井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2009年 08月 ( 65 )   > この月の画像一覧

 大阪で、飲酒運転をしていたため、それが発覚しては大変だと、人をはねて引きずっていると知りながら、そのまま6キロ以上走り死亡ささせた男性に、懲役13年の実刑判決となった。
 この判決と時を同じくして、警官が酒気帯び運転をし、隠蔽しようとしたことが問題になっているが、前にも,飲酒運転による事故で深刻な事態となっているため法改正して刑罰と取り締まりを厳しくし,それを警察がポスター作って貼り回るなど広報に努めた直後に、警官が飲酒運転で捕まっていた。
 つまり飲酒運転は、悪いと知りつつやってしまうもので、それは刑罰が軽いからではなく、重くてもやってしまい、厳しい法律を知らないからではなく、ちゃんと知っていて、だからやってしまってから大変だと慌てて、ひき逃げなどさらに重罪を犯してしまうものだ。
 だから、飲酒運転は、いくら法律で刑罰を厳しくして取り締まっても,相変わらずということで、もう他の対策を考えないといけないのではないか。
 しかし、たとえば酒禁止にしても、好きな人は死刑になってもいいから飲むだろう。どうしたらいいだろうか。
 
 人気ブログランキングへ

 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-21 19:01 | 司法 | Comments(2)

宗教の増長と寄生

 伊勢神宮参道の石灯籠の建て替えを計画していた社団法人神宮環境振興会が、寄付金の架空計上などによる約3億6千万円の粉飾決算で公益を害したとして、三重県は20日までに公益法人に関する整備法に基づき解散を命じた件。
 もともと、宗教関係は公益法人として恩恵と特典が与えられていたが、そのかわり、それに相応しくない不正があれば、厳しい処分がされたものだった。
 ところが次第に甘くなり,そのうち甘いどころか宗教法人とは脱税その他不正の隠れ蓑の代名詞のようになり、バブル時代には税金対策のため何でも良いから宗教法人を始めようというのがテレビドラマのコメディのネタになるほどだった。
 そして、オウム真理教が、あれだけ色々と問題をおこしたうえ、それらを追及した弁護士が妻子ともに一家皆殺しという狂気の段階に入ったのに、警察の対応に問題があって、オウム教が増長して被害が増大した。
 これは、宗教団体が政治的な力を持ったことが原因だとの指摘があり、特に反創価学会のジャーナリスト溝口敦などが問題にしてきた。
 しかし、この溝口氏を、新左翼系の雑誌が猛攻撃し、その内容は非常識な人格攻撃にも及んでいた。そうした新左翼系の雑誌と執筆者たちは、反権力を標榜したため商業的なメディアには出られず,「新」左翼であるからと共産党も攻撃対象にしていたため共産党が独自に発行する機関紙雑にも出られず、頼ったのが創価学会系だった。そして、敵の敵だから味方である創価学会を持ち上げ、創価学会批判を攻撃する代役を務めた。
 そして、創価学会は政権の側に付き、立場をなくした新左翼は迷走し、中には異常な言動をする者まで。
 そんな中,久しぶりに宗教がらみで、もともとあるべき行政となったのは、選挙で政権交代があるかもしれないから、なのだろうか。

人気ブログランキングへ


 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-20 14:14 | 社会 | Comments(0)

朝露 

 学費稼ぎのため倉庫で一緒にバイトしていた韓国人留学生と話していたとき、まったく音楽の話として、韓国の作曲家・尹伊桑の話をしたら、その留学生は政治の話を始めた。
 クラシック系の作曲家で、軍事政権と闘い弾圧されながら創作を続けた人として、ギリシャのイアニス=クセナキスと韓国の尹伊桑は双璧だったが、それは後から高橋悠治がいろいろ言うことで関心を持ったのであり、最初は音楽だけ。
 フォーク系?では、キム=ミンギとビクトル=ハラが双璧かもしれない。韓国人留学生からテープもらって聴いた。穏やかだが、そのため余計になのか、力が湧いて来る。
 


