井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2007年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

藤野先生

 魯迅とその医学の師であった藤野医師の胸像が福井県にできたそうだ。
 魯迅がその思い出を綴った「藤野先生」は、「阿Q正伝」などとともに収録された本で読んだ。
 封建時代が清算されずに如何わしい呪術的似非医学が蔓延っていたことに憤った魯迅は、近代医学を学ぶために、先に近代西洋文明を取り入れた日本に留学した。
 ところが、人を癒すなら先ず心の方だと考えて文学に転向したという。
 そして、魯迅は、医学を学んでおきながら医者の診察が嫌いだったそうだが、医学を知ったから、そうなったのではないかと思う。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-03-24 01:56 | 文学 | Comments(0)

731部隊の影

 厚生官僚の天下りを最も熱心に受け入れてきたミドリ十字は、薬害HIV事件で名が地に堕ちてからも何者かが大金を投じて株価を買い支え、三菱ウェルハーマーに変わったが、もともとは日本ブラッドバンクという会社で、設立した内藤という人は731部隊で働いていた。人命軽視の体質は温存され続けていた訳だ。
 こうした、戦前の総括も満足に出来ていない国が、戦後の総括をするというのだから、とんでもないことだ。
 
 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-03-23 18:46 | 司法 | Comments(0)
 当時人気があったスポーツタイプの自動車フェアレディーZで車体は赤。この派手なクルマを使って起きた連続女性誘拐殺人事件。
 センセーショナルに騒がれた事件で、これをモデルにしたテレビドラマも作られた。犯人の女性役に室井滋、共犯者とされた男性に玉置浩二が扮していた。
 二人は共同で事業を起こすが経営がうまくいかず、男性の方は見切りをつけようと考えていたが、女性の方は未練があった。二人は恋人のようになっていたが、男性の方は結婚していて不倫だったから、これも事業と同時に清算しようとしていた。ところが女性は独身で、別れるのも嫌で事業の継続を望み、資金を欲しがっていた。そんな中で、身代金目的の連続誘拐殺人が起きた。
 最初は、女性が被害者を誘い出し、男性が殺したと思われた。しかし男性は、やっていないし知らなかったと主張。法廷で、二人が「お前が勝手にやったことに私を巻き込んだ」と罵りあった。裁判の結果、男性の方には関与した証拠がないとして無罪、女性の単独犯行と断定されて死刑判決となった。
 ところが、後に、帝銀事件の再審などで知られる今は亡き遠藤誠弁護士が相談を受け、死刑囚に面会したところ、死刑囚の女性は、自分の単独犯行どころか共同犯行でもなく、すべては男性がやったことだと言う。
 そこで遠藤弁護士は、膨大な刑事裁判記録を精読し、1女性の単独犯行、2男性の単独犯行、3女性と男性の共犯、4第三者による犯行、の可能性があるが、少なくとも4だけは確実に違い、1には確かに不審な点もあるが、当の相談者が3ではないと言うのだから裁判で再審の主張をするとしたら1を否定して2であると言うことになり、かといって2であるという証拠もない。
 とうとう、遠藤弁護士もお手上げで、どうしても解らないからと弁護の依頼を断ってしまい、こんな事件は初めてだったと言う。
 そして、どうなったのかと思ったら、再審請求はしたが、証拠がないとして棄却されたわけだ。まさに「薮の中」の事件だ。
 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-03-23 18:24 | 司法 | Comments(0)
 俳優の保坂尚希が仏門に入ると発表した。俳優は続け、頭は剃らないという。
 頭を剃るのは、自らは労働をせずに、労働した人の稼ぎから施しを受けて修行させていただき、その成果を必ず社会還元する約束をしたわけだから、その証しと礼儀で頭を剃るのである。
 だから、俳優で稼ぐのなら、頭を剃る必要はない。よい活躍を。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u82B8%u80FD%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-03-23 12:11 | 芸能 | Comments(1)

