コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2008年 09月 ( 104 )   > この月の画像一覧

 三浦和義氏について、アメリカの裁判所の判断は、日本で無罪となった事件はアメリカで蒸し返すことは許されないとしたものの、共謀したことについては、日本には同様の法が無いのでアメリカで裁けるとした。
 つまり、この三浦氏逮捕は、日本で問題になっている共謀罪を成立させようという政治的な思惑があったとの疑惑が、より濃厚となった。
 日本で共謀罪が出て来たのは、アメリカ言いなり政府に反抗する日本人を弾圧するため、犯罪を話し合ったというだけで罪となる法律を作り、しかも、その話し合いがあったという証処は言葉尻を捉えようと、警察のスパイの証言だろうとかまわないというデタラメなものだ。こんなことは先進国の司法では認められないが、日本で通用してしまう。実際にも、脅迫でヤクザではなく労組に対してこの手法が利用されたなど色々な例がある。だから、そこにつけ込まれたのだろう。
 そもそも三浦氏についての原点である「ロス疑惑」なるものも、ロサンゼルスオリンピックを目前に控え、アメリカ人による銃犯罪に外国人旅行者がまきこまれたとなるとオリンピック観戦客の招来に悪影響があるとアメリカが危惧し始めたとたんに、いかにも売り込まれたような形で週刊誌が騒ぎ始めたうえ、これをネタに警察が乗り出したものだった。つまり松本サリン事件と共通している。
 しかし真犯人を見たと言う目撃者がいたなどしたうえ、他にもいろいろな証処から無罪になる。
 こういうことを知らない日本人が多いのは、もちろん「マスゴミ」を真に受ける人が多いこともあるが、三浦氏とその支援者たちの対応の誤りも響いているからだ。良心的に対応した少数の報道人もいて、その中には大手マスコミもふくまれるのだが、三浦氏とその支援者たちは、道具として利用されたマスコミを主犯と決めつけて、とにかくマスコミが悪いと繰り返し、間違いであることがとっくに指摘されている「マスコミは司法・立法・行政に次ぐ第四権力だから倒せ」などと馬鹿げたスローガンを叫び続けるという、愚かな対応をしてしまったのだ。
 そして、マスコミがウケ狙いでよくやる、何か悪者を挙げて集団ヒステリーを煽り叩くことで社会正義に貢献したような錯覚をするということを、批判している側自らが、やてしまった。とにかくマスコミを悪者にして叩き「ミイラとりがミイラとなった」状態となってしまったのである。
 私は三浦氏の支援集会に行ったことがあるが、このようなバカ発言が相次いだので、呆れてしまって、その後に何が催されても行く気がすっかり失せてしまったというのが、正直な所である。
 
 
 Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-27 13:31 | 司法 | Comments(2)
 プロ野球の結果が出る時期になったが、その優勝セールなどの経済効果を学者が云々するのが始まるのも相変わらずだ。
 そんな表層を分析してわかったようなことを言うのは、現実を知らない学者の机上の戯言である。
 優勝セールが、どれだけ関わる業者を苦しめ、一時的な売り上げの後で様々な反動があるか、現場で働いた経験のある者なら知っていること。
 例えばデパートが出入り業者に対して、強者の立場を利用して、特売品の供出を強要するなどして、これに多くの中小零細企業とその従業員たちが泣かされているか、なんてことは、大学の研究室に閉じこもっていては想像すらできないことだ。
 また、大して安くはないのに雰囲気に飲まれ買わされてしまう庶民は、催眠効果によって騙されているだけだから、得した気分でも実は無駄遣いであり、良い商品を必要に応じて適正な価格でなるべく安く買えるという健全な経済活動にとっては害である。
 だから優勝セールなどしていても、ボイコットすべきである。

Excite �G�L�T�C�g : �o�σj���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-27 13:19 | 経済 | Comments(2)