 キム=ミンギの「朝露」が流れるこの映像は、1987年6月民主化闘争で催涙弾の犠牲になった延世大学生の、学生による学内での永訣式の様子で、 葬列のなかには後に大統領になった金泳三、金大中が並んで参列し ている姿が。その金大中氏が亡くなった。
 北朝鮮は弔問に遣いをよこして、なにやら駆け引きもありそうだ。
 
 人気ブログランキングへ
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-20 13:29 | 国際 | Comments(0)

ヤクザに劣る吉本ばなな

 小説家の吉本ばななが、居酒屋で友人の送別会をしていたところ、持ち込んだ酒をあけて飲みはじめたことを店長に見咎められ、しかし酒は特別なお土産で、金も少し払うから見逃してほしいと頼んだが、店長は「一度ゆるしてしまうと、きりがない」と言って譲らなかったそうだ。
 これについて、店に持ち込みは非常識だが、店長も事情ありとして融通きかせてあげても良かったではないかという意見が多く出たのはもっともなことだが、吉本ばななはエッセイの中で、
 「もしも店長がもうちょっと頭がよかったら、私たちのちょっと異様な年齢層やルックスや話し方を見てすぐに、みながそれぞれの仕事のうえでかなりの人脈を持っているということがわかるはずだ」
 「彼はまた持ち込みが起こるすべてのリスクとひきかえに、その人たちがそれぞれに連れてくるかもしれなかった大勢のお客さんを全部失ったわけだ」
 と、自分を特別扱いしてくれなかった店長への嫌味ともとれることを書いたので、批判の声が挙っている。
 飲食店で働いた経験が多い者として言わせてもらうと、店に有名人が来て接客したことは何度もあるが、有名人だから特別扱いしたことはないし、有名人の客も、特別扱いを求めてきたことはない。貸し切りとか政財界人がよく使う料亭のような個室ではなく、他の客も来る場なのだから当たり前だ。
 また、どんな上得意であっても、シミッタレでも、同じ客である。接するときは平等であるべきなのは、客商売の鉄則である。差異をつけるとしたら、表情などによって感謝の気持ちを伝え、他の客には悟られないようにするものだ。
 だから、サインを求めるにしても、それが店に飾るためであろうと従業員個人の趣味だろうと、とても気を使う。
 そして、見るからにヤクザの客が集団でやって来たときも、多少の横柄にはカタギの客だってやることがあるのだから我慢しするとして、他の客と差別になることは毅然と断るべきで、時には相手が悪くて短気を起こし乱暴狼藉されて身の危険もあるから、仕事にさいしては心構えをしっかりし、身だしなみに気をつけ、救急病棟に担ぎ込まれて恥をさらさないように、下着も常に新しいものをつけ、そうすることで気遅れを防ぐのだと指導されたものだ。
 そして、そんな場面に直面したときも、いっさい譲らなければ,わかっているヤクザだったら、「商売とは確かにそういうものだ」と言って納得したように引き下がった。それが出来ないのはよほどのチンピラだが、それはたいてい一緒にいる親分か兄貴分が、「こんなところで威張ってもつまらないぞ」と、たしなめた。
 その域にも達してない、気の毒な吉本ばなな。

