井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2009年 08月 ( 65 )   > この月の画像一覧

最高裁判事の審査もある

 前に書いたことがあるが、君が代伴奏を拒否した教師の処分取り消しの裁判で教師が敗訴し、最高裁が上告棄却したところ、反対意見の判事が一人だけいた。
 途端に、ネットウヨの連中が、この裁判官はケシカランので不信任に投票しようと言い出した。また、朝日新聞の社説など一部のマスコミ論調が、この教師に同情的な立場から反対意見を強調したため、ネットウヨと同様の誤解する人が一般にもいた。だから逆に君が代問題でその教師に同情的な人たちは、反対意見の判事を良識派だと思うだろう。
 しかし、この裁判官は藤田宙靖という「保守反動」として知られる人で、なぜ反対意見を述べたかというと、その教師と支援者たちが思想信条の自由を振りかざし政治的な話ばかりしていたからだった。
 そうではなく、思想信条の自由に反していても、業務ならしなければならないことはあり(判決はそう言う趣旨だった)、しかし、それは業務遂行に必要不可欠なものである場合で、では、それに本件は該当するかどうかが問題になるのだから、本来の問題が争点となるよう裁判をやりなおすよう差し戻すべきだと主張したのだった。
 つまり、その教師と支援者など左寄りの人たちが、場違いな政治的な主張をするので、その独善性を批判してもいたと解釈もできるのだ。少なくとも,左寄りの人たちに理解を示したのではない。
 このように、誤解に基づいて判断してしまう人が少なくなく、同時に、よくわからないと言う人もいる。裁判所前の困った老人のように、自分の滅茶苦茶に気づかないで最高裁批判してる人もいる。(この人はまた騒動を起こして逮捕されている)
 かつては、何も判断材料が提示されなかったが、その問題点が指摘されるようになり、判事たちがどんな経歴でどんな裁判に関わったかを載せた資料が選挙公報と同時に配布されたり、新聞が独自に一覧表を作って掲載したり、などの情報提供が昔より詳しくはなったが、それでもまだ不十分と言える。
 だから、最高裁の判決と決定について、法学者や弁護士が独自に研究したり、その意見を訊きながら報道関係者や市民が研究し、国民に正しい判断を呼びかけるよう、活動を活発化させなければならない。
 とりあえずは明日の投票だが,なにも書かずに投票すると信任と看做すという制度に騙されることだけは避けたい。許せない判事がいたら「×」をつけ、全体的傾向が気に入らなかったら全員に「×」をつけることだ。

人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-29 14:27 | 司法 | Comments(0)

時計じかけのオレンジ

 不良少年どもがホームレスを襲撃する事件は度々起きていて、それを予言していたようなこの映画を、いつも思い出す。

  

 映画に描かれるように、このようなことが起きるのは社会の反映。この場面は、社会から捨てられた老人が橋の下でやけ酒くらっているところへやってきた不良どもが、面白半分蔑視半分でぶちのめす。
 さらに劇中では、この不良のリーダーが仲間に裏切られ逮捕されると、刑務所で洗脳される。それは非人道的だと反対の意見に法務大臣が、「犯罪少年を更生させるのに裂く予算なんてない。刑務所は政治犯で満員にしなければならない」と平然と言い放つ。
 これもすっかり現実か。

人気ブログランキングへ


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-28 20:27 | 社会 | Comments(3)
 つくばエクスプレス快速電車の男性運転士(24)が走行中に数分間居眠りをしたが、電車は走行や停止がすべて自動制御されており、事故や遅れにはつながらなかったそうだ。
 運営会社は「職責の自覚を促し、健康管理に十分注意するよう乗務員を指導する」としているが、これは近いうちに、自動制御であるべきなのに人間に運転させて危険だったと問題になるように変わるだろう。

人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-27 21:32 | 社会 | Comments(4)
 住宅は、イヤならやめるというわけにはなかなかいかないので、納得できない条件があっても、いちおう従って契約せざるをえないものだ。
 それにかかわり、賃貸マンションの更新料について、借り主(京都市)が更新料5回分など約55万円の返還を求めた訴訟の控訴審で、大阪高裁は男性の請求を棄却した京都地裁判決を変更し、「更新料の約定は消費者の利益を一方的に害しており、消費者契約法に反し無効」と指摘して貸主に45万5000円の返還を命じた。
 家賃をとったら、それですべて賄うべきなのがほんとうの在り方だろう。最初に契約金とか保証金があって、そこから仲介した業者の斡旋料が出たとして、後は更新するならむしろレンタル店がやっているように、安い手間賃を取る代わりに一回レンタル(家賃一月)無料、というような形が、労せず再契約となったのだから、当然のはずだ。
 もちろん、それだと零細な大家は経営が苦しいのだが、それなら適正な価格に家賃を設定するよう業界で規制して不正競争を防ぐのが筋だ。入店料とサービス料と突き出しが異様に高い飲食店みたいなことは、やめるべきだ。
 これも、文句があったら持ち家にしろというこれまでの政策や風潮が、終わりを告げたということだろう。「土地神話崩壊」と言われて久しいが、なにより社会は流動的になっていて、「マイホーム」「一国一城の主」へのこだわりもなくなっている。
 テレビではまだ「お宅拝見」をやっていて、こだわりのある個性的な建築を紹介しているが、これも住宅の専門家からすると馬鹿げた話で、良い家はだれにとっても変わらないから、個性的な家を、規格通りでないため作るとき割高になり売るときは安くなるのに、わざわざ設計して建設するのは、よほど特異な事情でも無い限り無駄なのだそうだ。
 だから、何かの都合で気軽に引っ越せる賃貸を選択し、大家に文句があったらいくらでも言う人が増えて、その反映で今回のような裁判と判決が、増加の傾向となるはずだ。