表現ではなく見識の問題

 中山成彬国土交通相が暴言を吐いてすぐに撤回した。誤解を招く表現というが、その当を得ない内容から、表現ではなく見識の問題であることは明らか。引き受けるなら、その役職に相当する基礎知識を仕入れておくべきだろうに、怠慢が早速に露呈した。
 すぐ取り消すようなことは最初から言うべきではないし、誤解を招かないよう表現を工夫するのは政治家ならあたりまえ。
 この人は鹿児島ラサールから東大に進み高級官僚から自民党議員という人だが、統一教会とのかかわりやカルト的言動、さらにお金世に関して汚かったりと、教育が悪かったというなら「そりゃあんただよ」としか言いようがない。
 
 Excite �G�L�T�C�g : �����j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-26 00:09 | 政治 | Comments(2)
 突然かかってきた電話で、マスコミに依頼された調査会社だというものは、商品のモニター的なアンケートとちがってクオカードなどの商品券をくれるわけでないから、応対なんてめんどくさいだけだし、答えてあげるにしても、ほんとうにマスコミの調査かどうかわからないので、もしかすると公安その他の思想調査ではないかと疑い、支持してなくても自民党と答える人も少なくない。
 実際、大学四年生のところには良くかかってくるし、大企業が採用のさい違法なのに思想調査を堂々と依頼してくると興信所の元従業員が内部告発している。そして政党支持はどこかという無作為抽出のアンケートだと偽り、自民党と答えれば最もOK、野党はダメで共産党なんて答えれば絶対に落とす、なんことが横行している。
 だから、世論調査は現実を正しく反映しておらず、それも自民が高支持率となるのだが、にもかかわらず低い内閣支持率というのでは、相当あぶない内閣ということだ。

 Excite �G�L�T�C�g : �����j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-25 22:01 | 政治 | Comments(0)
 痴漢の冤罪を作り恐喝した大学生と、おとり役の女性が逮捕されて裁判にかけられているが、大学生が法学部だったので、なおさら何事だと怒っている法曹界である。
 しかし、過日述べたように、法学部生どころか弁護士で法学博士でありながら、冤罪をでっち上げて裁判で敵対する相手を陥れようとする者までいて、それを弁護士会が不正にかばい立てするのである。(詳しくは当ブログの井上朗弁護士の項を)
 また、今回の「美人局」(つつもたせ)は、まがいは、本来良くある手口の、誘いに乗ってしまった男性を脅すのではなく濡れ衣を着せるという強引な方法であり、ここには、映画にもなったように、疑いをかけられたらほとんどが有罪になる司法の破滅的実態が背景にあるのだから、ほとんどの裁判官にはその法学部生をとやかく言う資格に欠けている。裁判がもっと公正であれば、犯行を思いとどまったどころか思いつかなかった可能性がある。
 Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-25 20:59 | 司法 | Comments(3)
 イタリアにはチチョリーナという元女優でヌードが売り物(池田満寿夫の「エーゲ海に捧ぐ」にも出てた)議員がいて大変な話題となったものだ。
 台湾にも、脱ぐパフォーマンスで国民党に立ち向かった女性議員がいた。カメラの前で脱ごうとして警官に静止されることもあった。
 八戸の藤川市議は水着で大騒ぎというのはまだおとなしいと言えるのかもしれない。
 しかし、脱ぐのは権威に対する反抗という意味合いがあり、現にイタリアも台湾も両議員は性の解放を訴えるなどしていた。ところが藤川議員は親の七光りの保守系であるから、これで水着になってどう政治と関係があるのか不可解だと批判されて当然だ。
 
  
 Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-25 20:30 | 政治 | Comments(2)
 中国のある会社が、新人研修で、トイレ掃除をしたうえ、きれいにした証処にその水を飲むことをしているそうだ。野田聖子消費者行政担当相が帝国ホテルに就職した時の体験談から取り入れたという。
 これで4割がやめていくそうだが、やめるのが正しい、そんなバカなことしている会社には将来性は無い。
 精神主義で鍛えないといけないような甘やかされた者は、最初から就職させなければいいだけのこと。聖子ちゃんはお嬢さま育ちだったから最初は抵抗があったけれど鍛えられたというのも、そんな人を縁故を気にして入れていただけで、能力主義や実力主義ではなかったという告白でしかない。
 そもそも、便所は清潔であるべきだが、その水が飲めるほどにする意味は無い、つまり無駄なことをしている。他の事に振り向けるべき労力や意欲を浪費させている。
 そんなことをしている会社は、やめる方が賢明だ。
 もしかすると、この中国の会社には、文化大革命時代に下放された経験をもち、それにより懐かしんでいるか僻んでいる者がいるのではないか。


