井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 昔は良かったTBSが、今はすっかり駄目になったと言われているが、これは昔は良かったから、それが原因で今は駄目になったのだ。
 長らく「報道のTBS」「ドラマのTBS」と呼ばれた。
 報道については、オウム真理教による坂本弁護士一家殺害事件に関連するTBSの不祥事が明らかになったさい、筑紫哲也氏は「TBSは死んだ」と言い、降板も考えた。
 オウム真理教が宗教儀式で百万単位の金員を取っていたことについて批判があり、これにオウム側は、信者が希望して支払うのだから信教の自由と反論していた。だが、オウムはその儀式に効能があることを京都大学医学部で研究して実証されたと嘘を言って勧誘した事実があり、これでは詐欺だと坂本弁護士に指摘された。
 これに焦ったオウムが坂本氏の暗殺に出て、彼の妻子も巻き添えで殺されたわけだが、坂本弁護士のオウム批判はTBSのインタビューの中でのことで、放送されていなかった。ところが気になるオウムは、そのビデオを見せるように要求し、なぜかTBSは応じてしまった。そのうえこの事を坂本弁護士には知らせなかった。
 あまりの非常識に、唖然としたのは筑紫氏だけではなかった。しかし番組は安定して長続きしていたから、TBSに留意された筑紫氏は、仕方なくやっているような態度が目立つようになり、番組も無気力な雰囲気となって漫然と続き、代わる番組は作れなかった。
 ドラマについても、同時期から批判があった。例えば、フジテレビで高視聴率番組を連発し一躍有名になった脚本家の野島伸司氏が、今度はシリアスなドラマをと提案したのにフジテレビから無下に一蹴されてしまい、そこでTBSで山田太一氏のドラマを担当する人に接触し、そこからヒット作が生まれたのだが、話は面白いのに映像が良くなかった。
 これは他の脚本家による作品も同じで、やけに地味とか霞んでいるとか暗いと言われ、山田太一脚本の代表作も、話はさすがベテランだから巧みだけど、シリーズが進むうちに「90年代に入ってもまだ70の感覚で製作されている」と指摘されたものだ。
 これは、TBSが昔は良かったので、その頃に仕事した人たちが自家撞着しつづけ、新しいことが出来ず、反対にフジテレビは、もともと振るわなかったので、後の世代の人たちに意欲があれば任せるという現場だったからだ、と指摘されている。
 ところが、それからだいぶ経つのに、なぜかTBSは指摘された問題について改めようとしなかった。そして今、この体たらくである。経営に関してはコンサルタント会社の指導を受けたりしていたが、それより前にまずは本業をより良くする努力が必要だったはずだ。
 しかし一度染みついたものは、なかなか抜けないのだろう。

人気ブログランキングへ


 
Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-08 12:04 | 社会 | Comments(4)

病院の次は学校

 性同一性障害の「カミングアウト」が、学校でも増えて、対応に苦慮したうえ認める例も出てきたそうだ。
 病院では、前から問題になってきたことだが、学校ではおそらく『金八先生』で取り上げられたことの影響が大きいはずだ。
 これはたまたま一部見たのだが、自分の身体に違和感を感じて隠そうとする女生徒が長い丈のスカートをはいていたのを見とがめた校長に、女性の教頭が厳しく言う。
 「校長先生は二十年前の考えで生徒を指導しています。やれスカートが何センチ前髪が何センチと、そんなことで子供が良くなるはずないことは、とっくに証明されているじゃないですか」
 つまり、教頭先生が一教師で、生徒に三原じゅん子がいた、シリーズ初期のことである。
 それと同じことで、性別についても社会が堅苦し過ぎることはある。あのヒットしたミュージカル『ラカージュ』の映画化『MrレディMrマダム』も、最後は「おかま」(本人は否定)の、こんなセリフで締めくくられる。
 「男とか女とか言い過ぎるのよ。男らしい女らしい、よりも、人間らしいってことが大事でしょう」
 あと、性転換手術にしても、日本で主にやっているのは埼玉医大で、東大や慶応から医学部の体をなしてないと言われるところで、そこすら落ちた人が歯学部へ行くから、歯医者のミス事件が多いのだけど、それはともかく、だからそんな病院なので心配があり、実際に問題が色々と言われているし、外国の定評ある病院でもハイリスクに変わりはないから、まずは性同一性障害の診断から順に調べ、精神科の治療でも駄目かどうかなど、慎重になったほうがいい。
 人気ブログランキングへここをクリックしてください


