コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

カテゴリ:司法( 502 )

 日弁連は、安保法制の問題点を詳細に分析した意見書を発表し「全会一致で反対だ」とカッコつけている、相変わらずの空々しさである。
 日弁連なんて、昔から本多勝一が批判していた大江健三郎みたいな「進歩的文化人」と同じで「声明」だけ。
 だいたい、有事法制を批判した市民に、自民党と一緒に弾圧をして、それを今も続けておいて「よく言うよ」だ。
 
 もともと日弁連は、何処かの政権与党と連立している「平和の党」と同じだ。看板だけ掲げてブレーキのふりして実はアクセルである。
 ところが、日弁連に対しての方が幻想を持っている人の割合が圧倒的に多い。進歩的な弁護士や左派の弁護士が目立っているからだ。
 しかし、権力とか大資本の代理人をしている弁護士のほうが実入りがよくコネもあって、力を持っているのが実態である。
 
 昨年の7月にも、「集団的自衛権」行使容認に反対する日弁連パレードが行われ、日弁連会長を先頭に全国の弁護士会からの参加者と市民の約500人が「閣議決定を撤回しろ!」「平和的生存権を守れ!」などとの声をあげた。
 これは、もちろん表向きのポーズにすぎない。偽装というべきだろう。

 日弁連だけでなく、東京弁護士会などの弁護士団体は、格好だけで実質何もしないどころか、裏では権力の手先となって、権力に反対したため迫害されている市民を、一緒になって迫害しているのだ。この実態は、すでにここで述べている。

 そして、法的に問題にしても、裁判官としては天下り先なので断罪しないどころか、証拠を無視したり訴えの趣旨を曲解するなど、不正をしまくっている。
 それを知っているので、日弁連は故意に不正をする。マスコミも逃げ腰である。何かあったとき、ただでさえ政治的圧力があると日本の司法は権力側に偏向するし、これと弁護士会や日弁連がグルであるともわかっているが、自分たちが迫害を受けることを恐れてしまう。

 だから、時々、フリーランスのジャーナリストたちが、外国メディアを相手に記者会見しているのである。
 つまり、日本は政治も経済も司法も、まさに「真昼の暗黒」なのだ。 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-06-21 14:19 | 司法 | Comments(1)
 東京都立高校の元教職員22人が、卒業式や入学式で君が代斉唱時に起立して歌わなかったことで再雇用されなかったのは違法として損害賠償を都に求めた訴訟の判決が25日にあった。
 東京地裁(吉田徹裁判長)は、「職務命令違反があったことだけを不当に重視し、教職員としての長年の経験や意欲を全く考慮していない」「都教育委員会は裁量権を逸脱、乱用した」と指摘し、これは再雇用への期待を違法に侵害したものであるから、全員にそれぞれ200万円超の賠償を命じた。

 この種の裁判で、すでに最高裁も指摘していたように、他が良いのに君が代だけでクビしないといけないほど重要なことなのかという疑問がある。
 なぜなら、学校の儀式で国旗国歌を法律で義務づけ、逆らうと刑事罰と明確にしているのは中国くらいだからだ。これと北朝鮮と韓国も近いが、宗教には配慮するらしい。インドのように重じながらも国際化によって外国人もいるのだから強制はしないとか、ヨーロッパのように入学式と卒業式をやらないとか、メキシコのようにナショナルアンセムであってナショナルソングではないから歌詞が無くて歌えないという例もある。

 あと知名度の低いどこかの小国までは知らないけれど、要するに、世界を見渡せは、そこまでしないと絶対にいけないというほどのものではないとだけは言えるわけだ。
 なのに、卒業式と入学式で、「国旗国歌は世界の常識だ」と、御用マスコミ人が喚いてきた。
 例えば、アパルトヘイト推奨で国際的に話題になった曾野綾子は、世界の常識であるから「国際化のために」やって当然と言い(朝日新聞)、世界中でやっていることをやっていない日本は「愛国心の訓練が出来ていない珍しい国」(諸君!)と書いた。
 また、『ワシントンポスト』が記事にしたことで国際的に騒がれた宇野総理の援助交際はやっても正当であり何も問題がないとまで言った三宅久之(朝日ジャーナル誌の質問に談話)も、国旗国歌の強制は「世界の常識であり議論の余地もない」とヒステリック(テレ朝)だった。
 しかも、これらは国旗国歌として法制化もされる前のことだ。
 
