コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2009年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧

司法の限界

 世の中が嫌になったとか人生に絶望した人が、「刑務所に入りたかった」「自殺する手間を省くため死刑に」などと言い犯行に及んだ事件の裁判で、「身勝手な犯行である」からその身勝手な人の思い通りにしてやるという判決になってしまう滑稽さと、法の限界について前に述べた
が、茨城県土浦市のJR荒川沖駅通り魔事件と別の殺人事件で、2人を殺害、7人に重軽傷を負わせたとして殺人、殺人未遂罪などに問われた被告(26)の論告求刑公判で検察側は死刑を求刑し、弁護側は心神耗弱の疑いありと情状酌量を求めるとともに、「死刑を求める被告に死刑を与えるなら死刑が刑として機能しない。強盗に金をやるようなものだ」と指摘した。
 この被告は6月の公判で、動機を問われると「自殺は痛い。人にギロチンのボタンを押してもらう方が楽だから死刑を利用する」と陳述。遺族や被害者に対する謝罪の思いは「感じない」と言い、「おれを殺さなければ、死刑になるまで(人を)殺し続けます」と早期の死刑執行を望んだ。
 また新聞記者との面会では、「死刑は怖くない。やり残したこともないし、早く判決が出てほしい」と笑みを浮かべて話したそうだ。
 被告の父親は被害者遺族9人のうち面会に応じた6人に直接謝罪し、負傷者4人に計1000万円の被害弁償を支払った。遺族には、面会を拒否したり、謝罪は受けたものの「他の人の治療費に回してほしい」と弁償を固辞したりと、対応はさまざま。
 ところが父親のそうした行動について問われた被告は、「余計なこと。払う必要なんかないんですけどね」と冷ややかに答えたそうだ。
 前に述べたときに挙げた例も悲惨だったが、「上には上」というべきか「下」があるというべきかで、暴力団でもここまで荒んでいる人は希だろうし、これよりひどいのはおそらく一部の医師だけだろう。
 それはともかく、このため被害者の思いは複雑で、重傷を負わされた人が「被告の思う通りの死刑にはなってほしくない。一生、牢獄で苦しみを味わうことが罪を償うということ。人の痛みを感じてほしい」と話したそうだ。
 それがもしも認められ、では死刑ではなく無期懲役とか終身刑に、ということになったら、死刑ほぼ確実な被告がダメモトで「死刑になりたかった」と嘘を言う可能性も出てくるだろう。もちろん、咄嗟にそんなこと言ってもすぐバレるから無駄だろうけど。
 つまり、前に述べたことの繰り返しとなるが、何か起きてしまってから司法で解決しようとしても限界があり、別の分野も併せないとほんとうの解決は出来ないということだ。 


人気ブログランキングへクリックもよろしく

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-13 12:59 | 司法 | Comments(2)
 高校の地学の話だが、アイソスタシーとかはかったるくて嫌いだったが、化石の話は先生の話を聞いて無くても教科書読まなくても、試験は何も勉強せずに満点だった。小学生のときにすでに全部ブルーバックスその他の本で読んでいた。
 試験に地層のことが出て、歴史で年表の空欄を埋めよというのと同じような出題だったが、カンブリア紀ーオルドビス紀ーシルル紀ーデボン紀ー石炭紀ー二畳紀ー三畳紀ージュラ紀ー白亜紀と、みんなが舌噛みそうだと言うのをスラスラ埋めてしまった。
 ところが、かつて憶えたとき二畳紀と言っていたのが今ではペルム紀と言うそうで、この程度のことなら気象でミリバールをヘクトパスカルと言うようになったのと大して違わないが、恐竜についてはもう新説が次から次でキリがない。
 例えば円谷プロのテレビ番組『恐竜探検隊ボーンフリー』の主題歌の一節「長い眠りの目を覚まされたブロントサウルス」は「アパトサウルス」と言うべきだが、これはようするにハマチとブリとかシラスとウナギの違いでしかないのだけど、それはともかく後の『ジュラシックパーク』を読んだり観たりすると、恐竜の姿形から生態まで、ぜんぜん違う。
 また、中学のころ、東京理科大卒の担任の教師は、理科の授業中で、ティラノサウルスはノロマだったから、同様にノロい恐竜ばかりのときは王者だったが、そのうちもっと進化して俊敏な動物が台頭してきて、淘汰されたと言ってた。
 確かに、昔は恐竜は「のっし、のっし」「どっすん、どっしん」と歩いていたと思われていて、昔の映画ではそう描写されていたけれど、最近の映画では動きが早いこと。これは特撮にCGが使われるようになっただけではなく、学説が変わったからだ。
 その点では、『ジュラシックパーク』の続編の原作で、ティラノサウルスは動かなければ認知できないという古くて否定された説を信じていた人が、逃げずにジッとしていて食いつかれてしまう場面があった。また、恐竜に羽毛があるとか、子育てをするとか、鳥が子孫とか、昔信じていたことがひっくり返る連続。
 で、今回新しく南アで発見された恐竜だが、竜脚類の謎が改名されるかもしれないとのことで、ブロントならぬアパトサウルスらもそうだが、これは分類についてはさらに他に竜盤類と後に発生した鳥盤類、獣脚類と竜脚形類にと細かくなって、進化の過程は今のところ発見された化石から推理するしかないので、そこへ新たな化石が発見されたら途端に変わってしまったりの連続ということだ。
 それに比べると、昆虫とか細菌は、昔から生きているのと後に進化してきたのとがどちらも象徴的な種が生き残っているから、いちいち混乱がないということなのだろうか。
 しかし、また新しい発見ということがあるから、恐竜は面白い。
 


