井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2008年 09月 ( 104 )   > この月の画像一覧

 そもそも、芸能会社タイタンが、単にタレントとして提携しているだけの橋下弁護士を、政治的にも応援したのは、吉本興業による関西の芸能界支配を突き崩そうとの目論みがあると言われて来た。
 そしたら、案の定というべきか、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光・田中裕とタイタン社長でもある太田夫人が、ふるさと納税制度を利用して大阪府に計1000万円を寄付した。
 ふるさと納税が出身地でなくても寄付が可能と知り、「大阪は大変そう。橋下知事も頑張っている」と決めたという。つまり、出身ではないのに、また、橋下知事と太田「総理」とは政治的スタンスが異なるというのに、それでも寄付したというわけだ。


 Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-24 20:22 | 芸能 | Comments(0)
 儲け主義から不正をやらかす企業というと、その企業は中国のか日本のか迷ってしまう状態で、よく見たら合弁していたりもする。
 こうなったのも政府と大臣と官僚が悪いからなのはもちろんなのだが、それを許した日本国民も悪いのだ。
 欲しくもないものを輸入しないといけないのはアメリカの圧力だからしょうがない、とか、安い給料で不安定にこき使われても文句を言うと会社が中国に移転しちゃう、などと卑屈な態度をとっているのだから。
 そうした食材を知らないうちに医療用の食品などに使われていたことも騒ぎとなっているが、こうした商品の裏ではつねに政治工作が行われているのだから、それを普段から問題としているべきであった。
 医療関係の商品は、薬品など特殊な物ではなく寝具その他の入院患者用の商品が、一般的な商品とたいして変わり映えしないのに医療用というだけでブレミアムが付くという構造になってる。入院患者用の食事の材料もそうだ。そのカラクリを作り維持するため、ほとんどらゆる商品ごとに政治連盟が作られ、小泉純一郎元総理など厚生族の政治家に献金したりパーティーに招いて接待している。
 そんな小泉さんは、行きつけの料亭の人が言うには、総理のときは忙しくて来店が減っていたが、それ以外のとは、週に何回かは必ず来て、数万円のコースを食するそうだ。そのような料理では、食材に国産の割合が多く、安かろう悪かろうの輸入品や、まして汚染事故商品なんて使用されていないだろう。
 食い物の恨みを発揮すべきではないのか。 恨まない者は文句言う資格無し。

 Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-21 23:29 | 社会 | Comments(6)
 日本領海に不法侵入した潜水艦は、鯨を見間違えた可能性があるそうだ。あくまで可能性であり鯨だったとの証拠は無いが、しかし米軍の協力も得て調査したところ、当時の当海域に何処の国の潜水艦も潜航していた可能性がほとんどないそうだ。
 では国の所有ではない潜水艦かというと、これは想像する分には楽しいというだけ。ノーチラス号とか轟天号とか。
 野坂昭如の戦争童話でアニメ化もされた「潜水艦に恋したクジラの話」を思い出すが、これは戦争の悲劇。もしも潜水艦だと思って攻撃したら鯨だったなんてことがあったら悲惨だ。
 それはともかく、今回のように神経質になるのは、前に中国の潜水艦が「潜水艦が他国の領海に入る時は浮上のうえ国旗掲揚」という国際ルールを遵守しなかったため不法侵入となったからだ。これは航行する方向を間違えて海底で迷った以外は有り得ず、だから中国も日本に迷惑をかけたと謝罪して決着したのだが、それでも最初は、自衛隊が警備行動を発令したので、対潜水艦哨戒機P3Cの担当者は定年まぎわだったのに退職が延長となったそうだ。
 新しい担当者だってちゃんと対応はできるし、就任して大きな仕事となれば張切るはずなのに、何故かと言うと、幸い円満に解決したが、問題が起きてしまったとしたら担当者の責任が問われる。せっかくキャリアを積み重ねて地位に上り詰めた途端に引責なんてことになったら気の毒だ。だから、どうせ定年になる者が退職をしばらく延長して対応したほうがいいという、いかにも官僚機構な事情だったそうだ。
 そんなことがあるから、「鯨だったかもしれない」というのも、同様の事情があってのことかもしれない。