 どう考えるかは人によって違うにしても、金のためにいつも恥知らずな発言をするマスコミ人を使い、マスメディアで嘘を垂れ流しながら、権力によって強要するのは卑劣だということは断言してよいはずだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-05-25 20:36 | 司法 | Comments(0)
 高浜再稼働認めなかった福井地裁仮処分決定は、裁判官に勇気があったとも言える。実際に、その後の裁判官異動は事実上の左遷だと指摘されている。
 また、これを覆そうと、政府が高裁に手を回しているであろうことは容易に想像できるけれど、これを良い機会と捉え、これまでさんざん言われて来た裁判の実態について本格的な問題とし、司法改革につなげよう、という意見も出ている。

 ただし、この決定について画期的という人もいるが、その内容自体は法的な常識である。医療裁判と同じで、科学的になんと専門家が言おうと、しょせん科学には限界があって絶対という事がありえないわけだから、そういう場合は命がかかっている人の意思が尊重される。だから「人格権」が決定の根拠となったわけで、当たり前のこと。
 
 しかし、おそらく、再稼働を認めない仮処分に対して、不満を言う官僚にくわえ自称理科系科学者の連中が、裁判官は文系だとか馬鹿なこと言い出すだろう。すでに一部で実際に言っているようだ。
 そういう連中は、仮に本当に理科系だとしても、ただ学校出たにすぎない真の落ちこぼれである。ほんとうに勉強した人なら、その限界を知ることになる。知らないのは極めていないからだ。

 そういう者が、医者だったらヤブとなり、人を殺してばかりとなる。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-04-16 18:04 | 司法 | Comments(0)
 校庭から飛び出したサッカーボールのためバイクが転倒し、乗っていた人が死ぬ事故があった。遺族は、ボールを蹴った少年の親に責任があると裁判に訴え、それが認められたが、最高裁は親の責任は無制限ではないという判断によって否定した。
 
 これについて、故意にぶつけようとしたならともかく、ただ校庭でサッカーをしていた少年が悪いとは言えないから、したがってその親が責任を負う必要はないだろし、責任は、道路にボールが飛び出す事を予測できる場所にゴール・ポストを設置したうえ、その後も移設するなりネットを張るなどの措置を講じなかった学校にあるはずだ、という指摘も出ている。
 
 なのに、どうして少年の親が訴えられ、十年も裁判をしなければならなかったのか。事故の被害者の遺族は、弁護士に相談たうえで、学校の責任を追及しても裁判で認められにくいという判断だったようだ。
 これは、過去の裁判からすると、そう考える人もいるだろうと思われる。

 これで思い出すのは、「隣人訴訟」(1977年~1983年)事件である。三重県鈴鹿市で、会社員方で預かっていた近所の人の子供が溜め池に落ちて水死するという事故が発生した。 亡くなった子供の両親はこの会社員、国、県、市などを相手取って損害賠償請求をおこす。
 この訴訟の判決は、柵も作らず危険を放置した役所の責任を認めず、子供から目を離した隣人の責任だけ認めて賠償命令というものだった。
 そして、これがマスコミで騒がれ、世間は、行政に甘く一般人に厳しい判決という結果を問題にするのではなく、まず訴えた親を、近所の人を責めて裁判にするとはケシカランと非難、のちに近所の人を、他人の子供を死なせておいて責任をとらず裁判で言い訳とはケシカランと非難、嫌がらせが相次ぎ、控訴されていた段階だったが、双方から取り下げてしまった。
 これに法務省は、不特定多数の他人が干渉するのは裁判を受ける権利の観点から由々しきことだという異例の声明を発し、社会学的見地からは、日本人の法的意識の低さを指摘された。

