コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

カテゴリ:政治( 642 )

現場が気の毒

 不正と言えば、防衛医大と自衛隊病院の医療ミスを情報公開で調べたら、働き盛りの自衛官が半身不随とかすごい話が出てきたけど、そしたら私は監視の対象に。
 現役自衛官たちは、自衛官のためになることでもあるのに、組織の方が大事かと呆れて、私にはむしろ同情を。
 その問題のとき市ヶ谷での会議に顔を出していたのが守屋さんでした。既に述べたとおりニタニタとしていたところがテレビに映ってました。
 上層部や事務方がこれでは現場が気の毒だ。

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2007-10-28 14:46 | 政治 | Comments(2)
 防衛官僚接待ゴルフ問題で、懐かしい顔がテレビに出てきました。
 〇二年の防衛庁情報公開問題のとき、私も防衛医大問題でテレビのインタビューに出ていて、守屋さんも出てました。
 ただ、守屋さんはインタビューではなく、他の事務方たちと話し合っているところでした。番組(当時の『ニュースステーション』)は、「国会で大問題になっていることへの対応を話し合っているにしては、防衛官僚たちに、ちっとも緊張感がない」と批判しているところへ、その会議の場面の映像。そこで特に守屋さんはヘラヘラと笑っていました。
 これを見た人たちは、なんだこれはと呆れていたものです。この情報公開問題では、柳沢官房長は更迭、中谷防衛庁長官も内閣改造で交代だが事実上更迭という後始末だったけれど、守屋さんは数年後に渦中の人となって本格的な主人公とは、「なんともはや」です。
Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2007-10-25 12:08 | 政治 | Comments(4)

週刊現代の二つの記事

 安倍総理が辞任した。周りからあれほど辞めろと言われても辞めなかったのに、なぜか突然辞めるということに。それは病気のためだと説明しているが、前から体調が良くなかったというのだから、なんであらかじめ進退を考えておかなかったのかとの疑問が沸く。
 先の参院選で、健康問題を考慮して立候補しなかった現役議員もいるし、安倍総理の場合は、選挙で大敗したのだから政局運営は難しくなるに決まっていて、なのに健康に難があれば乗り切れないと判断するのが当然だろう。
 それでも続けてやると言っておきながら突然辞めるのという事情が健康問題であり、それは小渕総理の脳梗塞のように急病というのではなく、前から身体の具合が良くなかったというのだから、今さらになって辞める理由に全くなっていない。
 だから、やはり「週刊現代」に書かれた巨額脱税のことを国会で質問されたくなかったからではないかと勘ぐられてしまう。あの記事の真偽はまだ不明だし、雑誌が雑誌だから眉唾ものだとも言われていたが、この唐突な辞任とは、やはり痛かったのではないかと囁かれている。
 その「週刊現代」は、05年末に栗本慎一郎元議員のインタビューを掲載していた。この人はタレント教授だったが、新進党のタレント担ぎ出し選挙に乗って国会議員となり、ところが新進党の解体により、自民党のある人から誘われて入党したものの、自民党とはそりが合わず離党届けを提出したが受理されず、入党の紹介をした人に恥をかかせたとして除名処分となった。
 彼は、自民党にいた当時を回想し、実際に接して直に観察したところ、今後の自民党を一緒に背負って立つリーダーとして売り出した小泉と安倍のコンビが実は仲が良くなかったと暴露していた。
 だから、小泉は自らの政策による弊害が現れ始めそうなころを見計らって退き、後任に安倍を据えることで、改革の良い印象は自分が頂戴し、その弊害の部分は安倍に押し付けようとしているはずだと予想していた。
 これは今になってみると当たっていたと言えるかもしれない。では、もう一つの脱税のほうはどうだろうか。
 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-09-25 05:47 | 政治 | Comments(0)

May the force be with you.

 宮沢元総理が亡くなり、自民党葬が行われた。安倍総理らが「業績」を讃えたが、それらは故人の信念とはかけ離れたものだった。他派閥の傀儡内閣なので、思うような政策が出来なかったわけだ。
 以前、田中眞紀子議員が、自分の支持者たちの集会で公演したとき、宮沢大臣の話が出て、その中で「宇宙人のような」と言ったため会場内爆笑だった。もともと「スターウォーズ」のヨーダに似ていると言われていた。
 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-08-29 18:29 | 政治 | Comments(2)

落ちこぼれ同盟

 民主の元代表前原氏と、自民の元防衛庁長官の中谷氏が、外国特派員協会で会見し、民主党きってのタカ派と防衛大卒とで褒めちきぎり合いながらブッシュ政権に媚びまくったそうだ。
 しかし二人はともに不祥事によって役職を追われた人。安倍総理に退陣を求めながら自分は今さら安倍総理主張式に再チャレンジということか。

 Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-08-22 17:37 | 政治 | Comments(0)

