コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2009年 10月 ( 60 )   > この月の画像一覧

youtubeに投稿を

 フリーメンソンらしき友愛を唱った鳩山総理の自演CDが復刻されるそうだ。
 そんなことするより早くyoutubeに投稿して各地にリンクして紹介するべきだ。

人気ブログランキングへクリックしないとブーギーマンが来る

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-15 20:57 | 政治 | Comments(2)
 特にポルノがそうだが、犯罪の取り締まりを言いつつ政治的な監視と弾圧に走るのが、日本の警察に限らず世界中いつの時代のどんな権力にも共通した性質であることは、とっくに実証済みである。
 そもそも、詐欺やポルノがどんなに悪質でも、まずは啓発による防止が筋であるが、そうすることで社会から根絶できる理想の状態となったとしたら、権力は自作自演をするはずである。なぜなら、自分たちの力を人々の生活にどれだけ深く介入させられるかという最重要関心事について、最適で他に代え難いものだからだ。
 また、規制ばかりしては技術の進歩にも悪影響である。インターネット上での秘密保持について商取引に応用され多大な利益をもたらしている技術は、もとは反戦運動のために開発されたもので、権力からの監視を逃れることすなわち犯罪という短絡的な決めつけで開発者はFBIに逮捕されるなど迫害を受けたものだった。
 しかし、この分野では、迫害の技術に対抗するための技術も開発されるいたちごっことなり、おかげで進歩することもある。中国で、やはり犯罪対策としながら政治的意図ではないかと言われた監視ソフト組み込み義務化も、これを破る技術開発がすぐに始まる。
 だから警察は、よけいなことをするより、まず裏金問題など自らの綱紀粛正を優先させ、予算の適正な使用と職員の意欲向上をはかり、それにより今できることをより良くできるようにするべきである。

人気ブログランキングへクリックしないとブーギーマンが来る

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-15 17:14 | 社会 | Comments(1)

テレビスターの悲劇

 600億円もかけて、経済的事情のある世帯に「地デジ」のチューナーを配布する。スターリンが説いた。国が力を入れるべきなのは電話よりテレビだと。電話は国民と国民を横につなぐが、テレビは政府から国民へ上から下に向けて伝えることができる。
 しかし、そうまでしても、もうテレビは観てもらえないのではないか。
 そう前に述べたことがあるが、BPOのアンケート調査によると、テレビが無くて良いとか無いほうが良いという若者が半数で、やはりテレビ離れは進んでいる。
 前から言われてきたことだが、まだテレビを重宝がっているのは特に中年の女性である。彼女たちは、もともと社会の隅へとどんどん追いやられて行く人たちだったが、最近では、若い人たちが工夫することで自分なりの楽しみ方を見つけて実践しているのに対して、今時の中年女性は相変わらずみんなと同じようにして安堵し続ける生活から抜け出せないでいる。
 これでは、テレビを見続ける人はいても、電気と時間を浪費するだけで、社会的な影響力無いに等しくなるのではないか。
 

 79年のヒット曲「ビデオがラジオスターを殺した」(邦題は『ラジオスターの悲劇』)


その替え歌というか現代版「インターネットがビデオスターを殺した」


人気ブログランキングへクリックしてくれないとブーギーマンが行くぞ
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-14 19:00 | 社会 | Comments(2)

「一目惚れ」

 「エキサイト」のアンケート結果記事だが、「『一目惚れ』の経験、約7割の男性がアリ」という見出しだが、「これまでの人生で『一目惚れ』ってある?」の投票結果をみていきたい。投票結果としては、『何度かある』を選択した人が、女性の40.8%・男性の59.5%という結果になった。」だから見出しは6割とするべきなのに誤記したのではないか。
 ともあれ、男性に「一目惚れ」経験は多数ということだろう。そして若い時に、という傾向のようだ。

 イメージとしては、こんな感じか。







 かなり個人的な思い入れであるが。

「一目惚れ」の経験、約7割の男性がアリ | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-14 12:18 | 雑感 | Comments(1)
 その後も相変わらず子供虐待事件が問題になっているが、それが心配されているにもかかわらず強引に成立した改正臓器移植法は来年1月に施行が迫っており、推進勢力は、国民に対して及び医師への普及啓発すなわち実質的強制も、主張している。
 啓発と言いつつ脅迫的な強制がまかり通ってきたことはすでに指摘したが、臓器強奪のためのナチズム顔負け「ハーバード医学部基準」という狂気は、すでに独り歩きをしている。そして、映画『コーマ』のように、脳死させられて臓器を取り出すまで床ずれ防止にワイヤーで吊られる人体累々の仲間入りしたくなければ、安易にインターネットで意思表示などという医学部教授の提案には断固反対するべきである。 

 

人気ブログランキングへクリックしないとブーギーマンが来る 

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-14 00:33 | 社会 | Comments(0)

盗作の例

 マイケル=ジャクソンに、また盗作の騒動だが、あれくらい大物になると、ダメモトでも訴えれば話題となり、莫大な収益からほんの一部でも支払えということが実現すれば巨額の利益になる。
 だから実際にどうかは、よく検証してみないとわからない。

