井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2009年 08月 ( 65 )   > この月の画像一覧

学力テストは何の為か

 アメリカの場合、同様のテストを行い、平均より著しく得点が低い地域があると、中央政府は教育予算の交付金を増やし、そうした地域に特定の人種が多い場合は人種差別と貧困について調査する。
 日本は事情がちがう。
 もともとは、霞ヶ関の方針が日本全国津々浦々まで行き渡っているかを確認するためだった。つまり中央統制。だからこの嫌らしさと役人根性に反発してボイコットした学校があり、中央の圧力で多くの教員や、北海道など校長までが、教壇を追われた。それで裁判沙汰になったこともある。
 今は、競争させるため。一人一人が自分の学力を知り、さらに伸ばすためではなく、他の人と相対的化するもの。学校選択制度の導入にも関わっている。
 そうなると競争に勝てない子供と、競争に加われない事情のある子供は平均点を低下させて地域の迷惑となる。だから実際に、そういう子と親に対して校長が露骨に邪魔することを言って問題となった学校がある。
 これに対して、民主党は政権に就いたら、抽出方式に変更する方針を発表した。調査であるなら、それが本来のやり方である。それに、成績が良い所はなぜか調べて他の手本とし、悪い所は対策を講じるべきで、それがなく調査だけしても有害無益だと指摘されてきたのに、まるで改まっていないのだから、ほんとうは調査自体もやめたほうがいい。

人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 政治ニュース 
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-25 14:27 | 政治 | Comments(0)
 麻生総理が、金がないなら結婚しないほうが良いと発言して物議となっている件は、自分の結婚の話を持ち出していることなどから、もともと存在してきた現実について述べているわけで、それについては特に間違った発言ではない。たしかに、金がない人が結婚すると大変だから、してはならないのではなく、しないほうがいいと言うくらいなら許される。
 ただし、その発言は、経済的事情から結婚できない人が増えているのが少子化問題の原因ではないかと質問されて、それに答えた形でのことだから、もともと存在してきた現実について述べても的外れである。
 そして、そんな的外れな答えをするのは、経済問題について政治の責任があることを認識していないからだ。問題はそこだ。発言の内容自体ではなく、発言が的外れだったことに、総理として問題がある。
 だから河村官房長官が、若者の雇用対策をすすめなければという思いが総理発言の裏にあったのではないかとフォローした。でも、それは総理自身が、そのとき発言の中心としなければならないことであり、後から他の人に言い添えてもらうことではない。


 人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-25 13:56 | 政治 | Comments(0)
 元「モー娘」の市井紗耶香が5年ぶり芸能界復帰すると話題になっている。「モー娘」というアイドルグループにではなく、市井紗耶香個人にでもなく、自分の仕事にも共通することがあるので、彼女には数年前に関心をもった。
 彼女は、結婚して引退していたが子育てが一段した辺りなので、アイドルというより歌手にこだわり復帰するのだろうと言われている。歌手としては相当の心残りがあったと思われるからだ。
 彼女は大所帯アイドルグループの中でも特に人気があったため、ソロで活動をすることになり、とくに歌手として活躍する目論みだったが、そこでとんでもない連中に取り巻かれてしまったそうだ。
 とくに、彼女をプロデュースのようなことをした「たいせー」という芸名の人がいけなかったと言われている。この人は「モー娘」の生みの親である「つんく」という芸名の人のバンド仲間で、当時「たいせー」の奥さんが夫の収入のことで困り、仕事を与えて欲しいと言っていたことから「つんく」が友情により市井紗耶香を売り出す仕事をあてがったそうだ。
 ところが「たいせー」はプロデュースなどの経験がなく、知識も持ち合わせておらず、お粗末な企画ばかり。話題になっているちょうどいい時期にグズグズして売り出しが間延びしたうえ、歌を出したところCDジャケットはデザインのセンスと彼女の顔の映りと両方が悪いもので、とてもプロの仕事とは思えない代物。
 そしてなにより「たいせー」の作った歌が最悪であった。彼はアマチュアバンド時代からの付き合いだったというだけで、とてもプロのミュージシャンとは言えないという評価もあるし、作曲での実績もない。才能も無いという指摘もある。それが、ただでさえわけのわからない歌詞だと言われている言葉の羅列に、曲を付けた。そしてアレンジにしても、聴いた人は一様に80年代前半の印象だと言った。
 あわてて、別の人材が加わってテコ入れし、遥かにマシなCDを作ったものの、最初に信用を失ったようなもので、ガッカリさせられたファンの多くは戻ってこなかった。このようなことは、どんな分野にもある。
 それで、いったんは諦めたけれど、やはりもう一度頑張ってみようと思い直したのだろう。このような話を聞くと、誰でも勇気が湧いてくるものだから、ぜひ頑張ってほしいものだ。

