コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

<   2010年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 輿石東民主党参議院議員会長は記者会見で、マスコミの報道に対し、報道の正確さについて不満を言い、伝聞には本人に最低でも確認するよう要請したそうだ。
 これについて「報道のいろはのいを指摘されるところに、現在のマスコミ報道の問題点がある」と言い、七二年に佐藤栄作総理がテレビだけに話した傲慢を引き合いに出す「エコノミックスニュース」(編集担当:福角忠夫)こそ、報道のイロハのイも知らないというべきだ。
 まず、本人に確認ができないことはいくらでもある。なのに、それが最低条件では金正日など取材がほとんどできない人については報道できない。実際に、彼も含めて取材に応じたがらない人たちは、ありもしないことを面白おかしく言われたり誹謗されたりしている。逆に、そう言う人は、仮に本人に聞けても、なかなか信用できない。
 つまり、伝聞では情報として弱いが、本人だって自己利益のため嘘を言うから、他人から聞く方が正確である場合は多く、しかし本人なら正確であるとも言えるし、つまり「どっちもどっち」である。
 だから問題になるのは、伝聞であるか本人であるかではなく、その内容自体と、他の事実関係との整合性である。伝聞なら、利害関係者か、客観的証言ができる立場か、あるいは客観を装いながら自ら漏洩させた「リーク」か、という問題がある。そして、内容それ自体に矛盾はないか、また、その内容は他の事実関係と辻褄が合っているか、によって信用できるかどうか判断されるものだ。これは本人が自ら語った場合も同様だ。
 そして、佐藤栄作総理引退会見は、「私は国民に直接話したい。新聞記事になると真意が伝わらない」と冒頭に言い放ち、新聞記者を退席させ、テレビカメラに向って一方的に話したが、これは報道されることを拒否し、広報したわけである。
 テレビだって編集でいくらでも手を加えられるのだから、放送する内容は飽くまで取材する側の受け止め方であり、それを明示するためカメラ目線はせずに記者と話しているように少し横を向いて撮影するものだ。
 だから佐藤会見は報道の正確さとは意味がまるで異なる。
 そもそも報道の正確さとは変な表現だ。報道の基になる情報なら正確さという意味があるけれど、報道は物事の本質をどこまで明らかにしているかに意味がある。だから、報道される側が文句を言うなら、基となっている情報について、その正確さについてなのか、その解釈の正当性についてなのか、区別しなければならない。
 それが、輿石東と福角忠夫の両氏とも、わかっていない。民主党政権は、報道にケチをつけるなら「機密費で買収された政治評論家を起用するな」と言うべぎたろう。

