井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2009年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧

子役の名演

 子役について、最近の子は上手になっているのではないかという記事の下にしっかり「劇団ひまわり」のホームぺージがリンクされているので、もしかしたらPRかと疑っているが、「ひまわり」を含め昔から上手い子役はいっぱいいた。
 『あばれはっちゃく』など子役を演出することで定評がある山際永三監督が言っていたが、まずは上手な子供を選ぶことが大事で、そのためには使えない駄目な子を除外しなければならず、児童劇団から売り込まれた子は駄目だそうだ。
 なぜなら、そういうのはだいたい、何らかの事情により親の影響を気にして、ぜひ使ってくれという子であるか、あるいは、学校の優等生タイプの子だから。
 親が有力者なので、というのは良くありそうなことで、しばしばテレビドラマのネタにもなっていて、きっと製作する側の当てこすりではないかとも思われる。
 優等生は、ちゃんと台本を読んでセリフも憶えるけれど、そのことと演技や表現力とは無関係である。むしろきかん坊くらいのほうが芸達者だったりもする。
 羽仁進監督の代表作『不良少年』では、リアリティを出そうと本当にグレてる少年たちを出したら、セリフなんて憶えないし台本も忘れたり無くしたりとひどいものだったから、仕方なく監督が読んで聞かせたら少年たちは大笑い。嘘臭すぎるということで、では君ならどう言うかと質問して、話し合いながらセリフも作り直しつつ撮影し、生き生きとした演技となって上手く行ったそうだ。ここで、もしも「真面目」な子役だったら、お仕着せに文句も言わずやってくれて、それで撮影はスムーズに進み、しかし映画は駄目になっていたはずだ。
 何か表現するとは、子役に限らず何らかの葛藤があればこそで、もともとそういうものだろう。
 

人気ブログランキングへ

子役の演技、昔よりも上手になっていませんか? | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-25 23:39 | 芸能 | Comments(0)

心室細動の恐怖

 亀山房代42歳タレント心室細動のため死去。
 この死因は「高松宮急死事件」で知れ渡った。スポーツ好きで全く健康だったが、テニスの最中に突然倒れ意識を失い、そのまま死亡してしまった。
 仰天した妻が「目を開けてください」と悲痛な叫びで、皇族であることから大きく報じられ、それとともに、健康なのに突然死することがあることがあると驚かれ、それからというもの、あの「AED」表示で除去機が公共の場に設置されるようになった。
 心臓自体は何でもないのに、異常な振動のようになり正常に動かなくなってしまう。震えを取り除けばすぐ良くなるが、間に合わないと死に至るので、救急隊員が来るのを待っていられないということから、あちこちに除去機が設置された。
 しかし、いざというとき使用できる自信がある人は、どのくらいいるだろうか。

人気ブログランキングへクリックを

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-25 19:12 | 社会 | Comments(0)

浦和レッズファンは

 解体の危機というが、あんな熱狂的なファンばかりの浦和レッズに、そんなことあるとは思えない。
 ところで、前に、大分出身の友達と一緒に、自宅近くの味の素スタジアム(この命名権売るやり方は如何なものか)に、大分トリニータと地元のFC東京の試合を観戦に行ったところ、埼玉県在住のレッズファンの同級生が、
 「ケッ、FC東京なんて、鬼太郎で宣伝して外人選手引っ張ってきてるだけじゃねえか」
 と、いきなりのこき下ろし。別に特にFCファンということでもないし、だいたいどうしてこう排他的な態度をとるのかな、と思ったものだった。

人気ブログランキングへどこのチームだろうと無関係にクリックを

 Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-25 18:57 | 体操 | Comments(4)
 税収と健康の両方から、タバコの値上げを超党派議員が提案している。
 この件について、以前、凄い主張をした人がいる。
 お昼のTVで、評論家の森永卓郎氏は言った。
 「煙草を吸う人と吸わない人を比較すると、平均寿命が3年、吸わない人のほうが長いんです。その分、年金負担が大きくなって、吸わない人にも負担がかかるんです」
 つまり、年金財政のためには煙草吸って早死にしたほうがよい、ということ。消えた掛け金とか、年金は話題だが、こんなすごい解決策は他にないと一部で話題になっている。
 もちろん、森永説には欠陥があり、年金財政と健康保険財政を比べれば、喫煙による疾病がちょうど発症しやすくなる定年退職後の人たちが加入する各市町村の国保財政ほうが切迫して深刻であるのという点が欠落している。
 ただ、それより、早死にの奨めという発想が凄い。