人気ブログランキングへ

 
 Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-25 11:45 | 芸能 | Comments(4)

いじめ自殺の対策

 名古屋で中学生が焼身自殺したが、昨年に皮膚科の持病を揶揄されるなど、いじめに遭っていたそうだ。
 報道によると、校長が体育館で全校生徒に生徒の死亡を説明し、「命を大切にしてほしい」と話したそうで、命を大切にする教育に失敗した自らの責任を謝罪したかどうかは不明だ。
 健康といじめと言えば、死刑になった宮崎勤氏(罪を償ったので気が進まなくても敬称をつけるべき)は、幼稚園でいじめに遭っていたらしい。手に障害があり「おゆうぎ」がちゃんとできなかったためで、いじめに対して先生が適切に指導しなかったようだ。
 彼が死刑になったのは、周知の通り小さい女の子を殺したからで、最初は殺意がなかったけれど、不自由な手に気づかれてしまい、からかわれ逆上したのがきっかけだったと言う。からかわれたのが本当かどうかは不明で確認のしようがないが、不自由を感じていて人目を気にしていたことは確かだろう。
 ところが、彼が逮捕された直後、彼の部屋にある棚にビデオテープがぎっしりと並んでいた様子がテレビに映されると、彼のビデオソフト収集の趣味と犯行との牽強付会が各地で始まった。
 今だったらハードディスクでもっとコンパクトに収まっていただろうし、大体はyoutubeなどで観ることができるからバカバカしい話だが、当時でさえ、タレントの高見恭子がテレビで「あの程度のビデオを持っている人なんていくらでもいますよ」と指摘する他、無関係だという指摘はいろいろあった。
 しかし、わかりやすい原因を見出してすべて押し付けるのは楽であるし、それと比較して自分の趣味を美化する者が必ず出るものだ。例えばプロレスラーのアントニオ猪木(芸人は屋号や商標の一種なので敬称不要)が当時、ビデオではなくスポーツをやらせれば良かったとテレビで言い、これに共演のタレント兼映画監督の大島渚が同調していた。幼稚園の「おゆうぎ」も出来ないでいじめに遭い、日常生活でも不便を感じていて、教師も親も適切な対応をしてこなかった事情を知らずに牽強付会のうえ我田引水である。 
 宮崎氏の父は、事件で大騒ぎになったうえ、息子が障害のことでそこまで気に病んでいたことを気づかなかったことを後悔し、苦悩のあまり裁判中に自殺してしまったが、他人サマはなにも知らないで勝手なことを言うものである。
 また、スポーツなどで心身を鍛えればいじめに負けないと言う人がいるけれど、これも迷信だ。スポーツで鍛えられた人がいじめで自殺した例はいっぱいあるし、自衛隊内でいじめに遭い自殺した人の中には、運動部のシゴキどころではない地獄の特訓「レンジャー訓練」を受けた隊員もいる。
 だから、いじめは命にまでかかわる深刻な犯罪と認識し、耐える必要などなく、耐えられるよう鍛えるという発想は捨てなければならない。それがいじめ対策の第一歩だ。

 人気ブログランキングへ

 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-24 18:36 | 社会 | Comments(0)
 滋賀県の中学校で、柔道部顧問に投げられ急性硬膜下血腫で意識不明の重体だった同中1年の柔道部員が死亡したと、町教委が明らかにした。
 同校によると、約3時間の練習後、「声が出ていない」などの理由で一人だけ顧問の講師と乱取りをさせられた際、投げられてあおむけに倒れ、動かなくなったという。
 警察が練習方法に問題がなかったか捜査している。
 このような事件は時々起って来た。これについて、大学で保健体育を専門に教えているベテラン教授が言っていたのだが、原因は教える側の錯覚にある。
 スポーツの指導には、当然ながら適切な指導方法があるのだが、そのとおりにしないと、教えられる側が大人になるほど効果が無い。社会人と大学生はもちろん、高校生くらいになると、専門知識に基づき適切にやらなければ、無効果ないし逆効果が顕著になってくる。
 ところが、少年スポーツでは、まっさらな状態であるため、シゴけば一応は効果が出る。それも幼年であるほど、シゴけばシゴくほど効果がでる。指導方法が適切でなければ、その弊害は当然あるのだが、効果のほうが目立つので弊害が隠れてしまう。だから小中学生で運動部の顧問になった人が、実は指導力や知識や経験が足りなかったり欠如していても、気づかない。ほんとうは大変お粗末な指導をしているのに、自分はスポーツ指導の才能があるのかと錯覚してしまう。
 そんな中で、熱心のつもりで闇雲に無茶で強引な指導をして、教え子の才能を潰してしまったり、最悪なのは本件のように事故を起こして教え子を殺傷してしまう。きちんとした指導法を身につけている顧問なら、本件のような事件を起こすはずがない。
 本件は柔道だが、武道の場合、声を出すのは気合いを入れたり対戦相手を威圧するなどの精神論だけでなく、それによって腹筋などを緊張させて衝撃に備えるためだ。わざと投げ飛ばされるのは、そのさいに頭を打ったりしないようにする訓練だ。それなのに、声が出てないからと投げ飛ばし、頭をぶつけて死亡させるとは、まるで指導方法をわかっていない。
 体育の大学教授が指摘したことは、他の専門家からも、もう二十年くらい前から盛んに言われて来た。梶原一騎のスポーツマンガに洗脳された世代ならともかく、今どきこんな時代遅れな不祥事を起こしてしまう者がいて、それも二十歳代の講師とは、情けない話である。

