井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2009年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 ローマ法王が、コンドームを配ってもエイズを克服できないなどと発言したことで、カトリック内の一部からも批判が起きたそうだ。
 『モンティ・バイソン 人生狂騒曲』で、「カトリック信者ばかりの地域は子だくさんの第三世界」「カトリックはプロテスタントのように薬局でイボイボ付きのを買う楽しみがない」などと、散々からかわれていたが、信仰は揺るぎなかったようだ。


Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-03-19 19:00 | 国際 | Comments(0)
 前にも指摘したが、自首すれば刑が軽くなるのが法の定めだ。自首があるおかげで事件の解決が早まり、捜査などに費やす時間と労力と人員と費用を、他の事件や防犯に役立てられる。
 ところが自首したのに刑が軽くならないのでは、自首しても無駄ということになり、それなら、犯人は証拠隠滅や逃亡を考えるようになるだろう。
 特に本件のように、ネットで知り合ってニワカな仲間と安易に悪事を働いた場合は、暴力団などと違い結束が弱いし、自分だけ刑を軽くしようとして仲間を売れば抹殺されるなんてこともないから、裏切り者が出やすい。つまり、そんな仲間と悪いことをすれば危ないということになる。だから自首を認めて減刑することで犯罪の抑止になる。ところが、それをしなければ、逆の影響がある。
 というわけなので、反省したのではなく、ただ自分だけ減刑をと自首したクズだけど、そのご褒美を与えることは、シャクだけど、やむを得ない。
 これは遺族にしてみれば、憎しみから全員同じ刑にして欲しいだろう。現に犠牲者の親はその主張をしている。しかし、もしも自首が無くて迷宮入りだったらどうか。同じような事件を防止しなくていいか。身内の不幸と同じ目に遭う者が出ないようにすることも必要ではないか。そう考えたら、これは堪えるしかないだろう。
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-03-19 08:06 | 司法 | Comments(3)
 人工衛星の打ち上げなら、それをミサイルにすれば飛距離はそれ相当にあって当然だ。日本は何度も打ち上げている。
 また、ミサイルは、一直線に飛べば迎撃され易いので曲がりくねった飛び方をしなければならず、それだとその分飛距離も長くないといけない。
 そこで、飛距離を伸ばすよう研究開発したところ、上手くいきすぎてしまい、そのまま作ったら防衛ではなく外国を攻撃できるので、危ないものを作っていると言われてしまうから、わざと飛距離を短くしているそうだ。
 そんな日本の技術に比べるとテポドンはお寒いとしかいいようがないが、だから失敗して変な所に堕ちないかと心配ということか。
 
 Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-03-14 23:17 | 国際 | Comments(2)

田中康夫は信用なし

 小沢一郎民主党代表は、田中康夫新党日本代表に、千葉県知事選挙の応援を依頼したそうだが、地方自治選挙で田中康夫代表には信用がない。
 なぜなら、彼は頼まれればそのまま口移しでしゃべるだけで、しかも内容が、応援する候補者について持ち上げるのではなく、対立候補への中傷誹謗ばかりで、そうなってしまうのは地元の事情を知らないからだ。だから、何も知らないくせして勝手なこと抜かしてるんじゃないと言う地元有権者の反応となる。
 いつもこんな調子なので、お呼ばれしても反感を買うばかりで、客寄せパンダとはなり得ても支持拡大にはなならない。
Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-03-14 12:19 | 政治 | Comments(4)

『ミッション』

 ナイアガラの滝に故意に飛び込み生還した男がいた。この無謀をしてみせる者がたまにいて、これで二人目だという。
 それで思い出したのが映画『ミッション』。あれはイグアスの滝だった。スタントマンが実際にやった場面もある。滝の場面などエンニオ・モリコーネの音楽がすばらしい。
 

ナイアガラの滝に飛び込んだ男性が生還、史上2人目 | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-03-12 23:09 | 映画 | Comments(0)
 この裁判では、都議と教委ともに違法な介入をしたと裁判で認定されたが、これは産経新聞の煽りが介在して発生した問題だった。
 知的障害者への性教育なので理解しやすいようにと人形を用いて説明していただけなのに、アダルトグッズみたいなものを教室で使っているなどと、センセーショナルに騒ぎ立てたのだった。
 そして、「性教育は共産主義者のやること」などと、ふさげているとしか思えないことを言って大騒ぎ。
 その、あまりの非常識ゆえ、石原都知事の後ろ盾がある者たちを、保守的な裁判官たちでさえ断罪せざるを得なかった。それが、この判決である。
 
 


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-03-12 18:09 | 司法 | Comments(3)
 北朝鮮がやろうとしているのは「発射」なのか「発射実験」なのか。
 人工衛星打ち上げのロケットなら「発射」だし、ミサイルなら「発射」だと武力行使で、「発射実験」なら研究開発である。
 ところが、日本の報道は「ミサイル発射」というから、北朝鮮は人工衛星打ち上げに見せかけてミサイルによる武力攻撃の意図をもっていることになる。そんなことはない。北朝鮮の技術は開発途上で、そのために実際に打ち上げてみるのだから、宇宙開発の技術の平和利用と言いながら、本当は軍事開発の意図があるのではないかという問題である。
 だから、「北朝鮮が人工衛星打ち上げと称してミサイル発射実験をしようとしている」というべきだ。そう正確に言わないから、関係機関に通知して手続きをとったから問題ないという態度を北朝鮮はとるのだ。政治的意図から危機を煽るつもりで逆手にとられたのだ。


Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-03-12 17:53 | 国際 | Comments(0)

厚労省14連敗

 原爆症の認定却をめぐる裁判は、これで国側の14連敗なのだが、それというのも厚労省がデタラメばかりだからだ。裁判でも、見え透いた引き延ばしばかりしてきた。
 さすがに裁判所も呆れたのだろう。

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-03-12 17:29 | 司法 | Comments(0)
 ベネズエラのチャベス大統領は、人体標本を見せ物とすることはモラルの低下だと非難したそうだ。
 人体の輪切り標本を見て「南斗水鳥拳」と言ってた人もいたが、 学術というより興味本位ではないかという批判はもともとあったのだった。

チャベス大統領、人体標本の展示を厳しく非難 | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-03-10 18:19 | 国際 | Comments(0)
 番組中で放送禁止用語とみなされる言葉をゲストが発し、番組内でお詫びがあったことについて、発した当人ではなくテレビ局のアナウンサーが詫びるのは不可解という意見がある。悪いなら当人が責められるべきだし、当人が悪いと思っていないとしたら他人が勝手に詫びてしまうのも問題ではないか、ということだ。
 しかし、これは生放送でいろいろなゲストが好き勝手に話すことで作る番組なのだから、そうすると時には不用意とか無配慮な発言をする者もいて当然で、そのような番組づくりをしているテレビ局の側が、そのことで生じた問題について詫びているのである。
 しょせんは、放送に相応しくない品の悪い言葉遣いという程度のことでしかない。政治的な問題になり圧力がかかって、信念から発言した者をさしおいてテレビ局が勝手にお詫びしてしまった、というようなことではない。
 だから『笑っていいとも』でのフジテレビの対応は間違っていない。そんなことを問題にするほうが、おかしい。問題の趣旨を取り違えているからだ。

 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-03-09 10:39 | 芸能 | Comments(6)