人気ブログランキングへ投票クリックを 
 
Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-22 11:59 | 政治 | Comments(0)
 “政治評論家”三宅久之は、自民党の御用評論家として、片っ端から何から何まで自民党を擁護し、反対する者を攻撃する発言をテレビなどで続けてきたことは、もう何十年も前から知られていることだ。
 ところが、単に御用というのではなく、例の機密費から金を貰っていたことを野中広務の発言や一部雑誌の記事によって暴露され、自らそれを認めて開き直っている。
 買収されて政権与党に媚び売る発言をするのは恥ずかしいことだし、テレビの場合は放送法違反にも問われる行為だ。その自覚が彼には無い。
 しかし、彼は自民党の政治家なら犯罪しても良いとまで発言してきたのだから、当然の態度なのだろう。
 例えば八九年に当時の宇野総理が、月に三十万円の契約で神楽坂の芸者と称する女性を愛人のようにしていたことを、その女性が週刊誌に告白したため発覚し、これがワシントンポストなど海外メディアにも騒がれたため自民党が選挙で大敗してしまったことがあったが、このときも三宅久之は、全然問題ではないと言っていた。
 その女性は、お金の話に乗ってしまったけれど、そのさい宇野総理は「札びらで顔をひっぱたく」態度で、彼女だけならともかく周囲の人たちにも横柄かつ冷酷であったから、人格的に総理に相応しくないと言っていた。
 しかし、ほんとうに問題になったのは金銭授受のある関係であった。これについて三宅久之は、週刊誌から談話を求められると、「昔から芸者とパトロンの関係はあって当然で、そんな常識を問題にする方がおかしい」と、とんでもないコメントをしていた。
 昔からの、芸者と旦那の関係であっても、今時そのような関係がまだあっては問題だし、宇野総理は、三十万円という意味で女性の指を三本握り「月にこれでどうだ」と言うと間伐を入れずに「さあ、横になりなさい」だった。これは大変話題になり、笑いのネタにもされて、志村けんなどがテレビのコントにしていたほどだ。
 このように、金銭授受が伴う性行為は売買春であり、明白な違法行為である。それが定期的な契約をしていたとうわけで、今で言う「援助交際」である。
 しかも、その芸者とは本来の「芸をする者」ではなく、踊りも歌も楽器も満足にできず、ただ芸者姿でお酌をするなどしていた「コスプレ・ホステス」であった。
 つまり、宇野総理のやったことは芸の支援者でもなければ愛人でもなく、コスプレ・ホステスとの援助交際という定期契約買春であり、明白な違法行為をしていたのだが、それを三宅久之は何重にも嘘を吐きながらデタラメを言って庇ったのである。
 ここまでやってしまえるとは、いくら自民党と御用の関係であっても、よくまあ恥ずかしくないものだと思われたが、実はこの人は機密費で買収されるまでの関係であったということだから、宇野総理から指を握られた芸者もどき女性と同じということだったのだ。政治評論家が政府と援助交際していたわけだ。
 なるほど、これで納得がいった。

 
 人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-21 22:29 | 政治 | Comments(0)

くたばれ読売

 小沢一郎は好きではないが、しかし自民党に居たときは持ち上げて、出て行ったらこき下ろしている新聞は、米軍普天間飛行場移設問題でも、リークがあったような書き方の記事で、自民案ならよろしく決着ということに強引に結論誘導しているから呆れるばかり。
 保守系の人たちからも、これでは植民地機関誌だと皮肉られている。




人気ブログランキングへくたばれと思ったらクリックを

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-21 17:58 | 政治 | Comments(0)

宇宙の夢より地上の現実

 日本初の金星探査機「あかつき」を搭載したH2Aロケット打ち上げが成功したそうだ。映画では七八年に八九年の設定で、日本から金星に行っている。



 小学生だったが、新宿コマ東宝で観た。今あらためて思うと、キャスティングがなかなかユニークである。これが、最初に映画館で封切りで観た東宝特撮映画だった。
 ところが、SF目当てに映画館に行き、併映されていた『霧の旗』に驚いた。後に知ったが、この西河克己監督は、山口百恵や松田聖子が主演の映画で、アイドルものとして主役で魅せながら、文芸とか社会派の原作を活かしたしっかりしたドラマ作りをするから批評家にも褒められていた。
 『霧の旗』は松本清張原作で、主人公に旬の女優、弁護士役にベテランの名優、という話題作りし易さから何度も映画やテレビでドラマ化されている。
 この映画では、山口百恵の主演ということで、原作では少ない出番の記者役を三浦友和のために拡大した脚色だったが、同じなのは、無実の人が投獄されて弁護士がいないという現実。このような刑事事件は、労苦ばかり多く商売にならないからだ。
 この現実が改まっていないことも、まだ映像化され続けている背景にあるだろう。
 宇宙人が攻撃してくることは心配しなくてよい(だから楽しめるけど)、身に覚えのないことで逮捕されて家族が弁護士を探すけどお金がなくて引き受けてもらえない、これは切実で明日起きてもおかしくないこと。
 「宇宙の夢と地上の現実」というやつだと思った。昔の青春スターが歳とったらインチキ知事になっていることも含めて。
 金星の表面が想像の通りか、ということには、いちおう興味はあるけど。