人気ブログランキングへ東京都の木の銀杏は生きた化石だが、それはともかくクリックを

Excite エキサイト : コラムニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-12 22:25 | 学術 | Comments(0)

犬の鳴き声で慰謝料判決

 うちの近所でも似たようなことが今もある。
 というのは、渋谷駅近くのマンションに住む男性が、隣室から漏れるダックスフント2匹の鳴き声のため飼い主に慰謝料などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は6万円の支払いを命じた事件。
 鳴き声の音量は48~59デシベルで「一定の精神的苦痛を感じたことが認められる」と判断したというのだから、原告は録音や測定をしたわけで、よほどイライラしていたのだろう。
 うちの階下で、小型犬の鳴き声が良く聞こえる。自室にいるときは聞こえないが、下の階に行くと、階段まで聞こえる。だから近所のみんなが知っている。
 ところが文句を言えない。ペット禁止なのだが、そこで隣の人が訊ねたそうだ。
 「おたくから犬の鳴き声が聞こえるんだけど」
 「いや、犬なんていません」
 「確かに聞こえるんだけど」
 「いや、それは私が喘息持ちだからです。うるさくてすみません。どうしても出ちゃうんです、ゴホッ、ゴホッ」
 懸命に咳を鳴き声のようにしていて、下手くそで空々しすぎて、それが却って気の毒で、文句が言えなくなってしまうのだそうだ。

Excite エキサイト : 社会ニュース


温泉に浸かった気分でクリックを人気ブログランキングへ
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-12 20:32 | 司法 | Comments(0)
 逮捕された市橋被疑者(報道の「容疑者」は不正確)、食事を 「いらない」と1日半にわたりとっていないそうだが、何故かは不明。
 食べたら食べたで、平然としているから無反省とか無神経であるかのように報じられる。
 これは前から問題になっていて、「食事をペロリと平らげた」が新聞の見出しなどの決まり文句であった。だから、それは良くないとマスコミでも問題になり、使われなくなった。
 そもそも、犯人だとしても、逮捕されてから食事を食べたかどうかは事件とは無関係だし、犯人でないかもしれないし、残さず食べたのが事実なら、「普通に食事をとっていて、とくに変わった様子はない」と書けばよいこと。
 反対に、何も食べないなら、精神状態など何らかの健康上の問題か、それとも逮捕への抗議のハンストか、などを追及しなければならないはずだ。世界各地で、また日本でも、政治的な理由で逮捕された人は、よく抗議でハンストしている。
 この被疑者は、そんな褒められた者ではないような印象ではあるが、誰のことであっても原則として、逮捕された者については、食事に限らずどんなことでも、行動についてそれが何故かまで突っ込まないのなら、報道する意味がない。