 人気ブログランキングへ
 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-24 12:45 | 体操 | Comments(2)

誤訳の名セリフ

 escala cafeというサイトの「あなたの心の中に一番残った、名作映画の名台詞」というコラムは、「働く女子に聞いた」というけれど、ほんとうに訊いたのだろうか。訊いたとしたら、いつの時代のことか。
 第1位/明日は明日の風が吹くわ! by『風とともに去りぬ』……29.8%
 これは昔の公開時の訳だ。
 ほんとうは“After all, tomorrow is another day.”(結局、明日は別の日なのだから)である。
 昔の訳は題名にひっかけており、そうした意図も理解できないではないが、趣旨が違ってしまうため、今のDVDではもちろん、70年代くらいから、すでにテレビ放送のさいに「明日という日がある」とか「明日に希望を託して」と訳されてきた。
 なのに、どうして昔の訳が今どきの働く女子のアンケートで一位になるのか、不思議である。

人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : コラムニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-23 22:57 | 映画 | Comments(0)
 実は止めに入った米兵がいた。ベトナム戦争中の1968年、米陸軍部隊が南ベトナムの村を襲撃し、女性や子供ら500人以上を殺害した「ソンミ村虐殺事件」は、友軍のヘリが目撃し、乗組員たちが制止したのだった。
 戦場で殺気立っているうえ互いに武装しているから、下手をすれば米兵同志で殺し合いになる、命がけの制止だった。勇気ある行動であり、このお陰で、アメリカが世界じゅうから非難されているとき、止めに入った米兵たちがいたことで、かろうじて米軍の名誉は守られた。
 というわけで、ヘリの乗組員たちは米軍から勲章を受けたのだが、なんとこれは事件より30年ほど経ってからだった。この叙勲をCBSドキュメントが取り上げたさい、日本版放送ではホスト役の在日英国人ピーター=バラカンが、あの当時は、事件の中心人物カリー中尉が悪魔のように思えたと言っていた。
 しかし、この悪魔のようなカリー中尉が裁判にかけられると、アメリカのキリスト教会が「子羊カリーを救え」と叫び、一般庶民からは「東洋人なんて殺して何が悪い」と開き直りの声が噴出した。
 そもそも事件は、軍が隠蔽しようとし、それでも内部告発などにより報道され、責任者の罪が問われた。そしてカリー中尉一人が有罪となり、他の関係者13人は無罪。そして終身刑となったカリー被告は、その後あのニクソン大統領により懲役十年に減刑されたうえ、たった3年半で仮釈放された。そしてアメリカの大手出版社から自伝の前払いとして大金を渡された。
 これでは、止めに入った英雄たちに勲章を与えるのに何十年もかかって当然だ。ところが、そのウィリアム・カリー元中尉(66)が41年の沈黙を破って当時の状況を語り、犠牲者と家族らに謝罪した。彼は「良心の呵責を感じなかった日は一日たりともない」と事件を振り返った。
 これは、日本に原爆を投下したエノラ・ゲイの乗組員が、今も自分の行為は正当だと言って、倫理的な問題に言及したオバマ大統領を非難した直後のことなので、皮肉な感じがする。ただ。ソンミ事件は一部の部隊が異常な行動に出たのだが、原爆は政府の正式な命令だった。この差が大きく,そしてこの差を見極めるのは困難なのだろう。カリー中佐も,「上官の命令に従っただけ」と軍事法廷では抗弁していた。

人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-23 12:04 | 国際 | Comments(3)