 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-07 14:13 | 社会 | Comments(2)

国家と家庭

 児童虐待で深刻な事態もあるのに、児童相談所が家庭内になかなか立ち入れないことが問題となっている。対策に国が予算をかけないことを指摘する弁護士もいる。
 かつて『アメリア』というアメリカの映画で、家庭内の問題だと言う親に警官が「違いますよ。児童虐待は立派な犯罪です。刑事事件になります」という場面があって、これを引き合いに出して教育学のレポートに、日本は遅れていると書いたところ教授から、国家と家庭という大変な問題があると指摘された。
 家庭内の問題は、そこが社会に対して閉鎖的であることから深刻となりやすく、同時に、そもそも家庭とはそういうもので、そうで無ければ困るくらいだし、なのにそこへ強制的に介入するとしたら、社会的解決をはかるしかないとはいえ権力が押し入るようにするのだから最大の注意が必要で、とくに日本など東洋では欧米とは違い私権の確立が不十分だから、なおさら慎重さが求められるということだ。
 また、これも予算があれば対応できる部分は少なくないけれど、なにか売りつけるわけでもなければ族議員がいるのでもない。
 そこで、この教授(現名誉教授)は、現代社会や生活指導の教科書の著者として知られている人だけど、「予算が無いと言うけど、では“即位の礼”にいくらかかりましたか」と言う。平成になっての儀式で莫大な費用を費やしたわけだが、それで右翼学生からつめ寄られたりしたが、怯まず一歩も退かなかった。
 「子供のためどうするか語るさい身体も張れないくせに、教育学の大家と呼ばれ著書がたくさんあって大学教授でございます、なんて恥ずかしいだろう」
 とのことだった。

人気ブログランキングへよろしく
 
 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-06 06:27 | 社会 | Comments(2)
 前にも言ったが、高校教育無償化の件で、朝鮮学校を除外するべきという意見が出ている。拉致事件と絡めようとするものだが、これには反対だ。
 この事件が解決しないのは、日本政府の外交が下手糞なことと、蓮池兄さんが怒っているとおり軍拡の口実にできるからそのままのほうが好都合という政治家たちの態度のためだ。
 そうしておきながら、責任の無い未成年者に八つ当たりするのは醜すぎる。これでは、チマチョゴリの制服を来た女生徒に嫌がらせをする一部のクズ日本人どものしていることを、国ぐるみでするようなものだ。
 現実として、外交と教育は無関係であることを理解出来ない人たちはいるし、理解はしていてもなんとなく気に入らないと言う人がいる。それは勝手だが、そんなのに合わせて政府が動いていたのでは、国を危うくする。無知な人と、外交がうまく行くことよりも鬱憤ばらしのため差別する方を優先する人。そんな人たちを構っていては、国の運営がうまくいくはずがないし、国際的にも恥である。


人気ブログランキングへ
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-06 05:24 | 社会 | Comments(0)
 大阪の池田小学校が、安全な学校としてWHOなどで作る国際認証を日本で初めて得たそうだが、違和感がある。
 同校では01年に乱入児童殺傷事件があり、そこから努力してきた成果ということで、事件で子供を亡くした親も記念式典に参加し祝しているわけだ。
 しかし、あの事件は一般的な小学校ではなく池田小だから起きた事件である。ごく一部の恵まれた家庭出身の子供たちの学校だから、妬まれて襲われたのだった。
 犯人は自ら積極的に死刑となったが、彼は小さい頃から賢いと評判だったのに、親とくに父親からひどい扱いをされ「お受験」させもらえず、大人になってから就職や結婚で学歴が何かと問題となり、精神を病み自暴自棄となり自殺するつもりで、妬ましい子供たちを道連れにしようと考えたそうだ。
 だから、そんな者による侵害を防ぐことが、安全な学校づくりの動機と目的の主要な部分である。それを無邪気に喜べるだろうか。内部のことなら、どうも学習院の皇族ですら安全ではないらしいから、安全な環境にして他の手本にもなる意義があろう。ところが池田小のしたことは排他性を高めたということではないか。
 これが大学か、せいぜい高校で、行く道が分かれるのは仕方ないだろうけれど、小学校では児童たちに大した差はない。そこで本人ではなく親次第で分けられ、そこから将来にまで決定的に大きな影響が及ぶ。これを是正するのが筋ではないか。
 もちろん、とりあえずの対策は結構である。だから、そのことを自覚して、根本的な解決ではないので喜んでばかりいては駄目なことを知るべきだ。