人気ブログランキングへクリックで一票を

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-25 18:42 | 政治 | Comments(2)
 マレーシアでは、もともと、麻薬取引に関しては例外なく死刑ということで、外国の王族とか政治家や外交官の身内であっても容赦しないとあらかじめ宣言しており、そのため、それでもやったわけだから、どんなに助命嘆願があっても、その嘆願が市民レベルでも国レベルでも、絶対に駄目という方針だから、死刑でなくても効果的な対策を取れないかという疑問はもちろんあるけれど、しかし今のところ問題があるとしたら、冤罪であってはならないがどうか、ということだけだ。
 メルボルン事件のようなこともあるし、これは外国旅行のさい誰でも要注意である。

 実話に基づく映画『ミッドナイトエクスプレス』は、少々事情が異なり、出来心でやったことを、トルコがアメリカとの外交対立から、見せしめで、罰金刑の予定を無期懲役刑にしてしまった。
 シンセサイザーの音楽を使いたいと考えた監督が、ヴァンゲリスの既成曲を使用したところ、どうもしっくりこないのでやはりオリジナルでないと、ということでジョルジョ=モロダーが起用され、アカデミー音楽賞に。
 探してみたらあって、懐かしい思い。
 


人気ブログランキングへクリックを

Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-25 18:07 | 国際 | Comments(0)

ナマコの乱獲も問題

 漁と環境破壊により、「ひれ付きタコ」や「透明ナマコ」といった珍しい生物にとって危機となっているから、保全が必要であると専門家が指摘している。
 ナマコに関しては、ガラパゴス島周辺で乱獲が問題になっていて、それは売れて金になるからだが、そんなに売れるのは実は日本が買うから。
 ナマコに限らず、遠海で捕ってきたものを大喜びで買って食べるにつれ、世界各地で日本の評判が悪くなっている。要注意である。
 また、ガラパゴス島は珍しい生き物がいるので観光地となり、それが珍しい生物の絶滅に拍車をかけている。世界遺産に登録されると観光客が押しかけ壊されるのと同じである。

人気ブログランキングへ酒の肴にも要注意ということでクリックを

Excite エキサイト : 社会ニュース

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-23 18:44 | 自然 | Comments(0)
 診療事に猥褻行為をしたとされたが逆転無罪となった医師について、匿名ブログがその事実を書いたことは名誉毀損であると、その医師が「プロバイダー責任制限法」に基づき情報開示請求をしたが、プロバイダー側は、既に報道された事実ばかりなうえ、結果は無罪だったことまで記述しているのに、なぜ違法なのか明らかでないと争う姿勢である。
 同法は、内容的に違法性が明らかである場合に限り情報開示を認めるとするもので、なぜなら、あやふやなまま開示しては、個人情報や通信の秘密を侵害するから厳重な注意が必要であるからだ。
 この点で言うと、この医師の訴えは、どこが違法なのか明白ではない。にもかかわらず開示が認められたとしたら、やはり裁判所は、もともと医師に贔屓し偏向しているが、その罪をさらに重ねることになる。
 実は、医師が、気に入らない患者や裁判に訴えた患者の個人情報をネットに流出させることが相次いでいる。当ブログのように、裁判で病院側が敗訴し、その敗訴を病院が受け容れたところ、医師が腹いせに個人情報を流出させたこともある。
 ミスしたことなら許せるが、それとは違う。そんなことをするのは、医師としての資質が無い証明も同然だから、許せることではない。
 ところが、同法に基づき訴えても、医師を庇って裁判所は開示しない。違法性が明らかでも、良い例だが東京地裁の海阿弥という裁判官など、よく医療裁判で医師に贔屓することでは有名だが、「医師のやったことは違法だが違法でない」などと無茶苦茶な判決文で、情報開示を拒絶したうえ、法廷で患者に暴言を吐く。賄賂でももらっているのではないかと言われている。
 こうした実態が片方であるのに、本件のように、違法性があやふやなまま情報開示となったら、裁判所は偏向していると言わざるを得ない。

人気ブログランキングへこの木なんの木クリックする木


 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-22 17:15 | 司法 | Comments(2)
 また公務員が飲酒運転で逮捕された。罰則強化を警察が公報している矢先で警官が飲酒運転するなどしていたが、今度は静岡の税務署員。国税調査官だから、違法がないか調べるのが仕事である。
 それで、やってしまい「飲酒していたので逃げた」と言っている。
 もちろん、公務員の倫理観や綱紀の問題があるし、体質的に弱いのに好きで、それでも昔は世の中全体がおっとりのんびりしていたから良かったが、今では自動車が産業の主要ととなっいて、そんな日本人の業とも言える。
 ただ、今年の五月に当ブログでは以下のように書いていた。