  これは、前に尋問を受けたさいの録音で、途中、6分ちょうどのところで歌の構造を説明するために彼が唱ってみせる場面は興味深い。
 
 


人気ブログランキングへ
 
Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-13 12:50 | 音楽 | Comments(0)
 『ウルトラマン』の映画に、小泉もと総理が声のカメオ出演だそうだ。「自民党をぶっ壊す」との公約を果たして政界引退し、自信七光りだが更に七光り息子の依頼で出演したという。
 声優は、声だけで表現しなければならない分、素人がやるのは俳優より難しい。案の定、ひどい演技と評判である。
 製作した円谷プロは、話題づくりのため駄目もとで依頼してみたら実現したそうだが、この制作会社も同族経営による七光り社長らがどんどん駄目にしていまい、今では買収されている。
 似たもの同士が、すっかり廃れた仕事で共同ということで、自民党の次は円谷プロをぶっ壊すつもりか。

人気ブログランキングへ


Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-13 11:47 | 映画 | Comments(0)

江畑謙介氏の死去

 江畑謙介という名前を最初に知ったのは小学生の時に読んだ「別冊航空ファン」の特集ミグ戦闘機だったが、当事はただ軍事評論家の肩書きでジェーン特派員ではなかった。
 現場の取材ではなく資料を分析する型のジャーナリストで、ようするにオタクである。ただ、見たこともない兵器を、扱っている人より詳しいのではないかというくらいよく知っていて、冷戦時代に旧ソ連の兵器についていつアルザマスか防空軍基地かミコヤン・グレビッチ設計局に見学に行ったのかと思うほどだったから、それだけ分析に長けていたということだろう。
 あと、解らないことは解らないと言って変な憶測はしないことで評価もされていた。そこが柳田邦男とか小川和久とか落合信彦らとは違うが、彼らはもともと論外か。
 とにかく、そんな江畑謙介氏が60歳で病死とのこと。中野に住んでいたことがあるらしく、近所に住む人から駅前の「ブロードウエイ」で何度も目撃されている。

人気ブログランキングへClick or Boogeyman!

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-12 19:39 | 雑感 | Comments(0)
 かつて安倍晋三氏が、週刊文春にPR記事を載せてもらい、電車の吊り広告などに安倍氏の大きな写真とともに「私が金正日から日本を守ります」と大見出しだった。
 よく言うよと呆れたが、それを売りにして間もなく総理大臣となり、ところが対北朝鮮外交が特に進展したのでもなく、選挙はふるわず、それでも続けると言った直後にお腹の具合が良くないと言って任期を残したまま辞任した。
 あのデビ婦人がブログで述べていたけれど、なんで北朝鮮に行ったのかなどと非難されたが、日本政府がちゃんとやっていたら、なにも自分が亡き夫の伝手を利用して野党外交ならぬ個人外交なんてすることなかった。北朝鮮問題の解決を売りにして地位を得ていながら責任を持った対応をしていない人、特に安倍氏のような人がいるからだとデビ婦人は言っていて、そこについてはそのとおりだろう。
 また、田原総一郎氏の問題になったテレビの発言も、外務省の某役人に直接聞いたというのは眉唾としても、そもそもアメリカが日本に配慮して対北朝鮮外交に猶予を与えてくれたのに、一年待ってもまるで日本の外交は進展がないから付合いきれなくなってしまったわけで、だから日本はアメリカを批判するより自らの失敗を反省すべきではないか、という指摘の部分に限っては、もっともだろう。
 なのに、日本政府は北朝鮮が悪いと相変わらず罵っているが、では、前は悪くないと思っていたのかというと、もちろんそうではなく前からさんざん悪いと言っていたわけで、だからどう対応するかが問題なのに、それがちゃんとできていなかったということだ。
 現在のこの事態について、安倍氏などは少しでも恥じ入っているのだろうか。あれほど気恥ずかしくなるような豪語の仕方をしていたのに成果が無いどころか中途で投げ出したのだから。
 そして今度は麻生総理が、核実験を行った北朝鮮と「われわれは戦うべき時は戦わなければならない。その覚悟を持たなければ国の安全なんか守れるはずはない」と演説。それならこれまでの自民党のお粗末と無責任の謝罪もするべきだろう。それを怠り政権交代となったが、新政権下ではどうなるのかしばらく様子見というところだろう。

人気ブログランキングへClick or Boogeyman!
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-12 12:44 | 政治 | Comments(4)

中坊が悪いの一言

 司法改革で、法科大学院などいろいろと問題が言われているが、中坊公平が悪いの一言に尽きる。
 そして、あんな人物が弁護士会長だったのかとみんな仰天し、法曹そのものにガッカリしたのだった。
 倫理だけでなく、切実な問題として、一財産吹っ飛ぶ投資をして一通り勉強してセンセイになってはみたが食っていけないのが弁護士。まるで歯医者のようになってしまった。これでは志願者が減って当然だろう。
 
人気ブログランキングへ

 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-10-11 17:28 | 司法 | Comments(0)