井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2009年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

オリジナル・カレンダー

 日本航空が毎年販売していた「客室乗務員カレンダー」の制作が、不景気と売り上げ伸び悩みにより、打ち切りとなるそうだ。
 今日は、たまたまカレンダーが売っているのを店で何軒か見てきた。書店と文具店に多いのは、印刷物ということからだろう。
 手帳とともに毎年の恒例だが、よく、出来るビジネスマンと成るための手帳などと謳っているのを見ると、意欲は結構だが、手帳で出来るようになるのではなく、出来るようになったので忙しくもなり、整理の必要に迫られるのだが、なのに逆立ちした発想で意気込んで買う人が少なくないのだろうと思う。
 カレンダーは、年末助け合いのチャリティーのものを買う人がいるし、お気に入りの写真や絵のついたものを買う人もいる。素晴らしい風景写真や、まるで画集のようなものや、芸能人の写真集のようなものなど、これは使い終わってから、みんなどうするのだろうか。前に、気に入ったのでスラップしておいたけれど、しかしカレンダーだから良かったけど、切り取って集めたらつまらなく見えてしまったことがある。
 あと、今年使っていたカレンダーと同じシリーズが売られていたのだが、これは近所のある会社が宣伝用に配布してくれるので、来年もそうしてくれるか不明だけど、もしも買ってから貰ったら複雑な気持ちになってしまうので、控えておいた。
 手帳も暦も100円店で間に合わすという手も有る。使えれば良いし、安くても優れものだったりすることがある。
 パソコンで自家製オリジナルを創ることもできて、そのソフトもある。これだと、写真や絵を好きなようにできるし、予定も予め入れられる。これは面白い。
 祝日など勝手に変えてしまうことができて、冗談で「性人の日」とか「亡国記念の日」などにしたりできるし、団体や政党では、メーデーの日が違っていたりして党派色が表れる。
 一部の左翼団体では、糸井重里氏らの「パロディ格言日めくりカレンダー」のようなものを創っていて、祝日は2月11日が「反天皇制決起集会の日」になっているなど、集会に参加を呼びかけながら、同時にそうした記載が満載の抱腹絶倒さによってノンポリの人からも受けて買ってもらえて、活動資金の足しにしているそうだ。
 さて、来年のカレンダーは、どうしようか。

人気ブログランキングへクリック


Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-12-16 18:27 | 雑感 | Comments(2)
 天皇が、内閣の助言と承認により、憲法に規定された国事行為をする、ということであるはずなのだが、それを小沢幹事長は凄い自己流解釈をし、天皇は内閣の助言と承認により国事行為とは何か規定される、ということにしてしまった。
 これは小沢氏が自民党にいたときからの得意技で、例えば憲法前文に、日本は戦争で世界に迷惑をかけてしまったので、これからはそうではなく国際社会で名誉ある地位を得るよう努力していこう、と謳っているのを、国際社会で名誉ある地位を得るためには自衛隊を海外に派遣して活躍させることだ、という凄い自己流解釈をしていたものだ。
 そのため、かつても今も、官僚の支配や官僚への依存を打破するとして、内閣法制局をやり玉に挙げ、官僚による政治に対するチェック機能を損なおうとしている。
 これはまるで、かつて扁桃腺が腫れるからと切除してしまう手術が行われていたが、そもそもは病原体の侵入を防ごうとして扁桃腺が抵抗した結果腫れるのだから、それを切除してしまうと腫れなくて済むけれど簡単に感染してしまうようになり、誤った手術だったことが判った、というのと同じことである。
 だから、天皇の国事行為や自衛隊の派遣がどうあるべきか、政治家と官僚との関係はどうあるべきか、などで意見が異なろうと、法の曲解だけは許してはならない。その点で小沢幹事長は相変わらずなので、要注意である。 

人気ブログランキングへクリックをぜひ

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-12-15 20:35 | 政治 | Comments(0)
 この件が裁判となっていたことは、過去に言及しているので、そちらを参照して欲しいが、その一審判決があり、請求は棄却された。
 いちおう訴えのとおりだが、ただしそれを具体的にどうするかは立法によって決めることで、その立法の現状について問題があっても、それだけで違法とするのは、立法する側の裁量との兼ね合いから、できないというものだ。
 では、控訴するとしても、同時に、新政権となったわけなので、早急に立法してもらうよう働きかけもするべきだろう。ちょうど、内閣で決めることに宮内庁が口出すなら辞めろと小沢一郎さんが言ったところだ。
 決めてもらおう。


