夫か、なんてことは、これまで人類が全く経験していない。

 それを、この数字だから大丈夫だ、なんて言ってみても、実際どうか保証は無い。将来何かあった場合、大丈夫だと言ってた連中は絶対に責任を取らない。何かわかった時には寿命が尽きている人もいるだろうし、生きていても、あの時点ではあれが精一杯だったから仕方ないと言い訳する。

 実際に、自分も医療裁判に大学の准教授の発言を録音して提出したが、そこではこう言っていたのだ。
 「あなたの手術をした当時は正しいと思われていたが、後から問題があるとわかったので、今ではやらなくなった」

 こういう現実があるので、大学のセンセイだとか学者だとか言って威張っている人を信用しては危ないのだ。要は中身であり、肩書きではないのだから。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-20 14:08 | 学術 | Comments(0)
 原発事故以来、オカルトや似非科学を批判する科学者が、専門ぶって実はお粗末な政治的発言で原子力業界を利している。ここには大槻義彦や菊池誠だけでなく安斎育郎のように原子力批判で大学を追われた人までいる。
 また、あのしょうもない本『放射線被曝の理科・社会』の著者たちも「反原発」を掲げる「日本科学者会議」のメンバーでありながら,かなりの程度権力側に取り込まれてしまっている。

 これについて、医師として放射線について研究しているという人が、別の見方をする専門家として指摘していた。彼らは共通して、よりどころとする学問のメソッドに囚われている。公式の当てはめ方が不適切であることに気づかず、計算が正しいと言っているようなものだ。

 たしかに、専門家ほど視野が狭い。専門家だと称して言う人の話は、むしろ信用してはならないことが多い。
 もともと、科学者たちの言う結論とは、あくまで「現時点での研究結果では」という条件が付く。そして不安を非科学的だと否定しておきながら、将来の研究結果でやっぱり不安は的中してしまいました、ということも可能性としては存在する。
 これはある程度まで仕方ないことだ。
 
 しかし頭に来るというか憎たらしいというべきなのは、不安が的中してしまった場合には「あの当時の水準ではわからなかったから私には責任はない」と弁解することだ。博士号をひけらかすなどしながら、そんな私でさえ、あの当時はまだよく解っていなかったから、誰だってわからなくて当然であり仕方ない、というように、権威を言い訳に利用する。

 そして「専門家の言うことを信じないとはケシカラン」と大威張りで言っておきながら、何か問題を起こして追及されると「専門家の言うことだからと信じてしまうほうが悪い」と開き直る。
 
 こういうことは裁判で医師がよくやる。こんなお粗末な知識で医学博士なのかと呆気にとられることを、自分の体験の他にも色々と見聞きする。弁護士も裁判官も、直接よく知っていることだ。学会でも問題にされた防衛医大の講師だって「医学博士 伊藤嘉恭」という肩書きを裁判に持ち出して来た。
 
 こんな医師などと一緒にするな、と言いたくなる人もいるはずだ。だったら、せめて博士号とか学者だとかの肩書きを持ち出さずに、発言内容で勝負したり信用を築いたりすべきだ。
 ところがツイッターのアカウントにまで、例えば「理学博士 高田純」と開口一番という調子で名乗っている人がいる。こんなひけらかし方をして、よく恥ずかしくないねえ、とポスドクの人が言っていた。

 だいたい、自分は学者だと自己紹介し、やけに強調する人たちは、内容はたいしたことないのに尊大なものだ。ちょうどこんな感じだ「♬私は科学者、宇宙猿人ゴリなのだー」冗談じゃなく本当に。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-12 13:10 | 学術 | Comments(1)
 朝日新聞の書評で、東京大の佐倉教授が『放射線被爆の理科・社会』という本を絶賛している。しかしこの本の著者らは、物事を考える基礎ができていない。科学的と粉飾しているだけの駄本である。取り上げた朝日新聞の気がしれん。

 この本は、まず題名がそうだし、著者らがどこぞの大学のセンセイという肩書を強調するなど、装丁からして虚仮威しと直感したけれど、実際に内容も「やっぱり」であった。

 また本の中には『美味しんぼ』批判もある。逃げたくても逃げられない人は、こっちのほうが科学的だと言われれば、そうかなと信じたがる人が多いだろう。そこにつけこんで、漫画はだめだ俺様は科学者だと威張る人が出ているから、気持ちが悪いことおびただしい。
 
 そして『美味しんぼ』批判は完全に間違いだ。作者の雁谷哲氏の意見に共感はしないが、あの意見を主張する自由はあるし、科学的にも全然問題ない。批判者らは、科学的命題の当てはめ方を間違えてる。これは専門家と称する人たちがよく落ちる陥穽だ。

 しかし、逃げたくても逃げられない地元の人たちは、信じ込もうとするのだろう、と思っていたら、どうも違うようだ。そうとは限らないし、逆の人もいる。その一つを紹介したい。


 私はいわゆる危険地帯の住人で,少しでも安心したくてこの本を読みました。しかし疑問点が、かなりあります。
 
 朝日新聞に佐倉教授の「放射線被曝の理科・社会」の書評が載っています。(『美味しんぼ』の「福島の真実」を批判している部分について)“さまざまなデータにもとづいて,丹念に丁寧に指摘している。事実としてどちらが正しいかは明白だ”とあります。
 かなり雑な本のかなり雑な評だと思うけど,東大の先生が言えば正しいことになってしまうんだろうなァ!

 東大の佐倉教授は「放射線被曝の理科・社会」への書評で次のように書いています。
“正しい見解に到達するために重要なのは,適切なデータに依拠すること,結論先にありきで考えないこと,政治的信条を事実より優先させないこと,議論のテーマを拡散させないこと。”
 でも私は『放射線被曝の理科・社会』を読んで,この本こそ「データの選択が恣意的で,結論に至る説明が抜け,話が横道に逸れやすく,変に政治的で,何より取材が足りない」と感じました。この事は科学的な文章を読み慣れない人でも根気強く読めば気がつくことです。
 佐倉先生、本当にこの本読んだのかな?

 佐倉先生の言う「国民の『自覚なき容認』が原発を増殖させてきた」その行き着く先が「『美味しんぼ』の鼻血になる」と言うのは,内部被曝をむやみに怖がると原発がもっと増えるぞと言うことなのでしょうか?
 科学者達が「安心だ」と言うのを信じないのは,本当に科学への「冒涜」なのでしょうか?私は近所の農家の方が農地を除染して耕作に励み,生協の方が懸命に食品の放射能検査に取り組む姿を見ています。
 しかし一方で,3.11の直後から子供たちや愛犬が鼻血を出したり身体が異変を示すのに気づいた母親たちが,政府や科学者の言う「安全・安心」を簡単に信じられない事も理解できます。
 『美味しんぼ』騒動の時,安倍首相以下環境相や与党幹部,ネトウヨ総動員で『美味しんぼ』叩きが行われました。「食べて応援はしない」と言った私にも恫喝まがいのツイートがやって来ました。
 “少しでも余分な被曝は避けたい”という願いを「科学者」の皆さんが軽んずることのないよう願います。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-11 12:20 | 学術 | Comments(5)