人気ブログランキングへ投票のクリックしてください。

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-06 04:44 | 社会 | Comments(0)

こら橋下よ本気で怒れ

 あいかわらず橋下氏は実質の伴わない言葉だけが虚しく踊っている。大阪府知事は高校の授業料無償化について「北朝鮮は暴力団と同じ不法な団体で(朝鮮学校との)関連性を認定しなければならない」「拉致という不法行為を行っている団体と関係する施設とは、府はお付き合いしない」「府のお金がほしいなら、府民が納得する振る舞いをして」と述べ、近く府内の朝鮮学校を視察する考えを示したそうだが、そこまで言っていいのかいと問われて良いと言うとしたら、これまでの歴史的経緯および現在の政治や外交と、高校の教育とを、どう関係づけるのかが問われるし、それとは別の感情にしても、もっと心の底からの怒りが表れているべきである。
 ところが彼は、そう言っておけば話題になって飛びつく人たちがいるという程度にしか考えていないということだ。歴史と政治と国際・外交問題について、学校を視察してわかるものではない。そうと知っていて、受け狙いしているのだろう。
 

人気ブログランキングへ
Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-03 18:16 | 社会 | Comments(0)

衝撃波を乗り切れ

アルビン=トフラーの『未来の衝撃』に基づいてSF小説にしたジョン=ブラナーの『衝撃波を乗り切れ』をまた読んでいる。
 それは、韓国が発信原となって2ch掲示板に「F5アタック」が行われたことから、
f0133526_6424176.jpg
(写真はf5キーではなくF5戦闘機)
ちょうど年度替わりをひかえてこれをしないと落ち着かない模様替えに伴う本棚整頓で手にし、気になったのだった。
 七十年代に、二十一世紀はコンビューター社会の到来と予測し、脚力競争(レッグレース)、腕力競争(アームレース)、に次いで頭脳競争(ブレインレース)が国際間で活発化するという予言は、小説に出てくる2010年に国家間ではなく草の根レベルでも実現し始めたということか。
 もちろん、よく考えられた内容とは言えない。動機はオリンピックの採点であり、標的は一部に排外主義や差別を匿名で煽る者たちがたむろする掲示板だが、管理しているのは売却を受けた会社であるから被害を受けたのは日本ではなくアメリカである。
 おそらく、一部の者が思いつきで煽り、単純に載せられた者たちの群集心理が働いたもので、例の橋下弁護士が懲戒請求をテレビで呼びかけたら、本気にした人たちが大勢いたというのと同じだろう。そして、橋下氏は発言が勘違いに基づいたものであったため謝罪したが、煽られた人たちは煽られたことに無反省で、今回の事件をおこしたらしい韓国人たちに向けて、まさに目クソが鼻クソを笑うような発言をしているのがネット上に目立つ。f0133526_6314720.jpg 
 さて『衝撃波を乗り切れ』では、今で言う出会い系サイトのようなものまで描かれているけれど、肝心の衝撃波をどう乗り切るかは、その手段の一つが最後のオチなので読んでない人のため明かせないが、日本は乗り切れるだろうか。
 コンピューター時代の到来によりビル=ゲイツのような人が大金持ちとなり、人種や民族を監視する技術をナチに売って大儲けしたIBMがあり、しかし対抗すると宣言したアップルがIBMをSFの悪役に喩えてみたり、WWWを作成した人は特許を取れば億万長者なのに人類のために使ってと提供し讃えられたり、暗号化はもともと反戦運動ために当局の監視と闘うために作られ、その技術者はFBIに迫害されたり、そしてその一方では中国などの動きもある。
 こうした熾烈といってもよい情勢となるなかで、日本ではコンピューター時代の寵児とは「ひろゆき」「ホリエモン」というのだから、衝撃波を乗り切ることは無理ではないかと悲観するしかないのだろうか。
 

