コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2009年 10月 ( 60 )   > この月の画像一覧

 日本では、死んでミイラ化した死体を「まだ生きている」と強弁するカルト団体の代表が「これは定説です」と繰り返して一時は流行語になった。
  テキサス州在住の女性(45)が彼氏の死体と一緒に1週間暮らしていたことが分かり、精神鑑定のため病院に収容されたと地元紙が報じた。
 アパートで悪臭がするとの訴えで警察官がその部屋に入ったところ、ソファの上に男性の遺体を発見した。遺体はこの部屋で暮らす女性のボーイフレンド(50)で、女性とは10年間一緒に暮らしていた。死因は自然死とみられている。女性は、彼が「アパートを去りたくない」と言っていると話しているそうだ。
 ヒッチコック監督の『サイコ』みたいだが、この映画は母親の死体だった。
 気になるのは本件もテキサス州というところで、ここは有名な変な事件がいろいろある。映画『悪魔のいけにえ』のモデルとなった「テキサスのチェーンソー殺戮事件」(これが映画原題の直訳)とか、「テキサスタワー無差別乱射事件」とか、カルト団体ブランチ・デビリアン教会の立て篭もり全滅の「ウェリコ事件」など。
 ケネディ大統領暗殺事件もあったし、ブッシュ大統領の地元でもある。
 
人気ブログランキングへ

米女性(45)、ボーイフレンドの死体と1週間暮らす | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-18 20:33 | 国際 | Comments(0)
 このようなことは日本でも、例えば学校で教師が生徒にやった例がある。
 ロイター伝によると、ソマリアのイスラム系過激派組織「アルシャバブ」が、ブラジャーを着用していた女性を公開でむち打ちした。イスラムの教えに反するというのが理由で、地元住民の話によると、銃を持った男たちが着用していると思われる女性たちを集め、公開でむち打ちした後、女性にブラジャーを外して胸を揺らすよう命じたという。
 この報道が正確かは解らない。証言も本当か確認しようがなく、まだ内容的に、政治的な意図や宗教的な偏見に基づいていることが、よくあるからだ。当地をモデルにしたアメリカ映画『ブラックホークダウン』も、戦争告発と言いながら地元の民族に対する偏見が指摘されていた。
 ただ、戒律を振りかざして迫害を加え、それが単に自らの劣情を満足させるためでしかなかったということは、珍しいことではないから、真偽はともかく有り得るとだけなら言える。
 また、背景に宗教の違いがあるけれど、要するにパワハラとかセクハラと言われるものだ。だから、よくあることなので、どこでも行われている可能性があり、日本でもあちこちで見受けられる。
 例えば学校でも、校則違反として無理矢理服を脱がせ、それが時には下着にも及ぶことがある。教師が生徒を、立場を利用して虐めて劣情を満足させる。密室であれば卑猥な感情だが、公開であれば辱めることで権力に酔しいれる。
 女子生徒が被害に遭う場合もあるし、男子生徒の場合もある。自分にも高校生のときに体験がある。これが昔ドラマで松嶋菜々子がやっていたようなのであっても決して良くはないが、そうではなく地位を利用してのことであるのが何より腹立たしいことだった。
 だから、外国で狂信者がやったことで済ましては駄目で、内容は異なっても本質では同じことが身近にないか、あって放置されていないか、などと考えを及ばせるべきである。

人気ブログランキングへクリックしてください

ソマリアのイスラム組織、ブラジャー着用女性をむち打ち | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-18 17:08 | 国際 | Comments(0)