 
 
  
Excite �G�L�T�C�g : �����j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-21 12:43 | 社会 | Comments(2)

高校文化祭の苦い思い出

 東京にある私立高校で、文化祭の模擬店で使っていた家庭用ガスこんろが爆発し、生徒や文化祭に来ていた中学生計14人が負傷した。サッカー部員が焼きそばを売っていたそうだ。
 もっとも考えられる原因は、コンロを覆うようにして鉄板を置き過熱させてしまったことだ。
 この事故の報道により、高校の時の苦い思い出が蘇った。
 生徒会の役員をしていて文化祭の担当だった。何でも頭ごなしにダメダメという学校だったから、文化祭の模擬店も認められていなかった。それで他の学校の生徒などから、相変わらずつまらない文化祭だと言われ続けていた。
 そこで、生徒会や実行委員会が、他の学校の生徒会から情報を仕入れたり、衛生問題について法的規制をクリアするためにはどうすればいいか保健所に問い合わせるなどしたうえで学校側と交渉した。そして頑張った甲斐があり、職員会議の決定は、今年は模擬店などを許可するということになった。
 そして文化祭は盛り上がったが、苦情や批判があった。「高校生が食品を扱ったり火を使ったりして大丈夫なのか」、「教育の場で、文化祭といいながらテキ屋みたいな商売をしてはいけない」、などと。
 これらは学校に匿名の電話もあったし、PTA会報に堂々と書いた人もいた。この人は卒業式で保護者代表として挨拶する立場であり、そのためか校長も追従した。
 これには我慢できなくて、生徒総会で反論の意見を述べたのだが、不規則発言とされ議事録に載らなかったし、話している最中にヤジが飛んで妨害もされた。ヤジった生徒の中には、文化祭で大いに盛り上がって喜んでいたはずの人もいた。「自分は文化祭が楽しかったけど、生意気なことをいう奴はウザイ」ということだ。
 また、学校の禁止に対して、いろいろ調べて理論武装したうえ交渉したことについても、生徒に不利益になるから認めないほうが良かったと言う意見が教師たちに根強かった。100パーセントの進学校ではなく、しかも田舎だったので、卒業してすぐ地元の企業に就職する者もいる。それが不利になる恐れがあると言うのだ。生徒が交渉を仕掛けるような学校の卒業生では、「就職させると労働組合運動が熱心になるのではないか」などと心配されてしまうかも知れない。そんな疑心暗鬼になったわけだ。実際にどうかはともかく、ある程度は現実味があり、少なくとも空想次元のことではない。
 そして、生徒会の顧問の教師から、これ以上は何も言うなと注意された。「就職する者のことも考えろ」とか、「幸い、食中毒などの事故が無かったけれど、何かあったらどうする」などと。そして極めつけはこうだ。
 「教師が責任をとらされるだけではなく、お前たち役員も、他の生徒たちから恨まれるんだぞ。イプセンの『民衆の敵』みたいになるぞ」
 
 

Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-20 17:17 | 社会 | Comments(5)
 毎度お騒がせの中国製輸入品で、今度はお菓子に使うあんこを味見した業者の人が、喉や手足のしびれを感じたという。大事には至らず快方に向かっていて不幸中の幸いだが、そのあんこを保健所が調べたところ原因は発見されていないというので、真相はまだ不明だ。
 もしかして、アンコに問題はなくて、口にした人がアンコアレルギーだったとか、そうではなく職場でイジメにあって無理矢理食べさせられて身体を壊した可能性はないかと、つい考えてしまうのは、ドラマ『金八先生』の屈指の名エピソードとして知られる「まんじゅう騒動」を連想してしまったからだ。
 このエピソードの結論としては、イジメに遭ったとき声を上げて「やめろー」とか「やめてー」とハッキリ拒絶できるよう、いざというとき萎縮しないよう練習しておこうというものだった。
 安いけれど危ない輸入品という問題で、市場開放のため規制緩和は実のところアメリカの圧力だったとか、偽装請け負いなど労働問題で「文句を言うなら中国に工場を移転する」と開き直る大企業にたいして、日本国民はどうしているか。黙ってイジメを受け入れ、腹を壊すまで嫌々まんじゅうを食べる気の弱い生徒みたいな態度をとっていないか。
 とっているのだろう。だから三笠とかトンデモなことをする企業もあり、それというのも農水省が杜撰な仕事しているからだけど、その頂点の大臣があのとおり問題発言を繰り返したあげくの辞任というお粗末だ。これを許して来てしまった。
 イジメをする奴は悪いが、イジメられる者がはっきり拒絶することも大事だ。やめろと言っても、やめてはくれないかもしれない。やめないことのほうが多いだろう。でも、やめろと言ったのにやったと言うことができる。やめろと言わないからイジメられるほうに問題があると言って開き直ることはできなくなる。
 それと同じだ。「賞味期限ではなく今まで通り製造年月日を表示しろ」など色々あるが、とにかく我慢せず声を上げよう。

Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-20 16:40 | 社会 | Comments(0)
 ホームレスが公園を住所地として転居届を出したが、これはダメだという判決が確定する。一審ではやむを得ないとして認定されたが、高裁で覆され最高裁も受け付けないという非常である。
 住所は権利義務関係を特定する拠り所であることは、法律の常識だから仕方ないともいえるが、ではいったん宿無しとなってしまったら、住所を得ることは不可能に近いというのが現実だ。
 そして、住所が無いため何の権利もない状態となり、ところが生活保護は受けられないが医療費の保護は受けられる。それで大喜びは大学病院などだ。なんの拠り所も後ろ盾もない者だから、新薬その他の人体実験のし放題である。
 公園がダメなら、他に公的な場所を住所地と出来るようにすべきで、いちばんいいのは東京都千代田区霞が関1の1の1すなわち法務省である。拘置所に代用監獄に刑務所も、住所になるのだから、悪いことした人以外にも配慮すべきだろう。

 Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-19 19:00 | 司法 | Comments(3)

市川準監督の急死

 食事中に倒れたそうで59歳だった。
 CM出身の映画監督は、いい例がエイドリアン・ラインだが、賑やかで、その場面ごとは良いけれど全体にアンバランスということになりがちな傾向がある。
 ところが市川準監督の場合、彼が敬愛する小津安二郎のように穏やかな統一感を保つ作風だった。
 早すぎる訃報に、とても残念である。

 と、さっき書いたのだが、後の報道だと、編集作業中に倒れたという。
 食事しながら編集はしないので、「編集作業中、外出先で倒れて」と言うから、このところ編集していて、外食しに行って、そこでということだろうか。


Excite �G�L�T�C�g : �|��j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-19 17:36 | 映画 | Comments(0)
 東海大医学部OBの男性医師4人が、診療報酬を詐取したとして逮捕された元医療コンサルタント会社経営者に医師名義を貸し、その見返りに現金2000万~30万円を受け取っていたことが、警視庁組織犯罪対策1課の調べで分かった。
 4人は「不正請求は知らなかった」と釈明したことから、同課は立件を見送ったが、4人が名義を貸したクリニックがあった東京、千葉、神奈川の各社会保険事務局に行政処分をするよう異例の通報を出した。男性医師は、組対1課の調べに対し「利用されただけで自分は被害者だ」と話しているという。
 医師の名義貸しはよくある。美容クリニックなど、大学病院の医師がいるという表示はあるが、名義だけということは珍しくない。
 飲食店の営業許可のように責任者がいればいいというのとは違い、医学に関わるものは医師でないとやってはいけない。脱毛などのレーザー処置だって医師免許がないとしてはいけないのだが、無免許しかもバイトの店員がやっていることがある。機器の操作は簡単だが、もしも何かあった場合に、医師と違って対処できないのだから、危険である。
 ところが、飲食店の「食品衛生責任者」と同じ感覚で医師が名前を掲げ、しかも卒業した大学と勤務する大学病院の名が仰々しく表示されている。これに騙される人がいるから、やる医師もいるのだ。

