井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2009年 09月 ( 58 )   > この月の画像一覧

困った老人また逮捕

 裁判所前の困った老人が、また騒動を起こして逮捕されている。
 一方では、この老人が冤罪に陥れようとしたK氏が先月、高裁で逆転無罪になった。彼らは司法の不公正を追及する会の仲間だったけれど仲たがいし、そうしたら、無実を訴えているそのK氏の裁判で検察側証人となり有罪の証言をした。
 これが相当な内容ならともかく、 他の人たちの証言とまったく食い違っており、嘘であることが明らか。
 後になってこの老人は、たまたま事件の被害者の話を聞き真に受けてしまったと言い訳しているそうだけれど、まず、対立する者の一方だけの話を鵜呑みにするのは非常識であるし、しかも、全く同じ話を聞いた他の人の証言とは完全に食い違っていて、それが判決でも信用できないとの認定につながっていたのだ。
 つまり、この老人がかなりひどい証言をしていることだけは間違いなく、それは悪意とか故意である可能性が高く、仮に過失だとしても内容的に極めて悪質なのだ。
 それに、これは直接目撃したことなのだが、この老人は、まるでカフカの小説のように身に覚えのないことで突然逮捕されたK氏が、一審で執行猶予付き有罪となっての控訴中に、これから舞台となる霞が関の東京高裁前で無実と公正な裁判を訴えているところへハンドマイクで「やーいK、無駄な抵抗はやめろ」などと嘲笑しながら罵声を浴びせて、懸命に訴えるK氏の妨害をした。
 なんでそんなひどいことをするのかと咎めると、大口をあけて高らかに「あーっはっはっはっはっ」と大笑いし、またK氏に向けて「あきらめろバーカ」と叫んだ。
 これでは意図的に偽証をして冤罪に陥れたとしか考えられない。
 この老人は他にも、自分が逮捕された時の体験を通行人に語っていたとき、「留置場にいた連中は俺以外はみんな出来損ないのクズばかりだった。あんな連中は生かしておいても世の中の役に立たない。本人だってどうせ更正も社会復帰も出来ないんだ。殺した方が社会のためだし、殺してやった方が本人のためだ。未成年者でも微罪でも冤罪でも、死刑をどんどんやるべきなんだ」とうそぶいた。
 だから「そんな考えでは権力に勝手なことされてもあなたは文句言えませんね」と言ってやった。
 すると「俺だけは特別なんだ」と怒鳴った。
 また、“ルミネ・テナント問題”のような大資本の横暴で追い出される店の話が出た時にも「店子を追い出すのはビル経営者の勝手だ。持ち主には借り手を追い出す権利がある」と言う。
 では、自分がかつて借地を追い出されたことには、どうして文句を言うのか。しかも勝手に工事をしたから契約違反に問われたのではないか、と指摘した。
 すると「俺は特別なんだ。特別な俺を敗訴させたから裁判所はデタラメなんだ」と大まじめに言ったのだった。
 

人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2009-09-13 09:11 | 司法 | Comments(3)

大学病院で美容外科が

 大学病院で美容外科が行われるようになったのには、一つには国立大学の独立行政法人化などが影響しているが、もう一つは、モラルの低い医師が多すぎたためだ。
 これまで一般的な医療機関では怪我の治療などが目的の形成外科が行われ、美容は私的開業の医療機関いわゆる美容外科とか美容クリニックで行うように、分業していた。
 ところが、ニカワ専門家を勝手に名乗る医師たちが、知識と技量が乏しかったり自己流だったりで手術をしてしまい、大変な被害が出た。その治療つまり後始末を大学病院などが行っていた。テレビや女性週刊誌で派手に宣伝しているところなんて、ほんとうに被害が酷かったと専門医たちが口を揃えるようにして言う
 また、そんな大学病院などでも、患者の弱みに付け込んで、これは美容に該当するからここでは出来ないと言って、自分がサイドビジネスとして経営している診療所に誘導し、ひどいときは、半端にして中止できない状態に手術して追い込んだうえ自分の個人的な診療所に引きずり込み、あとは自費治療や高額治療に持ち込むという、悪どいどころか人でなしの医師が続出した。
 しかも、不正をやって行政処分を受け保健医資格を失った医師が、医師免許はあるが保健診療はできないので自費の美容をするしかない、とか、大学病院でとんでもないミスを仕出かして組織内で威信が失墜し、もう学術ではダメだからあとは金ということで美容ということもあるから、医師の技術と人格と金銭感覚と三重に危険である。失敗されて無責任で金だけとられるという患者は後を絶たない。
 シワ取りのボトックスも、神経を麻痺させる技術の応用だが、もとは深刻で慢性的な痛みの治療として研究されてきたのだった。ところが、儲かるからと美容に転じてしまい、あの医師も暗黒面に堕ちたかという嘆かわしい話ばかり耳にする。
 それなら、最初から平行してやったほうが、まだマシということだ。だから、最初から大学病院などでも美容外科を平行するようになったのだった。
 それならついでに、外国の一部で実施されているように、美容で儲けてもいいから、その代わり本当に困っている人たちに無料ないし格安の治療をすることで、所得再分配をするべきだろう。
 ただし、これも、無料や格安の患者は練習台や実験台にして、その上澄みを金持ちの自費診療に向けている今の現状を改めるよう、同時改革が必要だ。