実力あれば事務所いらず

 沢尻エリカが契約違反を理由に事務所から正式に契約解除されたそうだが、あとは他に行くか、フリーになるか、だ。
 まず、どんな分野でもそうだが、とくに芸能界は「捨てる神あれば拾う神あり」の世界である。だから他に行けば上手くいくこともある。
 また、実力さえあればフリーで充分にやっていける。吉永小百合が良い例で、事務所どころかマネージャーも無しで、すべて自分で交渉と契約を、仕事のたびにしていた。他にもそんな芸能人はいっぱいいる。
 この件で沢尻エリカは『ヤマト』の森雪役を逃したと言われるが、その元祖アニメの主人公役の富山敬は、声優業界の内紛で揉め事となったとき、周囲がみんな仕事を干されてしまい、彼も干される側に居たが、彼だけは仕事の依頼が来たというから、それだけ実力があったわけだ。
 その兄役の、こちらも故人となったが、広川太一郎も、芸能デビュー以来一貫してフリーランスだった。最初は俳優として『男はつらいよ』一作目などに出ていたが、しゃべくりのうまさと声のよさから薦められて声優をはじめ、外国映画の吹き替えにアニメにラジオDJに司会者にと大活躍していたが、事務所には所属せずにいた。また彼は、大学(日本大学芸術学部演劇科)で正式に学んでいたから「ワークショップ」とか余計なことをするのは馬鹿らしかったとも言っていた。
 つまり、沢尻エリカも、このあと真の実力が試されるということだ。

人気ブログランキングへカボチャランタンのクリックを
 


Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-18 14:14 | 芸能 | Comments(0)
 凶悪犯罪の裁判で、きわどいところで死刑ではなく無期懲役となった場合、仮釈放には慎重になるよう検察が通達を出していたことがわかった。
 これは正式な制度ではなく権限は持たないのに、実務に一定の影響はあると見られる。つまり、あくまで意見ではあるが圧力になっているということだ。しかも、不透明である。
 そうしたい心情は理解できるが、それなら裁判所が判決と同時に、その後の対応について慎重になるべき旨の通達をする正式な制度を作り公開で行うようにするべきだ。
 ところが今回あきらかとなった実態だと、裁判の片方当事者で公権力を持つ側が、裁判で決定されたことに不満だからと密かに干渉していることになるから、司法そのものを歪めることになってしまう。


人気ブログランキングへカボチャランタンにクリックを

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-18 13:48 | 司法 | Comments(0)