 ところが、司法は相変わらず行政に甘く、学校の設備の問題から事故があったりイジメで自殺があったりしても、予見できなかったなどとして責任を認めない。
 こういうことばかりなので、学校を訴えてもダメだから、子供の親を訴えよう、という発想も、自然に出てくるのではないか。つまり原因を作ったのは司法ではないか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-04-13 13:51 | 司法 | Comments(2)
 稲田朋美が、産経新聞のインタビューで、とんでもないデタラメを言っている。産経新聞が何か間違いをしたのなら稲田から抗議があるはずだが、それがないということは、実際に言ったのだろう。
 
 稲田朋美は自分から売り込んだ「百人斬り裁判」について述べているが、まず、なぜ敗訴したかに関して自分の弁護のお粗末さを隠している。産経の読者を舐めていて、騙せると思っているのだろうか。
 
 周知のとおり、稲田は、手前で売り込みけしかけた裁判で負けたその日に、応援してくれた人たちへ弁護士として力及ばなかったことを侘びもせず、選挙に出ると宣伝ばかりしたから、そこに来ていた秦郁彦があきれたように、裁判そっちのけになり一番得したのは弁護士だと述べていた。
 まったく稲田という人は恥知らずだ。

 ここで驚くべきは、稲田はヘボとはいえいちおう弁護士だったということにも疑問を持ってしまう発言内容だ。
 稲田は、裁判で新聞社の側が「新聞は真実を報道する法的義務はない」と言ったので驚いたと抜かすけれど、これはあくまで「法的義務」だ。「義務はない」と言えば問題だが、そうではない。「法的」が付くかどうかで意味が全然違う。

 「新聞は真実を報道しなければならない」という趣旨の法律は日本に無いから、そんな「法的義務」があるわけない。当たり前のことで、ほんとうは説明するまでもないことだ。
 そして、裁判は法律に基づいてやるものだから、どの法律に違反しているのかという問題になる。なので、法律で決まっていないと言う話が出てくるのは当然だ。このうえで、社会的責務など法律で決められたこと以外の「義務」を問題にするなら、それは、裁判以外の場でやるべきことになる。

 こんなことも、弁護士だったくせにわからない稲田朋美。これではド素人だ。それが何年も経過してまだ敗訴を愚痴っている。まるで霞ヶ関の裁判所前で何年も敗訴の怨恨を訴え続けている名物老人たちと同じだ。

 しかし、仕事はお粗末で目立とう精神ばかり発揮したおかげで、しょぼい弁護士から大臣になってしまった稲田朋美。つまり日本では無能な奴が無能であるが故に出世するのだ。これは亡国の兆しというべきだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-03-23 12:01 | 司法 | Comments(5)
 殺人事件で犯行現場に少年が居合わせたらしいという発表があった。すると、少年法が悪いと言い出した人がまた出た。更生させるのではなく実名など曝せというが、そうしたら大人になってヤクザにでもなるしかないが、やばいとは思わないのか。当人が立ち直れなくなるだけではなく社会にとっても危険だ。どうせ後先のことなど考えていないのだろう。
 そもそも日本の少年法は未成年犯罪者の更生が世界的にみても特に上手くいったほうで、先進国といわれる国からも見学にきたほどだ。こういうことは、なぜか今の日本は自画自賛ブームなのに取り上げられない。

 後先も考えない一人である稲田朋美は、ヘボとはいえ元は弁護士だから特に問題だが、他にもマスコミで、少年法が原因で少年犯罪が凶悪化したというデタラメを吐く者たちがいる。
 その中に美輪明宏がいる。かつて「徹子の部屋」で言ってるのをたまたま見て呆れ果てた。美輪明宏によれば、少年法は終戦直後に貧しい子供が食べ物を盗んだのを多めに見てやったもので、今はもういらないと嘘を言った。「少年法なんて似非ヒューマニズムよお」とオカマ口調で何度も繰り返していた。