人気ブログランキングへクリックよろしく

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-12-14 22:48 | 司法 | Comments(6)
 かつてアメリカでは、国民の性生活を調べた報告書「キンゼイレポート」がたいへんな話題となった。しかし、何のためにこんなことを調べるのか。性生活など個人の勝手である。
 実は、研究資金を出したのはロックフェラー財団で、アメリカ国民愚民化の陰謀だった。
 性生活に関心を向けさせ、社会問題から目を背けさせる。ひたすら消費するだけの国民が、財界にとっては好都合だった。
 同時に、ポルノ解禁も行われた。表向きは性の解放とか表現の自由だが、本意はキンゼイレポートと同じ。
 ハリウッド弾圧のためでもあった。「赤狩り」の総仕上げ。ドラマで啓発されるより、刹那的な快楽を求める人間が増えてほしい。だから、アメリカではポルノ映画を弱小製作会社が作り、ハリウッドメジャーは断固作らなかった。
 今、中国はポルノサイトを徹底取り締まりしているそうで、例の検閲ソフト義務化は、さすがに批判を浴びて撤回したが、若者への悪影響を排除する方針に変わりはないと当局は言っているそうだ。
 では、中国はアメリカとは逆に、国民を賢くしようとしているのだろうか。当局の説明だと、そういうことになる。もちろん、それに紛れて政治的監視もする意図があるだろう。それを見習おうという国々の1つが日本であることは間違いない。
 ただ、ほんとうに健全化したければ、かつてあの山本宣治議員が主張したように、生物学的な事実を周知させることだろう。生物学者だった彼は、最初は嫌らしい話をしているかと思われたが、次第に話を聴いている人はみな、生物学的見地から真実を詳しく知るほど、妄想を抱くのがバカらしくなったものだ。
 そうしてみると、上辺だけの取り締まりも、やはりバカらしいものだ。

人気ブログランキングへクリックを

中国当局、ポルノサイト取り締まりで3470人を拘束 | Excite エキサイト

中国当局のポルノサイト取り締まり、来年5月まで継続 | Excite エキサイト
[PR]
by ruhiginoue | 2009-12-14 04:42 | 国際 | Comments(0)

まだ秋のよう

 年末という感じがしないのは、まだ秋のような気候だからだろう。
 自宅近くの多摩川縁を散歩すると、土曜の午後ということもあり大勢の散歩者がいて、歩いていたら汗ばんだと言っている人が何人もいた。

f0133526_134811.jpg





 水面を覗くと、こんな、タルコフスキーが好む映像のようでした。

人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2009-12-12 22:07 | Comments(2)

また介護疲れ殺人

 このような事件はほかにも度々起きている。こんな事態に陥らないために、社会保障制度を整備しなければならなかったはずで、ところが、介護保険料が収入から天引きされる制度が出来て久しいけれど、かなりの欠陥制度だと言われているし、そもそも、この類いの費用は消費税によらなければならないのではなかったか。
 七十年代に「一般消費税」が検討されたが、行財政改革(行革)を行い「増税なき財政再建」に方針が転換された。もちろん、これも福祉などが切り捨てられると危惧されていたが、無駄遣いの是正は必要ではあったから、いちおうは善しとされた。
 ところが、無駄遣い問題が解決されていないのに、二十年前に、消費税が導入された。これでは無駄遣いの財源になってしまうと猛反対があったけれど、これから高齢化社会になるから福祉費用の財源を確保しなければならず、だから多少の問題があっても待ったなしなのだと政府は言っていた。
 それで、一度は導入された消費税の問題を是正するために、細川首相の非自民連立政権が、消費税を廃止して、その代わりに制度そっくり利用して「国民福祉税」を創設して目的税化しようとしたが、そのためのいろいろな課題を乗り越えられず、成功しなかった。
 そして、なりふり構わずあちこちと連立することで復活した自民党政権は、消費税率上げの最悪のタイミングで景気を悪化させてしまううえ、それまで福祉目的だったはずの消費税収入とほとんど同じ金額の大企業減税をした。では、お陰で雇用が確保されるなどの恩恵があったかというと、非正規雇用の実態など、もう説明するまでもないだろう。
 それでも、大企業様様なのだから優遇するべきだ自民党は常に絶対正しいと声高に叫んでいたのが「御用マスコミ人」たちで、その人たちは今,長く続いた自民党政権に寄り添い安住してきたけれど、取り乱して醜態をさらしてた。とくに、読売オーナー渡邊の茶坊主・三宅久之がテレビで怒鳴りまくる姿は無様だったと大評判だ。
 とうてい真面目にやっているとは考えられない政策をしたり、政策そっちのけで「戦後レジームからの脱却」などと、国民生活とは無関係な、ネットウヨにでも任せておけばいいイデオロギー論争ごっこに明け暮れていては、選挙で負けるに決まっている。
 つまり、もう誤魔化しがきかなくなっており、だから、民主党その他が良いとは思っていなくても、あまりに酷い自民党に、国民は怒り呆れたということだ。