 Excite �G�L�T�C�g : �����j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-25 17:12 | 雑感 | Comments(1)
 話題の映画「闇の子供たち」について、取材協力者明である大阪大医学部付属病院の福嶌教偉医師は、日経ビジネスサイト上で次のように述べたと言う。
 映画で、少年の母親が、命を金で買うことになる手術をNGOの女性から止めるよう言われ、「あなたは息子に死ねと言うのですか」と反論するが、福嶌医師は、自らの体験から、
 「僕としては、ちがう言い方をしてほしかった」
 「心臓移植を受けようと思っている子供の両親が、よその子供を殺してまで自分の子供を助けたい、精神的にそう思っている人は、一人もいない」
 では、どんな言い方をして欲しかったのだろうか。
 人権擁護運動をしている人たちは、よく、臓器移植で経済的貧困者や身体障害者が標的にされる恐れを指摘すると、移植に関わる人や期待する人たちから「殺す気か」「死ねと言うのか」などと罵声を浴びせられるもので、その自分のことしか考えられない醜い姿(同情には値するが)はテレビでも放映されたことがあるが。

 Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-25 16:49 | 映画 | Comments(4)
 「吉田の祖父がいる、鈴木の義父がいる、そして太郎がここにいる」
 流行らなくなった替え歌がまた復活してるけれど、七光りはこらえ性がなくて途中で放り出すことが続いていたから、こんどこそちゃんと務めてほしいものだ。
 また、34歳の「最年少大臣」などと報道する価値があるとしたら、まだ若いのに政治家として秀でているから、という場合だろう。
 その小渕さんは、父親の総理が急死したため、急遽留学先から呼び戻され、父親の後援組織を受け継いで国会議員となった。当時27歳。このような世襲は、多くの場合、親から受け継いだのは志ではなく利権である。時には、親の取り巻きたちが嫌がる子供を無理矢理担ぎ出す。もっともこれは、野党のトップにいる小沢さんも同じだが。
 ところで、今日はこんな記事もあった。

 国民新党代表代行:証人喚問問題で選挙応援持ち掛け暴露
 国民新党の亀井静香代表代行は23日、長野県塩尻市で講演し、麻生新政権について 「解散や国会召集日まで(公明党の支持母体である)創価学会の言いなりだ」と指摘。その上で公明党について「矢野絢也元公明党委員長の証人喚問が『嫌だ』と言って、(喚問をやめる条件に)国民新党への選挙応援を持ち掛けてきている」と暴露した。
 亀井氏は、公明党側からの働き掛けについて「次期衆院選で国民新党の亀井久興、糸川正晃両衆院議員を応援するとの話が来た」と明らかにした。その上で「自民党は公明党に振り回されている。そんな政党に(麻生)政権が振り回されていいのか」と批判した。
矢野氏は「言論活動を妨害された」として創価学会を提訴しており、亀井氏は民主党の菅直人代表代行らと共に臨時国会でこの問題を追及する構えを示している。(毎日)

 公明党とその支持母体の宗教団体(ヨーロッパではカルト認定している国もある)の影響力大ということだが、それとくっ付いている自民党の閣僚は、統一教会と関係がある人たちでいっぱい。
 まるでロバート・A・ハインラインのSF小説「もし、このままいったら」である。
Excite �G�L�T�C�g : �����j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-24 23:16 | 政治 | Comments(3)
 内閣府が全国の児童と生徒に募集した「楽しい食卓」をテーマにした標語は、親子や友達がそろう楽しい食卓で会話やかかわりを大切にしようと呼びかけた埼玉県の小学6年生の作品「うれしいな 笑顔満点 食満点」に決まった。
 こういうのはよく、たくさんの応募をさせるために学校に要求がある。それで先生が指導して作らせる。
 それが中学のときにあった。一家団欒の標語というので「社長さんパパに残業させないで」というのを作って提出したら、担任の教師から「個人的にはぜひ大賞にしたいのだが、応募できない」と言われた。

Excite �G�L�T�C�g : �����j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-24 23:09 | 社会 | Comments(2)