  人気ブログランキングへ


 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-27 21:16 | 司法 | Comments(5)

立派なお巡りさん

 福岡の飲酒運転による3児死亡事故の3回忌に、そこの巡査部長が飲酒運転でひき逃げ逮捕という、皮肉が凄すぎて他の酒気帯び運転警官や中川大臣どころではなくなりそうだが、そのような問題が起きる背景の一つとして,このような立派な警察官が報われないどころか組織内で迫害される実態があるのではないか。



 この動画は5-1から5-5まであります。

 ついでに言うと、これと同様の不正疑惑は自衛隊にもあり,それを告発しようとする者は「反自衛隊」「左翼」としてもっと弾圧すべしと言ったのが例の田母神元空幕長で、彼は現場で頑張っているのでもなく、組織でヨロシクやり頂点に昇り、国士ぶって政治的発言して金にしています。

 人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-26 19:08 | 社会 | Comments(0)
 ここ数日、気温が低下して過ごしやすいが、屋外プールで泳ぐと水がやや冷たく感じ、水底確認の休憩時間になると、風が冷たいので日光浴ではなく温水シャワーを浴びに行く人が増えた。秋が近づいたのだろう。
 その屋外プールで、よく昆虫が溺れていて、助けることがある。先日はテントウ虫を助けていたら、人間を助けるライフガードのお兄さんが「何か異物ですか」と訊くので、溺れるテントウ虫を救助と説明し、「益虫のほうだったから」と言うと、「テントウ虫に益虫と害虫がいるんですか?」
 テントウ虫には肉食と草食がいて、肉食は害虫を食べてくれるから人間にとって益虫で、草食のほうは農作物を食い荒らすから害虫だ。
 「これはナナホシテントウだから」と言うと、感心されてしまった。でも、小学校の理科で習わなかったのだろうか。
 今日はカマキリが溺れていたから、助けた。トンボを狙っていて、転落したのだった。なんか可笑しい。トンボたちは水上の空中交尾を見せつけているが、それを狙うカマキリ。で、カマキリは動く者は何でも襲いかかり食うので。交尾のあとでほとんどのオスが体格で勝るメスの餌食となる。夜の公園などでアベックを襲う奴や、それで失敗する奴や、女性に食い物にされる奴など、人間にも似たようなのがいる。
 自分としては、いずれ地獄に堕ちたときのことを考えるとクモを助けたいのだが,プールにはまず来ない。
 夕刻になると、カマキリと同類だが草食のほうのバッタたちが羽音を響かせる。あの騒々しいセミは、もう樹ではなく地面に死んで転がっている。やはり秋になった。
 バッタは足に耳がある。子供の頃,本で読んだとき信じられなかった。両耳が離れているから、音のする方向が正確に分かり、求愛に貢献する。トンボにはイージス艦のレーダー顔負けの複眼がある。
 しかし、これまた人間サマは、そうした機能で劣るため、その代わり進化した脳でコンピューターとインターネットを作り、出会い系サイトに励むということだろう。

人気ブログランキングへ


 ネット恋愛、実際に出会うまでには…… | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-26 18:25 | 自然 | Comments(0)

お城は牢獄

 『ルパン三世カリオストロの城』の精密モデルの話題だが,この城から解放されて、お姫様は幸せになるという結末。しかも、解放してくれたのは警察に追われる犯罪者。
 また、ナウシカ姫も、もののけ姫も、城ではなく自然の中で暮らし、実に快活で勇猛。『ハイジ』のクララお嬢さまも、邸宅を出て高原で療養し、元気になる。
 これと真逆なのがディズニー。シンデレラも、白雪姫も、眠り姫も、粗末な部屋や森の中で生活していたけれど、王子様に見初められてお城に行き、玉の輿に乗ってめでたし。一貫して女性は受動的である。
 ディズニーは右翼で、自分のスタジオでも労働組合潰しに熱心だった。しかし宮崎駿は東映動画の労使紛争の組合活動で高畑勲と出会い意気投合し、そこからジブリが出来る。
 だから真逆なのは当たり前すぎるのかも。