人気ブログランキングへまたか、と悪政批判の意味でクリックを
 
 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-12-12 09:02 | 社会 | Comments(0)

バルカン・グリップ

 電車の中で痴漢したと逮捕された会社員が、携帯電話を注意して逆恨みの狂言をされたと訴え十年も裁判になっているが、その真実はともかく、車内で通話していたことは間違い無かった。
 だから、そう言う場合は携帯やデジカメで撮影し、証拠をとり、場合によってはネット上に曝してやろうと前に言ったところ、曝すのは陰湿だと批判する人もいた。
 しかし車内でマナーが悪い人を見かけても、面倒なことになる恐れから、なかなか注意できない。暴力を振るわれて負傷しても、逆にやっつけて負傷させても、どちらにせよ大変である。
 これが出来れば、最高なんだが。
 



人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2009-12-10 22:58 | 雑感 | Comments(7)
 羽賀研二氏の無罪判決に不服として検察は控訴したうえ、無罪となる決定的な証言をした証人を、検察は不確かな根拠で偽証罪として在宅起訴した。それも破綻しそうらしいが、検察が自らに都合の悪い証言をした人を自ら罪に落とすことができる制度からして間違っていて、やはりこれは危険すぎると法曹界から批判が起きている。
 また、羽賀氏は弁護士と面会したら顔が打撲傷だらけで、警官たちに取り調べで殴られたと訴え、携帯電話の写真機能で撮影し、マスコミに訴えて欲しいと言ったそうだが、そんなことをしたら弁護士もマスコミも警察から報復されてしまう。警察の密室での暴行は当たり前のように行われ、弁護士立ち会いもビデオ撮影も録音もされないというのだから、問題が起きないほうが不思議なくらいである。
 この事件で検察は、芸能人が被告であるから注目された中でメンツが潰れたとして控訴しているとしか考えられないのだが、そもそも、無罪になったら、その後からよほど決定的な証拠が出てきたというのでもない限り検察から控訴はできないようにするべきだ。
 同じ証拠と主張なのに逆転判決となっていいのは、有罪判決だったが被告は不服という場合だとか、陪審員は有罪としたが裁判官はプロの視点から間違いだと考えて有罪を取り消すというだけであるべきだ。先進国ではそのような制度が主流といっていい。
 ところが日本では逆である。強引に逆転有罪があり、何年もかけた一審判決を弁論一回でそれも五分とかけず覆す。そしてそんな裁判官は検察官と馴れ合っていて、検察庁舎にマイカップが備えてあるほどだから、いつもそんな調子の判決であるものた。
 つまり日本は国民ではなく官僚のメンツが優先される制度なのだ。司法を見ていると日本は発展途上国だと真面目に言われるのは、このためだ。
 これを誤魔化すために、被害者を利用する。被害者や遺族のために有罪にしないといけないとお為ごかしを抜かす。そのことと裁判の公正は話が別で、不公正にやることを正当化するために被害者を利用するなんてとんでもない。
 ほんとうに被害者のためを思ったら、被害者が民事訴訟を起こして加害者に損害賠償請求することに協力するのが筋である。ところが被害者ではなく官僚のメンツにこだわっているから、被害者を救済する民事には冷淡で、ろくに協力せず、被害者は何も得られない刑事に引っ張り出されるのだ。
 裁判員制度も、これを補完するものだ。裁判員が無罪にしても検察は控訴できてしまう。国民は官僚からバカにされていることに気づかなければならない。

