井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2009年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 衆院が21日に解散される見込みとなり、児童ポルノの単純所持禁止などを盛り込んだ児童ポルノ法改正案も廃案となる可能性が強まったが、法案賛成のアグネス=チャンさんは7月17日のブログで「成果はありました」と肯定的な評価を示した。
 
国会での、アグネスさんと保坂展人議員とのやりとり

 児童虐待の一種として児童ポルノがあり、その危険を冒してまで未成年者の裸を撮る意義はないはずだ、というアグネスさんの言うことは間違ってないけど、それなら、今の法律でも製造と販売は禁じられている。
 しかし個人的にただ所有していることまて犯罪とすべきかの議論だから、すでに指摘があったとおりアグネスさんは問題の認識がずれている。
 あと、製造販売は悪いことして儲けようということだから犯罪にして当然だけど、趣味の所有と鑑賞は、良くない事としても犯罪か。心の病だろう。現にそういう趣味の人は、自身が子供の頃に衝撃的な体験をしたり、虐待を受けた人で、大人になったら仕返しするとか、きっと子供を虐めたら楽しいから大きくなったら自分もやろう、などと心の底で思っていたのが原因となっていることがある。
 そこで、アメリカでも、そう言う人が犯罪をしたら、精神科の治療やカウンセリングとかセラピーを受けることで刑罰は免除するようにもなっている。この点で遅れている日本が、刑罰だけ模倣するのは「つまみ食い」である。
 また、以下のようなご指摘も頂きました。

 親の立場から規制強化を訴えている人たちは次の三点で間違っている。
 
 子供を守るのはもともと親の勤めであることを忘れてお上頼みしている。

 子供を本当の意味で大切にする社会的な意識を市民から高めていこうという意識がないので、一部の悪い大人を取り締まりさえすればいい、くらいにしか思っていない。

 権力が勝手なことをしている社会で育ってからそんな社会に出ていく子供たちは可哀想だということが解ってない。
 
Excite エキサイト : 社会ニュース

人気ブログランキングへ 
[PR]
by ruhiginoue | 2009-07-18 16:43 | 政治 | Comments(1)
 北海道大雪山系トムラウシ山と美瑛岳の遭難10人死亡。夏山としては過去に例がない大規模遭難となったが、本州のツアー客ばかりだとか、夏山への認識の違いとか、悪天候の中で予定を強行した判断に疑問とか、こういう話は登山や北海道に関する著書が何冊もある本多勝一氏が、繰り返し問題にしてきたことだった。
 山で天候が急変するのは、地面に草が生えていたり石ころが落ちているのと同じくらい当たり前のことなのに、案内役や引率者が「まさかと思うほど急に天気が変わったから、どうすることも出来なくて仕方なかった」と言い訳しているなど、もう無免許運転のバスが事故を起こして乗客が死に「ブレーキがどれだか判らなかった」と運転手が言い訳しているのとほとんど同じだったりする。
 もともと山登りに関しては,軽装すぎるとかスーツ着たとき向けの靴を履いていたりとか、笑い話から深刻な話までいろいろある。これを山で実際に目撃すると「形から入る」のも時には必要かなと思う。

人気ブログランキングへ 
 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-07-17 18:39 | 社会 | Comments(2)
 防衛白書を政府は了承したが、内容は近隣諸国の軍事力が脅威であるという相変わらずの内容である。
 いちおう、そう言っておかないといけないから仕方ないが、それならちゃんと自衛隊に訓練くらいさせるべきだ。
 艦内の飲酒やイジメで「なってない」とは正にこのことの自衛艦では、外国軍と戦闘なんて無理だけど、食い詰め農民が強盗と化した海賊どもなら、仮に戦争映画撮影用ハリボテでも脅しが効く相手だから仕事したふりが出来る。
 北朝鮮がロケット発射したさい、落下物対策と称してミサイル防衛をひけらかしに町中に繰り出した搭載車両が、間違って野球場に迷い込み照明灯に引っかかり動けなくなるという醜態を演じ、地元の秋田では、まるで怪獣映画の特撮NG集の一場面のような光景を目撃した人は多いが、大きく報道されていない。
 しかし、海賊や国民は誤魔化せても、外国軍の情報部はしっかり把握し、日本の自衛隊が大金投じたコケ脅しだと認識しているはずだ。
 まあ、高い買い物をして、産業界それも日本以上にアメリカの方に貢献するのが第一で、これには自衛隊も政府も国民も、半分あきらめているのが実情ではあるが、少しは精進してほしいものだ。
 莫大な税金投じて高価な機器を購入したものの、人材のほうがなってなくてちゃんと使えない、というのは防衛医大だけにしてほしいものだ。

