コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

カテゴリ:社会( 946 )

 臨場感を出すため録音しようと配膳用テントに無断立ち入りしたことで、テレビ局の関係者が抗議を受けた。
 そうまでして録音する意味があまり感じられないし、衛生上の問題も生じる。
 マイクを無断で取り付けて録音するなら、原発の関係者が被害の実態について話しているところにするべきだ。
 前にダイアナもと王妃が室内で裸でいるところを盗撮したパパラッチイがやりすぎと問題になったとき、英国のある新聞記者が言った。
 「自分はこんなことしない。盗撮だから、違法だから、やらないのではない。人権侵害なので、やらない。だから人権を守るためなら、盗撮も含め違法な取材を、どうしても必要ならやる。そして、そのために刑務所に入れられても本望だ」
 こんな信念も覚悟も、テレビ局の取材スタッフにはない。仕事が欲しいということで頭がいっぱいの下請会社員だから、賞金稼ぎのパパラッチイとたいして変わらない。そんな構造がある。
 「あるある大辞典」「朝ズバ」の捏造も、そこから発生している。番組製作の構造を変えないといけない。  

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-07-22 16:31 | 社会 | Comments(7)
 避難しなければならないとしたら、生活にかかわる。しかしその必要はない。この先、周辺でガンの発生率が高くなるかもしれないが、今はまだわからないし、もしそうなりそうだとしても、すでに手遅れだから避難してもしょうがない。そのまま様子をみるしかない。だから生活に影響はない。という意味にもとれる。

 新潟県中越沖地震で、東京電力柏崎刈羽原発から放射性物質を含む水漏れがあったことなどを受け、新潟県は21日、同原発を立ち入り調査した。終了後、調査団は 「漏れたのは微量で市民生活にかかわるものではない」と述べた。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-07-22 00:21 | 社会 | Comments(0)

質問項目が一つ足りない

 以前、北海道で校長をしていた人の話を聞いた。この人は職を追われて首都圏に引っ越してきたのだが、その理由というのが文部省とのケンカ。中央の指図が北海道まで行き届いているかといちいちうるさいのに反発してしまったんだそうだ。
 さて、その北海道で、道内にある私立学校に毎年提出を求めている補助金査定用の調査表に、国旗掲揚と国歌斉唱の実施状況を質問する項目を本年度から新たに加えていたことが14日に分かったそうだ。
 私立側が「査定を通じて実施するように圧力をかけられた」と反発し、道は来年度からこの項目を外すことにした。
 道議会で国旗掲揚状況などを質問されることが多く、定期的に調査してきたけれど、手間を省くため調査表に加えたということだが、補助金で脅していると思われても仕方あるまい。国旗国歌でなくても、補助金の査定をちらつかせるのは役所の常套手段であることはみんな知っている常識だ。そうしないといけないのでは、情けない国旗国歌だということになってしまうだろう、皮肉ではなく。
 質問するなら、面倒とか言わず別の機会を作り質問するべきだ。そして「国旗掲揚国歌斉唱をちゃんとしているか」とともに、もう一つ「反対する生徒児童の思想信条の自由をちゃんと尊重しているか」の質問もしなければならない。教育を受ける権利の主体者なのだから当然だ。教職員は、組合が働く者の権利として取り組むのだから、これとは別だ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-07-15 00:26 | 社会 | Comments(0)
 事件や関わった人について特定できない形にし、しかし描き出すべきところだけ描き出すことは可能だ。
 少年事件に限らず、社会の正当な関心ごとではあるがプライバシーは尊重すべきという内容の本は、実際にそうしてきたのが普通だ。
 ところが奈良県で少年が自宅を放火した事件について書かれた本「僕はパパを殺すことに決めた」は、少年の心理や家庭環境を警察の捜査資料に基づいて詳細に綴られており、このため出版社と著者が、著しく少年のプライバシーを侵害したとして法務省から謝罪勧告を受けた。
 著者は、ためらいながらも社会的意義からあえてこのように書いたと説明しているが、先述したとおり社会性とプライバシーは両立できるし、ワイドショーなどで誤った報道がされていたならこれを是正させる権利はあくまで当事者にある。
 そのうえ刺激的な題名と、挑発ともとれる著者の記述から、伝えたいのではなく売りたいというのが本音であることは明らかだ。出版した講談社と著者の草薙厚子は猛省すべきだ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-07-13 23:24 | 社会 | Comments(4)
 労組が環境保護などの活動をする団体として「ウルトラ警備隊」を設立し、円谷プロも協力の姿勢らしい。
 活動するなかで様々な利害対立やジレンマがなければいいと願いつつ、しかし必ずノンマルトの使者が現れると予想している。