当たるなら結構なことだ

 ミサイルをミサイルで迎撃なんて、銃撃されたらこっちも銃を撃ち、飛んでくる鉄砲玉を鉄砲玉で撃ち落とすというのと一緒だと、とっくに指摘されている。
 ミサイル防衛なんて、実験して極めてわずかに成功した明らかなマグレ当たりを集めて成果があったと言っているのが現実。この現実を知らない軍事担当者がいる国は、まずないだろうから、脅しにもならない。つまり、実戦力も抑止力も無い。
 ただ、これは莫大な予算が必要なので、それで大もうけできる人がいる。そして、外に対してではなく内に対して、危機意識を煽り、権力への依存をさせるには有効だろう。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-03-23 12:00 | 政治 | Comments(0)
 都知事選挙にからみ、反石原票を分散させるという大学教授の共産党批判を掲載した「週刊金曜日」に対し、されたほうの共産党は反論している。
 もともと、他の選挙でも、共産党が独自候補を立てるために、反自民票が割れてしまい、結果として自民を利しているという批判は前からあった。
 しかし、これまで共産党は他党派との連携を模索してきた。ところが、反自民というが喧嘩して出てきただけで中身は同じの輩が多い党派から拒絶されたのはもちろん、敵より同族を批判することに悦楽する旧社会党に近い左派からも、「共産党は願い下げ」と罵声を浴びせられた。こうして仲間はずれにされた意地で、共産党は独自候補を立て一定の得票をして見せることで面子を保つしかないように追い込まれてきたのが実態である。
 そんな惨めな状態を打開できない共産党の覇気のなさも、もちろん問題だが、その一方で共産党は、国政では二大政党プロパガンダに追い詰められているものの、地方議会では存在感を示してもいる。そんな政党に対して、始めから提案しておくべきものを、すでに決定して発表してしまい引っ込みがつかなくなっているところへ文句を言ってもしょうがないだろう。
 それに、共産党が獲得できそうな票数が、石原と浅野の争いに影響しそうなのかどうか、具体的な数字が予想できないのだから、週刊金曜日が掲載した意見は無意味だろう。
 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-03-22 21:48 | 政治 | Comments(0)
 冥王星が惑星から降格されたが、これからは「準惑星」なのだそうだ。
 もともと、冥王星を惑星と呼ぶことには異論があった。ただの氷の固まりなのではないかとも。
 アイザック・アシモフが書いていたが、太陽系の惑星は、水金地火と木土天海でちょうど特徴が二分される。太陽から近い四つは、小さくて質量が高く固いが、遠い四つは大きくて質量が低く柔らかい。ところがさらに遠くの冥王星は、なぜか小さくて固い。しかも、八つの惑星が同じ角度で円の軌道を回っているのに、冥王星だけ傾いた角度で楕円の軌道である。楕円軌道だから、ときどき海王星より太陽に近くなる。
 このことから、発生した過程が冥王星だけ異なることは明らかで、海王星の衛星だったところへ彗星か隕石が衝突して軌道が外れたのではないかとも言われている。
 もともと言われていたのに今頃なぜ降格という気もするが、まさか組曲「惑星」を作ったホルストの生誕記念だったからではあるまい。ライナーノートの「作曲当時は冥王星が未発見だった」という記述も要らなくなる。
 ところでその「木星」におかしな歌詞を付けたアイドル歌手の歌が理解できない。なんでこの旋律にこの歌詞なのだろうか。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-03-21 21:45 | 自然 | Comments(0)
 マクドナルドは無味乾燥の低賃金労働の代名詞。おまけに環境破壊と太り過ぎを作る。
 これは欧米でも周知のことだったし、漫画「美味しんぼ」にも出てきたが、ハンバーガーなんて味覚音痴のアメリカ人の食べ物だとコケにされていた。
 ところが、アメリカ留学してきたとか英語が得意という日本人で、何故か国際ジャーナリストなどという奇妙な肩書きの落合信彦という小柄でメガネかけた男性が、マクドナルドは働きがいのある職場と賛美していた。その理由が、旧ソ連に店が出来て、社会主義と違い働いただけ報われることをモスクワっ子が学んだからだという、笑い話。
 

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u56FD%u969B%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-03-20 21:31 | 国際 | Comments(0)
 賛否で対立がある国は世界中にあり、むしろあって当然だろう。
 ただ、反対する者に強制し、従わないと処罰する国は日本だけだろう。他は、反対意見を尊重して配慮するか、反対が無いかのどちらかである。
 賛否の対立があって当たり前なのに、賛成ばかりで反対がない国もあるのはなぜかというと、本当に賛成ばかりであるか、実は反対もあるが無いことにしてしまっているかの、どちらかである。
  賛成ばかりの嘘臭さよりは、対立があるほうがマトモではないだろうか。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-03-20 14:33 | 社会 | Comments(0)
 NHKの受信料義務化について見送られるようだが、義務化では公共放送でなくなってしまうのだから存在意義に関わり、慎重にならざるを得ないだろう。
 そもそも、国営放送でも民放でもない公共放送とは、権力からも商業主義からも自由であるための形態であった。
 だから、内容に納得できないと言って受信料不払いをする人がいても、権力が強制的に取り立てるというのでは、もう国営放送になって税金で運営するべきだ。
 だいたい、不祥事の連続で不払いが劇的に増加してしまったのだから、まず信頼回復に務めるべきなのに、政治に頼るという発想からして不健全である。
 そもそも、受信者・視聴者からは強圧的に取り立てているいっぼうで、予算のために与党政治家に挨拶回りするというNHKのあり方が問題で、こんななかで、警備の厳しい総理官邸に出入りしたからしっかり記録が残り、その直後に突然の番組改編が起きたわけだ。例の「女性国際戦犯法廷」のことだ。
 政治的圧力によるものという朝日新聞のスクープに対して、ウソだとか録音があるなら出せと息巻いていたけれど、録音があることはNHKも含むマスコミみんなわかっていて、それでもわざと出さない隠し球戦術に、NHKは沈黙するしかなかった。
 こんな中で、政府筋も他の政治家も右翼マスコミもネットウヨ厨房でさえ、とてもかばいようがないお金の問題まで起こし、受信料ボイコット対策に法改正してくれ、などというのでは、もうNHKの自殺行為である。
 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2007-03-20 13:58 | 社会 | Comments(0)