人気ブログランキングへ
 Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-07-17 17:17 | 政治 | Comments(0)
 田原総一郎氏が、例のテレビ発言の件で訴えられたそうだ。
 消息不明になっている有本恵子さんらはすでに生きていないとの認識であると外務省の高官から聞いた、と田原氏は言ったが、これに有本さんの家族は、根拠がないことを電波にのせて言われ精神的苦痛を受けたとして慰謝料を請求する裁判を起こした。また、放送倫理上の問題がないかBPOが調べるとのことだ。
 可能性としては、有本さんらが亡くなっていることも、その認識を外務省が持っていることも、どちらも考えられるわけで、問題はその根拠である。
 田原氏は、不快な思いをさせてしまったことはお詫びするが、発言の内容については実際に取材したうえでのことだと主張している。
 この種の裁判では、「確かな筋から得た情報」を、どう評価するかが問題になる。
 取材源の秘匿は報道の大原則であり、これを崩してしまったら、官庁や企業の不正を勇気を持って正義感から内部告発した者が社会的に不利益な立場に追い込まれてしまうし、暴力団がらみであれば「お礼参り」と称する報復により危害を加えられて命まで危うくなる。そうすると、誰も告発や証言をしなくなってしまい、社会の不正が放置されたうえさらに悪化することになる。
 しかし、なんでもかんでも「確かな筋から得た情報」とさえ言えば済むのなら、口から出任せであろうと、勘違いであろうと、意図した捏造であろうと、みんな通用してしまい人権侵害やりたい放題と報道の信用低下という二重の害悪となる。
 そこで、確かさについて具体的にどう評価できるか、裁判では個別に判断することになるのだが、今回のように「お上」が情報源という場合、情報の信憑性ではなく「お上」の都合で判決が揺れ動くから困ったものだ。「お上」の威信にかかわる場合は、「お上」が言うことだから信用できると認定し、「お上」にとって都合が悪くなりそうだと、「お上」がそんなことを言うはずがないと認定する。この種の裁判は、だいたいそうだ。
 あとは、当時者の口八丁と弁護士の腕前次第である。

人気ブログランキングへ
 
[PR]
by ruhiginoue | 2009-07-16 18:20 | 司法 | Comments(0)
 69年7月20日の人類初の月面着陸から40年を迎えるのに合わせ、米航空宇宙局(NASA)はアポロ11号の打ち上げから地球帰還までの8日間にわたる実況録音をネット放送するそうだが、なぜ音声だけなのだろうか。映像を流すと、また例の偽装説について色々と言われるからだろうか。
 この偽装説に基づいて『カプリコン1』という映画が作られたが、NASAから製作に圧力がかかった。だから内容はすっかりハリウッド映画なのにイギリス映画である。こういうのはベトナム戦争告発ものにあり、例えば『プラトーン』がイギリスで製作されたし、『合衆国最後の日』もドイツで撮影されたアメリカ映画だ。ベトナム戦争と同様、国策告発はタブーということか、『カプリコン1』はフィクションなのだが。
 日本では、ド迫力の音楽が人気があり、映画を見ていないけれどテーマ曲だけ知っているという人がいる。
 作曲したジェリー=ゴールドスミスは来日したとき、『カプリコン1』のCDもってサインしてくれとよく言われるので、『カプリコン1』は日本ではポピュラーなのかと意外そうに言ったが、映画よりテーマ曲がポピュラーなのだ。
 