人気ブログランキングへ投票クリックをよろしく


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-21 12:30 | 雑感 | Comments(0)
 東京慈恵会医大病院の医師(現在は金沢市内の大学病院に勤務)が、交際する女性に「栄養剤」と偽り子宮収縮剤を点滴し、同意を得ないまま流産させた疑いで逮捕されたそうだ。
 しかし当人は否認しているそうなので、まだ断定してはいけない。ただ、やろうとすれば医師ならできてしまうので、そこが問題だ。
 そもそも、医師は身内への診療はしないものだ。私情が絡むと公正でなくなるからだ。そして、この医師はその女性と交際していたようなので、だから妊娠が不都合だったとの動機が疑われている。
 つまり、まだ疑いの段階ではあるし、正式に結婚しての身内でもなかったけれど、職務としてはもっと距離を置いているべきで、その点では医師として落ち度があったと言える。
 また、同意堕胎でもっと問題なのは障害者で、知的障害だと堕胎より以前に妊娠が当人の希望かも判らない。これも厄介だが、もっと恐ろしいのは、医師が勝手に、障害者の子供なんて生まれない方が良いと考えていた場合で、このようなナチズムを信奉する医師はとても多い。そのメッカが世界最高峰の一つハーバード大で、リベラルな伝統の大学だが医学部はとんでもないと言われるから、京都大と同じである。
 ということで、この事件は刑事事件としては様子見が必要だが、それとは別に医学倫理の問題として考えなければならない。

 
 人気ブログランキングへ考えながらここをクリックして投票して下さい。
 
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-18 14:30 | 社会 | Comments(0)
 レーザー脱毛に母親が子供をつれて施術することが増えているそうだが、比較的安全性の高い技術なので、問題になるのは医学的な見地より、それでも有るリスクを子供の場合は充分に理解できないこと、という指摘を美容外科医がしている。
 それで親から同意書をとることになるが、それでも、親の価値観の押しつけになる危険もある。毛深いことでイジメに遭うことなどの事情があっても、だからと親が子供の身体に対して外科的に変化をさせて良いのかは疑問である。
 これはレーザー脱毛に限らず、先天的な奇形の場合の形成外科手術でも、本人の希望を無視して親が世間体を気にして無理強いすることは、以前から問題になっていて、あの『ブラックジャック』でもテーマになっている。また、身体的特徴は人種差別問題にも発展する。欧米ではよくあることだし、日本でも北海道でアイヌ系の人が先住民差別を気にして脱毛処置した人がいる。
 そのような社会的な問題とは別に、レーザー脱毛について効果と安全性に医学的課題がある。
 レーザー脱毛はある程度の太さがある毛でないと反応しない。見た感じでは毛深くても、毛の一本一本が細いと、よく効かない。これは、勤務先で残業するふりしてコッソリ自分にやった某大学病院の女医から聞いた。
 だから、小さい子供それも女の子だと、他の児童に比して気になるとしても、効果はあまり期待できないことがある。ところが多くの美容クリニックは儲け主義なので、一度や二度では再発してしまうことが多いことを利用し、本当は効いていないのに、繰り返さないと駄目だと言って金ばかりとることをやりかねない。
 また、経済力の格差あるため、どうしても安い所へ行く人はいて、すると安かろう悪かろうということになる。レーザー脱毛は医療行為だから医師でないとやってはいけないはずだが、医師がいちおう付き添って手伝っている形式に見せかけ、アルバイトの職員だけにやらせている所がよくある。ようするに医師の名義貸しである。
 そうすると、機械の操作は簡単だから素人でもできるが、もしも何かあった場合に対処できない。例えば、レーザー脱毛とは毛の色素に光が反応して発熱し、毛母細胞にダメージを与える仕組みだから、色素の薄い肌には反応しないのだけど、ホクロがあることに気づかずに照射してしまうと、そこで反応し火傷になってしまう。そういう事故がよく起きている。
 このようなことは、医師でもドジはやらかすし、素人ならもちろんである。そして医師であれば対処できるはずだが、素人では無理だ。
 そういう問題があることを心しておくべきだ。


人気ブログランキングへ役に立ったと思ったらクリックして投票して下さい。

 
 
 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-16 20:28 | 社会 | Comments(3)