 f0133526_18273165.jpg

手前味噌だけど、この問題はライフログの拙書も詳しく記述しておりますので、よろしくご参考にとお願いいたします。実際に問題の医師たちも、後に美容やってます。

人気ブログランキングへ


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-09-12 18:16 | 社会 | Comments(4)

1000年女王にウラシマン

 2009年は世界天文年で、関連イベントが数多く行われているが、日本の昔話の中には宇宙にまつわるものもあり、『竹取物語』と『浦島太郎』はSFモドキの解釈ができると大学教授が語っちゃっているが、今さら説いてみせなくてもとっくに常識で、80年代にはどちらもテレビのアニメのネタになっている。

 81年放送の松本零士原作『新竹取物語1000年女王』は、映画化とテレビ版で結末が違い、テレビ版は悲劇的でびっくり。

 

 ちなみに『竹取物語』は沢口靖子の姫と三船敏郎の翁で「東宝特撮映画」になったときも、すっかりSFだった。

 その2年後の『未来警察ウラシマン』は、浦島太朗に『バックロジャース』をひっかけており、また前年に『ブレードランナー』が公開されていて、明らかに影響されている。
 


 意識し過ぎも、また楽し、と言うやつだろう。
 
 あと、動画は見つからなかったが、竜宮城とはキャバクラで、玉手箱を開けたら請求書が入っていて、金額を見てショックのあまり白髪になってしまったというアニメがあった。
 

人気ブログランキングへ


日本にある宇宙人? 伝説 | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-09-12 05:20 | 文学 | Comments(1)

出版関係の寄り合いにて

 夕べは出版関係者の寄り合いがあった。
 二次会で午前様になった人が十数人いて、それだけフリーランス稼業の人が多いということで、寝坊出来るのは良いが、ワーキングプアの人も多いということ。
 それで、会社の経費で落としてくれる人がいると大喜びというわけだ。
 その会場のカラオケスナックで、店でこれを唄った客は初めてだそうで、マスターも知らなかったのだが、「初めて聴いたが、なんかすごい良い歌だ」と本当に感心していたが、このサビの部分で熱が入ってしまったため、喉を痛めてしまった。それで今日は沈黙の日に。
 
 

‘君が行く道をさえぎる重く虚しい戦つづこうと、夢を殺すな、夢を追うんだ’の部分が個人的には共感する。
 
人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2009-09-11 17:48 | 雑感 | Comments(0)
 情報通信学会「間(かん)メディア社会研究会」の調査によると、今回の衆院選での自民党による「日本で初めての本格的なネガティブキャンペーン」は、CMを見た人の約6割が、批判された政党ではなく、批判した政党側に対して悪い印象を持ったそうで、つまり“逆効果”になっていたようだと分析されている。
 まるで『チキチキマシーン猛レース』の、妨害しては裏目に出るブラック魔王みたいだから、笑ってしまう。
 
       

人気ブログランキングへ


Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-09-11 11:40 | 政治 | Comments(2)
 インターネットの速度に苛立った南アの通信社が実験したところ、電送より伝書鳩の方が早く届いたそうだ。
 もともとインターネットは軍事用に作られたが、反戦運動で世界を繋いでもいるし、伝書鳩も軍事的に利用されていたが、反体制運動にも使われていて、かつて日本でも地下活動の左翼は伝書鳩を通信に利用していたらしい。
 とにかくけっこう便利ということだが、だから伝書鳩を捕まえて機密を盗もうというアニメも作られる。



 ただ、小さい頃は見て理解できなかった。軍事に情報が重要だということを知らなかったからだろう。
 もちろん、毎度失敗して上官に怒鳴られるブラック魔王には、その相棒のケンケンと一緒に笑っていたが。
 ハンナバーバーラのアニメは、技術ではディズニーに劣るが、内容的にはアイディアが卓越していて、面白い。