人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-07-15 16:35 | 学術 | Comments(5)
 岡山の突き落とし事件では、父親が派遣で貧乏だからと東大に行きたいと頑張っている息子に無理矢理進学断念させて、息子は将来を悲観し父親に裏切られたとノイローゼになって犯行に及んだが、情状酌量はなく法で決められた最も思い刑にされた。
 杉並区の隣家親子殺人事件では、親からもらう小遣いではゲーム・パチンコ代やタバコ代などが足りないからと日大生が強盗殺人をしたが、犯行の一部に計画性が認められないことなどと共に、親が被害者側に慰謝料を支払ったことも考慮され、法で定められている中で異例ともいうべき軽い方の刑となった。死刑にしろというのではなく、その回避理由の一つは親の財力次第であることが問題なのだ。
 格差社会が、ここまで来たかという感じだ。貧乏な親を持つと、未成年者でも同情されない。子供が虐待死させられた場合の対策も不充分なまま、臓器を親の承諾で取られる法律までできた。
 未成年者よ、気を付けろ。どんなことがあっても軽はずみはやめろ。知恵を搾れば合法的な復讐は色々ある。
 
人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-07-15 15:53 | 司法 | Comments(3)

臓器移植の恐怖

 この「公共広告機構」の宣伝は、脳死移植を絶賛しているだけ、だろうか。
 
 

 そうではない。反対する人や協力しない人への威圧である。
 気づかずに、感動してしまう人もいるだろう。善意によって舗装される危険な道とはこのことだ。
 他にも、ニコニコしながら「人の役に立ちたい」「人の命を救いたい」など当然だと言って臓器を提供する意思表示カードを手にした人たちの姿のテレビ宣伝があり、同時に、提供の意思表示をしていない十代の女の子が残念そうに「お母さんがダメって言うから」と言う。
 意思表示のカードは、身体の部位ごとに、提供するかしないかを記入するようになっており、一切しないという選択肢もありながら、このCMである。
 解説するまでもないだろうが、実に一方的で、もう一方を誹謗している内容だ。このようにして、公共電波を使用し賛否の分かれる重要な問題について片方の意見だけが押しつけられてきた。
 こんな実態すなわち「空気を読め」という意味での「空気」を、莫大な費用をかけて作られてきた中で、親でも子供本人でも、皆が自分でよく考えたうえで自由に意思表示が出来るはずがない。
 しかし、自分の身体生命に関わることである。周りの雰囲気がどうであれ、親が何と言おうと、自分で決めるべきだ。このことを、これから子供に向けて啓発しなければならない。
 

人気ブログランキングへ


 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-07-13 22:37 | 司法 | Comments(4)

日本もイラクと同じ

 ユネスコの調査により、イラクにあるバビロンの遺跡が米軍により破壊されており、世界的な文化財であるのに由々しき事態となっているそうだ。
 これは日本と同様だ。
 直接破壊されたものとしては、例えば酒蔵などがそうで、サントリーとキリンが経営統合するという報道があったばかりだが、大企業の大量生産による味気ない酒ならあっても、本当に美味しい酒がなくなってしまった原因の一つである。
 間接的に破壊されたものとしては、宗教と文化に関わるものだ。米軍は、占領政策として日本の神社をすべて撤去しようと考えていた。戦意高揚に利用した靖国神社や、国粋主義に利用した伊勢神宮など大きなものはもちろん、日本中のあらゆる神社を撤去しようとしていた。
 そんなことしたらバチが当たると日本人が言っても、アメリカ人は笑っていた。くだらない迷信だと思うからだ。そして、むしろそんなくだらないものから解放していやるというくらいの気持ちだったらしい。
 これでは、イラクの古代遺跡なんてみんなぶっ壊して駐車場にしてしまえと言い放った米兵たちがいたというのも当然だ。
 ただ、日本の神社は、逆に占領政策に利用するため温存した。赤化防止のため、保守思想の拠り所は壊さないほうが好都合だったからだ。こうしてアメリカの思惑に汚染され、外見と形式だけは保たれたが、内面にあるべき日本の真に伝統的な文化が損なわれてしまった。
 そして、観光施設に成り下がった宗教施設が、夜に建物をライトアップするなどのくだらないことをして見せながら、東京・大阪・広島・長崎は焦土と化したけれど「でも奈良と京都には爆撃しなかったから米軍は見識がある」と卑屈にも感謝しているわけである。
 