 ちなみに当方もMATという任意の団体を主催していて、名称はメディカル・アタック・チームの略。もちろんシャレの名称で、山際永三監督にお願いし特別名誉参謀の冠を捧げさせていただいた。  
 だが、あくまで医療問題について医師・看護士・薬剤師・医療事務員・弁護士・医療裁判原告などの協力で情報と助言を得る研究班としているのであって、雑誌などに問題のある医療機関の告発文を掲載したりはしたが、なにかあったときに「ワンダバダバ」と出動するわけではない。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-07-11 16:32 | 社会 | Comments(0)
 ミートホープの食肉偽装事件はコストのためだが、そのうち材料不足から偽装が始まるのではないかと想像してしまう。
 実際、牛肉のBSE騒動があり、鳥インフルエンザがあり、マグロが獲れなくなって、値上げと不正漁獲が横行している。
 すでに、メロを「銀むつ」と称して食卓に上げたり、地球の花対側の海で獲った見慣れないはずの魚を、切り身にしたり衣つけて揚げたりすることで良く知られた魚の料理に似せて売るなどの「偽装」ならすてに行われている。
 それすらも、そのうちできなくなる可能性があり、人口爆発と高齢化によって、あとはSF映画「ソイレントグリーン」のように、いくらでもある材料とは死んだ人間で、このことが国家機密か企業秘密ということになるのだろうか。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-07-11 00:25 | 社会 | Comments(0)
 報道ステーションというバラエティー番組でお粗末なミスが相次いでいるそうだが、これらはケアレスミスであり、それが連発というのはただのトンマである。
 ただ、ウケ狙いばかりして報道ではなくなっていることが、この番組から緊張感をなくさせていて、だからミスも出やすいということも出来る。ウケ狙いよりまず正確さと迅速さの両立であり、それを頑張っていれば面白おかしくしようなんて考える余裕は無いはずだ。それが逆になってしまっているのだ。
 最近の例で言えば、福岡で、追突された自動車に乗っていた子供が三人死亡した事故があった。この裁判が始まり、危険運転致死罪か業務上過失致死罪かで争われている。
 そこで、被告が当時どの程度酔っていたかが問題となり、かなり酔っていたという根拠として、職業を訊かれたとき「サラリーマン」と答えたのが歌うような口調だった---と警察が言ったらしいのだが、これをそのまま検証もせず垂れ流している報道には、裁判で争われている段階で客観的証言ではないものを持ち出すのは不公正ではないかという指摘もある。
 それについては、事実かどうか確認が必要だが、少なくとも「報道ステーション」の取り上げ方は悪質だった。ただ伝えるだけでも問題があるのに、そこへさらにナレーションとは別の声が「サぁラぁリぃ~マぁン~ 」と演技を加えていた。
 こんなのは報道ではない。ただの見せ物だ。前身の「ニュースステーション」を「クレヨンしんちゃん」で主人公の園児は「小宮悦子ショー」と言ってたが、ほんとうにショーだ。それもギャグではすまされない内容である。報道の客観性を損なうとか、裁判の公正を妨げるとか、いろいろ問題はあるが、それ以前の問題である。 
 つまり、こんなくだらないことしてウケると思われている視聴者はバカにされていのだ。そして、くだらないウケ狙いして肝心の正確さはないがしろにされている。そんなものを見せられている視聴者はバカにされているのだ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-06-20 23:05 | 社会 | Comments(2)
 こんにゃくゼリー窒息死問題で、法規制は難しいという話だが、それはしょうがない。
 あれは原料が問題なのではなく、ちょうど喉に栓をするくらいのまさに絶妙な形状と大きさなだから危ないのだ。
 おでんの三角形こんにゃくで死者が出て飲み屋やセブンイレブンが槍玉に挙げられたことはない。
 だからと、大きさを法規制するのは変だ。
 製造業者は、一口サイズというのを、成人向けと子供&老人向けに分けて大きさ二種類にしたらどうか。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-06-20 22:33 | 社会 | Comments(5)
 女子高生が学校で出産して嬰児を殺したという報道に対して、周囲の誰も気づかなかったなんてありえないと決め付けている人たちがいるが、腹が最後まで目立たず外見では妊娠がわからない体質もある。 
 これを題材にしたテレビドラマが八五年にあり、主演は最近離婚で話題の三原じゅん子だった。彼女の迫真の演技が評価され、また、話の内容も、娘の純愛を認めず縁談を無理強いする横暴な父(神山繁、はまり役)と、夫の言いなりの母(馬渕晴子、好演)、いい奴だけど少しだらしない彼氏、妊娠しても外見から判らない体質で、独りで悩み追い詰められる主人公、というように、人間模様もしっかり描かれている秀作だった。
 ところが、脚本では主人公の名から「マリコ、その愛」だったのに、採用された放送枠がサスペンス劇場だったため「死体持参花嫁事件」というエグイ題にされてしまった。脚本家がほんとうに気の毒だ。
 このドラマでは、赤ん坊を殺してしまった主人公も、贖罪と彼との愛により立ち直り、また子供もでき、今度は結婚してちゃんと育てるハッピーエンドになる。
 今回の事件の女子高生も、そんなふうに、なって欲しい。

