井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2009年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 ジョン・レノンが受賞した後に返した勲章が、その理由を書いて添えた手紙とともに、セント・ジェームズ宮殿に保管されて忘れられていたところを発見されたそうだ。
 ベトナム戦争対米支持の英政府に抗議するとジョン・レノンは述べていたが、後に彼は「勲章は恥」だと思ったから返したと言っている。例えばドキュメンタリー映画『イマジン』(アンドリュー・ソルト監督)の中で、そう言う場面がある。
 受賞の理由は、外貨とくに米ドルを稼いで英国経済に多大な貢献をしたということで、実際に経済への影響は大きかったようだ。
 それでも、受賞にケチを付ける人たちは多く、それに対してジョン・レノンは「文句を言っている人たちには戦争の英雄として受賞した人たちがいますね。人を殺してですよ。僕たちは人を楽しませたんです。よほど正当な受賞理由でしょう」と言って喝采を受けたが、後から、そもそも勲章を持っていることが恥だと考え直したと言うことは、そんなもので悦ぶ俗物根性はみっともないとジョン・レノンは言いたかったのではないだろうか。


Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-01-07 19:10 | 音楽 | Comments(3)
 自分の情けない現状の惨めさを紛らわすために、より悲惨な状態の人をあざける人がいるのは、昔から変わらないが、そんな人がまたぞろ湧いて出るぞとネット上で言われていたところ、ほんとうにぞろぞろ出た。出るぞ出るぞと言われているところへ出てしまう人は、よっぽと言いたくて仕方なかった、つまり、そうでもしないとやりきれなかったのだろう。そんな人が相当にいるということだ。
 それは今回の「年越し派遣村」に集まる失業者らを「本当に働こうとしている人か」と言い放った坂本政務官に、待ってましたと言わんばかりに早速の擁護をしてる人たちのことだが、それについて知り合いの地方議員は、そんな人たちも救わないといけないと言っていた。たしかに、それだけ惨めな人たちだ。
 いわゆるセレブな人たちなら、他人をこき下ろしたり、まして困っているという人を罵倒する必要がない。自分が納めた税金を働かない奴らのために使うなと言う人は、所得が少ないから言いたくもなるわけで、これが高額所得者なら、それを上回る不労所得があったり、投資や寄付を気楽にしていたりするものだから、愚痴る必要がない。
 しかし政治家は、ちよっと失敗すれば転落で、元センセイが失脚して生活の為なりふり構わず働くなんて無様で耐えられない。最近では自殺した元国会議員もいる。明日は我が身。そうした自らの立場からすると、いつ派遣先で首切られて失業者かという人たちなんて困っている人たちではなく、自分たちの同類に見えてしまうのだろう。だから、同情の気持ちが「甘い」と非難の言葉に変わって口から出るのだろう。
  
Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-01-06 12:52 | 政治 | Comments(4)

ちくわぶ

 おでんの具のひとつ『ちくわぶ』は、関東以外では浸透していないそうだ。
 小さい頃から、おでんの中でちくわぶが一番すきだった。こういうと、あんなもののどこが美味しいのかと疑問を呈されることが多い。
 たしかに、味気ない。
 しかし、まず、ほどよく煮込んでの『すあま』や『ヌガー』のような触感が心地よく、また、自らはろくに味がしないくせに、他のネタと混ざっているうちに他のすべての具の出汁を吸収して攫ってしまうから面白いのだ。

 関西に、もっと“ちくわぶ”を | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-01-05 12:41 | 雑感 | Comments(3)