 人気ブログランキングへ雨で焚き火と焼き芋はできないけどクリックを

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-12 13:49 | 司法 | Comments(4)
 題名の駄洒落を前の総理の時に言って、孫に受けなかったと残念がってた爺さんがいた。
 それだけ時間が経過したということだが、その駄洒落のネタは歴史ではないのだから、忘れようが最初から知らなかろうが問題ではない。
 昭和天皇がいたことや麻生総理がいたことは歴史だが、それは、戦争とか政権交代など、それ相当に大きな出来事があって、そこに、それ相当の関わりがあった人物だからである。
 ところが口癖などはどうでもいいことだ。そんな、語ったり記憶したりする意味がない些末なことは、そもそも歴史とは言わない。そこを解ってない年寄りが「最近の若い者は、こんなことも知らないのか」と、くだらないことを言う。
 どんなに古い過去となっても忘れてはならないのは普遍性のある部分で、そのようなことはローマ帝国の時代にだってある。だから、二十年前の昭和どころか二千年前のいろいろな話が今も語りぐさなのだ。
 そうした、物事を記憶し教養として身につける価値があるかの判断を、近代それも戦後の歴史についてまでも、迫られることになってきた時期に入ったのだろう。

人気ブログランキングへクリックをお願いします。
 

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-12 11:13 | 社会 | Comments(0)
 千葉県で起きた英国人女性殺害・死体遺棄事件で、そのうち死体遺棄についての疑い逮捕された被疑者を「容疑者」としている報道があるが、まだ何も供述していないのだから当然に疑いを容れてないので不正確である。
 このような用語は正確に使用すべきだと言われて久しいが、俗語で曖昧に報じる習慣が抜けていないのは困ったものだ。さらに、自白があっても、それは録画も録音も弁護士立ち会いもない密室でのことで、だから実際に冤罪もよくあり、これでも先進国かと国連やアメリカから批判される日本でのことである。
 また、被疑者は友人たちの間で似顔絵が上手なことで知られ、女性によく手描きの似顔絵を描いて渡していたそうで、その英国人女性にも似顔絵を描き贈っており、その余白に自分の名前と連絡先を書いていたことから、疑いを向けられたらしい。
 つまり、このことから接点があったことが判ったということだ。似顔絵が上手で、それで女性の気を引くから危ない奴というわけではない。そこも俗と司法とでけじめが必要だ。
 あの、アニメ化により日本でばかり有名な『フランダースの犬』のネロ少年は絵が得意で、アロアに似顔絵を描いてあげたところ上手だったので、アロアの父親コゼツ旦那に警戒される。アニメには出てこないが、原作の小説では、そんなことして女の子の気を引く男の子は、当人に邪気が無くても要注意だと言われている場面がある。
 これは羽賀研二も同様で、彼の場合は自分で描いたと見せかけて実は上手な友人に代わりに描いてもらっていたのがバレたというお笑いの結末であった。が、そんな奴だからろくでもない奴だと決めつけられたところへ、別の事件で逮捕された。
 人間性を見極めない女性のほうに問題があるとはいえ、芸で女性の気を惹こうとする男性は、いつも疑いを向けられるものだ。絵の他にも音楽とかで、『アイ アイ ゴムテイラ』ではなく、もっと気の利いた楽曲にする人は、要注意かも知れない。
 しかし、そうした問題と、先に指摘した司法の問題とは区別しなければならない。逮捕された人は充分に怪しいとは思うけれど、ただ「思う」のとは次元の異なることだ。


 人気ブログランキングへこちらもクリックをお願いします

 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-12 10:11 | 司法 | Comments(0)

