コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 地下鉄サリン事件の日、霞ヶ関まで行こうとしたら、封鎖されており、国会議事堂前から歩いた。周辺には白い防護服と黒い防毒マスクの姿が大勢並んで立ち、まさに「カサンドラクロス」であった。
 それは事件が起きた直後である。こちらは難を逃れたが、あそこまで迅速に大掛かりな対応できるということは、警察は事前に準備していたはずだ。待ち構えていて実行直前に一網打尽のつもりだったのだろう。
 ところがもくろみが外れてしまったとしか考えられない。

 まさに、この白装束の集団であった。



Excite エキサイト : 社会ニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-20 11:30 | 社会 | Comments(0)
 埼玉県警は、採用試験のPR用に印刷したポスターやビラ約2万枚に載っているキャッチフレーズが陸自のものと似ているとして、回収を始めたそうだ。
 なら陸自が警察に譲ればいい。
 ポスターに記載された「守りたい、『ひと』がいる。」というフレーズが、陸上自衛隊のキャッチコピー「守りたい人がいる」と酷似しており、陸自はコピーを01年に商標登録しているから、県警のポスターが陸自の商標権を侵害している恐れがあると判断したそうだ。
 しかし、自衛隊はかつて「恵庭事件」で、住民の生活を壊す行為が問題となったさい、国民を守らなくて良いのかと問われたところ、自衛隊は国の枠組みや体制を守るためにあり、国民一人一人を守るためにあるのではない、と法廷で明言している。
 だから「守りたい人がいる」というのは業務にそぐわない。なので埼玉県警に譲渡するべきだ。もっとも、それを言ったら警察も同じかそれ以上だが、少なくとも公言はしていない。だから回収ではなく自衛隊から譲渡を受けるべきだ。

人気ブログランキングへ投票をお願いします


 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-20 11:21 | 社会 | Comments(6)

自然保護に人以外の原告

 自然環境保護の訴訟で、名目として人以外の原告を立てることがあるが、神奈川県三浦市の「北川湿地」の「湿地」を原告に加えて周辺住民らは、京浜急行電鉄(東京)が進める埋め立て事業により貴重な自然環境が破壊されるとして事業差し止めを求めて横浜地裁に提訴した。
 開発のためなりふり構わずの時代はとうに過ぎており、決まり切った公益性では抗弁にならなくなっている。そのことを住民らがどこまで押し出せるか。
 例えば高尾山に住む天狗を立てて道路工事差し止めを求めた「天狗裁判」は完敗であったが、これは相手がお上であるからというだけでなく、弁護士の手腕も問題だった。中心的な渋谷法律事務所の中杉弁護士は、別件で答弁書に主張の趣旨が逆さまになってしまうトンデモ記載間違いをしておいて、そのことで相手方に意味を訊ねられても確認しないまま、わけのわからないことを言われたと逆上して法廷で声を荒げ、裁判官に指摘されると慌てて、照れ笑いはしても非礼を詫びることが無かった。
 こんな弁護士では、ただでさえ難しい裁判に勝てるわけない。主張が正しいかどうか以前の問題である。こうした問題について、運動をしてる人たちは、情報が無いこともあるが、そもそも関心が薄いので、裁判で負けても裁判所が不公正だとしか思わない。もちろん公正とはとうてい言えないが、自分たちがお粗末では話にならないだろう。
 また、無謀な主張では勝てないと現実を説くと反発する人たちの依頼は、弁護士も忌避する。それに気づかず、言うことを聞いてくれた弁護士がいたと喜んで依頼してしまい、実は単に売れてないからなんでも引き受けていただけだっから、腕が悪くて当然に負け、ということもある。
 こういうことに、もっと気をつかうべきだ。

人気ブログランキングへ投票のクリックを

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-20 10:33 | 司法 | Comments(0)
 全国自治体病院協議会の会長は、医学部やメディカルスクールなど医育機関の新設に慎重な姿勢を示した。新設された医学部を卒業した医師が一人前になるには15-20年かかるので、そのころには人口の減少に伴い患者数が減る。これは他の医師も指摘していた。
 かつて法曹人口を増やせと司法改革して、金ばかりかかり中身はお粗末な法科大学院とかワーキングプア弁護士の激増とか、惨憺たるもの。
 かつての医学部の失敗を観察して分析していなかったのだろう。
 中坊公平日弁連会長が偉そうにして実際はとんでもなかったと言われているが、武見太郎医師会長はとんでもないけれどいちおう力はあったから、医学界はそれでもまだマシだったのではないか。
 とにかく、数より質の向上が求められていることだけは確かだ。

人気ブログランキングへクリックをお願いします

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-19 20:10 | 社会 | Comments(0)

Drグリーン痛恨の誤診

 『ER 救急救命室』のファーストシーズンの最後で、グリーン医師が妊婦の症状を見誤り死に至らしめてしまう。一生懸命にやったのだが、後から産科専門のベテラン女医から「誤診の積み重ね」と指摘されてしまい、病院の反省会では報告の後の質疑応答のさい集中砲火を受けて殆ど吊し上げ。
 このさい新任部長がかばってくれたが、それに扮しているのが「カナダのジャック=ニコルソン」マイケル=アイアンサイドで、悪役専門のはずが珍しく善玉であった。
 後で遺族に訴えられて、弁護士と打ち合わせで日本なら弁護士会館のようなところへ行ったら、ちょうど遺族(『ホワイトハウス』では補佐官に扮した俳優)も自分の弁護士と面談に来ており鉢合わせで実にバツが悪い。
 さらに後では、妊娠した女医がグリーンを責めた産科の女医について「あんな女にだけは診察されたくない」と言って拒否するけど、実際にあることだから笑えた。私生活になると急に同業者の悪口を言い出すことに関して医者は他の職業より極端である。
 とにかく、そんなことを恐れて、救急車が患者の搬入を拒否されることが多いのだろう。総務省消防庁が18日発表した救急搬送に関する全国調査結果によると、昨年、重症患者が医療機関から3回以上受け入れを拒否されたケースは全体の3・2%に当たる1万3164件で、3年連続で1万件の大台に乗ってしまったそうだ。