大学ランキングについて

 世界の大学ランキングで、日本の頂点である東京大学でも北京大学より下になっているなど、日本の大学の品質が問われることは多いが、今月の日本の華字紙『日本新華僑報』の編集長は自身のブログで、世界大学ランキングは日本人にとってあまり重要ではないと紹介したそうだ。
 同編集長は、日本への留学体験や、そのさい知り合った日本の大学関係者の証言などから、以下のように指摘と分析ができると言う。
 日本人にとっての一流大学とは主に「旧帝国大学」および早稲田慶応などごく一部の有名私立大学を差し、これらが常に定位置にいる。
 学歴社会の日本ではこうした一流大学への入学は一生の半分が決まったも同然で、卒業生はたとえ在学中どんなに遊び呆けても、就職先に困るようなことはない。
 日本人にとって大事なのは、世界ランキングより大学の就職率。一流と呼ばれる大学の就職率は不況下にあっても非常に高い。
 だから、日本では大学の世界ランキングに関心が薄くて当然だ。
 ということだが、これは日本でもすでに言われている。中国人の新聞編集長にちなんで、日本のジャーナリズムについて言うと、ここにも大学の問題が影響している。
 最近、日本の大手メディアの衰退について、原因としてインターネットの普及が真っ先に挙げられるのは当然としても、これにより比率の低下があるのは解るが、内容まで信頼を失いはじめたことは説明できない。
 ではなにが問題かというと、報道が「上から目線」になっているとの指摘がある。だから人々のためになっていない。これはニュースサイト上にあったばかりで、読んだ人も多いだろうが、そこでも、高学歴を鼻にかけエリート意識むき出しの実態が告発されていた。
 これは色々な形でテレビ画面や新聞紙面に表れているが、その一つに新聞の投書欄がある。かなり前になるがビートたけしが新聞で一番面白くて熱心に読むのは投書欄で、最も生き生きしているからだと言っていた。これには賛成だったが、それがだんだんつまらなくて腹だたしいことになってきた。
 それは九十年代に入ってからで、兆候はもっと前すでにあったが九十年くらいからハッキリと表れた。
 今でこそ「格差社会」が一つの流行語だが、そのずっと前から、今は亡き筑紫哲也氏が、朝日新聞を退社して契約出演しはじめたテレビで、「一億層中流意識」が崩壊して「ニューリッチ」と「ニュープア」に別れはじめたと指摘し、学歴にしても、偏差値の高い大学の学生ほど親の所得が高く、偏差値1あたり四十四万円と、高学歴は金で買える時代になったと指摘していた。
 そして政界と財界は世襲が幅を効かせ、そのうえ官僚や学者やジャーナリストなど「知識人」を養成する学問までが、親から譲り受けたものがないと地位を得られなくなりはじめていて、由々しき事態だと警鐘を鳴らしていた。
 ところが、その後も筑紫氏の古巣であった朝日新聞は、そうした問題について読者から投書があると、反感丸出しだった。それは間違っていると強引に否定する反論の投書を締めくくりとして掲載する連続だった。「一流大学を卒業した者でも就職に苦労している」とか「親が貧乏なら夜間の学校へ行けばいい」という内容で、では「苦労といっても、一流大学を出た自分に相応しい、そんな自分が希望する就職先に行く、そのためのではないのか」「苦学して夜間の学校を出た人を朝日新聞社では採用しているのか」という疑問が当然に湧くが、それらには応えることが無かった。
 真に意義ある報道をしている人は辞めた記者というのは皮肉だが、中にいて頑張っている人もいて、しかし左遷されてしまった。他でもない朝日名物の本田記者(本多ではない方)だが、彼も、朝日新聞は東大出ばかりだから駄目なんだとフリージャーナリストの斉藤貴男氏が言っていたことについてどう思うかと尋ねたところ、「入社したとき横浜国大卒は俺一人で、同期はみんな東大だった。そこへ強引に割り込んだんだ。東大出なんて駄目だ」と言っていた。
 おそらく、駄目な東大出が朝日新聞を駄目にしているのだろう。そして他の大手も同様だ。

人気ブログランキングへクリックを

Excite エキサイト : 中国ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-17 13:39 | 社会 | Comments(0)
 記事を書いた本多圭氏とは面識があるが、おかしい点は指摘させてもらう。
 まず、芸能界が礼儀に厳しいことは常識だが、その実質が問題だ。それを本多氏は無視している。
 上下関係の大切さを説くたけしの話を引き合いに出しているが、彼はその上下関係について過ちを犯した最たる人ではないか。他でもない例の『フライデー』殴り込み事件だが、これは妻子ある身でありながら、しかも相手が未成年者であるという、どんな社会でも許されない情交関係について追及されて、後ろめたかったたけしが、そのため暴力に及んだことは周知の通りで、そのうえまったくの私事でありながら弟子たちを巻き込んだため、むしろ古い体質の芸能界から批判が強かった。横山やすしが「行くなら一人で行け」と怒ったのはその代表だろう。その反省もなく説教するたけしを、どうして正論を吐いているとして引き合いに出すのだろうか。上下関係を悪用した人が、その上下関係の大切さを説くのでは笑いもとれない。
 また、芸能界が社会的に認知されておらず地位が低かったから内部での上下関係がむしろ厳しくなったというのは、実際にそうではあるが、しかしこれは暴力団や暴走族と同じであって、褒められたものではない。だから芸人の地位向上と近代化により否定されてきたことは結構なことだ。
 ただ、時代が変わっても、気持ちよく効率よく仕事出来るように礼儀が大切であることは変わりない。その点で手抜かりがあったとしたら、それは問題とすべきことではあるが、このことと、古い仕来りとを本多氏は区別せずに混濁させてしまっている。古いものは否定されても、普遍的な意義もあるから、そこは区別して、新人芸人も先輩芸人たる島田紳助も、互いに配慮し合うものと言うべきだろう。
 なのに、どんな事情があるとはいえ知ったことではない視聴者を無視し、楽屋でやるべき感情むき出しをするとは、それこそ古くから言われる「舞台に立てば親の死に目に会えない」という、客が優先で自らには厳しくという芸人の道を踏み外した島田紳助というべきなのに、そちらを擁護するのは間違っている。これでは、すでに他の人たちから指摘されているとおり、御用記事、提灯記事と言われても仕方ない。情報をもらって記事にする立場はわかるが、ミエミエのことを書けば読者の信頼を失ってしまい、元も子もない。