メルボルン事件

 裁判員裁判で、被告が無罪主張する初の事件が大阪地裁にかかり判決は13日だそうだ。覚せい剤約3キロをスーツケースに入れてドイツから関西国際空港に密輸した罪に問われたドイツ国籍の被告は「違法薬物が入っていると認識していなかった」と述べ、弁護側は無罪を主張した。
 かつて「メルボルン事件」と呼ばれる冤罪の疑いが濃厚な事件があった。メルボルンで日本人旅行者たちが、荷物検査で麻薬が発見され、密輸で逮捕されたけれど、身に覚えが無く、知らない間に運び屋にされた可能性があった。
 犯罪組織が観光客の荷物運びの仕事に紛れ込み、持ち主の気づかないうちに仕込み、到着後に仲間がやはり業者に紛れ込んでいて、抜き取るという手口。見つかったら麻薬は損するが持ち主に罪を着せて自分は逃げられる。
 逮捕された日本人たちは、無罪を主張したつもりだったが、そうならずに実刑判決を受けてしまった。通訳の不備が原因らしいが、十年も刑務所に入れられてしまい、出所はしたがもう人生設計は滅茶苦茶。
 まるで実話に基づいた映画『ミッドナイトエクスプレス』だが、ここでは主人公が脱獄する。この映画が日本のテレビで放送されるさい事件の舞台となったトルコの日本大使館からクレームがついて中止になり、後に深夜にひっそり放送されたことが83年にあった。
 当裁判のドイツ人被告が潔白かどうかは不明だが、慎重な審議をしてほしいものだ。日本人も外国に行って、知らない間に荷物に麻薬を入れられて逮捕される可能性は誰でもある。いいかげんなことをしたら、映画のように日本人が報復される可能性も有り得る。

人気ブログランキングへ『ミッドナイトエクスプレス』はアカデミー賞で脚本賞(監督になる前のオリバー=ストーン)と音楽賞(ジョルジォ=モロダーの映画音楽デビュー)だけども見てなくてもクリックを


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-10 21:38 | 司法 | Comments(0)
 脳科学の第一人者としてマスコミで引っ張りだこの茂木健一郎氏が、そのため雑所得が急激に増加し、去年までの3年間で4億円近い所得の申告漏れがあり、「自分で申告するスケールを超えてしまった」「仕事に追われて、書類の整理ができず、申告する暇がなかった。申し訳ない」などと話していて、これを「“脳”の限界超えた?」と、ちゃかされて報じられている。
 稼いだ仕事と税金の申告漏れとをからめてちゃかすのは、今始まったことではない。古くは八十年代の後半に、大橋巨泉氏が司会を務める人気番組『世界まるごとHOWマッチ』で稼いでいるとき申告漏れをし、新聞の見出しはスポーツ紙も一般紙も共通して「巨泉さん、申告漏れハウマッチ」だった。
 悪意の脱税ではなくうっかり申告漏れしたら、それだけ稼ぐからには相当に忙しくて納税を忘れたのだろう、と皮肉られる。ちゃんと納めれば納めたで「長者番付」と称して晒し者である。
 つまり税金がらみの報道は、送り手も受け手も、興味が半分、もう半分は僻みである。稼げた人とそうでない人との調節をする仕組みの一つが税金なのだから、その調節についてちゃんと機能しているかこそが、報道により問われなければならないことであるはずなのだが。

 人気ブログランキングへ僻まれるほどでない人はクリックを

 平成生まれの人のための資料  



 Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-10 18:20 | 社会 | Comments(5)
 篠山紀信氏の写真集が、路上や墓地など公共の場でヌード写真を撮影したようなので、公然わいせつ容疑で、警視庁保安課が事務所などを家宅捜索したそうだ。
 ガサ入れしてネガなど原盤を発見しないと、あれは合成だったと言われてしまうからだろう。これからは、写真は証拠にならなくなることが増えるはずだ。

人気ブログランキングへ



 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-10 18:03 | 司法 | Comments(2)
 台湾国防部が兵士募集のために制作したコマーシャルが、テレビで放映されることなく「お蔵入り」に決まったと、国防部関係者が明らかにした。CGを多用し、ハリウッド映画『トランスフォーマー』そっくりの内容だったが「荒唐無稽」「やりすぎだ」などの批判が相次いだためらしい。
 アメリカでは、荒唐無稽なCMではなく、荒唐無稽な活劇映画の撮影に国防省が全面協力することで宣伝としている。このほうが効果的だろう。そして、見に来た客の中で無職そうな若いのを映画館から出てきたところで勧誘し、「やりすぎ」と批判されたことがある。
 これは日本では駄目。自衛隊が協力した映画で受けるのは専ら怪獣もの。親子連ればかりで若者はいないし、子供に混ざって見に来ている若者がいればオタクだから体力無さそう。

人気ブログランキングへ 

 Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-11-10 17:47 | 国際 | Comments(0)