 
Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-19 15:30 | 社会 | Comments(0)
 酔っぱらい運転の自動車が歩いている高校生の集団に突っ込み死傷者が出た事件で、運転していた男だけでなく、一緒に乗っていた男も幇助したとして有罪とする判決となった。
 ただし、乗せてくれと依頼したが、乗った後は寝ていたので、酔っぱらい運転の幇助だけであり、危険運転致傷までは幇助していないということから、反省もしているので罰金刑で済ませたという。しかし、犠牲死者の遺族は甘いのではないかと不満を述べている。
 事故とか違反があった場合、同乗者の責任は、運転免許を持っているかどうかでぜんぜん違う。だから何かあった場合、持っていても持っていないと言い、名前や生年月日を警官に訊かれたらデタラメを言っておけという。しかし、それ以前に、酒飲んで運転している車に乗るべきではない。違反以前に自分の命の問題だ。
 あと、事故があった場合、車を捨ててその場から逃げてしまうのが一番であるらしい。自分の車でなければもちろん、自分の車でも、カギをつけたままにしている間に誰かに勝手に乗り逃げされたと言えば、ほんとうかウソかわからないことが多い。
 これはある警官に教わったのだが、悪知恵としてではなく、警察でもわらないという深刻な話として聞いた。あのビートたけしも、大学を中退してしまいタクシー運転手をしていたが、そのとき事故を起こしてしまい、車と客を放ったらかしにしてその場からトンズラして、しばらく隠れていたから助かった。そしてたまたま逃げ込んだストリップ小屋に住み込んで前座のお笑いを始めたのが芸の原点というのは有名な話。
 あと、酔っぱらい運転の幇助というと、酒を飲ませた客が帰りに酔っぱらい運転をした場合、外に見送ってしまったら幇助になってしまうから要注意だ。玄関までだったら、外に出てからのことはわからないので、まさか運転するとは思わなかったと言うことができるけれど、外にまで出て見送ったとなると、このあとどうやって帰るかわからないはずがないので、幇助したと看做されてしまう。これでよく営業停止処分を食らい大打撃となってしまった店がある。

 
 Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-19 15:12 | 司法 | Comments(4)
 前に東京都八王子市で話題になったことがあるけれど、今度は青森県八戸市の市議が水着姿になるなどグラビアアイドルもどきの活動をするそうだ。
 こんなことが出来るのはヒマだからだと皮肉を言われる。実際に、市議会議員なんて選挙のときだけ熱心で、あとはたまにしか議会は開催されないし、それにしては給与はなかなか良い金額である。
 外国では、地方議会は夜に開かれていたりする。議員たちは他に自分のもともとの仕事を持っていて、だいたい昼間に働いているからだ。仕事を終えて、「さて今日は市議会があるから一杯やるのはやめておこう」とか、「残業は勘弁してな」と言うと上司が「ああ、いいよ。あなたは議員だからね。しっかり」とか、パン屋など商店主は、妻(夫)か子供に、「話し合いに出かけてくるから後は頼むわ」「いってらしゃい。頑張ってね」などという調子である。
 だかから議員報酬なんてもらわない。そんな税金の無駄づかいしない。また、職業政治家のセンセイとは違って、俗世間の人間として働きながら政治にも携わるわけだが、市民の感覚が直接的に政治に反映する。
 日本も、そうしたらいいのに。だったら、「今日は撮影が終わってから会議です」でもいい。
Excite �G�L�T�C�g : �|��j���[�X
[PR]
by ruhiginoue | 2008-09-19 14:33 | 政治 | Comments(1)