人気ブログランキングへよろしくお願いします


Excite エキサイト : ITニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-03 06:12 | 文学 | Comments(0)
 北朝鮮が通貨呼称単位変更いわゆるデノミをして失敗し、政策の間違いを認めないことでは全世界の政府で最高峰になる同国としては、極めて珍しく率直に認めたそうだ。
 日本でも田中角栄内閣の当時にインフレ対策として画策されたが、そこまでは実行はされなかった。しかし北朝鮮は実行したわけだ。
 政府が財政難となったら、インフレにして国の借金を相対的に少なくしてしまい、またデノミによって端数を切り捨てることで、庶民から広く浅く収奪するというやり方は定石である。
 例えば、映画『スーパーマンⅢ電子の要塞』では、天才プログラマーがコンピューターを使って経理をしていて、計算上生じる単位に満たない端数はどうなるかと疑問に思い、それらは実在しない観念として漂流していることを知ると、誰のものでもない膨大となる端数を、各地から少しずつ掻き集めるようにして、それが巨額になったら自分の口座に振り込んでしまい大儲けしたのだった。
 これと、やってることが大して違わない。政府は権力によって一気にやるだけである。だから北朝鮮が異例にも失敗を認めたのは、影ではそれなりの成果があって、それの部分は誤魔化しているからだろう。


人気ブログランキングへ
 
 Excite エキサイト : 国際ニュース
Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-03 01:02 | 経済 | Comments(0)
 神奈川県警暴力団対策課の男性警部(59)が、暴力団幹部から提供された冷蔵庫を捜査本部で使ったとして、課長から口頭注意を受けていたそうだ。
 その中に入っている飲食物はどうだったのだろうか。『仁義なき闘い』のスタッフが作った『県警対組織暴力』では、暴力団から送られた酒を大喜びで飲もうとする警官たちの醜い姿が描かれていた。
 そして警官が「我々が退治しなきゃならないのはヤクザじゃなくアカだ」とうそぶく。不祥事が多い神奈川県警は、共産党宅盗聴事件を起こしたことでも有名だ。そして、それを問題にして訴訟を起こした法律事務所に居たのが、その後オウム真理教を追及して暗殺された坂本堤弁護士だった。
 だから、坂本弁護士一家が行方不明というときの警察の対応が悪く、これがオウムを増長させサリン事件にまで発展したと問題となったさい、背景に政治性があったのではないかといわれたわけだ。
 こんな現実の中で、人権無視で警察にやりたい放題させれば犯罪が無くなると宣伝する悪い人たちと、騙される情けない人たちがいるから、困ったものである。

 人気ブログランキングへクリックで投票してください
 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-03 00:24 | 社会 | Comments(0)
 水戸市で殺害された73歳女性について、茨城県警が当初「心不全による病死」と判断していた。鳥取県や埼玉県の連続不審死など慎重な判断が求められるのに解剖などをせず判断を出す危うさが指摘されている。
 この問題では、かつて住んでいた所の大家さんが大変な思いをしていて、その体験談を本にする文章作成を手伝わせていただいたことがある。大家の妹さんが急死し、それは路上で体中が傷だらけで倒れていたから、ひき逃げだとして警察が交通検問をして車体に凹みのある車がないか探していたのに、病気の発作で倒れたから事件ではないと捜査を打ち切ってしまったのだ。
 身体のあちこちにある傷は倒れたさいについたと、不自然なことを言う警察の嘱託医。くも膜下出血が死因だが、外傷ではなく内因性というのも動脈瘤がないのは変だと、後に複数の医師が指摘している。
 なにか裏に不正をする事情があるとしか考えられないのだが、警察も検察も家族の訴えはねつけ、では事故ではないので支払いの対象外だと大喜びする保険会社。遺族は訴訟を起こし、専門家の鑑定では明らかに交通事故だから支払えと証拠を提出して主張したのだが、それでも警察が違う結論を出したわけで、それに従わせてもらうと言う保険会社を裁判官も全面支持した。
 大家さんは、怒りがおさまらず訴え続けるが、親戚からやめてほしいと言われてしまった。大家さんは仕事の関係で東京に住んでいるが、事件があったのは島根県の松江で、地元に住む親類としては当地の警察を敵に回すと恐い。悔しいのは同じだが、どうしようもないと言う。
 この種の問題は、地方社会の閉鎖性の問題でもある。同時に、解剖に同意しない人が地方の特に高齢者には多い。ちゃんと調べないといけないと言ったら、爺ちゃんや婆ちゃんや舅とか姑とか小姑などに反対されたうえ残酷だと罵られてしまい、うやむやのまま火葬となってしまった件は多い。


人気ブログランキングへクリックで投票をしてください

 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-03-03 00:02 | 司法 | Comments(2)