 ひき逃げが増えるおそれ

 福岡の飲酒運転事故の裁判は、地裁では業務上過失致死罪だったのが、高裁では危険運転致傷罪の認定となり、刑が重くなった。これは、検察の立証が弱い部分について、一審では厳密に判断したものが、二審では緩い判断となったわけだ。
 こうなると、絶対確実ではなくても断定されて厳罰になることを社会一般に知らしめたのだから、それにより、免許を持つ人の多くが飲酒運転は絶対にいけないなと肝に銘じてくれるだろうか。そんなことは絶対にない。
 むしろ、やってしまってから怖くなり逃げ出す人が増加するだろう。現に本件の被告は、事故を起こしたさい、飲酒により運転は駄目だったくせに自分が不利になることだけは咄嗟に判断できて、水中に転落した自動車から子供を助けようと親が必死になっているのを無視して立ち去り、酒臭いのを誤魔化そうとして水を飲み、逃亡と隠蔽を謀っている。
 また、この事件があったうえ他にも飲酒運転が問題となる事件があったため、法改正で罰則が強化され、そのことを警視庁がポスター作って大いに広報し啓発している最中に、現職警官が飲酒運転をしてしまう事件が何度もあり、その度に警察は「あってはならないこと」「まことに遺憾である」「厳正な対処をしたい」と談話を発するものの、後を絶たない。つい最近では、いわゆるペーペーではなく副署長が摘発されている。
 中川昭一や草彅剛を見てもわかるとおり、後で自分も大変なことになるし周囲にも迷惑をかけるのだということが、わからないわけないのに、それでも酒癖が悪い者はやってしまうものだ。
 そんな実態を見ると、飲酒運転の事故でいくら被害が悲惨とはいえ、本件のようなやや強引にでも厳罰というのは、一部の一時的な報復感情は満たせても、再発防止の観点からは効果がなく、むしろ加害者の隠蔽や逃亡あるいは自殺によって究明が妨られるだろう。
 それに比べたら、前から指摘があったとおり、無理して刑を重くするより、早い社会復帰による補償をさせたほうが、まだ現実的である。
 ところが、被害者が憎しみの感情をもち、それを検察が利用することは当然としても、一般人が野次馬感覚により単純に厳罰で良かったと言うのは浅はかでしかないし、それ以上に問題なのがマスコミ報道で、刑が重くなったことを遺族が喜んでいると報じるばかりでその後の影響についてほとんど検証が無い。これは裁判員制度を控えているのに由々しきことだ。
 とにかく、この判決の影響でひき逃げ事件が増加しないことを祈るばかりだ。

人気ブログランキングへ飲酒は入浴のさいも控えたほうがいいのでクリックを

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-22 00:34 | 社会 | Comments(2)

全身麻酔のあと

 挿管して酸素吸入しないと、こうなる。




人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-21 17:14 | 社会 | Comments(0)
 ベテラン歌手の渡辺美里が、久々に大ヒット曲を出したそうだ。彼女は八十年代なかばに洋楽カバー曲でデビューしたが、ヒットしたのはその後に出した、当時やはり新進だった小室哲哉の曲だった。
 そして彼女は、小室哲哉があのとおり不祥事を起こしても、出世作は大事にして歌い続けてきた。
 先日、ある寄り合いの席で、長年音楽業界で働いてきた人の話が聞けたのだが、渡辺美里の出世作を作った当時の小室哲哉の曲に感心して作曲を依頼したプロデューサーなどは、みなその出来にガッカリしたそうだ。
 ところが、ガッカリさせるようになった小室哲哉は、むしろ以前にも増してヒットメーカーとして大活躍し始め、一時は神格化されるほどだった。
 自分のスタイルを確立し、それに伴う名声を得ると、それが独り歩きしはじめて、自動的に利益は生むようにはなるが、個性は失われ、無理すれば珍奇さに転化してしまう。
 これは音楽に限らず小説その他のどんな創作でも言えることだが、それでも才能が深く根を張ったものであれば良いけれど、未熟な状態で、たまたま上手く出来たものがあり、それで成功して名前だけが広まり金はたくさん入って来ると、才能が元々たいしたことないか、ちゃんと才能はあっても正しく伸ばせないでいたりした場合は、成功との落差に悩むようになる。
 その典型だったのが小室哲哉であり、小室より極端だったのがフォーククールセイダーズの加藤和彦で、加藤は最初の有名すぎるあの三曲だけによって持ち上げられたものの、そこに期待されて依頼され、作ったらガッカリされる。だが、いちおう名はあるので宣伝にだけはなるからしょうがないという態度を業界でとられ、一般社会からは好意をもって支持されることが無いということが続く。そして、自分はほんとうは必要とされていないのだと言って自殺してしまったのだろう。
 そういう話だった。

人気ブログランキングへこちらもクリックを


Excite エキサイト : 芸能ニュース

Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-21 16:59 | 芸能 | Comments(0)