  人気ブログランキングへ


南アの通信会社、データ伝送の速度で伝書鳩に敗北 | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-09-10 16:11 | 国際 | Comments(0)

酒井法子の人生設計失敗

 覚醒剤で夫と共に逮捕された酒井法子について、知人の年配の女性ジャーナリストが言っていたのだが、酒井法子は今回の事件に伴い不遇な生い立ちが暴露されたけれど、そのような事情を抱える人は芸能人に少なくなく、そもそも、それゆえ芸で身を立てようとする者もいる。
 しかし、芸能という虚飾の世界で華やかに活躍した後は、自分の人生を取り戻そうとするもので、例えば山口百恵の複雑な家庭はよく知られているし、沖縄とか在日の出身の人も多く、そんな人たちが芸能人として成功したあとは、自らのアイデンティティーを取り戻そうとするものだ。
 ところが、その点で酒井法子は出来損ないの夫を持つなどして失敗してしまったのだろう、ということだった。
 言われてみれば確かに、芸能で成功して一稼ぎしたり思い出を作ったら、あとは故郷に帰ったり都心から郊外に移ったりし、家庭を持つにしても個人主義を貫くにしても、虚飾の世界から離れて自分を見つめ直すものだし、特に出身に事情がある者は現実とのギャップを埋めようと努力している。
 それをしないと、問題のある家族が騒ぎ出して芸能人としての社会的名声を汚されることになる。例えば清瀬の精肉店の娘が、兄姉と違いグレていたらしいけれど芸能で成功して店の改装資金を出して親孝行してくれたと喜ばれていたかと思ったら、後でまた欲ボケ父親が週刊誌などでギャーギャーと不満を言ったりする。
 それというのも、本来はカウンターカルチャーである芸能で成功してエスタブリッシュメントとなったら、生い立ちとステイタスのギャップが開きすぎてしまうからだ。そうならなくても済むのは、酒井法子の事務所の先輩である久留米の蒲池家のお嬢様のような人だけであろう。
 それらについて、酒井法子は悟っていなかったのではないだろうか。

人気ブログランキングへ
[PR]
by ruhiginoue | 2009-09-10 15:48 | 芸能 | Comments(0)
 「バラバラ殺人」の裁判で、特に量刑が問題となったが、死刑か無期かで結局は無期となった。
 判決は、事実関係とともに法と判例をかなり緻密に比較してのものだから、一応相当に慎重であると言えるだろう。
 それでも、こんなに酷いことをして死刑じゃないなんて不当だと感じる人は少なくないだろうが、それだけで死刑だと言ったら、どんな犯罪もみんな死刑である。
 酷いのは当たり前で、では、どんなに酷いのかが問題となっているのだから、その程度を細かく調べて考えるのは当然だし、裁判である以上、法律を破ったことが悪いということなのだから、どう法律を破り、それがどう悪いのか、という難しいことを、いちいち議論するのが決まりだ。
 なぜなら、それを延々と繰り返す根気が要る作業をして、やっと世の中の秩序が守られるのが現実であるからだ。
 とにかく、今回の判決は、現在の刑事裁判の中では比較的にだが丁寧であり、その点では評価すべきだろう。