 人気ブログランキングへ

 Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-19 10:01 | 文学 | Comments(0)
 旗は、普及版には印刷が多いけれど、国旗などで正式なものは刺繍や縫い合わせで作るもの。日の丸はもちろん星条旗のような複雑な柄でも、丁寧に裁縫する。
 だから、党旗を作るのに配色と図柄から国旗が材料としてちょうどいいからと切り貼りして作ったとしても、ちゃんとした絵柄になっていたら、縫い合わせていたことに気づかないはずだ。
 ところが、民主党の演説会で演壇に掲げられた党旗が日の丸を切り貼りして作ったものだったのは、党旗の図柄になっていなくて、だから日の丸を貼り合わせたのがはっきりわかる。作った人はどういうつもりだったのか。
 とても不可解なのだが、そこはハッキリしてない。 
 民主党旗は、日の丸を二つ付けたものではない。上の赤い部分は円だが、下のほうは水面に映っているか陽炎であるかのように揺らいだ形をしている。デザインの意図も、その意味だそうだ。だから、日の丸でコラージュするなら、下の方を切って形づくらないといけないはずだ。なのに、作った人は民主党のマークを知らなかったのだろうか。それに、この場合は旗を作るにしても切り貼りより手書きした方が簡単で奇麗に出来そうだ。実に奇妙だ。
 ここで、自民党は鬼の首でも取ったように騒いでいるが,自民党の党旗も、菊の紋章の真ん中に「自民」と書き入れたもので、戦前なら確実に不敬罪だろう。そして、民主党は、地方のある支持者の失敗だが、自民党は党全体で公式に皇室に不敬を働いている。保守の立場からすると、どちらが悪質か言うまでもないだろう。
 ただ、戦前、日の丸を正式に国旗としてこなかったのは、皇室の菊紋章の旗が日本一権威があるので、日の丸を国旗にすると、菊紋章より日の丸が正式に国から最高の権威を認められたものとなるからで、それで控えていた事情がある。そしてバスポートも日の丸ではなく菊紋章が表紙だ。
 これが戦後も続いていたが、自民公明政権により法的に国旗となったから、自民党としては菊紋章より日の丸の方が権威があると思っているのだろう。だから日の丸冒涜は許せないが、菊紋章の私的利用は冒涜ではないと思っているのだろう。

人気ブログランキングへ 


Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-19 09:07 | 政治 | Comments(2)

金大中元大統領死去

 日本との関わりでは、なんといっても拉致事件。外国の政変がらみなので日本とは直接の関係はないが、日本に対する韓国による主権侵害なのに止めに入ったのはアメリカというのが大問題。
 これは『KT』という映画にもなっている。DVDあり。
 公開当時に渋谷の映画館で観たが、印象的だったのは、金大中が小集会でスピーチしているところを、たまたま聞いた在日の十代の男性が、内容はろくに理解できなかったけれど、その弁舌の迫力に感激してしまい、それまで政治に無関心で、母親から民族の自覚とか言われても反発していただけだったのに、それいらい金大中のために働き始めるところ。
 かつて一緒に倉庫でバイトしていた韓国人留学生が、日本のテレビに金大中が出て話していたのを見たと言ったら、「金大中は演説が上手いよ。みんな思わず聞き入る」と言っていた。そして暫くしたら大統領に。だから、映画を観て「なるほど」と思った。
 

 葬送の曲には、やはり尹伊桑がいいだろう。
 


人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-18 15:23 | 政治 | Comments(0)
 日本医師会の藤原淳常任理事が中央社会保険医療協議会の小委員会で、「病院の勤務医師が本当に逃げ出すほど忙しくなっているのか」と発言したことに対し、全日本病院協会の西澤寛俊会長は、「実際の現場を見て発言してほしい」と不快感をあらわにしたそうだ。
 去年亡くなったマイケル=クライトンは、彼がハーバード医学部で学んでいた当時は、医師とは天職だったが、それが変わって、医師は取り替えが効くものになったと言っていた。つまり医学はシステム化が進み、職人ではなく分担して各部署で役割を果たすものになったのだ。
 だからなのか、大病院で働く医師たちの忙しそうな様子が,まるでファミリーレストランのランチタイムのような感じだ。これでは、勤務時間だけみるとたいしたことないようでも、キツさが時間以上なのだろう。

人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-17 20:35 | 社会 | Comments(0)