アメリカで10年前から

 アメリカの「日本政策研究所」チャルマーズ=ジョンソン所長が、10年前から言っていた。これまで自民党の政策はアメリカにとって有益だったが、このままでは不利益になってしまうと。
 と言うのは,かつてと違い、このところ自民党の経済政策はひどすぎるどころか体をなして無く、にもかかわらずアメリカは、ただアメリカに従順であるというだけで自民党政権の後ろ盾になっていて、このままでは、そのうちアメリカはソ連の二の舞になる恐れがあるからだ。
 かつてソ連は、東ヨーロッパの同盟国が、どんなに経済政策で失敗していても、その政権がクレムリンの腰巾着であるなら無条件で後ろ盾となっていた。このため、同盟国の各政権は、ソ連に媚びてさえいれば、失政により国民の批判を浴びても退陣はもちろん政策修正もしなくて済んだ。
 このため、東欧諸国は経済破綻してしまい、この影響でソ連経済にとっても打撃となり、政治的外交的にも関係悪化してしまった。
 そのようになってからでは遅いので,これまでのような対米追従即自民党政権支持は見直すべきだ。そうジョンソン氏は指摘していた。
 そして今,政権交代はかなりの確率であると言われ、それに備えて各国大使館では情報収集を始めていて、アメリカは民主党議員らと意見交換しているそうだ。
 ところが自民党では、親の後を継いで次は誰に大臣のお鉢が回って来るかということにしか関心をもっていなかったようで、10年前から言われて来たことについて、10年間何もしてこなかったようだ。

 人気ブログランキングへ

 
Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-22 13:29 | 政治 | Comments(0)

芸術的小学校歌

 同じ公立学校でも,設備などで差があり、それは校長が議員などに働きかけて予算を獲得できるかによって生じるそうだ。
 それで、自分が卒業した小学校のことを思い出した。
 新興住宅地化により地域に子供が急増しため、急遽建設された小学校だった。だから校歌が無かった。そんな場合は、よく、地元在住の作詞家と作曲家に依頼するが、その小学校が建つ地元には、誰もいなかった。
 そこへ最初に赴任した校長が、たまたま大作曲家にコネがあったため、作曲を依頼した。実名は出さないが、ほんとうに巨匠である。ところが、その巨匠が作ってくれた曲はさすがの旋律なのだが、あまりに芸術的で取っ付きにくく、歌唱も困難だった。
 しかも、作曲者が作曲者なので、作詞もそれに相応しい人を探しまわって、あの巨匠が曲を付けるからと言って依頼し、普通は引き受けてもらえないところを引き受けてもらったのだが、では作詞にさいしては地元を取材したうえでと熱心な姿勢は良いけれど,そうするということは地元を知らない人ということでもある。立派な歌詞を作ってはくれたが、言葉に実質が伴っておらず、美辞麗句が虚しく踊っているような歌詞で、新興住宅地にとりあえず新設された小学校にとっては、あまりに空々しかった。
 その結果、児童からもPTAからも、たいへん評判の悪い校歌となってしまった。後から転校してきた児童も、校歌斉唱の次第になると、かったるそうなため息が漏れるので、どうしてかと不思議に思うのだが、自分も唄ったら納得したと、みんな言ったものだった。

人気ブログランキングへ

子どもが呟く、公立校の「不公平」について | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-22 12:21 | 音楽 | Comments(5)

猫になりたがる人間

 国連は,日本の法律について、女性だけが離婚後半年間は結婚できない期間がもうけられていることについて、差別的な規定であるから撤廃すべきだと勧告した。
 これについては、前から指摘されてきた。昔はそれなりに意味があったけれど、現在では、DNA鑑定など科学的な証明ができるのだから、無意味になっていて、なのに規定が変わっていないのは差別につながるということだ。
 あと、昔と違って、法的あるいは社会的な制度である婚姻と生殖とは関連が薄れている。その点でも無意味化している。
 猫は、よく初めて会った猫とは顔を近づけ合い、互いに顔の腺から出る臭いを嗅いで、親類か否かどうかを確かめている。一度も会ったことがない親兄弟姉妹もいるから、同族での喧嘩や近親結婚を防ぐためだ。
 このような機能が人間サマは退化したうえ、財産などというものが絡むから、代わりに進化した脳を使って、民法だのDNA鑑定だのと、面倒なものを拵えないといけなくなったのだった。
 『人間になりたがった猫』という寓話では、それに失敗して死ぬ猫が、猫は猫らしく生きるべきだと遺言し、それに仲間は従う。人間も、科学が進歩したおかげで制度の呪縛から解放されつつあり、そのうち『スタートレック』のように財産なんて無意味な社会となったら、ほんとうに猫のように生きられるのだろう。

人気ブログランキングへ

 Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-21 19:45 | 司法 | Comments(2)