人気ブログランキングへ投票にここをクリックしてください

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-18 21:38 | 社会 | Comments(0)

風の中のヒョウタン

 これまでの鳩山弟氏は、新自由クラブ→自由民主党→無所属→改革の会→自由改革連合→新進党→民主党→無所属→自由民主党、そしてまた離島して現在は無所属。
 「あの殿はナァ、風の中のヒョウタン。貴方にヒョーロリヒョ、此方にヒョーロリヒョ、ヒョヒョラヒョヒョー、ヒョヒヨラヒョヒョ。ヒョウタン吊して、面白いわなーァ面白いわな」
 ちなみにこの人の迷言「友達の友達はアルカイダ」は、「自分はCIAの末端で対日工作の役割をしていたので、CIAが得たアルカイダの活動情報を個人的に得られたのだ」という意味だったらしい。
 たしかに彼が自認する活動は、絶対に裏にはCIAだと指摘されているものがある。


人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 政治ニュース
Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-16 19:56 | 政治 | Comments(4)

時効廃止で放置か

 殺人罪の公訴時効廃止を柱とする刑事訴訟法と刑法の改正案を閣議決定したそうだが、これで警察は大喜びだろう。
 と言っても、もう少しなのに時間切れとなる悔しさが無くなるからではない。そんなことは希だ。最初に捜査してして不明なら、いつまで経っても不明なもの。むしろ時間の経過で証拠が散逸してしまう。
 喜ばしいのは、どうせ時効はないからと放置できるようになることだ。また、時効になって真犯人が名乗り出て、警察と検察と裁判所によって犯人にされた人は冤罪だったことが明らかとなったという例が過去にあるが、そうしたことが無くなればメンツが保てる。
 そもそも、仮に解決しても、それが間延びしすぎては、関係者が亡くなり社会は事件を忘れている、ということになって無意味だ。外国で、戦争犯罪には時効を設けないとしているのは、それが歴史に関わる問題だからだ。そのような明確な意図が無く、犯罪に厳しくするとの建前で、警察がいいかげんな仕事をしようとしているのが本音だ。

人気ブログランキングへ 

 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-12 11:12 | 司法 | Comments(2)
 暴力団による人違い射殺事件は、懲役24年の一審佐賀地裁判決を破棄して無期懲役とした二審福岡高裁判決が確定する。
 分裂対立抗争のなか、入院患者を敵対組織の者と間違えたというひどい話である。
 その暴力団としては、被害者に補償をしたそうだ。しかし実行犯は、間違えて殺した人について、ほんらいの標的と舎弟ではないかと言い逃れめいたことをしている。これが量刑を巡る争いとなっていた。
 これが左翼の過激派だと、もっと悪質だった。中核派は、分裂して対立となった革マル派の構成員と間違えて無関係の人を殺害しておきながら、その人が本当に無関係なのかと言っているうえ、謝罪も補償もしていない。暴力団以下である。
 ところがこれは警察も同様である。冤罪事件などで問題になると、迷惑をかけた無実の人について、真犯人と関わりがあると思われたなどと言うのが決まり文句。
 それはともかく、今回は、組織のためにやって、組織が反省を見せたが、実行した当人の態度が悪かったことを、より重く見たということだろう。

人気ブログランキングへ

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-11 13:16 | 司法 | Comments(0)

狐の嫁入り

 今日は、午前は雨で午後は晴に変わったが、その境目は日照り雨となり、みんな晴天の中で傘を差して外を歩いて、道行く人たちが「狐の嫁入り」と言っていた。
 黒澤明監督の『夢』を思い出した。
 そこから外れた連想だが、先日、知人がカラオケで中島みゆきの「狐狩りに行こう」という奇妙な歌詞の歌を唱い、これは「内ゲバ」を風刺していると言っていたのも思い出した。

人気ブログランキングへ 
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-10 19:22 | 雑感 | Comments(0)
 田原総一郎氏の発言は、自分の見解を述べたのだから、気に触る人がいても、それが人権侵害ではない。
 ただ、その発言とは、行方不明者の家族はこだわり続けているけど生きてないに決まっているのだから諦めてくれないと外交の妨げになる、という意味で、ほんとうにそう考えているなら、他に対応を提案するのが筋で、テレビで公然と批判することではない。
 だから、たしかに、人権侵害ではないが、不適切である。
 ところで、その家族のこだわりだが、前に聞いた蓮池兄さんの話だと、北朝鮮で過ごした弟さんによれば、北朝鮮は何でもキッチリという態度ではありながら結構ぬけている所があるそうで、だから同国で行方不明になった人について、もう少し良く調べて欲しいということだった。

人気ブログランキングへ

 Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-10 19:02 | 社会 | Comments(0)