 
人気ブログランキングへ
   
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-09-10 15:14 | 司法 | Comments(2)
 「シード・プランニング」という調査会社が、東京都23区内に在住する成人1000人(20歳代、30歳代、40歳代、50歳代、60歳代以上の各年代200人)を対象に実施したアンケートによると、医薬品の購入時に薬剤師や店員に相談するかを聞くと、「ほとんどしない」が39.4%で最も多く、これに「時々する」36.4%、「相談しない」19.7%、「必ずする」4.5%が続いた。
 購入する医薬品を選ぶ際の薬剤師の助言の重要度に関する質問では、「少しは重要」と考える人が54.2%で最も多く、以下は「あまり重要ではない」22.7%、「非常に重要」16.9%、「全く重要ではない」6.2%の順。「少しは重要」と「非常に重要」を合わせると、7割以上が重視する意向を示す一方、重視しないとの回答も3割近くあった。
 また年齢別に見ると、女性は「重要である」との回答がすべての年代で7割を超えた一方、男性は60歳代以上を除くすべての年代が6割台だった。
 つまり、薬店の従業員があまり信用されてないとか不信感を持たれていると言うこともできるし、女性は男性に比べて従順なため間違った情報も鵜呑みにする危険もあると言えるのだが、しかし同調査会社では、男性に比べ、女性には適切なアドバイスが受け入れられる傾向が見られると、奇妙な結論付けをしている。クライアントのご機嫌伺いか?
 さらに、薬事法の改正で第1類医薬品の購入時に薬剤師の説明が義務付けられたことで、安心して購入できるかを尋ねたところ、「そう思う」が51.5%と過半数を占め、以下は「どちらともいえない」39.7%、「そう思わない」8.8%の順だったが、莫大な学費と年月をかけて勉強して国から資格を与えられた人が説明して安心という人が、かろうじて過半数であり、これは惨憺たる結果というべきである。
 実際に、医薬分業になってから薬剤師の説明が医師の説明と食い違い、どういうことかと問い合わせたり自分で調べると、だいたいは医師の言うことが正しいものだ。もちろん医師にも怠け者は少なくないが,それでも薬剤師よりは医師の方に勉強家が多い。また、知らなければ調べたり、わからないことを適当に言って誤魔化したりせず正直にわからないと言うなど、専門家として本来の態度をとるのは、薬剤師より医師に多い。
 これは医療の世話になる機会が多い人たちの経験則から明らかだが、あと、「危ない学部」と皮肉られるがそれなりに志が強い医学部に比して、「脇役学部」と皮肉られる薬学部は志望の段階ですでに志が低い傾向があるからだろう。

人気ブログランキングへ 
 
 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-09-09 22:45 | 社会 | Comments(0)
 山口地裁の裁判員裁判で、介護に疲れ妻を刺した男性(63)に執行猶予付き判決となった。被告は自宅で寝ていた妻(60)の首を包丁で刺し、10日間のけがを負わせ、直後に殺鼠(さっそ)剤を飲むなどして自殺を図ったが死にきれず、自首した。妻は脳出血で倒れてから寝たきりで、それから十数年、被告がほぼ一人で介護していた。
 このような事件はほかにも度々起きている。こんな事態に陥らないために、社会保障制度を整備しなければならなかったはずで、ところが、介護保険料が収入から天引きされる制度が出来て久しいけれど、かなりの欠陥制度だと言われているし、そもそも、この類いの費用は消費税によらなければならないのではなかったか。
 七十年代に「一般消費税」が検討されたが、行財政改革(行革)を行い「増税なき財政再建」に方針が転換された。もちろん、これも福祉などが切り捨てられると危惧されていたが、無駄遣いの是正は必要ではあったから、いちおうは善しとされた。
 ところが、無駄遣い問題が解決されていないのに、二十年前に、消費税が導入された。これでは無駄遣いの財源になってしまうと猛反対があったけれど、これから高齢化社会になるから福祉費用の財源を確保しなければならず、だから多少の問題があっても待ったなしなのだと政府は言っていた。
 それで、一度は導入された消費税の問題を是正するために、細川首相の非自民連立政権が、消費税を廃止して、その代わりに制度そっくり利用して「国民福祉税」を創設して目的税化しようとしたが、そのためのいろいろな課題を乗り越えられず、成功しなかった。
 そして、なりふり構わずあちこちと連立することで復活した自民党政権は、消費税率上げの最悪のタイミングで景気を悪化させてしまううえ、それまで福祉目的だったはずの消費税収入とほとんど同じ金額の大企業減税をした。では、お陰で雇用が確保されるなどの恩恵があったかというと、非正規雇用の実態など、もう説明するまでもないだろう。
 それでも、大企業様様なのだから優遇するべきだ自民党は常に絶対正しいと声高に叫んでいたのが「御用マスコミ人」たちで、その人たちは今,長く続いた自民党政権に寄り添い安住してきたけれど、取り乱して醜態をさらしてた。とくに、読売オーナー渡邊の茶坊主・三宅久之がテレビで怒鳴りまくる姿は無様だったと大評判だ。
 とうてい真面目にやっているとは考えられない政策をしたり、政策そっちのけで「戦後レジームからの脱却」などと、国民生活とは無関係な、ネットウヨにでも任せておけばいいイデオロギー論争ごっこに明け暮れていては、選挙で負けるに決まっている。
 つまり、もう誤魔化しがきかなくなっており、だから、民主党その他が良いとは思っていなくても、あまりに酷い自民党に、国民は怒り呆れたということだ。
 そんな背景があったから、介護疲れによる事件は悲しい事件として受け取られ、裁判官も裁判員も共に同情判決としたのだろう。
 
人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-09-09 17:44 | 司法 | Comments(0)