  人気ブログランキングへ
 
 紙幣工場や時計塔の歯車も再現 「カリオストロ城」立体モデル | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-26 14:06 | 映画 | Comments(6)
 目立とう精神の塊・田母神元空幕長が、選挙の応援演説で、原爆慰霊には左翼ばかりが集まっていて被爆者や広島市民がいないなどと、また暴言というよりワンパターン発言である。
 この人の発言のお粗末さは有名で、すでに色々と指摘があるが、ワンパターンという点では、なんでも片っ端から「左翼」と言い出すところ。例の「そこまで言って委員会」という変な番組に出演したときも、そのときのテーマが「右翼」だったが、周知のとおり「エセ右翼」と言われるように右翼団体にはマガイモノが多く、暴力団とか同和関係とか在日も多くいるという話で、出演したもと公安の人もその説明をしていたが、しかし田母神元空幕長が唐突に、そのようなのは左翼かもしれないと言い出して、無根拠につき放送できないからと発言を制止されていた。
 ことあるごとに「左翼」と、ただ言うだけ。信念からの言動で自衛隊を追われたように振る舞っている一方で,安倍総理と親密な耐震偽装建設業者の懸賞論文に応募して賞金をもらい、それにより失業してからは右翼関係に媚びて同じことを繰り返して言うばかり。
 これは、かつて全共闘時代に上官に逆らって自衛隊を追われた「反戦自衛官」と酷似している。信念からの言動だと言いつつ、失業してからは、話題になったことを利用したがる左翼に媚びて、普通に働くのではなく「運動屋」の広告塔としておこぼれに与る。そしてワンパターンの「権力」という非難。ほんとうの権力だけでなく、左翼の内ゲバにも、個人的な「貸した金を返せ」の類いの揉め事にさえ、同じパターンである。
 このワンパターンな「権力」と「左翼」を置き換えると、反戦自衛官・小西誠元三曹も田母神俊雄元空幕長も、ソックリ同じである。まさにエセ左翼とエセ右翼であり、真面目に相手にしてはならない。
 
人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-26 13:34 | 政治 | Comments(4)

誤診なのか故意なのか

 新潟大医歯学総合病院が、がんと誤診して放射線照射やホルモン療法などの必要のない治療を2年にわたり実施していたそうだ。今のところ治療による男性への影響はないが、今後障害が出る可能性もあるという。
 これは、誤診なのか。あるいは、治療方法を試したいとか、高額な料金をとれるからと、故意に虚偽診断をしたか、故意ではないにしても判断が偏ったか、どちらもあり得ることだ。
 自分の経験だと、やはりガンになるからと言われて手術を受けたが,裁判になったら、誤診では無く別の理由だと色々と主張したけれど、その主張はことごとく医学的に非常識だった。障害はもちろん。今も苦闘中。
f0133526_22231421.jpgライフログはそれについての自著   


   人気ブログランキングへ



Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-25 22:25 | 社会 | Comments(0)

自民党のパンフ

 すでに見た人も多いはずだが、自民党が民主党に攻撃対象を絞ったパンフレットを配布している。
 正直言って、最初は我が目を疑った。しかし、自民党のものだと大きく明記してある。
 他党への批判、それも一政党だけに絞ってやるのは、野党が与党に対してやることであるし、共産党がよくやる他党への政策批判でも、まず自らの政策を掲げ、それに対して主要な他党すべての政策を比較する。
 ところが今回、自民党は与党でありながら一党への批判に集約したパンフを配布している。このような内容は、それを代行する業者を雇うものだった。恥ずかしいからだ。ほんらいは政策とか公約で持論を展開し、その内容によって優位を示すべきなのに、他をこき下ろすだけでは情けない。だから自らはやらない。すると怪しげな内容とともに、誰も聞いたことがないような政治新聞社とか経済研究所の発行するミニコミなどが配布されるものだ。ところが、である。
 また、そのパンフの内容たるや、民主党が政権を取ったら労組が牛耳るなどと、ネットウヨにお任せすればいいような内容である。
 自民党は、よほど焦っているのだろう。
 そう言えば、我が選挙区の自民党現職は、街宣車で走り回りながら懸命に「二世、三世ではありません」と訴えている。こんなのは初めてだ。言いたくても、自民党にいる二世・三世の人たちに失礼だから言えなかったはずだ。それが、もうお構いなしである。
 追記 この自民党の元大臣の候補者は落選した。また、アンケートの結果、今回のネガティブキャンペーンは逆効果だったようで、多くの人は反感をもったようだ。



Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-25 18:34 | 政治 | Comments(2)