人気ブログランキングへ

 
 Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-07-13 13:05 | 国際 | Comments(3)

選挙に立候補

 都議会議員選挙があるので宣伝車が連呼しながら走り回っているけれど、選挙といえば学校でやったことがある。
 だいたい学校の選挙は、小学校の児童会だと人気者が、中学校の生徒会では優等生が、高校の生徒会になると立ち会い演説会でのパフォーマンスが受けた者が当選するものだ。
 自分の場合は高校で、トップ当選だった。今思い出すと恥ずかしい。

人気ブログランキングへ
[PR]
by ruhiginoue | 2009-07-11 14:51 | 政治 | Comments(4)
 児童ポルノ規制法について、与野党が摺り合わせをして改正案成立するそうだが、そもそも「単純所持」を犯罪として取り締まれば良いという発想が間違っている。
 今すでに違法な「販売目的所持」は、悪いことをして儲けようというのだから犯罪で当たり前だが、自分で鑑賞するために持ってるのは、良くないことではあるけれど、そんなことをしている人は心の病気だろう。その原因は、幼少時にショッキングな体験をしたり、中には自分が虐待を受けていて、その反動だった場合もある。
 単純所持を犯罪として取り締まっている外国の例をみると、その一方で、心の病気を治療するためカウンセリングやセラピーを受けるのであれば刑罰は見合わせるという制度となっている。
 アメリカの例だが、成人でありながら未成年の少女を好む男性がいて、ポルノ鑑賞はもちろん買春もしていたのだが、なぜか14歳にこだわっていた。彼は逮捕され、警察が調べているうちに、その年齢へのこだわりが不可解なことから精神科の専門医師に相談したところ、医師が彼と面会して話しているうちに判明したことがあった。
 彼は14歳の時に、同級生の女の子との初デートを、母親から妨害されていた。当日に仮病を使い息子に看病させることで行かせなくした。そうまでして母親は、息子を自分に従属させておきたかったようだ。他の言動からも、子供をいつまでも支配下に置きたい親であることが明らかだった。倒れた母親が仮病だったことを知った彼は衝撃を受けたが、呪縛を振り切って独立したいと願った。そこまでは良かった。ところが、その思いが歪んでしまい、大人になる最初のきっかけを壊された14歳の時をやり直そうとして、14歳の女の子にこだわったのだ。
 そこで、発想を変えるように専門医が指導することにした。たしかに14歳の時は悔しかった。さぞ辛かっただろう。けれども、その思いを児童ポルノや児童売春で克服することは間違いだし不可能だ。他にもっと合理的な克服方法を模索しよう。そういうことになった。そのため医師は責任を持ち、また被告はきちんと働いているため医師に治療代を支払い続ける収入があるので、刑務所に入れるのではなく、これまでどおり働きながら治療を受けるほうが合理的という結論となった。
 そこまでの対応をして、はじめて解決できるというものだろう。ところが日本では、そこまで出来る状態ではないし、今回の法案も、それ自体の内容が薄っぺらである。ただ禁止しただけでは、原因を取り除いていないので地下に潜るだけだ。そして禁酒法とアル=カポネのような関係が出来れば、より悪質化し、反社会的団体の資金源になる。 

人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-07-11 09:17 | 司法 | Comments(2)