人気ブログランキングへクリックお願い

Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-12-10 18:07 | 司法 | Comments(4)
 新型インフルの猛威とワクチンが間に合わずという大報道により、お店の出入り口など各地に手の殺菌スプレーが置かれるようになり、おかげで飛ぶように売れてメーカーは売り上げが何百億という大儲けだそうだ。
 そうとわかっていたら、メーカーの株を買っておけば良かった。もっとも、報道を焚きつけた側にいる人たちは、予め買ってあるのだろう。笑いが止まらないでいるに違いない。

人気ブログランキングへクリックを

 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-12-08 15:18 | 経済 | Comments(2)

消費税の社会保障目的化

 税制大綱の民主案は、消費税の社会保障目的化を謳っている。これをしなければ、政権交代の意味がないだろう。
 そもそもは、七十年代に「一般消費税」が検討されたが、行財政改革(行革)を行い「増税なき財政再建」に方針が転換された。これも福祉などが切り捨てられると危惧されていたが、無駄遣いの是正は必要ではあったから、いちおうは善しとされた。
 ところが、無駄遣い問題が解決されていないのに、二十年前に、消費税が導入された。これでは無駄遣いの財源になってしまうと猛反対があったけれど、これから高齢化社会になるから福祉費用の財源を確保しなければならず、だから多少の問題があっても待ったなしなのだと政府は言っていた。
 それで、一度は導入された消費税の問題を是正するために、そのあと成立した細川首相の非自民連立政権が、消費税を廃止して、その代わりに制度そっくり利用して「国民福祉税」を創設して目的税化しようとしたが、そのためのいろいろな課題を乗り越えられず、成功しなかった。
 そして、なりふり構わずあちこちと連立することで復活した自民党政権は、消費税率上げの最悪のタイミングで景気を悪化させてしまううえ、それまで福祉目的だったはずの消費税収入とほとんど同じ金額の大企業減税をした。
 おかげで雇用が確保されるどころか、表現はともかく亀井さんが批判した状態である。家族間殺人増大は日本的経営を放棄した財界の責任だと言う表現はいかがか、などの問題はあるが、高齢化社会に備えるために消費税を導入したうえ介護保険まで徴収するようにしていながら、介護に疲れて配偶者を殺したという事件があったり、同様の別件で裁判が被告に同情の判決を言い渡したりしている現実である。
 ところが自民党は、経済政策ではなくイデオロギー論争趣味の発揮ばかりしてきた。そういうことが、実は亀井静香氏も小沢一郎氏も、最初は好きだった。今でもほんとうは好きだろう。ところが、経済情勢の変化により優先順位が入れ替わった時期から、方針を転換している。彼らは生粋の保守政治家だから現実主義者でもあったわけだ。
 ところが、亀井とか小沢など自民党の最右翼だった人たちが、誰の空腹も満たさないイデオロギーばかりに夢中の党から去り、ほんとうに優先すべきことをやり始めようとしている時に、安倍総理とか先日死んだ中川財務相といった大臣の御曹司たちは、「パンがなければケーキを食べたら」と言うマリー=アントワネットの自覚なき暴言と同じ感覚で、こうすれば日本は良くなると、おそらくは本気で思い込んで、NHKの戦争報道に文句をつけるなどしていたのだった。
 だから、保守化しているはずなのに政権交代となったわけだ。ブレヒトの『三文オペラ』の「どんな題目を唱えようと、おまんま食えなきゃ聞く耳持たない。人の道を説く前にまず飯だ」という左翼の自戒が、そっくりあてはまって自民党は政権から転落したのだった。
 そういうわけで、民主党中心政権がまずしなければならないのは、消費税の是正であり、その中心は目的税化である。だから細かいことは別にして、本案は当然のことである。


人気ブログランキングへクリックをよろしく

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2009-12-08 10:39 | 政治 | Comments(0)