 余談になるが、「こんな女子高生は救いようがないから一生不幸になれ」と言い放っていているブログなどがあるが、よくそんな残酷な記述ができるものだ。
 また、検死の結果や警察の取調べが適切なのか、事実が歪められ報じられていないか、とかくスキャンダラスにもっていこうとしたり、それを政治的利用する向きが必ずあるのだから、要注意である。
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2007-06-13 11:57 | 社会 | Comments(3)
 俳優のえなりかずき氏が、駅売り紙を名誉毀損で訴えた。風俗店通いをしているかのように書かれ俳優としての印象を損なわれた、として。
 訴えられたのは「内外タイムス」と「日刊ゲンダイ」の二紙。どちらもゴシップを売りにしていて、政治ネタも好みながら前者は右翼系で後者は新左翼系と、体質が異なる。
 それがそろって同じような記事とは、情報源が一緒だと考えられる。事実なのか、いわゆる「ネタ」なのか。
 かつて「東スポ」は、名誉毀損で訴えられたとき、同紙の代理人の弁護士が法廷で、「たしかに事実無根の記事だが、東スポを読んだところで誰も信じないのだから、名誉を毀損しない」と言い、訴えた人は驚き、裁判官も唖然としながら「それはあなたの個人的見解ですか?代理人としての正式な主張ですか?」と問い、同弁護士は「東スポの公式な主張」だと言って、法廷内をあきれさせた。判決は、「芸能ゴシップならともかく、本件は題材が刑事事件なので、信じる人がまったくいないとは断言できない」と東スポの主張を退け名誉毀損を認めた。
 えなりかずき氏の場合は、もちろん芸能ゴシップで、成人が風俗好きでも悪いことをしているのではないだが、当人は子役出身の純朴そうな芸風で売っているから、それを損なわれては商売にかかわるということのようだ。
 また、名誉毀損は、損なわれるものが虚名であっても成立するから、芸能人の空虚なイメージも、壊されたら訴えの対象だ。
 まあ、そういうところだろう。
 
Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2007-06-13 11:00 | 社会 | Comments(3)