「転び公防」

 警察が不当逮捕の口実を作るため、相手の前でわざとらしく自己転倒し、突き飛ばされたからと公務執行妨害(公防)にする「転び公防」というのがある。
 かつての「麻生邸宅見学ツアー騒動」も、違法デモで逮捕したと警察が流した情報を大手はマスコミ無批判に受け売りしていたが、居合わせた人が撮影したyoutube投稿動画により強面警官が自作自演して「公防!」「公防だ!」と叫んで逮捕を指示している様子が判明したものだ。
 これに対して自民党にすり寄る連中が、政府に逆らう連中のほうが悪いからと正当化していた。こういう人たちは、三宅雪子議員を批判してはいけない。 

人気ブログランキングへ投票クリックを

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-16 08:02 | 政治 | Comments(0)

ナポレオンの名言

 「我が軍が負けたのはワーテルローの闘いにではなく、英国の運動場にだ」
 というナポレオンの名言がある。戦争で勝つためには兵士が強くなければならない。
 だからなのか、小沢一郎さんは柔道の谷選手を担ぎ出してスポーツ省を作り大臣にしそうな様子である。すでに自衛隊体育学校があるけれど、あまり役に立っていないようだし。
 それはともかく、かつて自民党でも体操の小野清子もと選手を担ぎ出して、選挙運動ではレオタード姿の女性たちが宣伝車の前でエアロビクスを披露して人目を惹いたのだから、今さら自民党方面から民主党を批判してもお笑いである。
 それに当選した小野さんはなぜか公安の担当になっていたのだから、スポーツ大臣ならまだ関連があるだけマシかもしれない。
 こうした政党のやり方と、その御輿に乗る有名人を批判してる人たちがいるけれど、当選するからやるのであって、そんなくだらない手口は通用しないということを選挙で有権者が示せば、やらなくなる。それだけのことだ。

人気ブログランキングへ投票クリックをしてください。
 
Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-15 20:32 | 政治 | Comments(2)

テレビの終焉

 NHKは、国営でも民営でもない公営で、権力と商業主義の双方から自由になるために受信料制度を取る建前だが、実際には、政府に予算を握られて偏向報道をするし、企業から営業を受けてドラマや音楽番組でさりげなく商品紹介している。
 そうした批判を受けつづけたうえ、不祥事があいつぎ、受信料の不払いが激増した。これで困ったから、法的手段に訴え強制徴収しているが、ただのケチが便乗の不払いをしているうちは良いけれど、いずれは確信犯の人たちが法廷で派手に騒ぎ出すのは確実だし、テレビ自体が人気がなくなっている。テレビを面白がるのは「昭和臭い」ことで、テレビが必需品と思っている人は若い人ほど少ない。
 今年から携帯電話の世代が変わったので、再契約と買い換えを強いられたが、ここでワンセグというのが使えるようになったけれど、内容が役立たないので無意味だった。アルジャジーラの日本語放送でもしてくれたら良いのだが。
 このアルジャジーラにとってNHKは最大のお得意様だそうで、しかし番組の購入をしているけど、アメリカに偏った日本の情報を是正する気は無いようだ。かつてCNNを日本で放送し始めたとき、期待されたけれど、日本のテレビ局で選択したものを放送していたから、ガッカリだと言われた。全部流せないなら無作為抽出にすべきなのに、ということで、これと同じだ。
 とにかく、NHKは存在意義を自ら捨ててしまっており、強制徴収も一時しのぎだが、今の職員たちが定年まで持てば良いと考えているのだろう。
  
 人気ブログランキングへ投票クリックを
 

Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-15 12:57 | 社会 | Comments(2)
 大学教授たちは、学生おもに大学院生に研究論文のゴーストライターを学位を報酬にやらせているが、学生向けに商売をしたら問題になるようだ。
 桃山学院大の非常勤講師が自分のホームページで、リポート作成や英語の宿題を有料で請け負うと呼び掛け客を募っていたため、大学の広報室は「教育者としてふさわしくない行為で遺憾」だそうだ。

f0133526_12114667.jpg



人気ブログランキングへ投票クリックを
  
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2010-05-15 12:17 | 社会 | Comments(10)