 懐かしいこの映画。米空母ニミッツが嵐に巻き込まれてタイムスリップし、1941年の真珠湾攻撃直前に出現する話で「アメリカ版戦国自衛隊」と言われた。
 少年時代にラジオ番組の宣伝試写会に当たって、まだ映画館にかかっていないけど「もう観た」と同級生に自慢げに言った思い出が。
 音楽に魅せられ、今もCDを持っているが、これを見た知り合いの小学生は、ジャケットの絵柄のため音楽ではなくゲームソフトだと思って「やりたい」と言った。
 これとは別の曲について、
 「エンディングテーマ曲は、火曜サスペンス劇場の初代主題歌『聖母たちのララバイ』に盗用されたことで知られる(作曲者の木森敏之が類似点を盗作と認めている)。この件に憤慨した作曲者のジョン・スコットが、自ら発売元のビクターに乗り込んだところ、最大級の歓迎と高額の契約が用意されていた。気を良くした彼は、自腹でファーストクラスのチケットを買い上機嫌で帰国したと言う逸話がある。」wikipediaより
 しかし、お陰で岩崎宏美はレコード大賞確実と言われた大ヒットだったのに、洋楽カヴァー曲とみなされ候補にならず。
 さて映画は、現役だったカーク=ダグラスが艦長役で、『地獄の黙示録』に続いてマーチン=シーンも好調な演技だった。テレビで大統領にふんしているのに比べるとほんとうに若い。大統領役のドラマのなかで、米艦隊が台風に巻き込まれるエピソードがあり、そこではこの『ファイナルカウントダウン』を連想し、タイムスリップしてしまうのではないかと思ってしまった。
 映画の当時、F14トムキャットも現役だった。完璧な設計だったから退役が早まり,一方F15イーグルは完璧でなかったので古くなっても改造しながら今も活躍していると、自衛隊で設計関係の仕事をしている知り合いが言っていた。
 そのニミッツが物資補給のため横須賀に帰港だが、正直言って、この空母まだ生きてたのか、という感じだ。
 
人気ブログランキングへ 


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-17 10:05 | 学術 | Comments(2)

「ビビビッ」ときた

 かつて映画監督の大島渚がエッセイを書いていて、題名が「どうかしてないと結婚なんて」。
 どうして結婚しようと決断したのかと尋ねられた大島氏は、「あのときは、どうかしてたんですね」と答えて、怪訝な顔をされたことがあるそうだ。でも、結婚をほんとうにちゃんと考えると大変で、とても出来ない。それでもしたということは、どうかしてたのだろう、と。
 つまり、それでもしてしまったところに最大の意味があり、そのため失敗も多いということだろう。慎重に条件を見極めれば上手くいく確率は高まるが、絶対に破綻しない保障はない。そこまで持っていくのは不可能だ。なにより、それでは妥協ばかりで気持ちがときめかない。
 ただ、気持ちだけで結婚したくても、とくに男性はいわゆる甲斐性などのことで大変であることが多いし、女性もそれを気にする。
 でも、気にしないですむ女性なら、例えば、金なら男性あてにしなくても持っているから破綻しても平気なので今が大事という場合は「ビビビッときた」でいいだろう。

 
     人気ブログランキングへ

知り合ってすぐの「スピード婚」はアリ? | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-16 16:46 | 雑感 | Comments(2)
 麻生総理は自粛したが、安倍晋三・小泉純一郎の両元首相は靖国神社に参拝した。
 これには、国内の政教分離と歴史認識からの外交にかかわる問題が、もちろんあるけれど、安倍と小泉の二人については、別に疑問が大有りだ。
 戦争を推進しておいて、負けたら敵国に媚び売って助けてもらった人の七光りさんと、戦後のどん底から努力して築いた我が国の資産を元敵国の企業に大安売りする人が、どの面下げて靖国の英雄たちの前に行ったのだろう。
 また、どうして民族主義者や国粋主義者の方々は、これに怒らないのだろうか。どうして、お前たちには参拝する資格が無いと抗議しないのだろうか。日本の右翼・民族派は負け犬ということか。
 ただ、安倍の爺さんが、アメリカに日本を売ったと非難されたとき、ヤクザをニワカ右翼に仕立てて国会前のデモ隊を襲わせたりしたから、それによって一見右翼だが実はヤクザという輩が大発生し、もともとヤクザは貧乏人がなるものだから、右翼団体は同和地区出身者と在日韓国朝鮮人の溜まり場になった。これではまともな民族主義運動など無理というものだ。
 つまり、日本に本物の民族主義運動を根付かせるには、同和と在日が暴力団に入らなくてすむよう差別を無くして行くことだ。なのに、この逆をやっているのが現実である。

人気ブログランキングへ 

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-08-15 22:43 | 政治 | Comments(3)