 だいたい、少年法は戦前からあって、原型は大正時代に成立したし、戦前どころか江戸時代に作られた日本で初めての刑法典「公事方御定書」には、9歳までの子供と90歳以上の老人は罰してはならないと規定されており、なぜなら自分で責任を取れない子供などは刑事罰の対象外だからで、そういう約束が、すでにこんな昔からあった。

 美輪明宏は、長崎出身の被爆者で反戦の思いをよく語る。それでいて、自称霊能者の美輪は、舞台で共演した三島由紀夫に、背後に226事件で死んだ将校の幽霊が立っていると言って、あの狂気の行動を唆した。
 
 この人に限らず、戦中苦労したという人には、こうした認識の歪みを持つ人が多い。有名なのは湯川れい子の例だ。先の都知事選挙で、ブラック企業対策とか低所得者用の住宅とか宇都宮候補の政策なんてどうでもいいんだ、細川さん応援すれば脱原発でいいんだ、私たちの世代は戦争で苦労したんだ、今の若い人はバイトすれば何とか食えるだろう、と言い放った。

 こうした現実があるので、戦争中に苦労しても、社会の認識が歪んだ人の意見は有害無益。だから、戦争賛成か戦争反対かって言う事は、人を評価するのに、あまりあてにならない。

 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-02-28 12:18 | 司法 | Comments(1)
 朝日新聞の報道に言いがかりをつけて、精神的苦痛を受けたとかほざいて集団訴訟起こした連中がいるけれど、随分とデタラメな内容だった。
 これも、稲田朋美という悪い先例が出来てしまったからだ。前におなじことをして敗訴しているが売名にはなって、ヘボ弁護士から大臣に出世した。
 
 それなら対抗して、この裁判を担当した弁護士に対して、とんでもない訴訟をしたからと、みんなで懲戒請求しよう。これはあの橋下徹が、弁護士は我慢するべきという最高裁のお墨付きをもらってくれたから、安心してやれる。
 
 あるいは、実態は暴力集団の海保を美化した『海猿』の作者・佐藤秀峰、原案・取材・小森陽一、発行・小学館を訴えてもいい。
 これで訴えたら、作者も出版社も、あくまでフィクションだと言うだろう。そんなことは関係ない。世間に訴えるダシにしているだけなのだから。
 
 とにかく、悪い政治家が悪い先例を作ってしまったら、それを逆手に取ってやるべきだ。もちろん、一つや二つでは権力にすり寄っている者にとって屁でもないだろう。だから市民の側は根気よくやることだ。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-01-31 21:34 | 司法 | Comments(3)

奥平康弘氏が死去

 法学者で東京大学名誉教授の奥平康弘さんが26日に死去していたとの報。急性心筋梗塞により、85歳だった。
 25日の、調布市九条の会が主催する催し「池辺晋一郎さんと平和を歌おう」に、奥平氏は同市在住だから出席し、池辺さんらと鼎談をしていた。
 これを聴いたばかりだった。その時にスマホのカメラで撮影した姿。まさか最後になるとは。その翌日に亡くなったということは、公の場に出た最後だったということだろう。

 
f0133526_21215120.jpg


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-01-30 21:23 | 司法 | Comments(2)

戸籍謄本の記載

 例えば、婚姻届けを役所に提出するさい、戸籍謄本が必要だが、再婚の場合はその記載があるだけでなく前の相手の姓名が具体的に書かれているから、再婚の相手に判ってしまう。