敗将の繰り言

 自民党の中川幹事長は、自民への批判によって民主党が選挙で圧勝したのに、連立して翼賛政治をするべきだと主張した。
 ただ、しょせんは辞任が決まった敗将の繰り言とみられている。
 たしかに、いくら自民と民主がスイカとパスモみたいなものであっても、これでは民主も乗れまい。
 失敗して引っ込む人は早くするべきだ。でないとみっともない。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-08-22 17:25 | 政治 | Comments(1)
 河野洋平衆院議長が、全国戦没者追悼式での追悼の辞で安倍晋三首相を遠回しに批判したとも受取れる異例の発言をしたが、これだけ選挙で負けた総理なら言われてしまうだろう。
 選挙で負けたのは、すでに言われているとおり内閣人事で問題が起きてばかりいたため、総理のリーダーシップに疑問を呈されたからだ。国内の舵取りもお粗末な手腕では、国際社会の荒波の中で自我を通すことは到底無理。とくに歴史認識の対立で勝ち抜くことは不可能。
 実力もないくせに何を言っても無駄である。だから批判される。政治的手腕だけではなく理論武装の点でも努力が足りない。
 歴史認識問題で、安倍総理と同じように考える日本人は、国際社会で自信たっぷりに持論を説いては完全に論駁されたうえ「論戦挑むならもっと勉強してからにしなさい」とまで言われてしまう連続なのが現実である。
 そうなってしまうのは、2ちゃんねるかそれに近い感覚のサイトとか、そういうのが好きな人たち向けにあくまで商売で書かれた本などに依存していてる人たちばかりだからだ。
 留学生たちも、けっこう手強い。パソコンに粘着している時間を減らして、実戦経験を積んでみることだ。多くの日本人は自分の実力のほどを思い知らされるだろう。
 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-08-15 15:46 | 政治 | Comments(4)
 自民自爆選挙により、野党から議長が選ばれた。この江田五月という人は元々社民連の代表で左翼というよりリベラルと言われてきたが、報道にもあるとおりあちこちの政党を渡り歩いて来た人で、ようするにご都合主義の人である。
 そして野合非自民連立内閣の科学技術庁長官に就任したとき、これまでは原子力政策を危険だと批判してきたから何らかの独自性を出すかと記者会見で問われたら、政策に変更はないと断言。変節ではないかと突っ込まれると「変節ではなく成長したのだ」とニヤケながら言い放った。つまり批判する者はガキだとコケにしたのである。
 それが最初から信念なら意見の違いにすぎないが、そうではなく、その時の居場所に迎合して、そのうえ、前に自分が居た場所に残っている人たちをもう自分は違うからと愚弄するわけだ。
 「成長した」江田五月のおかげで、地震の危険が当時から指摘されていたけども、原発はそのまま対策も無く今では周知の通りの事態。
 このことからだけでも、なんにも期待できない人であることは既にハッキリしている。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-08-07 18:00 | 政治 | Comments(0)

東京は最悪の結果

 自民党自爆選挙だが、川田と丸川の二人だけは当選しないで欲しいと表明していた(下記)が、残念な結果である。川田は実名を出してマスコミの寵児となり、薬害裁判の宣伝塔を勤めたまでは良かったが、その強みを濫用して原告団の中で皇帝のように振る舞い、まるで皇太后の母親とともに他の患者たちに対して傍若無人な振る舞いをしていたことはあまり知られていない。
 それに対して、丸川の醜聞はよく知られていた。それでも当選である。図々しい者勝ちの風潮を改めなければならない。 

 --------------------------------------------------

  知人から、川田龍平候補の選挙ハガキが送られてきた。私が月刊「紙の爆弾」誌上に書いたことを読んでもらえなかったらしく、元医療国賠裁判原告として川田否定であることも、その理由も知らないようだ。
 今回の選挙で私は特定の候補を応援することはしないけれど、川田と丸川の両候補だけは駄目だと表明する。二人が変節の人として同類であることは言うまでもないだろう。
 薬害裁判を売りにしたポスターは見るたびに不愉快になる。
 そんな、もう一つの元女子アナのポスター「日本人に産まれて良かった」。このあと「と思えるように」とでも続くなら、そんな政治をということだが、これではただの感想でしかない。つまり候補者の口上になっていない。そんな人が当選してしまったら、外国人から「日本人に産まれなくて良かった」と言われてしまうだろう。



Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-07-30 01:22 | 政治 | Comments(48)

選挙

  知人から、川田龍平候補の選挙ハガキが送られてきた。私が月刊「紙の爆弾」誌上に書いたことを読んでもらえなかったらしく、元医療国賠裁判原告として川田否定であることも、その理由も知らないようだ。
 今回の選挙で私は特定の候補を応援することはしないけれど、川田と丸川の両候補だけは駄目だと表明する。二人が変節の人として同類であることは言うまでもないだろう。
 薬害裁判を売りにしたポスターは見るたびに不愉快になる。
 そんな、もう一つの元女子アナのポスター「日本人に産まれて良かった」。このあと「と思えるように」とでも続くなら、そんな政治をということだが、これではただの感想でしかない。つまり候補者の口上になっていない。そんな人が当選してしまったら、外国人から「日本人に産まれなくて良かった」と言われてしまうだろう。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u82B8%u80FD%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-07-17 22:44 | 政治 | Comments(2)