人気ブログランキングへクリックしないとブーギーマンが来る

 
Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-16 19:49 | 芸能 | Comments(0)
 ニューヨークタイムズ紙上で、「ワールドワイドウェブの父」と呼ばれるティム・バーナーズ=リー氏は、開発に関して、http:の後につけるダブルスラッシュ(//)が、ちょっとした解決策で使わない方法も考案できたのに、と後悔しており、結局、現在にいたるまで使われ続けて、どれほどの時間が無駄になり、インクと紙が浪費されたか、とユーモアたっぷりに謝罪した。
 でも、これを金儲けに利用していたら、ビル=ゲイツを上回る億万長者だったろうけれど、それを公益のために解放してしまったのだから偉い。

人気ブログランキングへクリックしないとブーギーマンが来る


Excite エキサイト : 中国ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-16 19:13 | 学術 | Comments(0)

超人バロムワンか

 中国共産党宣伝部が、先週末の鳩山由紀夫首相訪中に合わせ、ドラマ制作するさい登場する悪役の日本人に「鳩山」姓を使わないよう求める通知を国内メディアに出していたそうだ。
 これで思い出したのは、さいとうたかを原作のテレビドラマ『超人バロムワン』の悪役と同じ名前の日本在住ドイツ人・ドルゲさんが大変に迷惑したという話。
 これとレベルがあまり変わらない気がする。いちおう、配慮は結構なことではあるが。




人気ブログランキングへクリックしないとブーギーマンが来る


Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-16 18:45 | 国際 | Comments(0)

述べる平和賞

 オバマ大統領の平和賞に、選考過程で委員五人中三人が反対だったようだと報道があった。
 最後には反対した人も賛成にまわったが、最初は大統領が就任まもなくで実績となってないと議論になったそうだ。
 やはり、まだ実績にはなってないけれど、方針を示して世界に発信したことで、この先の実現を応援するための授与ということで納得したのではないか。

人気ブログランキングへクリックしないとブーギーマンが来る

Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-16 12:12 | 国際 | Comments(2)
 慶応大学内で学生たちが七十年代に流行したストリーキングまがいのことをして騒動となり、その余波でミスコンが中止されるかもしれなく、過去には受賞者が女子アナになるなどしているので、影響を危惧する声もあるそうだ。
 これについて、大学当局としては問題を起こした学生たちの処分を検討しているそうだし、一般的にはくだらないことしてないで勉強しろという声が出ている。
 品位は大切だけど、多少の悪ふざけは後から良き思い出となるとも言える。だから、ほんとうに学問の府としての品位を気にするなら、慶応でいえば看板学部の経済学部で、菊池某とか竹中某そのほか教授たちがどれだけ学問を歪めたか、またもう一つの看板学部である医学部で、医学の軍事利用に反対する学生たちの学内集会に、今回のストリーキングなど比較にならない「毅然とした対応」をした大学当局についてはどう評価すべきか、などを問題としなければならないはずだ。

人気ブログランキングへクリックしないとブーギーマンが来る

Excite エキサイト : 芸能ニュース

Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-15 21:34 | 社会 | Comments(0)