 これが松田聖子と結婚して、戸籍謄本に前の配偶者が神田正輝と記載されていたとしたら、スーパーアイドルとアナ王女のお父さんだから、嫌ではないだろう。

 しかし、これが片山さつきで、戸籍謄本に前の配偶者が舛添要一と書いてあるのを見たら、どうだろうか。大抵の人は嫌じゃないか。

 まあ、人それぞれではあろうが、戸籍は余計なことが載り過ぎではないだろうか。

 日本の戸籍制度は世界的に特殊だが、かつてヒトラーが日本の戸籍制度を知ると、これは便利だと言って欲しがったそうだ。
確かに、彼にとっては便利だろう。

 そういう点で、この制度には問題がある。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-01-20 21:42 | 司法 | Comments(1)
 事実無根の誹謗中傷をブログに書かれたため名誉毀損で民事訴訟とした事件については、すでに報告した通り。
 被告が敗訴して控訴。こちらは付帯控訴した。
 すると相手方の弁護士が辞任。この弁護士と別件で関わっている人から知らされたのだが、この弁護士は辞任したうえ依頼人とは絶縁したと言っており、怒っている様子だったそうだ。
 そして、どうしようもなくなったのか、本人が裁判所に赴いて控訴を取り下げ、判決は確定した。
 
 弁護士が怒っていたとしても、それは無理も無いことだと思われる。この被告は、自分には証人がいると自信たっぷりに言ったが、その証人は精神障害者で手帳も所持していると自認しており、法廷で奇声や不規則発言をくりかえし、証言台では見るからに異常そうな表情をしながら提示された証拠の写しを破るなど奇態を曝した。
 こうした証言態度からして正常ではなかったうえ、証言内容も不自然とか不可解で信用できないものだった。

 このことを判決でも指摘されたのだが、この証人尋問があった2014年6月6日の直後から、被告当人も異常な行動をしていたことがわかった。
 それについて、以下を被害者から知らされた。

 同年6月12日 被告は、都内にある結婚相談所に入会
   7月1日 被告は女性を紹介される
   7月8日 実際に会う
   7月22日 被告が結婚相談所に次のメールを送信。
 
 「クリスチャン故の悩みも起きています。Aさん(引用者注、女性はキリスト教徒で、実名を伏せAさんとする)は三十九才で子供を望んでいますから、医学的には一日も猶予は許されません。そこで、Aさんの牧師に挨拶もしたし、式場も決まりそうなので、お恥ずかしい話ですが、もう肉体関係を持ち、妊娠する方向性で行くかどうか二人で迷いました。医学的には、結婚式は後でも良いから妊娠が先ですが、信仰的には式が終えて入籍してからが筋だと思われるので悩みました。」

 これについて、すべて嘘だと被害者は言い、こんな下品な話を弊社に送ってきた人間は後にも先にも被告しかいないと結婚相談所は不快感を表明している。


 同年8月1日、 被告は訴訟を数件抱えていることを女性に伝える。
   8月2日 訴訟を抱えているという理由で女性が交際を断る。
   8月3日 女性から交際を辞退したい旨の連絡が同結婚相談所に来る。
       同結婚相談所が被告にその旨を伝える。

 このあと、被告から、Aさんに対するストーキングと、結婚相談所の経営者への嫌がらせが始まった。これは自宅から礼拝に通っている教会にまで及んだ。Aさんに対しては、やめてやる代わりに50万円よこせと、結婚相談所に対しては入会金を返せと、要求というより脅迫というべき言質であった。

 これを警察に訴えたところ、被害の事実を確認した警察は、被告をストーカーとして監視の対象にした。

 この事実を控訴審で問題にしようと、書面と証拠を用意していたのだが、取り下げとなった。ただでさえ弁護士に愛想をつかされ辞任されているのに、これがまた暴露されてはどうしようもなくなると思ったのではないだろうか。
 そして判決が確定したのだから、賠償金と利息と訴訟費用敗者負担分を早く払うべきなのに、まだである。他の被害者たちからは、差し押さえをするよう勧められている。
 
 この加害者について刑事事件にもなっているが、そこでは精神病の可能性も検証されるだろう。その判断を、今は待っているところだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2015-01-17 15:47 | 司法 | Comments(0)